福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

初心者のかたも毎回いらっしゃいます。新しい方、飛び入り大歓迎、会費不要です。
2018年

10月20日(土)、15時護国寺。
11月17日(土)、15時護国寺。
12月15日(土)、15時護国寺。「忘年会」
2019年
1月19日(土曜日)15時護国寺
2月16日(土曜日)15時護国寺
3月16日(土曜日)15時護国寺
4月20日(土曜日)15時護国寺
5月18日(土曜日)観音様の日、(土曜日)15時護国寺
6月15日(土曜日)15時護国寺
7月20日(土曜日)15時護国寺
8月17日(土曜日)15時護国寺
9月21日(土曜日)御大師様の日、15時護国寺
10月19日(土曜日)15時護国寺
11月16日(土曜日)15時護国寺
12月21日(土曜日)忘年会、15時護国寺

真言安心勧善義その14

2017-12-08 | 真言安心勧善義
真言宗伝来相承のこと 問。真言宗は一代教主釈迦如来も秘していまだ説示したまふことなかりつる無上最上秘密内証の教門にて、釈尊よりも位と尊き自性法身大毘盧遮那如来の説なりと承れり。且つ又自性法身の境界は生死の人の所見に非ずと承れり。然らば其の教門何たる謂れにて此世界へは相伝れることにて侍るぞや。 答。楞伽経の中に釈尊の懸記なされし如く、釈尊滅後数百年に南天竺の中に大徳の比丘あり。龍猛菩薩と申したて . . . 本文を読む
コメント

真言安心勧善義その13

2017-12-07 | 真言安心勧善義
弘法大師御入定の事 問。大師御入定とあるは実にありがたき義なりとうけたまはれり。拙き我等ごときも少しき又聞くことを得べきや。 答。大師は金剛大定と申すに入らせましまして、焼けば灰となり、埋めば土となる此の四大色身、此の五蘊聚集の肉身を、大師はそのまま少しも壊せず堅持したもうて、慈尊出世五十六億七千万歳龍華の暁を待ちたまふとなり。実に即身成仏の証拠効現著しきことにて最も又ありがたき御事ならずや。 . . . 本文を読む
コメント

真言安心勧善義その12

2017-12-06 | 真言安心勧善義
問。顕密の祖師古来西方往生を勧め給へる甚だ多し。今聞く所のごとくならば真言宗の輩は弥陀の浄土を願ふは無用のことにてあるべきか。 答。大日経疏に「この一門に従って法界門に入るを得る」とある文の意をもって見るに、弥陀の一門西方浄土にいたり、竟には大日普門法界宮の佛果に至るべし。然れば直に大日普門の佛果に至る機根これなき下劣の衆生は其の機宜にまかせて西方極楽弥陀の浄土をも願ふべきなり。(下根のものは阿 . . . 本文を読む
コメント

真言安心勧善義その11

2017-12-05 | 真言安心勧善義
臨終一念のこと・・・おおよそ無量の極楽国土、無量の蓮華、無量の光明、無量の諸仏菩薩、無量の神通功徳等は悉く皆阿字より出生あること、秘密経軌の説相疑ふべからず。・・・ . . . 本文を読む
コメント

金山穆韶『大日経綱要』の要約その18

2014-11-08 | 真言安心勧善義
第四章第二、三句の答説(三句の問に対する答え)其の二 大日経住心品に「菩提心をを因とし 大悲を根とし 方便を究竟とす.」という句がありますがこれについて金山猊下は、 「『菩提心を因とす』というがこれは『発心』のことをいっているのである。この発心に二つあって、一つは神仏を向こうに置いてする発心(自他を分ける発心)。しかし真言宗は修業によって神仏ともとから一体であったことを自覚するもので有る」とい . . . 本文を読む
コメント

十六,十七日と高野山で先祖供養塔婆を納め、理趣経講伝を受けてきました。

2011-02-18 | 真言安心勧善義
十六,十七日と高野山で先祖供養塔婆を納め、理趣経講伝を受けてきました。此のときの報告です。 . . . 本文を読む
コメント