福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

初心者のかたも毎回いらっしゃいます。新しい方、飛び入り大歓迎、会費不要です。
2018年

8月18日(土)、観音様の日。15時護国寺。
9月15日(土)、15時護国寺。
10月20日(土)、15時護国寺。
11月17日(土)、15時護国寺。
12月15日(土)、15時護国寺。「忘年会」

信解円通してまさに行の本となる

2018-08-19 | 諸経
涅槃經には「信ありて解なきは無明を増長す。解ありて信なきは邪見を増長す。信解円通してまさに行の本となる(大般涅槃經 「信心無有智慧是人則能増長無明若有智慧無有信心是人則能増長邪見」)」とある。 この信解の位をはじめとし、しかるのちに三阿僧祇を経て万行を行じて涅槃の妙果に至るを真正仏教の目的とす。(しかるに世間の宗教は神に随順帰向して唯唯諾諾、唯名唯従を旨とし、もって能事おわれりとする) しかし . . . 本文を読む
コメント

今日は月遅れお盆の入り.仏説盂蘭盆経

2018-08-13 | 諸経
今日13日は月遅れ「盆の入り」です。8月13日から16日が月遅れ『お盆』です。 13日に迎え火(むかえび)と焚き、ご先祖様をお宅にお迎えします。迎え火の変形として有名なのが盆提灯です。門前に吊された提灯は、祖霊がやってくるための目印であり、またその家の中に祖霊が滞在しているしるしであるとされ鎌倉時代からこの盆提灯の風習は行われています。かつてお墓が近かった時代には、お墓まで出迎えにいくことが珍しく . . . 本文を読む
コメント

華厳経・菩薩明難品(業も果報も実体はない)

2018-08-11 | 諸経
華厳経・菩薩明難品(業も果報も実体はない) そのときに文殊師利、宝首菩薩に問うて言う「仏子よ一切の衆生は四大(地水火風)により成っているので悉く自分とか自分の物というものはないはずである。しかるに人々は、苦を受ける者、楽を受ける者、或るいは悪をなす者あるいは善をなす者、或は心がきれいな者があり、或は外面が綺麗な者あり、或は少しの報いを受け、或は多くの報いを受け、或は現世で報をうけるものあり或は後 . . . 本文を読む
コメント

二十四孝(御伽草子)より

2018-08-09 | 諸経
二十四孝(御伽草子) 大 舜。隊々として春に耕す象 紛々として草を耘る禽、堯に嗣で寶位に登る 孝感天心を動す。大舜は至つて孝行なる人なり。父の名は瞽叟(こそう)といへり、一段頑(かたくな)にして、母は嚚(かだま)しき人なり。弟はおほいに傲りて、いたづら人なり。然れども大舜はひたすら孝行をいたせり。ある時歴山といふ所に耕作しけるに、かれが孝行を感じて、大象が來つて田をたがへし、又鳥飛び來つて田の草を . . . 本文を読む
コメント

今日は親孝行の日です

2018-08-08 | 諸経
仏説父母恩重経 かくの如く われ聞けり。  あるとき、仏、王舎城の耆闍崛(ぎしゃくつ)山中に、菩薩・声聞の衆と ともに ましましき。比丘・比丘尼・優婆塞・優婆夷・一切諸天の人民・および竜鬼神等、法を聞き奉らんとて、来たり集まり、一心に宝座を囲んで、瞬きもせず、尊顔を仰ぎみ奉りき。  このとき、仏、すなわち法を説いて曰わく。  一切の善男子・善女人、父に慈恩あり、母に悲恩あり。その . . . 本文を読む
コメント

五輪九字明祕密釋・・31

2018-07-31 | 諸経
五輪九字明祕密釋・・31 問。諸教に三業の修善を以て往生業となす、今の宗の三密具足は其義如何。 法佛の三密は甚だ深細なり、 顯教の妙覺も知る所にあらず、 智身の六大は極めて玄廣なり、 密宗の圓智のみ獨り能く證す、 一道無爲の寂光の佛、 驚怖し希哉して言語を断つ、 三自本覺の帝珠の尊、 恭敬し證を棄てて眞覺を求む、 報佛の如來は默して答へず、 變化の善逝は祕し . . . 本文を読む
コメント

五輪九字明祕密釋・・30

2018-07-30 | 諸経
五輪九字明祕密釋・・30 (第十發起問答決疑門) 第十に發起問答決疑門とは、 問。五輪門に依る機に幾種かある。  答。二種の機あり。一に上根上智にして即身成佛を期す。二には但信行淺にして順次往生を期す。此の行者について亦た多あり。正しくは密嚴淨土に往生し、兼ねては十方淨土を期すあり。  問。何故ぞ大日を念誦して十方淨土の親因となるや。  答。此の五字の眞言は十方諸佛の總呪にして三世薩埵の肝心なり、 . . . 本文を読む
コメント

