福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。そしてこれらのお参り・修行は究極的には自身の中の仏様を掘り出すためです。霊験は自身のなかの仏さまと宇宙の仏さまの加持感応によります。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

福聚講のお参り予定は当分未定

今日は大師が東寺の五重塔建立に着手された日です。

2022-11-24 | お大師様のお言葉
天長三年十一月二十四日、大師は東寺の五重塔建立に着手されました。大師53歳の御時です。「東寺の塔を造り奉る材木を曳き運ぶ勧進の表」です。これによると「塔を建て憧を建つるは福徳無尽なり」と仰せられています。いまでもおおくの塔が建立される所以です。東寺は桓武天皇の御願であり、歴代四代を経ても完成せず大師自ら工事現場の総監督としてあたられていました。大塔の完成をするべく諸子百官に力を合わせ、材木を東山よ . . . 本文を読む
コメント

今日は大師が御入定のため食を絶ち始められた日

2022-11-18 | お大師様のお言葉
  「高野春秋」「(天長九年832)十一月十二日、以来、高祖誓ひて穀味を厭ひ座禅を専らにし永く山に籠らんと欲す、是偏に御入定の遠計也」   . . . 本文を読む
コメント

今日は大師が初めて金剛界結縁灌頂を開壇された日

2022-11-15 | お大師様のお言葉
今日弘仁3年11月15日は高尾山にて大師が金剛界結縁灌頂を開壇され、伝教大師・和気真綱・和気仲世・美濃種人らが入壇された日です。(「灌頂暦名」に「弘仁三年、十一月十五日於高雄山寺 受金剛界灌頂歴名 最澄・・・」としてでてきます。 「眞言付法纂要抄」にも「弘仁三年十一月十五日、高雄山寺において金剛界灌頂を修す。受者、釋最澄、大學大允和氣仲世、美濃種人等也。金剛界大法灌頂は此時を始となす。」 ) . . . 本文を読む
コメント

今日は大師が大安寺別当に補された日

2022-11-05 | お大師様のお言葉
  長者補任 「(天長六年(829))大僧都空海 十一月五日大安寺別当に補す。今年、和気真綱、同清麻呂、神願寺を以て大師に付嘱し奉る。神護寺是也」   大安寺は元興寺と並んで日本における三論宗の二大拠点を成した。入唐僧道慈は、護国経典として重視された新訳『金光明最勝王経』を日本にもたらし大安寺の整備に尽力。鑑真招請の普照と栄叡、大師の師の勤操、また最澄の師にあたる行 . . . 本文を読む
コメント

今日は伝教大師が泰範に手紙を出し弘法大師の灌頂に入壇することを述べた日

2022-11-05 | お大師様のお言葉
    今日は伝教大師から弟子の泰範にあて弘法大師の灌頂に入壇すること等を書いた手紙を出されています。実際この年の十二月十四日には大師は高雄山寺において胎蔵結縁灌頂を開かれ約束どおりに最澄・賢栄・泰範等が入壇されています。 「比叡山老僧㝡澄敬白 應に灌頂を受法する事 右㝡澄去月二十七日(弘仁三年十月二十七日)頭陀の次を以て乙訓寺に宿し空海阿闍梨に頂謁す。教誨慇懃具に三 . . . 本文を読む
コメント

今日は大師が高雄山寺に還住された日

2022-10-29 | お大師様のお言葉
今日は大師が高雄山寺に還住された日 弘仁三年812 十月二十九日大師は乙訓寺から高雄山寺に還住されています。(東寺長者次第) このあとすぐ十一月十五日に高雄山寺で金剛界結縁灌頂を開壇され伝教大師・和気清麻呂等が入壇しています。(灌頂暦名) . . . 本文を読む
コメント

今日は大師が「国家の奉為に修法せんと請ふ表」を書かれた日

2022-10-27 | お大師様のお言葉
「国家の奉為に修法せんと請ふ表」(性霊集第四)「沙門空海言す。空海幸に先帝の造雨に沐して遠く海西に遊ぶ。儻灌頂の道場に入て、一百余部の金剛乗の法門を授けらるること得たり。其経は佛の心肝、國の霊宝なり。是の故に大唐開元よりこの己来、一人三公、親り灌頂を授けられて、誦持観念す。近くは四海を安むじ、遠くは菩提を求む。宮中に長生殿を捨て内道場とす。復七日毎に解念誦の僧等をして持念修行せしむ。城中城外に鎮國 . . . 本文を読む
コメント

「平家物語・高野槇」「神皇正統記」「今昔物語」にも高野開扉のことがあります

2022-10-27 | お大師様のお言葉
・「平家物語・高野槇」「瓦に松生ひ垣に苔生むして、星霜久しく思えたり。昔延喜の帝の御時、御夢想の御告げあつて、檜皮色の御衣を参させ給ふに、勅使中納言資澄卿、般若寺の僧正観賢を相具して、この御山に上り、御廟の扉を押し開き、御衣を着せ奉らんとしけるに、霧厚う隔たつて、大師拝させ給はず。ときに観賢深く愁涙して、「我悲母の胎内を出でて、師匠の室に入つしよりこの方、いまだ禁戒を犯ぜず、さればなどか拝み奉らざ . . . 本文を読む
コメント

