福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。そしてこれらのお参り・修行は究極的には自身の中の仏様を掘り出すためです。霊験は自身のなかの仏さまと宇宙の仏さまの加持感応によります。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

福聚講のお参り予定は当分未定

華厳経から・・衆生の側で心が濁っていれば仏様を感得できない

2022-10-04 | 諸経
華厳経巻三十七宝生如来性起品第三十二ノ四「太陽は出れば全ての洗面器の中に姿を寫すが洗面器のほうで破れれば姿は映らない。これは太陽の所為ではない。洗面器の側のせいである。このように仏様も一切の衆生を照らしておられるが衆生の側で心が濁っていれば仏様を感得できないのだ。(たとえ日出る有りて世間を照現し、円満明浄なること法界とひとしく、一切世界の浄水の器のなかにおいて、影現ぜざることなからんも、日にはこの . . . 本文を読む
コメント

菩薩名を稱するに何が故に脱苦と苦を脱せざるとある耶

2022-10-02 | 諸経
法華玄論卷第十 「問。菩薩名を稱するに何が故に脱苦と苦を脱せざるとある耶。 答。至心なれば則ち脱す、不至心なるが故に脱せず。 問。菩薩自ら應に之を救ふべきに何ぞ須らく至心ならんや。 答。至心を以ての故に則ち罪滅す。菩薩は方に之に應ずるを得る耳。故に須く至心なるべし。二は罪輕ければ則ち苦を脱す。罪重ければ則ち苦を脱せず。三は習因に厚薄あり。薄は苦を脱し、厚は苦を脱せず。四は業に定・不定あり。 . . . 本文を読む
コメント

八幡大菩薩は国家に害をなすものには殺生戒を破ると託宣

2022-10-01 | 諸経
「八幡大菩薩託宣集」「光仁天皇八年。宝亀八年丁巳 777五月十八日託宣。」「明日辰時を以て沙門と成る、三皈五戒を受くべし。自今以後は禁断殺生・放生すべし。但し国家の為に巨害之徒出来たる時は此の限にあらず。疑念なかるべし。古仏垂迹大悲菩薩の御身なり。仏位にして説き給はば経教と仰ぎ奉り、神道を以て宣るをば、託宣と称す。真実者也。不虚妄者。不誑語者也。御誓願に任す之旨、天皇や奉り守り給ふ。」八幡大菩薩は . . . 本文を読む
コメント

成實論 (訶梨跋摩造 鳩摩羅什譯 ) 三業品第百

2022-10-01 | 諸経
成實論 (訶梨跋摩造 鳩摩羅什譯 ) 三業品第百 問曰。經中に三業を説く。善・不善・無記業なり。何等是善 業なるや。 答曰。何れの業を以ても能く他に好事をあたふるに随って是の業を善と名く。 是の善業は布施持戒慈等の法より生ず。洗浴等には非ず。 問曰。何を名けて好と為すや。 答曰。他をして樂を得せしむ。是を名けて好と為す。亦た名けて善と為す。亦た名けて福と爲す。 問曰。若し他をして樂を . . . 本文を読む
コメント

如何ぞ如来の具足せる智慧は身中にあってしかも知見せざる。

2022-09-27 | 諸経
華厳経巻三十六寶王如来性起品第三十二ノ三「・・如来の智慧・無相の智慧・無礙の智慧は、具足して衆生の中にあるも、ただ愚痴の衆生は顛倒の想に覆われて、知らず・見ず・信心を生ぜらるのみ。そのときに如来は・・一切の衆生を観察し終って・・・各の次の如き言葉を為し給はく。『奇なるかな、奇なるかな。如何ぞ如来の具足せる智慧は身中にあってしかも知見せざる。』 . . . 本文を読む
コメント

今日は大師が護命僧正の八十を賀する詩を作られた日です

2022-09-23 | 諸経
性霊集巻十、「暮秋に元興の僧正大徳(護命のこと)の八十を賀する詩」「それ天に翔けるの雁も次第を忘れず、地に蚊はうの螘ありもまた陳列を守る。いかに況や天地の最霊、含識の首たる誰か長老を尊び眉寿を貴ぶことを遺れんや。礼には郷飲を著し(礼記・郷飲酒義「郷飲酒の礼は長を尊び志を養ふ所以なり」)経には供宿と称す(月灯三昧経巻五「若し是れ耆宿ならば供養恭敬し頭面接足すべし」)、まことに以あり。元興寺の大徳僧正 . . . 本文を読む
コメント

佛眼呪 一千遍を誦すべし

2022-09-21 | 諸経
  金剛峯楼閣一切瑜伽瑜祇経金剛吉祥大成就品第九」「(佛眼呪ノウボウ バキャバト ウシュニシャ オンロロソボロ ジンバラチシュタシッタ ロシャニサラバアラタ サダニエイソワカを)若し常に持せば、當に是の如く金剛の相を得るべし。若し大阿闍梨となって密法印等を教授せんと欲せば、當に須く先ず此明一千遍を誦すべし。一切諸佛・菩薩・金剛薩埵、皆悉く歡喜したまふ。一切有情見者父母の想の如くならば、 . . . 本文を読む
コメント

