福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。そしてこれらのお参り・修行は究極的には自身の中の仏様を掘り出すためです。霊験は自身のなかの仏さまと宇宙の仏さまの加持感応によります。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

福聚講のお参り予定は当分未定

三十日は釈迦如来・吉備大明神・夜神と昼神の日

2020-06-30 | 法話
三十日は釈迦如来・吉備大明神・夜神と昼神の日。 釈迦如来(「三十日秘仏」)。 吉備大明神(「孝霊天皇ノ子吉備津彦命也 備中國賀夜郡 本地虚空蔵」『佛神霊像図彙』禁闕守護の三十番神)。 夜神と昼神(我が国守護の三十番神)。 . . . 本文を読む
コメント

仏教と皇統とは運命共同体

2020-06-30 | 法話
昔の優れた天皇陛下は仏教と皇統とは運命共同体と喝破しておられます。 後宇多天皇は有名な「国宝後宇多法皇宸翰御遺告(大覚寺蔵)」第三条で 「一、 真俗同運興隆に励むべき縁起第三 夫れ以、我大日本国は法爾の称号、秘教相応、法身の土也。故に我後の血脈を継ぐ法資は天祚を伝ふるの君主なり。盛衰を同じくすべし。興替を伴にすべし。我が法断廃せば皇統ともに廃ぶ。吾寺を興復せば皇業安泰ならん。努々吾が此の意に背き悔 . . . 本文を読む
コメント

苦しみ悩む人々を捨てることができないから仏はこの苦難の世に現れる

2020-06-29 | 諸経
「仏がこの世に現れるのは法を説いて人々にまことの福利を恵む為である。苦しみ悩む人々を捨てることができないから仏はこの苦難の世に現れる。 道理なく不正がはびこり欲に飽くことなく心身共に堕落し命短きこの世に法を説くことは甚だ難しい。ただ大悲のゆえに仏はこの困難に打ち勝つ。(華厳経・仏教聖典)」 (華厳経・離世間品第三十三之四 「於衆生所起大悲故。於煩惱濁世而現受生。」) . . . 本文を読む
コメント

秘密曼荼羅十住心論に説く十悪の果報、9((瞋恚の果報))

2020-06-29 | お大師様のお言葉
秘密曼荼羅十住心論に説く十悪の果報、9((瞋恚の果報)) 又貪欲は意に適はざるによるが故に、則ち憤怒して而も瞋恚を起こすことあり。今身に若し多く瞋恚する者は死して即ち當に泥犁地獄に堕し歴劫中に於いて具に衆苦を受く。受 苦既に畢りて畜生中に堕し、毒蛇蚖蝮虎豹犲狼となる。此之中に在りて無量に生死す。本因縁を以て若し微善に遇ふて劣(たまた)ま人身に復すれば復た瞋恚多く、面貌醜惡にして人の憎惡する所となる . . . 本文を読む
コメント

大毘盧遮那成仏神変加持経住心品(訓、訳)

2020-06-29 | 諸経
大毘盧遮那成仏神変加持経 大唐天竺三藏善無畏共沙門一行譯 入眞言門住心品第一 「如是我聞。一時薄伽梵。如來加持廣大金剛法界宮に住し給う。一切持金剛者、皆な悉く集會せり。如來の信解遊戲神變の生ずる大樓閣寶王は高くして中邊無し。諸の大妙寶王を以て種種に間飾せり。菩薩の身を以て師子座となす。其の金剛を名ずけて虚空無垢執金剛・虚空遊歩執金剛・虚空生執金剛・被雜色衣執金剛・善行歩執金剛・住一切法平等執金剛 . . . 本文を読む
コメント

梁塵秘抄にみる平安庶民の高い仏教素養

2020-06-28 | 法話
梁塵秘抄にみる平安庶民の高い仏教素養 ・梁塵秘抄には最初に「古より今にいたるまで、習ひ伝へたるうたあり。これを神楽催馬楽風俗(ふぞく)といふ。・・」とあり ・また徒然草十四段には「和歌こそ、なほをかしきものなれ。あやしのしづ・山がつのしわざも、言ひ出でつればおもしろく・・梁塵秘抄の郢曲えいきよくの言葉こそ、また、あはれなる事は多かんめれ。昔の人は、たゞ、いかに言ひ捨てたることぐさも、みな、いみじ . . . 本文を読む
コメント

秘密曼荼羅十住心論に説く十悪の果報、8((貪欲の果報))

2020-06-28 | 先祖供養
秘密曼荼羅十住心論に説く十悪の果報、8((貪欲の果報)) 又無義語なるが故に廉讓なること能はず。貪欲をして厭ふことなからしむ。今身に慳貪にして布施せざれば死して即ち當に沸屎地獄に堕して遐劫中に於いて諸苦惱を受く。受苦既に畢りて畜生餓鬼中に堕す。衣食あること無く資くるに人を仰ぐに、所噉の糞穢も與へざれば 得ず。此之中に在りて無量に生死す。本因縁を以て若し微善に遇ふて劣(たまた)ま人身に復すれば飢寒裸 . . . 本文を読む
コメント

