福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。そしてこれらのお参り・修行は究極的には自身の中の仏様を掘り出すためです。霊験は自身のなかの仏さまと宇宙の仏さまの加持感応によります。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

福聚講のお参り予定は当分未定

今日は唐招提寺中興の祖・覚盛の遷化された日です

2022-05-19 | 法話
今日は唐招提寺中興の祖・覚盛の遷化された日です。覚盛は建長元年(1249)五月十九日、56歳で遷化されています。諡号は大悲菩薩。 貞慶に師事し,のち明恵から華厳を,西大寺の戒如から律をまなび、嘉禎二年円晴,叡尊,有厳とともに東大寺で自誓受戒されています。四条天皇をはじめ皇族や公卿に菩薩戒を授けています。のち唐招提寺にはいり, 戒律復興の祖・鑑真の再来といわれ,唐招提寺中興の祖とされます。遷化のご様 . . . 本文を読む
コメント

今日は石清水八幡に一切経をあげた日

2022-05-19 | 法話
『類聚国史』・天長六年(829)五月丁酉(19日)条に「僧十口をして一切経を八幡大菩薩宮寺に読経せしむ。」淳和天皇。天長四年から六年まで京都で地震が続いています。 . . . 本文を読む
コメント

今日の唐招提寺「中興忌梵網会」(うちわまき)法要は僧侶のみ

2022-05-19 | おすすめ情報
唐招提寺中興の祖・覚盛の命日・5月19日には毎年、唐招提寺で「中興忌梵網会」(うちわまき)法要が開かれるが2021年も拝観停止・法要は一山僧侶のみでおこなわれるといいます。 . . . 本文を読む
コメント

為空也上人供養金字大般若經願文(三善道統)

2022-05-19 | 諸経
「為空也上人供養金字大般若經願文(三善道統)」(これは空也上人が天歴四年950に衆生の疫病災害苦を抜かんと欲して14年かけて大般若経の書写を完成し鴨川で仮設の仏殿を建て六百人の高僧を招して供養するとともに伎楽説法授戒を行ったことを大般若経の内容を基に書いたもので空也上人の意を体して書いたものです。上人の庶民の苦しみへの思いが切々と伝わる内容です。) 「敬白。奉書寫供養金字大般若經一部。  夫れ . . . 本文を読む
コメント

十九日は日光菩薩、馬頭観音菩薩、聖真子権現、海原と野原の日

2022-05-19 | 法話
十九日は日光菩薩、馬頭観音菩薩、聖真子権現、海原と野原の日。・日光菩薩(「三十日秘仏」)。(曼荼羅図典によれば「胎蔵曼荼羅では地蔵院の一番西にあり、白肉色で左手に日輪をのせた蓮華を持ち、右手は与願印、赤蓮華に坐す。地蔵菩薩の徳の内で煩悩を除き普く衆生に光明を齎す働きをされる。それゆえに太陽に喩えられる。金剛界曼荼羅では金剛光と同体とされる。」「仏説薬師秘密神呪経」では毎日一遍お薬師様や日光月光菩薩 . . . 本文を読む
コメント

今日は十斎日です。

2022-05-18 | 法話
今日は十斎日です。 十斎日とは月の一日・八日(六斉日でもあります)・十四日(六斉日でもあります)・十五日(六斉日でもあります)・十八日・二十三日(六斉日でもあります)・二十四・二十八日・二十九日(六斉日でもあります)・三十日(六斉日でもあります)をいいます(根拠は下の地蔵経にあります)。この日に八斎戒(不殺生、 不倫盗、 不淫、. 不妄語、 不飲酒、 不聴歌舞、 不坐広床戒、 非時食戒)を守り、 . . . 本文を読む
コメント

今日は南方熊楠の誕生日です

2022-05-18 | おすすめ情報
南方 熊楠は1867年5月18日(慶応3年4月15日)和歌山城下橋丁(現、和歌山市)にうまれています。自分は約50年前上野桜木町に下宿していたころ、プラトン研究者の先輩、都市工学者の先輩、生物物理学者の先輩等の薫陶を受けた中で常に皆の話題に上っていた人です。青春時代の象徴のような人で懐かしい人です。加えて真言行者となってからは土岐法龍高野山管長と親交があったということで何重にも親しみを感じる方です . . . 本文を読む
コメント

