福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。そしてこれらのお参り・修行は究極的には自身の中の仏様を掘り出すためです。霊験は自身のなかの仏さまと宇宙の仏さまの加持感応によります。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

福聚講のお参り予定は当分未定

相互依存という概念は空性の同義語

2019-02-28 | 法話
「掌の中の無限」(天体物理学者チン・スアン・トゥアン、分子生物学者チベット僧マチウリカール共著)より「相互依存という概念は空性の同義語であり、空性はまた非恒常性の同義語である。世界はすべて互いにつながり絶えず相互依存しあう活発な流れと出来事の膨大な集合のようなものだ。この絶えざる変化という概念は現代宇宙論のいうところと一致する。アリストテレスの天の不動性やニュートンの静止宇宙はもう存在しない。・・ . . . 本文を読む
コメント

宇宙の大道に加わろうとする衆生の意思が菩提心

2019-02-27 | 法話
人生の帰趣・山崎弁栄「宇宙は一面から見れば自然法則の勢力とが存在して日月星辰の運行となっている・・また内面は衆生心霊界に流れつつある大道法が存して、これを無上菩提といふ。また大菩提は宇宙に存在する大道法である。この大道法に加わる衆生の意思を菩提心といふ。故に菩提心とは自己の心が実は全一如来心と連絡して居るもので如来の聖意を自己の聖意となし自覚してこれを実行するをいふのである。」 . . . 本文を読む
コメント

臓器提供や骨髄バンク登録の菩薩行と第三者の義務

2019-02-27 | 法話
水泳の池江選手のニュース以来臓器提供や骨髄バンクの大切さがあらためて説かれていますが、華厳経にも菩薩が髓肉や腸・腎臓・肝・肺臓を提供するときの願いを書いている箇所がありました。要するに菩薩は骨髄や臓器を提供するときに「全ての生きとし生けるものが仏と同じ功徳を受け福徳円満しますように」という願いを以て臓器提供する、いいかえれば臓器提供はすべての生きとし生けるものが仏と同じ位に昇るくらい功徳があるとい . . . 本文を読む
コメント

今日は一粒万倍日です。

2019-02-26 | おすすめ情報
今日は一粒万倍日です。 . . . 本文を読む
コメント

今日2月25日は天神様の日です。

2019-02-25 | 法話
今日2月25日は天神様の日です。 1、道真公は延喜3年(903年)2月25日に59歳で大宰府で薨去されました。その後道真公を讃えるべく多くの神社ができています。日本三大天神は防府天満宮・太宰府天満宮・北野天満宮。また江戸市中で道真公を祭る25社は「江戸二十五天神(亀戸天神 、深川天神 、楓川天神、飯倉天神、茅野天神、花城天神、福吉天神、平河天神 、中坂天神、牛天神、櫻木天神、湯島天神、下谷天神、渡 . . . 本文を読む
コメント

天皇とは

2019-02-24 | 法話
鈴木大拙「霊性的日本の建設、昭和二十一年」には「天皇は曼荼羅的にいうと、霊的日本の中心であり同時に全国民の精神と重々無碍に円融している存在である」としています。 鈴木大拙「霊性的日本の建設、昭和二十一年」 「・・・日本には世界といふ高堂に出陣して他の国民をして景仰せしむべきものがなくてはならぬ。 ・・事事無礙法界(現象界は相互に全てが全てに這入りこんでいるという華厳の極意)の曼荼羅にありては天皇 . . . 本文を読む
コメント

十善業道經

2019-02-24 | 諸経
に十善業道經大唐于闐三藏實叉難陀奉制譯如是我聞。一時佛、娑竭羅龍宮にいまして、八千大比丘衆三萬二千菩薩摩訶薩と倶なりき。爾時世尊龍王に告げて言く。一切衆生心想異るが故に業を造ることも亦異なり。是の故に諸趣に輪轉すること有り。龍王、汝此會および大海中に形色種類各別なるを見るや不や。是のごとく一切心によりて善と不善とを造る。身業と語業と意業との致すところならざるはなし。而も心は無色にして見取ばからず。 . . . 本文を読む
コメント