般若寺文殊菩薩像造立願文

2022-09-16 | 諸経
般若寺文殊菩薩像造立願文「造立し奉る、白檀木丈六文殊菩薩像一躯。御身裏に圖し奉る五字文殊曼荼羅。八字文殊曼荼羅。金剛界曼荼羅。胎蔵界曼荼羅。御身内に納め奉る、佛舎利五十三粒。大般若経一部六百巻。般若心経一千巻。寶筐印陀羅尼一千遍。本尊真言一萬遍。餘尊真言各一千遍。一字三禮妙法蓮華経一部八巻。同開結二経阿弥陀般若心経各一巻。同最勝王経一部十巻。比丘比丘尼菩提心願文七十五通。奉加帳一通。華座中に奉納す . . . 本文を読む
コメント

金光明最勝王經・長者子流水品第二十五

2022-09-15 | 諸経
金光明最勝王經・長者子流水品第二十五(流水は病者を治した後、池水枯渇で死に瀕した魚達を救い、読経して財施・法施を施したことで魚達は死後昇天すると説く。これが日本でも放生会の根拠となった。流水は釈尊、その父は妙憧、その子は銀憧・銀光、十千の天使たちは当時の魚であると説く)爾時、佛は菩提樹神善女天に告げたまはく「爾時、長者子流水は、往昔時に天自在光王國内に在りて、諸衆生の所有る病苦を療じ、平復するを得 . . . 本文を読む
コメント

八幡大菩薩は国家に害をなすものには殺生戒を破ると託宣

2022-09-13 | 諸経
「八幡大菩薩託宣集」「光仁天皇八年。宝亀八年丁巳 777五月十八日託宣。」「明日辰時を以て沙門と成る、三皈五戒を受くべし。自今以後は禁断殺生・放生すべし。但し国家の為に巨害之徒出来たる時は此の限にあらず。疑念なかるべし。古仏垂迹大悲菩薩の御身なり。仏位にして説き給はば経教と仰ぎ奉り、神道を以て宣るをば、託宣と称す。真実者也。不虚妄者。不誑語者也。御誓願に任す之旨、天皇や奉り守り給ふ。」八幡大菩薩は . . . 本文を読む
コメント

今日は中秋の名月です。

2022-09-10 | 諸経
        2022年の中秋の名月は、9月10日です。「中秋の名月」とは、太陰太陽暦の8月15日の夜に見える月のことを指します。中秋の名月は農業の行事と結びつき、「芋名月」と呼ばれることもあります。中秋の名月をめでる習慣は、平安時代に中国から伝わったと言われています。 月は密教では重要な役割を担っています。覚鑁上人の「一期大要秘密集」に月は自分 . . . 本文を読む
コメント

一切衆生の伏し難く、度し難く、恩を知らず、恩に報ゆることを知らざる

2022-09-08 | 諸経
華厳経巻三十九離世間品第三十三ノ三「菩薩魔訶薩は一切衆生の伏し難く、度し難く、恩を知らず、恩に報ゆることを知らざるを知り、彼の衆生の為に大荘厳を起こして自ら荘厳し、一切衆生をして心に自在を得、随意の境涯において悪心を生ぜず、他所において煩悩の心を生ぜざらしめんと欲す。・・」昔から我々は恩知らずで度し難い存在であり仏さまが憐れんでおいでになったことがわかります。 . . . 本文を読む
コメント

仏の目的は唯一つ衆生を助けることである。金光明最勝王經・分別三身品

2022-09-04 | 諸経
「仏の身は三つに分かれるが(法身・報身・応身)それはただ一つの事を成し遂げるためである。一つの事とはいうまでもなく人々を助けることである。(金光明経・仏教聖典)」 以下「金光明最勝王經・分別三身品」です。 金光明最勝王經・分別三身品第三 (大師の「金勝王經祕密伽陀第二卷三身品(分別三身品第三)」には「三身(法・応・化)不異なり 四德(常楽我浄)は圓融す 應化は別なし 法身は同なること有り 法 . . . 本文を読む
コメント

西大寺光明真言会願文

2022-09-04 | 諸経
今日は叡尊が西大寺で土砂加持法会を始めた日西大寺光明真言会願文「南部州大日本国西大寺臥雲の沙門叡尊等至心合掌して異口同音に一切の仏宝に帰依し、一切の法寶に帰依し、一切の僧寶に帰依して而言さく。夫れ不空羂索毘盧遮那大灌頂光明真言は、我本師釈迦如来因位の昔、持念の時、無量無数の光明を放って三千大千の世界を照らし一切の魔軍を降伏し、一切の衆生を済度し、茲に神呪の力を藉りてもっぱら仏果の位を証す。かくのご . . . 本文を読む
コメント

今日は興正菩薩が「西大寺光明真言会願文」を撰された日

2022-09-04 | 諸経
西大寺光明真言会願文「南部州大日本国西大寺臥雲の沙門叡尊等至心合掌して異口同音に一切の仏宝に帰依し、一切の法寶に帰依し、一切の僧寶に帰依して而言さく。夫れ不空羂索毘盧遮那大灌頂光明真言は、我本師釈迦如来因位の昔、持念の時、無量無数の光明を放って三千大千の世界を照らし一切の魔軍を降伏し、一切の衆生を済度し、茲に神呪の力を藉りてもっぱら仏果の位を証す。かくのごとくならば則ち 法界智の所依となる也。月大 . . . 本文を読む
コメント