福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。そしてこれらのお参り・修行は究極的には自身の中の仏様を掘り出すためです。霊験は自身のなかの仏さまと宇宙の仏さまの加持感応によります。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

福聚講のお参り予定は当分未定

真言法は鎮護国家の要法

2020-12-31 | 法話
真言開庫集(蓮體)第十六 真言法は鎮護国家の要法たること問。真言教は災障を払い病悩を除き、富貴を求め、寿命を延べ、安産し、敬愛し、怨敵を退け、国家を擁護し、風雨を時にかなはしめ、五穀を豊登ならしむる等の事ありと。是巫女陰陽道などの言に似たり。本説ありや。そもそもなにごとぞや。答。密教に依って修行するものは、世間出世の一切の悉地を成就するが故に、一切の諸願成就せずといふことなし。たとえば日輪は一天四 . . . 本文を読む
コメント

横川首楞嚴院二十五三昧式 源信撰

2020-12-31 | 諸経
「横川首楞嚴院二十五三昧式 源信撰」  「右念佛三昧。往生極樂の爲め今日より始め各の命終期に至る迄、毎月十五日を以て一夜不斷に共に念佛を修し、願くは此の一夜の白業之善根を積み、將に滿月清涼之覺蘂に攀んとす。仍ち其名を注し僉議すること件の如し。     定起請 一。毎月十五日夜を以て不斷念佛を修すべき事 右六節日(令義解雑に「凡正月一日。七日。十六日。三月三日。五月五日。七月七日 . . . 本文を読む
コメント

此の膿血出る肉身に佛を顕す

2020-12-30 | 諸経
「真言宗安心」 慈雲尊者撰 「問、真言宗にて安心と云ふことを承る。真言宗には如何に安心仕るべきや。 師云く、今時先ず諸宗の中に禅宗と真言宗とを向上の宗旨とす。禅宗は即心即佛と云ひ、真言宗は即身成仏と云ふ。此の心の成仏と身の成仏との別を詳らかにすべし。即心即佛と云ふは我が心を悟りさへすれば是れそのまま佛と云ふ意也。それゆへ遥かに十万億土の外に佛を求めざる也。且らく餘家よりは超越せるに似たり。 . . . 本文を読む
コメント

憎い人の幸せを祈ると必ず相手が変わること・・6/最終回

2020-12-30 | 法話
憎い人の幸せを祈ると必ず相手が変わること・・6さらに密教的にもこれは証明されています。那須政隆師(大正大学学長・真言宗智山派管長)も「人間お互いの間でさえ、身口意の三密が一致相応すれば感応道交の事実が発現される」と説いておられます。「・・我々が加持感応の原理を理解するにはまず真言教学の世界観を思い出さねばならない。無限なる宇宙を一大曼荼羅とし現象の萬物を宇宙曼荼羅の顕現とすることはすでに述べたとお . . . 本文を読む
コメント

不空羂索毘盧遮那仏大灌頂光真言句義釈

2020-12-30 | 諸経
不空羂索毘盧遮那仏大灌頂光真言句義釈   ひそかに釈家の意を案ずるに、如来の密語に二の意趣あり。可釈の義と、不可釈の義となり。初めは機縁に応ずるが故に無量甚深の義理の中に、略して一分を出さしめ、人をして恵解を生ぜしむ。後にはこれ如来の密語なるがゆえに思議の境界に非ず、ただ仰信を生してこれを持念すべし。いま、初門について多含の一義を出だして、いささか持者の信心を勧む。願わくは佛恵の光明 . . . 本文を読む
コメント

内心に貪瞋痴の三毒があるから外から天魔人魔が来る

2020-12-30 | 法話
「善がいやでかなわず、悪は隠れ廻ってもするのはどふいうものであるか。それは貪瞋痴という魔にとりつかれ魅化されておるからとにかく悪いことをする。我が内心に貪瞋痴の三毒があるから外から天魔人魔が来る。天魔というはその中に第六天のような魔があり、牛頭馬頭の角の生えた口の切れ込んだような魔がある。また人魔というは美女の形をしてくるものもある。その他種々ある。それが天魔人魔、そういう魔にたぶらかされる。貪瞋 . . . 本文を読む
コメント

霊訓・・・W・Sモーゼス(浅野和三郎訳)より

2020-12-30 | 法話
霊訓・・・W・Sモーゼス(浅野和三郎訳)より ・・・非命の死と罪悪――地の世界には、週期的に争闘が起るものであるが、霊的眼光を以もってこれを考察すれば、畢竟ひっきょうそれは善悪の霊と霊との争闘である。すべて世の乱れるのは、未発達なる霊魂の数が不釣合に多くなった時で、従って大きな戦争の直後は、人心の悪化が、特に目立ちて強烈である。他なし、多くの霊魂が無理に肉体から引き離されて帰幽するからで、つまり資 . . . 本文を読む
コメント