今日は大師が「国家の為に修法せんと請ふ表」を上表された日

2022-10-27 | お大師様のお言葉
今日弘仁元年810十月二十七日はお大師様(三十七歳)が「国家の奉為に修法せんと請ふ表」を上表された日です。この文の中に在る通り、のち12月1日より勅許を得て高尾山で修法が始まっています。お大師様は「国家の奉為に修法せんと請ふ表」で、佛の教えにより、「国」、「家庭」、「自他」を同時に救う道があると喝破されています。「国家の奉為に修法せんと請ふ表」(性霊集第四)「沙門空海言す。空海幸に先帝の造雨に沐し . . . 本文を読む
コメント

今日は御廟を開扉して大師号を読み上げ御衣をお着せ申し上げた日

2022-10-27 | お大師様のお言葉
今日は御廟を開扉して大師号を読み上げ御衣をお着せ申し上げた日 高野春秋(延喜二十一年921十月)「二十七日、勅使及び観賢座主奥院に詣ず。・・勅使及僧都唐櫃を昇持せしめ御拝殿に著く。観賢僧都座より起ち欽びて廟扉を排し勅衣を備奉る。扶閑宣命を読み上ぐ『勅す。琴絃旣に絕へ、遺音更に淸し。蘭叢(らんそう)凋むと雖も、餘香猶ほ播しく。故贈大僧正法印大和尙位空海、煩惱を鎖弃(しょうき)し、驕貪を抛却して、三 . . . 本文を読む
コメント

今日は伝教大師が乙訓寺に弘法大師をお尋ねになった日

2022-10-27 | お大師様のお言葉
以下の伝教大師から弟子の泰範にあてた手紙にあります。 弘仁三年812 十月二十七日に伝教大師が奈良よりの帰りに乙訓寺に大師をお尋ねになったことが分かります。交流は細やかであったということです。 「比叡山老僧㝡澄敬白 應に灌頂を受法する事 右㝡澄去月二十七日(弘仁三年十月二十七日)頭陀の次を以て乙訓寺に宿し空海阿闍梨に頂謁す。教誨慇懃具に三部の尊像を示され又曼荼羅を見しむ。倶に高雄に期す。㝡 . . . 本文を読む
コメント

今日は伝教大師が弘法大師に金剛頂経の借覧を申し入れた日

2022-10-26 | お大師様のお言葉
  弘仁三年812十月二十六日伝教大師は弘法大師に金剛頂経の借覧を申し入れています。(例の理趣釈経借覧事件がおこるのは翌年十一月です。) 「弟子 㝡澄和南 奉請本経の事 金剛頂真実大教王経一部三巻 右本経の奉請を為すこと件の如し。来年四月以前に寫し畢りて即ち奉上せん。 敢て損失せじ。 謹みて和南。 弘仁三年十月二十六日 弟子㝡澄状上 乙訓真言院側」(「伝教大師消息」より) . . . 本文を読む
コメント

今日は伝教大師が弘法大師にしばらくは天台の修行に勤しみたいとする書状を出された日

2022-10-26 | お大師様のお言葉
今日は伝教大師が弘法大師にしばらくは天台の修行に勤しみたいとする書状を出された日 「忽ち迎問(げいもん)を承けて、伏して下情を慰む。雨寒し。伏しておもんみれば、闍梨、持念安穏ならむ。最澄いたる所、未だ了らず。頂拝未だ由あらず。不信の衆生は己身にあり、おもうに、方便を設けて吸引せむのみ。窮子(法華経信解品に説く長者窮子の教えのように仏性を悟れていない衆生)の驚き未だ息まず。暫く一乗の門(諸法実相と . . . 本文を読む
コメント

今日弘仁四年十月二十五日は大師が「藤中納言大使のための願文」を書かれた日です。

2022-10-25 | お大師様のお言葉
今日弘仁四年十月二十五日は大師が「藤中納言大使のための願文」を書かれた日です。この日、藤原葛野麻呂が無事渡唐の御礼に『金剛般若経』187巻の書写をしたので大師がその供養をされた際願文を執筆されています。「某聞く智慧の源極を強いて仏陀と名け、軌持の妙句を仮りて達磨(法のこと)といふ。智よく円なるゆえに、なさざるところなく、法よく明らかなる故に自他兼ね済う。五眼常に鑑みて溺子を津渉し、六通自在にして樊 . . . 本文を読む
コメント

「桓武天皇の奉為に太上御書の金字の法華を講ずる達親」(大師)

2022-10-24 | お大師様のお言葉
「桓武天皇の奉為に太上御書の金字の法華を講ずる達親」(大師) (先帝供養の法華講により先皇・桓武は成仏し、ひいては生類すべてにその功徳は及ぶとされています。)   沙門空海聞く、栗駄の蓮理(かりだ心)は湿凝(因果)を筌魚(経典)に貸り、大我の広神(佛の広大な知恵)は虚金を指兔に仮る(明智によって妄念を止めるべく経典を示された)。ここに爪章(長爪梵志の断見論)髪論(黄髪外道の論書)は . . . 本文を読む
コメント