今日は元杲が神泉苑で請雨法の法験を現した日

2020-06-28 | 法話
日本紀略 / 天禄三年(972)六月廿八日乙卯条 「廿八日乙卯 神泉苑御修法結願之間 無風なり。件の院の南門顚倒了んぬ。 大雨降る。 効験有り。 度者を給ふ。」 (この前の二十日には「遠江阿闍梨元杲(注)、神泉苑に於いて請雨経法。九箇日を限る」とあるのでこの結願が二十八日だったのでしょう。 (注。元杲は密教大辞典に「914~997.醍醐延命院の学匠。字は真言房。一に延命院僧都と号す。藤原雅楽助農 . . . 本文を読む
コメント

秘密曼荼羅十住心論に説く十悪の果報、7((無義語の果報))

2020-06-27 | 先祖供養
秘密曼荼羅十住心論に説く十悪の果報、7((無義語の果報)) 又其の惡口によりて言輒(すなわ)ち浮綺にして都(すべ)て義益なし。無義益の故に今身に即ち憍慢を生じ、死して即ち當に束縛地獄に墮して遐劫中に於いて諸苦惱を受く。受苦既に畢りて畜生中に堕す。唯だ水草を念じて父母の恩養を識らず、此之中に在りて無量に生死す。本因縁を以て若し微善に遇はば、劣(たまた)ま人身に復すれども邊地に生在して、忠孝仁義を知ら . . . 本文を読む
コメント

現実は知覚する神経システムによって変更される

2020-06-27 | 法話
「掌の中の無限」(マチウ・リカール(分子生物学者にしてチベット仏教僧侶)とチン・スアン・トアン(ヴァージニア大教授(天体物理学)共著)のなかから・・・ 実際には「現実」は同じ神経システムをもつ同種の生物に対してだけ同じものとして現れることを神経生物学が証明しています。他の種は世界を違ったふうに知覚します。 唯識では「一見四水」(人間が水とみるものは 、天人には水晶の床 、魚には住居、餓鬼には炎膿 とみえる)といいます。 . . . 本文を読む
コメント

秘密曼荼羅十住心論に説く十悪の果報、6((悪口の果報))

2020-06-26 | お大師様のお言葉
秘密曼荼羅十住心論に説く十悪の果報、6((悪口の果報)) 又其の兩舌により言輒(すなわ)ち麁惡なり。今身に惡口を以てのゆえに鬪亂殘害し更に相侵伐して諸衆生を殺す。死して即ち當に刀兵地獄に堕して遐劫中において諸苦惱を受く。受苦既に畢りて畜生中に堕す。拔脚(脚をぬき)賣膀(脇を売り)輸腿(腿をおとされ)喪髀(ももの骨を喪ひ)、遐劫中に於いて諸苦惱を受く。受苦既に畢りて此之中にありて無量に生死す。・・・ . . . 本文を読む
コメント

慈雲尊者「天の御蔭」

2020-06-26 | 諸経
慈雲尊者「天の御蔭」 「神道は有為法(現象世界の法)なり。國家の守りたがひなく君臣のみち謬らず、君は常に君たり。萬代をへてその位うごかず。臣はとこしなへに臣たり。児孫ながく傳はりて忠をつくし敬礼を行ふ。この道臣庶に傳はりて大小諸國貴賤萬家みなその守りを失はず。廣く支那諸蛮を求むるに此の道のかくの如く正しきを聞かず。此の君臣の道、家々におよんで夫婦の道となる。夫婦男女の道天地日月に交わりて國家の富栄 . . . 本文を読む
コメント

業を自覚し続けることが大切

2020-06-25 | 法話
「吉凶はあざなえる縄の如し」といいます。 原典は『漢書』賈誼伝の「それ禍と福、何ぞ糾える纆に異ならん。」らしいのですが、最近自分の人生を振りかえって、人生の有為転変の原因は自分の「業」の自覚の程度に因るのではないか、と思うようになりました。「存亡禍福は皆己に在り」(人間の生死や幸不幸はすべて自分自身に因がある。『説苑』敬慎)という言葉もありますが、これなども表面的に行動を慎めばよいという程度の意味 . . . 本文を読む
コメント

秘密曼荼羅十住心論に説く十悪の果報、5((両舌の果報))

2020-06-25 | お大師様のお言葉
秘密曼荼羅十住心論に説く十悪の果報、5((両舌の果報)) 又其の妄語によりて兩舌をいたさしむ。今身には言に慈愛なく、讒謗毀辱惡口雜亂せば死して即ち當に拔舌烊銅犂耕地獄(ばつぜつようどうれいこうじごく)に堕して、遐劫中において諸苦惱を受く。受苦既に畢りて畜生中に堕し糞穢を噉食す。鵜鶘鳥(ていこちょう・ぺりかん)の如く舌根有ることなし。此之中に在りて無量に生死す。本因縁を以て若し微善に遇ふて劣たまたま . . . 本文を読む
コメント

妙法蓮華経巻六・如來壽量品第十六

2020-06-25 | 諸経
妙法蓮華経巻六・如來壽量品第十六 「爾の時に仏、諸の菩薩及び一切の大衆に告げたまわく、『諸の善男子、汝等当に如来の誠諦の語を信解すべし』。復大衆に告げたまわく『汝等当に如来の誠諦の語を信解すべし』。又復諸の大衆に告げたまわく、『汝等当に如来の誠諦の語を信解すべし』。是の時に菩薩大衆、弥勒を首として、合掌して仏に白して言さく『世尊唯願はくは之を説きたまえ。我等当に仏の語を信受したてまつるべし』。是の . . . 本文を読む
コメント