福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。そしてこれらのお参り・修行は究極的には自身の中の仏様を掘り出すためです。霊験は自身のなかの仏さまと宇宙の仏さまの加持感応によります。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

福聚講のお参り予定は当分未定

今日9月6日は大師が「真言付法伝」を撰述された日です

2022-09-06 | お大師様のお言葉
今日は大師が「真言付法伝」を撰述された日です。「真言付法伝」では、大日如来、金剛薩埵、龍猛菩薩、龍智菩薩、金剛智三蔵、不空和尚、恵果和尚、善無畏三蔵、一行禅師について述べられています。そして最後の行で「弘仁十二年九月六日書す」と書かれています。このうち、 大日如来 、 金剛薩埵 、 龍猛菩薩 龍智菩薩 金剛智三蔵 不空三蔵 恵果和尚 弘法大師を付法の八祖といい、密教の灌頂受法の相承を示します。また . . . 本文を読む
コメント

「公家(朝廷)の仁王講を修せらるる表白」

2022-07-19 | お大師様のお言葉
今日天長二年825七月十九日はお大師様(御年52歳)が「公家(朝廷)の仁王講を修せらるる表白」を選せられた日です「公家(朝廷)の仁王講を修せらるる表白」(続性霊集補欠抄)[おおいなるかな三尊、六趣に耶嬢(父母)なり。殿(宮殿)を大虚の無際に構え、都を妙空の不生に建つ。五眼(肉、天、恵、法、佛)高うして赫日の光儔(ともがら・・類)に非ず。四量(慈・悲・喜・捨の四無量心)普く覆うて靉雲(雲がさかんに覆 . . . 本文を読む
コメント

今日三月三十日は大師が比叡山に登られて西塔釈迦堂の落慶供養をされた日です。

2022-03-30 | お大師様のお言葉
今日三月三十日は大師が比叡山に登られて西塔釈迦堂の落慶供養をされた日です。大師は六一歳でした。当時伝教大師はすでに崩御されていました。弘仁十三年822六月四日「天台座主記」によると「承和元年834三月三十日西塔院供養檀主 座主円澄年六十三両塔内供建立主私号寂光大師導師 元興寺護命僧正 年八十五呪願 空海大僧都 年六十一讃 真済 年三十五梵音 光空 年五十六円仁 年四十 一錫杖 安恵 年四十一恵亮  . . . 本文を読む
コメント

今日二月十日は大師が西明寺に移られた日です。

2022-02-10 | お大師様のお言葉
今日二月十日は大師が西明寺に移られた日です。御請来目録に「延暦二十四年805仲春十一日、大使等、軔ながえを本朝に旋めぐらす。ただ空海のみ、孑然けつぜんとして、勅に准じて西明寺の永忠和上の故院に留住す。ここにおいて城中を歴て名徳を訪ふに偶然にして青龍寺東塔院の和尚、法の諱は恵果阿闍梨に遇ひ奉る」このとき大師は御年丗二歳。(西明寺は7世紀に高宗と武則天が祇園精舎を模して建てたものといわれ、長安随一の名 . . . 本文を読む
コメント

今日は大師が「酒人の内公主がための遺言」を代筆された日

2022-01-20 | お大師様のお言葉
今日弘仁十四年823正月廿日は大師(50歳)が「酒人の内公主がための遺言」を代筆された日です。この酒人の内親王(光仁天皇の王女)はなかなかさばけた人で、すでに逆修をおわっているので 簡素にせよ・・といっています。いまでも大変参考になる遺言です。「酒人の内公主がための遺言(酒人の内親王は光仁天皇の王女。天長六年八月に薨ぜられたので大師が遺言を代筆されたもの)」われ式部卿と大蔵卿と安敕(あと・桓武天皇 . . . 本文を読む
コメント

今日12月19日はお大師様が御修法の奏上をされた日です。

2021-12-19 | お大師様のお言葉
今日12月19日はお大師様が御修法の奏上をされた日です。お大師様は承和元年十二月 乙未(834年12月19日)に御修法の奏上をされています。「宮中真言院の正月の御修法の奏上承和元年十二月 乙未 大僧都傳燈大法師位空海上奏して曰さく。空海聞く。如来の説法に二種の趣あり。一には浅略趣、二には秘密趣なり。浅略趣といふは諸経のなかの長行偈頌これなり。秘密趣とは諸経のなかの陀羅尼、是なり。浅略趣とは、太素、 . . . 本文を読む
コメント

今日は三教指帰が書かれた日です

2021-12-01 | お大師様のお言葉
今日は大師の「三教指帰」が書かれた日です。三教指帰序末に「時に延暦十六年臘月の一日なり」とあります。三教指帰は、大師が24歳の延暦16年12月1日(797年12月23日)に成立、出家宣言の書とされています。序文の「支離懸鶉(不具・貧者)をみてはすなわち因果の哀しみ休まず。目に触れて我を勧む。誰か能く風を係がん」には大師のすべてが現れているように思います。「誰か能く風を係がん」とは逆に如何に親を含め . . . 本文を読む
コメント

