福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。そしてこれらのお参り・修行は究極的には自身の中の仏様を掘り出すためです。霊験は自身のなかの仏さまと宇宙の仏さまの加持感応によります。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

初心者のかたも毎回いらっしゃいます。新しい方、飛び入り大歓迎、会費不要です。
令和二年2020 福聚講予定
1月18日土曜日。観音様の日。11時護国寺
2月15日土曜日、お涅槃の日。15時護国寺
3月21日土曜日、中止
4月18日土曜日・中止
5月16日土曜日、中止
6月20日土曜日、中止
7月18日土曜日・観音様の日、15時護国寺、暑気払いの日
8月15日土曜日、15時護国寺
9月19日土曜日、15時護国寺
10月17日土曜日、15時護国寺
11月21日土曜日、お大師様の日、15時護国寺
12月19日土曜日、15時護国寺、忘年会

唐大和上東征傳(淡海三船)

2020-06-05 | 諸経
唐大和上東征傳・眞人元開(淡海三船・唐僧・道璿に従って出家し、元開と号す.鑑真和上十七回忌に唐僧思託の依頼により撰す) )撰 (鑑真和上の出自・出家まで) 大和尚諱は鑑眞。揚州江陽縣の人也。俗姓淳于。齊の辯士髡の後也(淳于髡じゅんうこん・は戦国時代、斉の威王に仕えた稷下の学士の一人)。其父、先に揚州大雲寺智滿禪師に就きて受戒し禪門を學す。大和尚年十四。父に隨ひて入寺し、佛像を見て心感動す。因って父 . . . 本文を読む
コメント

今日は木喰上人の示寂された日です

2020-06-05 | 法話
今日は木喰上人の示寂された日です。木喰上人は1810年7月6日(文化7年6月5日)93歳で示寂されています。当方にとっても不思議な大変有難いご縁の方です。私の大恩人の生地と木喰上人の生地は同じ甲斐国西八千代郡古関村で、40年以上前木喰上人に関するプロジェクトに私が協力したことから大恩人との深い縁ができたのです。この木喰上人のプロジェクトのおかげで私も平穏な人生を送ることができたといっても過言ではあ . . . 本文を読む
コメント

今日は和田大円僧正遷化の日。

2020-06-05 | 法話
今日は和田大円僧正遷化の日。以下密教辞典等に依ります。 和田大円僧正は昭和七年1932、6月5日遷化。74歳。 勤王僧・与謝野礼厳の子、 鉄幹の兄。蓮月尼の斡旋で神光院和田智満の門に入る。泉涌寺旭雅に性相をまなび、智満から野沢諸流と雲伝神道を受け、山階派管長・勸修寺門跡。 雲伝神道についてはここにあります。 . . . 本文を読む
コメント

今日は宮沢清六が「国訳妙法蓮華経」千巻を頒布した日

2020-06-05 | 法話
今日、昭和九年1934、六月五日は宮沢賢治の弟清六が賢治の遺言により「国訳妙法蓮華経」千巻を頒布した日です。 . . . 本文を読む
コメント

今日は俊乗坊重源ご遷化の日

2020-06-05 | 法話
今日は俊乗坊重源ご遷化の日。以下密教辞典等に依る。 重源は元久二年六月五日に86歳で遷化。醍醐で密教をまなび、源空に浄土法門を受ける。高野山でも念仏を広める。後、1167・仁安二年渡宋。其の後、東大寺勧進職、 文治二年(一一八六)四月二十六日、重源は東大寺再興を祈願して伊勢神宮に大般若経六百巻を書写・転読(「東大寺衆徒参詣伊勢大神宮記」。建久六年1195東大寺落慶。源空を導師、鳥羽法皇・源頼朝列席 . . . 本文を読む
コメント

ダライラマ「発菩提心の儀式」がネット中継されます。

2020-06-05 | おすすめ情報
ダライラマ「発菩提心の儀式」がネット中継されます。 2020年6月5日 午後12時半から午後2時 . . . 本文を読む
コメント

五日は弥勒佛、気多大明神、狭槌と豊斟淳(とよむく)の日。

2020-06-05 | 法話
五日は弥勒佛、気多大明神、狭槌と豊斟淳(とよむく)の日。 弥勒佛(「三十日秘仏」)。弥勒菩薩は十三仏の六七日導師でもあります。都率天におられ五十六億七千万年後にこの世に下生され衆生を導くとされます。弥勒菩薩は竜華樹の下で悟り三度説法されるとされます。これを竜華三会といい『弥勒下生経』には、初会に九六億人、二会に九四億人、三会に九二億人を救済するとあります。お大師様もこの弥勒の兜率天におら弥勒菩薩 . . . 本文を読む
コメント

