福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。そしてこれらのお参り・修行は究極的には自身の中の仏様を掘り出すためです。霊験は自身のなかの仏さまと宇宙の仏さまの加持感応によります。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

福聚講のお参り予定は当分未定

閉塞感を破る小さな善行

2022-09-28 | おすすめ情報
以前あることから善行をしなくなっていたのですが、最近ふと気が変わってまた出掛けたついで道のゴミ拾いや公園のホームレスの老婆にお金をわたす等数件の小さな小さな善行を心掛けてみました。すると何故か心がすこし余裕が出てきて明るくなった感がありました。混んでいる電車の中でもゆったりとした気持ちを持つことができるようになりました。「業はすべて共業である」といわれますが、そうすると我々が毎日少しでも善行を積む . . . 本文を読む
コメント

慈雲尊者も武備の大切さを説かれていました

2022-09-28 | 法話
「神儒偶談・慈雲尊者」に「武備の肝要なる事。先生いふ、此の慈愛の心にて万般ととなふべし。しかるに幾千歳の中には逆臣も有るべし。此れにも慈愛のみなるか。翁いふ、見ずや天照大神乃ち髪を結て髻となし、裳を縛りて袴となす云々(注)。武備わするべからざる知るべきなり。・・」(注、古事記に「・・かれここに速須佐の男の命、言まをしたまはく、「然らば天照らす大御神にまをして罷りなむ」と言まをして、天にまゐ上りたま . . . 本文を読む
コメント

ラフカデオハーン「神国日本」・・日本民族の勝れたる理由

2022-09-28 | 法話
武士の家庭では・・甲冑やその他の武器を神聖視することを教えられた。それにいつも手入れをしておくことが義務となっており、それを怠ると合戦のときに不運災難を招くのであった。それであるきまった日に弓や槍や他の武器武具を客間の床の間に飾って供物をそなえたのであった。庭園もまた神聖なものであった。それで庭園の手入れをするときは守るべき規則が決まっていて樹木や花の神にさからわないように心した。十分な配慮と清潔 . . . 本文を読む
コメント

「仏説父母恩重経」、「孝経」、「孝養和讃」

2022-09-28 | 頂いた現実の霊験
先日、二週間ぶりに岡山の99歳の継母のもとを訪れ寝ている継母の足を揉みました。継母は半分意識をなくしていましたが気持ちよさそうに大変いい顔になりました。長い確執を経てこういう日が来るとは昔は想像もできませんでしたが、有難いとはこういうことを言うのだと思いました。その直後、難航を極めると予想されていた継母関連諸手続きが瞬時に解決しました。不思議でした。父母恩重経には最高の親孝行は「三宝」を信じさせる . . . 本文を読む
コメント