福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

初心者のかたも毎回いらっしゃいます。新しい方、飛び入り大歓迎、会費不要です。
2018年

10月20日(土)、15時護国寺。
11月17日(土)、15時護国寺。
12月15日(土)、15時護国寺。「忘年会」
2019年
1月19日(土曜日)15時護国寺
2月16日(土曜日)15時護国寺
3月16日(土曜日)15時護国寺
4月20日(土曜日)15時護国寺
5月18日(土曜日)観音様の日、(土曜日)15時護国寺
6月15日(土曜日)15時護国寺
7月20日(土曜日)15時護国寺
8月17日(土曜日)15時護国寺
9月21日(土曜日)御大師様の日、15時護国寺
10月19日(土曜日)15時護国寺
11月16日(土曜日)15時護国寺
12月21日(土曜日)忘年会、15時護国寺

上宮太子廟参拝記文

2018-09-30 | お大師様のお言葉
弘法大師全集にある「上宮太子廟参拝記文」です。   「上宮太子廟参拝記文  嵯峨天皇の御宇、弘仁元年河内の国の聖所に於いて道場を建立し、籠居の處を卜する之間、上宮聖王の御廟に参詣する事一百箇日也。第九十六日の夜半一霊建有。御廟洞之内に微妙の小音有りて大般若理趣分を誦す。音に応じて光明在り。爰に空海祈念すらく、この妙事誰人の所為ぞや。願わくは我に示せと。所願に応じて廟窟の前に一の光明輪あり。美妙の音 . . . 本文を読む
コメント

今日9月25日は大師が「大和州益田池碑銘并序」を撰せられた日です

2018-09-25 | お大師様のお言葉
今日天長二年九月二十五日は大師が「大和州益田池碑銘并序」を撰せられた日です。 益田池は、畝傍山の南方の貝吹山から北西につづく尾根と久米台地の西南部にかけ、高取川をせき止めて堰堤を築く方法で40ヘクタールの規模で造られたといいます。満濃池の半分ですが当時としては大規模です。碑文によると、人夫・車・馬・船が一気にたくさん集まり、急ピッチで工事を進めることが出来た、とされています。満濃池と同じく大師を慕 . . . 本文を読む
コメント

今日は大師が「高野四至啓白文」をお作りになった日です

2018-09-15 | お大師様のお言葉
今日承和元年九月十五日は大師が「高野四至啓白文」をお作りになった日です。 「高野四至啓白文 葱嶺(青々と聳える山山)銀漢(天の川)を挟み、白峰碧落に衝けり。吾れ居住の時、頻りに明神の衛護あり。すなわち山の四至を限って、永く三宝に獻って仰信の情を表すと云々。 査(うきき、浮木)に乗るによらずして忽ちに雲漢に入り、妙薬を嘗めずして神窟を見ることを得たり。一度は喜び、一度は悲しんで、心魂持ちがたし。 山 . . . 本文を読む
コメント

今日9月7日は大師が「四恩の奉為に二部の大曼荼羅を造る願文」を書かれた日です

2018-09-07 | お大師様のお言葉
・今日弘仁12年(大師48歳)9月7日は大師が「四恩の奉為に二部の大曼荼羅を造る願文」を書かれた日です。 御大師様は曼荼羅諸尊を画く行為は国家を擁護し衆生を覚らせる功徳があるとされています。 われわれの写仏もこの数万分の一位の功徳はあるということです。 「弟子苾芻空海両部の曼荼羅に帰命し奉る。それ金剛の四法身(自性・受用・変化・等流)、胎蔵の三秘印(字・印・形相)は空性に憩って軷祖(ばっそ・出 . . . 本文を読む
コメント

弘仁7年8月15日は大師が勅賜の屏風に詩を賦し嵯峨天皇に進呈された日です

2018-08-15 | お大師様のお言葉
・弘仁7年8月15日は大師が勅賜の屏風に詩を賦し嵯峨天皇に進呈された日です。 「沙門空海言す。去んじ六月二十七日、主殿助布勢海(とものすけふせのあま)五彩の呉の綾錦の縁の五尺の屏風四帖を将って山房に到り来たれり。聖旨を奉宣して空海をして両巻の古今の詩人の秀句を書せしむてへり。忽ちに天命を奉って驚悚喩難し。 空海聞く、物類形を殊にし、事群体を分つ。舟車用別いして文武才異なり。もしその能に当る時は . . . 本文を読む
コメント

7月29日は大師が嵯峨天皇に「雑文を献ずる表」を出された日です

2018-07-29 | お大師様のお言葉
今日、弘仁3年7月29日は大師が嵯峨天皇に「雑文を献ずる表」を出された日です。 「急就章一巻 王昌齢が集一巻 雑詩集四巻 朱畫の詩一巻 朱千乗が詩一巻 雑文一巻王智章が詩一巻 讃一巻 詔勅一巻 訳経図記一巻 右伏して昨日の進止を承って探り得るに随ってかつ奉進す。遺るところの表啓等は零ちて他所にあり。今見に人をしてもとめしむ。取り来たらばすなわち馳せ奉ぜん。 それ尺水に本万里の鯤なし(水たまりには巨 . . . 本文を読む
コメント

今日は大師が「元興寺の僧中璟が罪を赦んことを請う表」を書かれた日です。

2018-07-26 | お大師様のお言葉
今日弘仁五年閏七月二十六日は大師が「元興寺の僧中璟が罪を赦んことを請う表」を書かれた日です。 「沙門空海言す。空海聞く、刑を緩うするの文顕はれて前書にあり。責を宥むるの言、嚢策(昔の書)に聞こえたり。之を以て草纓艾韠(そうあいがいひつ、尭舜の世の獄衣)、美を垂拱の年に揚げ(獄衣を着せただけで世が治まるという美風)、赭衣畫冠(しゃいがかん、秦時代、赤い獄衣と冠に罪名を書くもの)、誉を無為の日に流す。 . . . 本文を読む
コメント