今日は八幡大菩薩が出家宣言をされた日

2022-05-18 | 諸経
「八幡大菩薩託宣集」「光仁天皇八年。宝亀八年丁巳777五月十八日託宣。」 「明日辰時を以て沙門と成る、三皈五戒を受くべし。自今以後は禁断殺生・放生すべし。但し国家の為に巨害之徒出来たる時は此の限にあらず。疑念なかるべし。 古仏垂迹大悲菩薩の御身なり。仏位にして説き給はば経教と仰ぎ奉り、神道を以て宣るをば、託宣と称す。真実者也。不虚妄者。不誑語者也。御誓願に任す之旨、天皇や奉り守り給ふ。」 . . . 本文を読む
コメント

十八日は聖観世音菩薩、鬼子母神、小比叡権現、潮沫と野原の日

2022-05-18 | 法話
十八日は聖観世音菩薩、鬼子母神、小比叡権現、潮沫と野原の日。・聖観世音菩薩(「三十日秘仏」)。観音経抄に曰「機感相と応の始と末を観察するを観と号し、観るところの境界を世音と称す」と。」(観音菩薩は衆生が救いを求めると直ちに救済する菩薩で、密教では胎蔵界の中台八葉院・蓮華院・釈迦院に位置する。観音様は般若心経の最初に出てきますし、観音経もよく読まれます。このなかで「一心称名。観世音菩薩。即時観其音声 . . . 本文を読む
コメント

今日5月18日は400日の功徳日です

2022-05-18 | おすすめ情報
今日5月18日は400日分の功徳日です。観音様のご縁日でもあります。今日仏さまを拝めば400日お参りしたことになります。 . . . 本文を読む
コメント

今日は大師が信者の病気平癒の為に金剛般若経転読し快癒を喜ばれた日です。

2022-05-17 | お大師様のお言葉
弘仁十年五月十七日は大師が筑前の王大守宛に病気平癒の為に金剛般若経転読し快癒を喜ばれた日です。「筑前の王太守宛  弘仁十年五月十七日前に寝膳乖和(寝食不調)すと承る。すなわち諸の弟子らを率いて「金剛般若経」を転読すること一七日。前に人の伝え説るあり。王太守久しく風疾に染むと。たちまちこの言を聞いて驚憂これ深し。香を焚き誠を投じて諸仏の威護を祈る。今、音札(音信)を披きて、平達を華下に承る(快癒の様 . . . 本文を読む
コメント

今日は疫癘消除のために臨時仁王会を修した日

2022-05-17 | 法話
扶桑略記・延長八年930 五月十七日 「被修有供無施臨時仁王会、仍廃務、是為消除疫癘也」 . . . 本文を読む
コメント

今日は小松宮彰仁親王を総裁に高野山興隆会が設立された日

2022-05-17 | 法話
今日は小松宮彰仁親王を総裁に高野山興隆会が設立された日。 「明治33年5月17日(1900年)是ヨリ先高野山興隆会創立ノ企図アリ、是日東京華族会館ニ於テ小松宮彰仁親王殿下ヲ総裁ニ戴キ当会発会式挙行セラル。栄一之ニ出席シ賛成ノ意ヲ述ブ。次イデ同年六月二十一日、評議員兼会計監督ニ推サレテ四十二年六月六日ニ至ル。」(渋沢栄一伝記資料) ・此の時の彰仁親王のお言葉です。「教法宗派の如何を問はず、貴賤貧 . . . 本文を読む
コメント

今日は地震で五壇法を修した日

2022-05-17 | 法話
続史愚抄 / 正平十七年(1362)/貞治元年五月十七日条「十七日 京畿大地震 北朝 入道尊道親王(注1)をして五壇法(注2)を土御門殿(注3)に修し 之を祈禳せしめらる」(注4)(注1) 入道尊道親王は南北朝から室町時代。後伏見天皇の第11皇子。出家して青蓮院にはいる。貞和三年以来通算24年間天台座主をつとめた。 (注2) 五壇法、①息災・増益・調伏の為に五大明王の壇を連ねて一度に禁中・公家に . . . 本文を読む
コメント

17日は千手観音・竜樹菩薩などの日

2022-05-17 | 法話
十七日、竜樹菩薩(「三十日秘仏」)。佛祖統紀に曰「十三世龍樹菩薩は南天竺梵志の裔なり、佛世を去ってのち七百年に出ず、始生の日樹下にあり、龍宮に入り、はじめて成道を得る故に龍樹と号す」と。 (『般若経』で強調された「空」を、無自性に基礎を置いた「空」であると論じて(「中論」)お釈迦様の「縁起」を説明し、後の大乗仏教に決定的影響を与え、八宗の祖師と称されます。また真言宗では「龍猛」とよばれ、真言八大 . . . 本文を読む
コメント