今日は御七日御修法のもととなった「修法灌頂の事」が宣せられた日です

2020-12-29 | 法話
今日は御七日御修法のもととなった「修法灌頂の事」が宣せられた日です。類従三代格巻二です「修法灌頂の事。太政官符。まさに年ごとに修法せしむる事。右従二位行大納言兼皇太子傳藤原朝臣三守、宣じられ勅を奉ず。大僧都傳燈大法師位空海、表するにより毎年宮中に金光明会講経一七日間、真言宗法を鮮明する僧二七人、沙弥二七人を撰び、一室を壮厳し別して修法せしめ同じく国家を護持せしめ共に五穀を成熟せしむることを宣す。  . . . 本文を読む
コメント

憎い人の幸せを祈ると必ず相手が変わること・・5

2020-12-29 | 法話
憎い人の幸せを祈ると必ず相手が変わること・・5憎い相手を拝むと相手が急に優しくなったという実例を最初に書きましたが、どうしてかと考えると華厳経に心と仏と衆生は本当は一つなのだ、という句がありました。有名な句です。華厳経・夜摩天宮菩薩説偈品「 心はたくみなる画師の如し。種々の五陰を畫き、一切世間中に、法として造らざる無し。心の如く仏も亦爾り。仏の如く衆生も然り。心・仏及び衆生、是三、無差別なり」。心 . . . 本文を読む
コメント

童子教(全・解説)

2020-12-29 | 諸経
童子教( 傳五大院安然(平安前期の天台僧)作、「塵添壒嚢鈔」「大蔵経データベース」「童子教故事要覧(加藤咄堂)」「実語教童子教諺解」等により解説)   「夫(そ)れ貴人の前に居ては顕露に立つことを得ざれ(父母恩重経に父兄を尊人といふ。主君師匠等をさす。顕露とはあらわなるこころなり。父兄主君師匠の前に居するときはあらわにたちふるふことをせず、ひざまずき礼儀をつつしめ)、道路に遇ふては跪 . . . 本文を読む
コメント

童子教(全・解説)

2020-12-29 | 諸経
童子教( 傳五大院安然(平安前期の天台僧)作、「塵添壒嚢鈔」「大蔵経データベース」「童子教故事要覧(加藤咄堂)」「実語教童子教諺解」等により解説)   「夫(そ)れ貴人の前に居ては顕露に立つことを得ざれ(父母恩重経に父兄を尊人といふ。主君師匠等をさす。顕露とはあらわなるこころなり。父兄主君師匠の前に居するときはあらわにたちふるふことをせず、ひざまずき礼儀をつつしめ)、道路に遇ふては跪 . . . 本文を読む
コメント

神仏とは証明するものではない

2020-12-29 | 法話
「神仏とは証明するものではなく、自ら体験するものである。 」(藤原東演師  「法光」24年秋彼岸号)・・・体験できるかどうかは本人次第 . . . 本文を読む
コメント

米國で、チベットとダライ・ラマ法王へ支援政策法成立

2020-12-29 | おすすめ情報
「トランプ大統領署名により、チベットとダライ・ラマ法王へ支援政策法成立」 「ダライ・ラマの後継者は、現ダライ・ラマ法王、チベット仏教の指導者とチベット人民によってのみ決定される事がアメリカの公的方針とされます。中国政府による妨害は、今後制裁対象となり米国では許容されなくなります。」 https://www.tibethouse.jp/news_release/2020/20201224_new . . . 本文を読む
コメント

正義は負け、夢は破れ、祈りも叶わず

2020-12-29 | 法話
「正義は負け、夢は破れ、祈りも叶わず、そんなことこの世の中では当たり前だ、しかしそこからが本当の勝負だ。」「天道是か非か(史記)」という言葉は古来人々が繰り返し口にしてきました。しかしこれは現象を瞬間的に見た言葉です。長い時間軸で見ればそこからが本当の物語の始まりなのです。そこからは「天網恢恢疎にして漏らさず」で「因果応報」であり「福聚海無量」です。・本田宗一郎の言葉「がんばっていれば、いつか報わ . . . 本文を読む
コメント

憎い人の幸せを祈ると必ず相手が変わること・・4

2020-12-28 | 法話
憎い人の幸せを祈ると必ず相手が変わること・・4釈雲照師の「仏教の大意」では、「忍辱不瞋恚戒」の行善(積極的善)の中身として、「慈悲喜捨の四無量心(すべての生きとし生けるものに安楽を与えようとする慈無量心,すべての生きとし生けるもの苦難がなくなることを願う悲無量心,すべての生きとし生けるものの希望ががなうことを願う喜無量心,すべての生きとし生けるものが悟れるように願う捨無量心..)をもって一切衆生を . . . 本文を読む
コメント