今日天長四年七月二十四日は大師が、藤原冬嗣三回忌の願文を書かれた日です。

2018-07-24 | お大師様のお言葉
今日天長四年七月二十四日は大師が、藤原冬嗣三回忌の願文を書かれた日です。 「右将軍良納言(良岑安世)開府儀同三司左僕射(藤原冬嗣)のために大祥(三回忌)の斎を設くる願文 奇きかな、逸婀の徳(奇特にすぐれた徳を有せるのは一つの阿すなわち胎蔵界大日の梵字阿である)。皇いまるかな五転の鑁(広大な徳を持つものは金剛界大日の梵字鑁である,これは発心・修行・菩提・涅槃・方便の五転の徳を有する)。千門を津梁に . . . 本文を読む
コメント

今日は大師が「公家の仁王講を修せらるる表白」を書かれた日です

2018-07-19 | お大師様のお言葉
・今日は天長二年七月一九日大師が「公家の仁王講を修せらるる表白」を書かれた日です。 仁王経が大切な護国の経典であることが分かります。 「公家(朝廷)の仁王講を修せらるる表白 唐(おお)いなるかな三尊(仁王経の教主たる釈迦如来、脇侍の普賢・文殊菩薩)、六趣(六道)に耶嬢(父母)たり。殿を太虚の無際に構え(あまねく法界を宮殿とし)、都を妙空の不生に建つ(都を真空の不生不滅の悟りの境地とする)。五眼 . . . 本文を読む
コメント

今日は大師が三島大夫亡息女の追善法要を修された日です。

2018-07-18 | お大師様のお言葉
今日天長六年七月十八日は大師が三島大夫為亡息女の追善法要を修された日です。 『性霊集』巻八「三島大夫為亡息女写経供養法華経講説表白文」より 弟子正五位三嶋真人助成、三宝に帰命し奉る。それ恒河の女人(子を抱いてガンジスを渡ろうとして共に溺れた女人がその善根力により天上にうまれお釈迦様の授記を得た話(大乗本生心地観経))は子を愛するによって天上に生じ、坐海の丈夫(海の上で自分を犠牲にして五百人 . . . 本文を読む
コメント

法力に遠近なし

2018-07-17 | お大師様のお言葉
「三時に持念して徳を報ずるを事とす。法力遠近なし。願わくは幽霊を抜済せん。(大師の「藤原園人追悼文」)」(大師が、離れているところから死者の供養を念じているが、『法力には遠近はない』とおしゃっている。) . . . 本文を読む
コメント

身口意の働きで「富楽無上」を得ること

2018-07-05 | お大師様のお言葉
御大師様の「理趣経開題」です。吾々が等しく持つ身と口と意(こころ)は金剛宝のように富貴自在の働きをするということです。最近ある秘法を数年続けていますがこの御大師様のお言葉を證明する出来事が続々と起こっています。詳しくかけないのが残念ですが・・・。 「理趣経開題 世に金剛宝あり、よく堅く、よくくだき、壊せず変ぜざるの力あり、得難く見難く、忽ちに富み忽ちに貴きの能あり。 本有の三密も(我々生きとし生 . . . 本文を読む
コメント

陀羅尼の秘法

2018-06-22 | お大師様のお言葉
「・・如来の説法に二種の趣あり。一には浅略趣、二には秘密趣なり。浅略趣といふは諸経のなかの長行偈頌これなり。秘密趣とは諸経のなかの陀羅尼、是なり。浅略趣とは、太素、本草等の経に病原を論説し薬性を分別するが如し。陀羅尼の秘法といっぱ方に依って薬を合せ、服食して病を除くが如し。若し病人に対して方経を披き論ずるも病を療するに由無し。必ず須らく病にあてて薬を合わせ、方によって服食すればすなわち疾患を消除 . . . 本文を読む
コメント

今日6月19日は大師が高野山下賜を願う表を上表された日です

2018-06-19 | お大師様のお言葉
弘法大師「紀伊の国伊都の郡高野の峯にして入定のところを請け乞はせらるる表」 「沙門空海言す。空海聞く。山高きときは雲雨物をうるおす、水積もるときは魚龍産化す。是の故に耆闍(ぎじゃ)の峻嶺には能仁の迹休せず(霊鷲山ではお釈迦様が説法されている)孤岸の奇峯には観世の跡相続す(観音の霊験が続いている)。其の所由を尋ぬれば地勢自ら爾るなり。又台嶺の五寺に禅客肩を比し(中国山西省五台県にある文殊菩薩の聖地と . . . 本文を読む
コメント

今日はお大師様の御生誕の日でもあり、生まれ変わりとされる不空三蔵の入滅された日でもあります

2018-06-15 | お大師様のお言葉
不空金剛は、705(唐・中宗・神龍元)年生まれで、774(代宗・大暦9)年の6月15日に大興善寺に入滅されています。「付法の八祖」では第六祖、「伝持の八祖」では第四祖。以下、大師の「秘密曼荼羅教付法伝」と「密教辞典」をあわせて書いておきます。「北インドのバラモン出身の父と康居人の母との間に西域で生まれ、長じて長安に入り金剛智に会い門下に投じる。20歳ごろ有部律により師金剛智より具足戒を授かり、以後 . . . 本文を読む
コメント