五輪九字明祕密釋・・29

2018-07-29 | 諸経
五輪九字明祕密釋・・29 問。世間の眞言行者并びに道心者の但念の者を見聞するに未だ必ずしも皆な淨土に往生せず。何なる用心をもってか今度び往生の願を遂げんや。既に一念十念を以て往生の親因と説く、心あらん男女何ぞ往生の思ひを絶たんや。 答。多因縁あり。能く能く當に用心すべし。謂はく、或は眞言行を修し、或は但だ念佛を致し、他人の見聞を思うて佛陀の知見を信ぜず、是の行は順因にあらず。或は他人の恭敬を求めて . . . 本文を読む
コメント

五輪九字明祕密釋・・28

2018-07-28 | 諸経
五輪九字明祕密釋・・28 (第九所化機人差別門) 第九に所化機人差別門とは、此の所化の機に於いて總じて二類あり。一には現身往生。二には順次往生。現身門においては又二の別あり。一には大機の即身成佛、二には小機の即身成佛。又二において各の二あり。利鈍別なるが故に。 謂はく大機の利根は直ちに法界體性の三昧に入って横に法界を観じて即身成佛す。所謂る一切衆生は本有の薩埵なり、法爾に普賢大菩提心に応住す。本有 . . . 本文を読む
コメント

五輪九字明祕密釋・・27

2018-07-27 | 諸経
五輪九字明祕密釋・・27  問。正成佛の一刹那之時に三密相應して成佛すと為さんや。爲當(はた)云何 。 答。正成佛之時は必定三密相應即身成佛也。  問曰。若し三密相應して即身成佛すといはば爲當(はた)云何。  答。彼の二行一行等によりて成佛すとは是れ正成佛之時にあらず。且(また)餘の二 行を修する不思議の加持力によるが故に忽に餘の二密等を出生して三密具足して即身成佛する也 。 問。何等の經論に分別 . . . 本文を読む
コメント

五輪九字明祕密釋・・26

2018-07-26 | 諸経
五輪九字明祕密釋・・26 (第八即身成佛行異門) 第八に即身成佛行異門とは、凡そ即身に大覚位を証得するの行。別に略して四種有り。所謂深智相應印明行、事觀相應結誦行、唯信作印誦明行、隨於一密至功行なり。 第一の行は内證甚深の智慧は皆な悉く相應具足して能く印明行を修行して即身成佛するが故に。 第二は深智の觀慧無しと雖も慇懃に手に印を結び口に明を誦して字印形三種の中に於いて隨って一事を觀修して即身成佛す . . . 本文を読む
コメント

五輪九字明祕密釋・・25

2018-07-25 | 諸経
五輪九字明祕密釋・・25 (第七覺知魔事對治門) 第七に覺知魔事對治門とは、魔事に四種あり。一には魔衆。二には外道。三には惡鬼。四には惡神なり。魔とは魔羅、具さなる語なり。是れ障難をなす者なり。譯して殺善といふ。善行を障礙するを名ずけて魔羅と為す。惡行をなさしむるを外道と名ずく。身を障へて佛道を退転せしむるを鬼と名ずく。善心を障礙して深を棄てしむるを神と名ずく也。乃至或ひは佛菩薩二乘天人等を現じ、 . . . 本文を読む
コメント

五輪九字明祕密釋・・24

2018-07-24 | 諸経
五輪九字明祕密釋・・24 (眞言行者の往生極樂) 問。眞言行者の往生極樂は九品の中の何品耶  答。多くは是れ上品上生。經に云はく「現世證得歡喜地」(「金剛頂經瑜伽修習毘盧遮那三摩地法」に「若有衆生遇此教 晝夜四時精進修 現世證得歡喜地 後十六生成正覺」)と。龍猛菩薩は既に初歡喜地を証す。 (往生の正業) 問。極樂に往生するに幾くの業あり耶  答。三歸五戒は是れ往生の業なり。六行(六波羅蜜)四禪・ . . . 本文を読む
コメント

五輪九字明祕密釋・・23

2018-07-23 | 諸経
五輪九字明祕密釋・・23 (第三所得功徳無比門) 第三に所獲功徳無比門とは、眞言門に入って刹那に修するところの功徳を顯示す。一切の六度・四攝(布施・愛語・利行・同事)等の無盡なるにおいて、顕佛の智慧の相は具さに無量阿僧祇劫に住し、常恒に修行して得るところの中に眞言独り最上となす。今修するところの三密、是れ眞實なるが故に。  (一密、二密の功徳) 問。三密相應の修行においては所得の功徳一向に然かるべ . . . 本文を読む
コメント

五輪九字明祕密釋・・22

2018-07-22 | 諸経
五輪九字明祕密釋・・22 (大陀羅尼の句議) 問ふ、此の陀羅尼(以下にのべる阿弥陀大呪)の句義何が知らん。 大梵本の句義に曰はく、 namoratnatray@aya(のうぼうあらたんのうたらやや) 歸命頂禮三身、三寶、度我、歸依歸敬等の義、 nama@harya (のうまくありや)無惑、大聖 、 mitabhaya(みだばや) 無量壽・無量光・無量弟子・甘露神藥の義、 tath@agatay . . . 本文を読む
コメント