真言宗安心要義(長谷寶秀)・・5

2020-06-05 | 法話
信心について大疏(大日経疏)では捨攞駄(しゃらだ)の信、阿毘目底(あびぼきち)の信ということを説く。捨攞駄(しゃらだ)は深心といい、阿毘目底(あびぼきち)は信解という。深心は仏法の法義を聞いて、自分には分からずともこの法は仏説であるから間違いないと思うて深く信ずるのである。大疏(大毘盧遮那成佛經疏卷第三)に「深心とは梵音には捨攞駄(しゃらだ)という、これ事により人による信なり。たとえば長者の言を聞 . . . 本文を読む
コメント

世界的大混乱を終息するには「共感力」(六道の衆生はすべて父母である)が必要

2020-06-05 | 法話
コロナパンデミックも現在の中国・アメリカをはじめとする強大国の大混乱も根底には他者への共感力の欠如によるものです。コロナはもともと武漢の動物食からはじまり、その発生を世界に隠蔽していたことに依りパンデミックとなり今現在世界で40万人が死亡してまだ治まりません。アメリカでは人種差別問題で大混乱が起こっています。 根底には世界を席巻するミーイズムがあります。「自己中心主義」です。日本でも長年「自己 . . . 本文を読む
コメント

今日は栄西忌です

2020-06-05 | おすすめ情報
今日は栄西忌です。栄西禅師は永治元年4月20日(1141年5月27日)備中吉備津宮の権禰宜、賀陽氏の子として誕生され建保3年7月5日(1215年)、享年75歳で京都建仁寺にてご遷化されています。 今では6月5日に建仁寺開山忌と称され建仁寺法堂で木像がお祀りされ裏千家の献茶の儀などが催さるようです。 栄西禅師は比叡山延暦寺にて出家得度の後、南宋に留学。天台山万年寺などを訪れ、『天台章疎』60巻を将来 . . . 本文を読む
コメント

今日6月5日は鑑真忌です

2020-06-05 | 法話
今日は鑑真忌です。鑑真和上は763年6月5日〈天平宝字7年5月6日〉76歳で唐招提寺で遷化されています。新暦で今日を鑑真忌としています。 和上は日本に四分律を伝えた律宗の開祖です。栄叡,普照の要請で失明をのりこえ,6回目に天平勝宝5年(753)来日。聖武上皇らに菩薩戒を授戒し,7年東大寺に戒壇院を設立,翌年大僧正となり天平宝字3年唐招提寺を開基されています。東大寺の戒壇は当時日本で唯一の正式の授戒 . . . 本文を読む
コメント

真言宗安心要義(長谷寶秀)・・4

2020-06-04 | 法話
次に成仏の正因を申し上げる。念仏宗のほうでは、念仏正因・信心正因ということがある。浄土宗ならば念仏正因で南無阿弥陀仏と唱える、その功徳によって浄土往生する、というので即ち念仏が往生の正因となるというのである。真宗のほうでは信心正因で阿弥陀仏の他力の本願を信ずる、信ずる一念さえ起こったならばその時に往生浄土が決定する。その後に南無阿弥陀仏と唱えるのは仏恩報謝の念仏であるという。これは念仏の力で往生す . . . 本文を読む
コメント

今日は伝教大師忌です

2020-06-04 | おすすめ情報
伝教大師最澄様は弘仁13年6月4日(822年6月26日)、比叡山中道院で64歳で入滅されています。弘法大師様と同時に渡唐されていたり、高尾山で御大師様に灌頂を受けられていたり、弟子の泰範の問題、「理趣釈経」の借用の問題等、弘法大師様とは深い仏縁を感じさせられる方です。比叡山は仏教の総合道場として多くの祖師を輩出し、今もって数々の本格的修行者を続出させる支援体制が続いていることには行者のはしくれとし . . . 本文を読む
コメント

撰集百縁経巻四・尸毘王、眼を剜えぐり鷲に施す緣

2020-06-04 | 諸経
『撰集百縁経巻四・尸毘王、眼を剜えぐり鷲に施す緣』(全巻書き下し)   佛は舍衛國祇樹給孤獨園に在しき。時に諸比丘は安居竟らんと欲し自恣の時(夏安吾の終日に自分の罪を懺悔する)到る。春秋二時、常に來りて集會し佛說法を聴く。其中に或は浣衣・薰缽・打染・縫治するものあり。如是各各。皆所營あり。時に彼の衆中に一比丘あり。名を尸婆(しば)といふ。年老ひて目瞑く地に坐して縫衣す。紝針見えず。衣を縫うを得ず是 . . . 本文を読む
コメント

四日は阿閦如来、気比大明神、内宮源と外宮宗の日。

2020-06-04 | 法話
四日は阿閦如来、気比大明神、内宮源と外宮宗の日。 ・阿閦如来(「三十日秘仏」)。阿閦如来は三十日秘仏の四日仏であるとともに十三仏の七回忌導師でもあります。左手で衣の端をにぎっておられるのが特徴です。東方妙喜國の教主。密教では金剛界五智如来の一つで大円鏡智を表すとされます。維摩経では維摩は阿閦如来の妙喜国からこの世を照らすために現れたとします。維摩経下に「是の時、仏、舎利弗に告げたまえり、「国有り . . . 本文を読む
コメント