今日24日は愛宕様の日です。

2019-02-24 | おすすめ情報
今日24日は愛宕の日です。 愛宕信仰は、京都市の愛宕山山頂の愛宕権現様の信仰です。 愛宕権現はイザナミを垂迹神として地蔵菩薩を本地仏としています。神仏分離・廃仏毀釈が行われる以前は、愛宕山白雲寺から勧請されて全国の愛宕社で祀られていました。愛宕権現は、大宝年間、修験道の役小角と泰澄が山城国愛宕山に登った時に天狗(愛宕山太郎坊)の神験に遭って朝日峰に神廟を設立したのが、霊山愛宕山の開基と伝です。 . . . 本文を読む
コメント

今日から谷保天満宮梅まつり

2019-02-23 | おすすめ情報
谷保天満宮梅まつりは2月23日(土)・2月24日(日)です。・紅わらべ奉奏 〔23・24日『紅わらべ』とは、菅公5才の折お詠みになった和歌「美しや 紅の色なる 梅の花 あこが顔にも つけたくぞある」 を作曲・作舞した優雅な巫女舞。〕・お囃子 〔24日〕・天神太鼓 〔24日〕・天然理心流演武 〔24日〕・二胡演奏 〔23日〕 . . . 本文を読む
コメント

今日は一粒万倍日です。

2019-02-21 | おすすめ情報
今日は一粒万倍日です。 . . . 本文を読む
コメント

角田さんに護国寺参拝記録を作っていただきました。

2019-02-21 | 開催報告/巡礼記録
「福聚講護国寺定例参拝記録 福聚講(高原耕曻講元)は、2月16日(土)午後3時、東京・文京の大本山護国寺定例参拝を行いました。この日は、厳冬の季節には珍しく空には雲一つない晴天で、かつ温かさを感じる、絶好のお参り日よりでした。翌々日の18日が、ご本尊の御開帳の日とあってか参詣する人は、境内も本堂もまばらでした。 がらんとした本堂の風情も、たまにはいいものです。無責任な言い方かもしれませんが、大 . . . 本文を読む
コメント

密教経典と護国思想

2019-02-20 | 諸経
「密教経典と護国思想(栂尾祥雲、『密教文化』」・・密教の護国経典は必ずしも孔雀経、仁王経、守護経に限ったわけではないけれども、大師が入唐されて恵果阿闍梨より親しく師受をうけ、これにもとずきて国家のため修法を企画したまへる代表的のものとしては以上に説明した三経(孔雀経、仁王経、守護経) である。 そのなか「孔雀経」はこれを正純密教化するにその「儀軌」をもってし、結局は孔雀明王をもってだたちに大日金 . . . 本文を読む
コメント

紀平正美「日本精神」に関東大震災時の考えがありました

2019-02-18 | 法話
紀平正美、「日本精神」(1930)に関東大地震について述べて、「『なにくそ』の日本精神が出た。大地震により日本人に本来の使命を思い起こさせた。・・」とのべています。「・・時は大正十二年九月一日、関東の地は大いに震うた。而して震害に次いで火災、東京市の如きはその大半は焼けてしまったのである。・・・火は今を盛りと燃えている。余震も猶ほ時々に来るといふ最中、人々は何処を當てといふことなく・・身を以て逃れ . . . 本文を読む
コメント

元三大師

2019-02-16 | おすすめ情報
元三大師降魔伝: 第一話山科御陵クリエーター情報なし磐城出版 . . . 本文を読む
コメント

四国遍路とはなにか

2019-02-16 | おすすめ情報
四国遍路とはなにか (角川選書)クリエーター情報なしKADOKAWA/角川学芸出版 . . . 本文を読む
コメント