今日はお大師様が高雄山神護寺ではじめて仁王法を修せられた日です

2021-11-01 | お大師様のお言葉
今日はお大師様が高雄山神護寺ではじめて仁王法を修せられた日です。以下の「国家の奉為に修法せんと請ふ表」に「國家の奉為に諸の弟子等を率ゐて、高雄の山門にして来月一日より起首して法力の成就に至るまでに、且は教へ、且は修せむ」とあります。「国家の奉為に修法せんと請ふ表」(性霊集第四)「沙門空海言す。空海幸に先帝の造雨に沐して遠く海西に遊ぶ。儻灌頂の道場に入て、一百余部の金剛乗の法門を授けらるること得たり . . . 本文を読む
コメント

一念の眠りの中に、千萬の夢あり

2021-10-28 | お大師様のお言葉
「十喩を詠ずる詩」(大師) 「・・・一念の眠りの中に、千萬の夢あり 乍ちに娯み、乍ちに苦んで、籌ること能はず 人間と地獄と天閣と 一たびは哭し、一たびは歌つて、幾許の愁いぞ 睡りの裏には實眞にして、覺むれば見へず ・・・ 喜ぶこと莫れ、嗔ること莫れ、是れ法界なり 法界と心とは、異詳なし・・」   何度読んでもすごいお言葉です。 . . . 本文を読む
コメント

今日は實恵等が嵯峨上皇の「海上人を哭する」詩に答えて「恩勅の詩篇を謝する表」を奉じた日。

2021-10-18 | お大師様のお言葉
承和二年835十月十八日實恵等が嵯峨上皇の「海上人を哭する」詩に答えて「恩勅の詩篇を謝する表」を奉じた日。(大師年表等)「門弟實恵等上表し恩勅の詩篇を謝す」「草上の僧實恵等聞く、徳廣きときは則ち物懐かざるなく、仁廣きときは則ち恩こうむらざるは無し。信なる哉、斯の言、今日七日、伏して御製の手札先師を哭するの詩を奉ず。宸章高臨、下土を照曜す。生死栄龍永く無窮に伝ふ。非幸非幸。伏して惟んみれば太上皇帝陛 . . . 本文を読む
コメント

今日は観賢僧正が大師諡号を奏請された日です

2021-10-16 | お大師様のお言葉
・今日は観賢僧正が大師諡号を奏請された日です。「高野大師御廣傳」には「・・至醍醐天皇御宇時、延喜十八年十月十六日。権大僧都法眼和尚位観賢。請賜諡号大師位・・」とでてきます。(高野山春秋にはこれが延喜二十一年十月五日と書いてあり重複しているのかどうかは不明です) この前には延喜十八年八月十一日付の寛平法皇の御奏がありこの後には延喜二十年十二月の観賢僧都の御奏がありました。 . . . 本文を読む
コメント

今日弘仁6年10月15日は大師が「式部笠丞がための願文」を作られた日です

2021-10-15 | お大師様のお言葉
・今日弘仁6年10月15日は大師が「式部笠丞がための願文」を作られた日です。「式部笠丞がための願文恭しんで聞く、我性の自覚は空に満ち(自性理法身を体得した自受用智法身は法界に満ちている)、海渧の化身は世を救う(自受用智法身の加持力により化現した無数の仏身は一切衆生を救う)。遍界塵墨(遍法界の無数の仏身)は離も盲いてんや(目のよかった離朱も見ることが出来ない)。隷 も瞽めしいてんや(計算巧みな隷首も . . . 本文を読む
コメント

今日は大師が藤原葛野麻呂に代わり福州観察使に上陸を求める書を出された日です

2021-10-13 | お大師様のお言葉
今日(延暦23年80410月13日)は大師が藤原葛野麻呂に代わり福州観察使に上陸を求める書を出された日です.高野大師御高傳に「延暦二十三年十月十三日、大師賀能の為に書を作し衝州観察使いに云う・・」とあり、以下の文があります。「大使、福州ノ観察使ニ与フル為ノ書」賀能啓ス。高山澹黙ナレドモ、禽獣労ヲ告ゲズシテ投リ帰キ、深水言ハザレドモ、魚龍倦ムコトヲ憚ラズシテ逐ヒ赴ク。故ニ能ク西羌、険シキニ梯シテ垂衣 . . . 本文を読む
コメント

今日は大師が三学録を朝廷に出され東寺に真言僧五十人が許された日です

2021-10-10 | お大師様のお言葉
今日は大師が真言宗所学経律論目録(三学録)経二百巻、梵字真言讃等四十巻、律百七十三巻、論十一巻、合四百二十四巻を「弘仁十四年十月十日  前入唐学法沙門伝燈大法師位空海進」として朝廷にだされています。これは同年正月十九日に東寺が下賜されたことに対する決意表明でもあったのではないかと言われています。内容の最初のころの一例です。気が遠くなります。「金剛頂瑜伽真實大敎王経三卷・金剛頂瑜伽念誦経四卷・金剛 . . . 本文を読む
コメント

今日はお大師様が大曼荼羅を造立供養された日

2021-09-07 | お大師様のお言葉
「四恩の奉為に二部の大曼荼羅を造する願文」 奉為四恩造二部大曼荼羅 弟子苾蒭空海両部曼荼羅に帰命し奉る それ金剛の四法身(自性・受用・変化・等流法身)、胎蔵の三秘印(法・三昧耶・大曼荼羅)は空性に憩って軷祖(ばっそ・発心)し、重如(真如)に秣って以て脂轄(しかつ・車に油指す)す。一道無為は初入の門(天台は密教の入門)三自本覚は声も及ばず(華厳も真言に及ばない)、衆宝の . . . 本文を読む
コメント