福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

初心者のかたも毎回いらっしゃいます。新しい方、飛び入り大歓迎、会費不要です。
2018年
4月21日(土)、御大師様の日、15時護国寺。「花見の会」
5月19日(土)、15時護国寺。
6月16日(土)、15時護国寺。
7月21日(土)、御大師様の日。15時護国寺。10周年記念会を予定
8月18日(土)、観音様の日。15時護国寺。
9月15日(土)、15時護国寺。
10月20日(土)、15時護国寺。
11月17日(土)、15時護国寺。
12月15日(土)、15時護国寺。「忘年会」

仏教聖典(仏教伝道協会)から・・・その46

2011-09-30 | 法話
第三章 さとりの心 第二節 かくれた宝 三、この仏性は尽きることがない。たとえ畜生に生まれ、餓鬼となって苦しみ、地獄に落ちてもこの仏性は絶えることがない。 汚い体の中にも、汚れた煩悩の底にも仏性はその光を包み覆われている。 . . . 本文を読む
コメント

仏教聖典(仏教伝道協会)から・・・その46

2011-09-29 | 法話
第三章 さとりの心 第二節 かくれた宝 二、人々はこの本来備わっているさとりの仏性にそむいて、煩悩のちりにとらわれ、ものの善し悪しの姿に心を縛られて不自由を嘆いている。 なぜ人々は本来悟りの心をそなえていながらこのように偽りを生み、仏性の光を隠し、迷いの世界にさまよっているのか。 昔ある男が、ある朝、鏡に向かって自分の顔も頭もないのにあわてて驚いた。しかし顔も頭もなくなったのではなく、それは . . . 本文を読む
コメント

仏教聖典(仏教伝道協会)から・・・その45

2011-09-27 | 法話
第三章 さとりの心 第二節 一、清浄の本心とはことばをかえていれば仏性である。仏性とはすなわち仏の種である。レンズをとって太陽に向かい、もぐさをあてて火を求めるときに、火はどこからくるのであろうか。太陽とレンズとはあいへだたること遠く、合することはできないけれど、太陽の火がレンズを縁とし、もぐさの上にあらわれたことは疑いをいれない。またもしも大要があっても、もぐさに燃え移る性質がなければもぐさに火 . . . 本文を読む
コメント

福聚講 今日の言葉 

2011-09-26 | 法話
大師の性霊集「前の清旦州、亡妻の為の達嚫(だっしん)」には「伏して願わくは此の法力をもって先霊を開悟せしめむ」とあります . . . 本文を読む
コメント

福聚講 今日の言葉 

2011-09-25 | 法話
「法界」とはなにか . . . 本文を読む
コメント

福聚講 今日の言葉 

2011-09-24 | 法話
諸願成就のためには先祖の助けがいること . . . 本文を読む
コメント

仏教聖典(仏教伝道協会)から・・・その43

2011-09-24 | 法話
第三章 さとりの心 第一節 清らかな心 五、ここに講堂があって太陽が出て明るくなり、太陽が隠れて暗くなるとする。明るさは太陽に返し、暗さは夜に返すこともできよう。しかしその明るさや暗さを知る力はどこにもかえすことはできない。それは心の本性、本体に返すよりほかに道はない。 太陽が現れて、明るいとみるのもひとときの心であり、太陽が隠れて暗いとみるのもひとときの心である。 このように、明暗という外の . . . 本文を読む
コメント

仏教聖典(仏教伝道協会)から・・・その42

2011-09-23 | 法話
第三章 さとりの心 第一節 清らかな心 四、すべての人々には清浄の本心がある。それがほかの因縁によって起こる迷いのために覆われている。しかし、あくまでも迷いの心は従であって主ではない。 月はしばらく雲に覆われていても、雲に汚されることもなく、また動かされることもない。 だから人は浮動するちりのような迷いの心を自分の本性と思ってはならない。 また人は動かされず汚されないさとりの本心に目覚めて . . . 本文を読む
コメント

仏教聖典(仏教伝道協会)から・・・その41

2011-09-22 | 法話
第三章 さとりの心 第一節 清らかな心 三、もともとすべてのひとびとが、はじめも知れぬ昔から、煩悩の好意に縛られて、迷いを重ねているのは、二つのもとを知らないからである。 一つには生死のもとである迷いの心を、じこの本性とおもっていること。二つには、さとりの本性である清浄な心が、迷いの心の裏側に隠されたまま自己の上にそなわっていることをしらないことである。 拳をかためて肱をあげると、目はこれを見 . . . 本文を読む
コメント

佐竹さんが九月十四日の講の模様を記録してくださいました。

2011-09-22 | 開催報告/巡礼記録
平成23年9月14日 於:三田 仏教伝道会館 7階 福聚講 千巻心経の会 17時より18時まで、般若心経約60巻、光明真言等を唱え、東日本大震災および台風12号の犠牲者供養を行いました。 その後19時ごろまで、芦刈さんの法話を拝聴しました。 芦刈さんの法話のメモ 「即身成仏」について 1、 空海著『即身成仏義』 (1) 二経(大日経、金剛頂経)、一論(竜樹著『菩提心論』より即身成仏を証する八箇 . . . 本文を読む
コメント

昨日警官が川に飛び込み女性を助けたという記事がありました。

2011-09-22 | 法話
昨日警官が川に飛び込み女性を助けたという記事がありました。 . . . 本文を読む
コメント

福聚講 今日の言葉 

2011-09-22 | 法話
雑宝雑経には貧女がなけなしのお金を僧侶に供養してその功徳により王の妃となる話があります。 . . . 本文を読む
コメント

福聚講 今日の言葉 

2011-09-21 | 法話
なぜ葬儀が必要かにつき日蓮上人のことばがあります。 「死骨を供養せば生身即法身。これを即身成仏という。・・・さりぬる魂をとりかえして死骨に入れて彼の魂を変じて佛意となす。成仏これなり。」(日蓮上人「木絵二像開眼之事」) . . . 本文を読む
コメント

Q「二王様はどういう仏様か」

2011-09-21 | Q&A
Q,「二王様はどういう仏様か」 . . . 本文を読む
コメント

「お墓参りの仕方は?」

2011-09-20 | 法事等仏事奉仕
お墓参りの仕方のご質問がありました。要は仏様にお参りするつもりですべておこなうことです。 . . . 本文を読む
コメント