福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。そしてこれらのお参り・修行は究極的には自身の中の仏様を掘り出すためです。霊験は自身のなかの仏さまと宇宙の仏さまの加持感応によります。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

福聚講のお参り予定は当分未定

今日は円珍が入唐された日

2022-09-14 | 法話
今日は円珍が入唐された日 園城寺文書「(円珍は)仁寿三年(853文徳天皇の時代)七月十六日離本国、大中七年(853唐の宣宗の治世)九月十四日、到唐国福州・・」 円珍は、在唐六年、天台、真言、倶舎、因明、悉曇などを学びますが、特に青竜寺法全和尚から、 「五部心観」を付与されます。 これは金剛界曼荼羅の五部(仏部,金剛部,宝部,蓮華部,羯磨部)の諸尊の図像,梵文真言,標幟を白描で描いたもので現在は . . . 本文を読む
コメント

仏教大原理(釈雲照)より・・その14

2022-09-14 | 法話
この三界六道十界の差別は何によりて生じ何者が造ったのか?・・・空であればなにものも生じないはずであるがじつはこの「空」のなかに無尽の功徳を含有しているのである・・ . . . 本文を読む
コメント

今日は伏見天皇が「宸翰御告文」を奏された日です。

2022-09-14 | 法話
今日は伏見天皇が「宸翰御告文」を奏された日です。(伏見天皇は後深草天皇の第二皇子。大覚寺統の後宇多天皇のあとを受けて即位。第92代。両統迭立の最初となる。「伏見院宸記」あり。書道伏見院流祖。京極派の有力歌人。《玉葉和歌集》を勅撰。 妙蓮寺所蔵「国宝・伏見天皇宸翰法華経」あり。)「伏見天皇宸翰御告文」は伏見帝が国の平安を願い洪水等の災厄消除のための神佑を祈った願文です。以下「宸翰英華」によります。「 . . . 本文を読む
コメント

今日は深覚遷化の日

2022-09-14 | 法話
  深覚 「東寺長者、禅林寺大僧正または石山大僧正と称し右大臣藤原師輔の第十一子。天歴九年生まる。幼にして池上寛忠の室に入りて得度、永祚元年十二月二日寛朝国師に伝法灌頂を受く。常に苦修怠らず悉地を得、呪験に長じ、洛東禅林寺に住して密綱を皇張し、勸修・勝算とともに瑜伽三傑の称あり。正暦三年七月東大寺別当に任じ以来斯職に復任すること四度に及ぶ。長保四年二月左大臣道長の病を加持し同七月少僧都 . . . 本文を読む
コメント