福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

初心者のかたも毎回いらっしゃいます。新しい方、飛び入り大歓迎、会費不要です。
2018年

10月20日(土)、15時護国寺。
11月17日(土)、15時護国寺。
12月15日(土)、15時護国寺。「忘年会」
2019年
1月19日(土曜日)15時護国寺
2月16日(土曜日)15時護国寺
3月16日(土曜日)15時護国寺
4月20日(土曜日)15時護国寺
5月18日(土曜日)観音様の日、(土曜日)15時護国寺
6月15日(土曜日)15時護国寺
7月20日(土曜日)15時護国寺
8月17日(土曜日)15時護国寺
9月21日(土曜日)御大師様の日、15時護国寺
10月19日(土曜日)15時護国寺
11月16日(土曜日)15時護国寺
12月21日(土曜日)忘年会、15時護国寺

今日は古義真言宗官長高岡 隆心師遷化の日です

2018-10-19 | 法話
今日は古義真言宗官長高岡 隆心師遷化の日です。高岡 隆心師は慶応2年12月15日(1867年)新潟県中頸城郡に生まれ、高野山高岡増隆師の門に入り、古義大学林卒業、大正9年高野山宝寿院門主修道院長、大正13年初代高野山大学長、昭和9年高野山金剛峰寺座主同宗管長。北支・満州・朝鮮を巡錫し病を得て昭和14(1939)年10月19日遷化。密教辞典には「仏教・神道・事相に詳しく徳望高い名僧」とあります。 . . . 本文を読む
コメント

雲伝神道( 和田大円述 小林正盛編)について・・4

2018-10-18 | 法話
雲伝神道( 和田大円述 小林正盛編)について・・4 雲伝神道の相承。 慈雲尊者の相承は神道灌頂について三種の印明がある。また印明大事(御即位の大事)四海領掌の大事等は皆弘法大師ご相承の大事である。これらが西大寺にも相承して高喜、慧猛(17世紀、河内野中寺中興。高喜観より伝法灌頂を受ける、)、信光(慈門信光。野中寺の慧猛の次の住職)、普摂(摂津法楽寺)、貞紀(同)、飲光(河内高貴寺慈雲尊者)、天如( . . . 本文を読む
コメント

「観音様との約束で一生精進料理しか食べなかった父」

2018-10-17 | 法話
大法輪平成2年2月号に「観音様との約束』と題する投稿文がありました。要約して載せてみます。 「・・私の父は日露戦争に歩兵第10連隊第12中隊に所属していました。瀋陽戦を前にして中隊長は『今夜奇襲攻撃を敢行する。希望者は申しいでよ』といったそうです。日頃から観音様を信仰している父は自分が志願しなければ誰かが命令され犠牲になると思い、真っ先に志願したそうです。そしてそのとき『若し生きて還していただけれ . . . 本文を読む
コメント

雲伝神道( 和田大円述 小林正盛編)について・・3

2018-10-17 | 法話
雲伝神道( 和田大円述 小林正盛編)について・・3 第三章、 古代文字の有無 ・・・慈雲尊者の説に依ると神代には文字がないといふ。・・文字のあるようになったのは応神天皇以後のことであって、 ・・神祇にあって肉食したのは下位の神々であって上位の神々は分段食をしない。赤き心、清き心が上位の神々の常食である。欲界には婬貪と食貪があるが上二界(色界・無色界)には生まれながらにして禅定智慧が具有しておる。・ . . . 本文を読む
コメント

今日は護国寺第五十一代貫主佐々木教純師遷化の日です

2018-10-16 | 法話
・今日は護国寺第五十一代貫主佐々木教純師遷化の日です。護国寺史によると、昭和七年晋山し昭和二五年十月十六日に遷化されています。護国寺史によると、佐々木師は「中国で消滅してしまった密教を再び興そうという権田雷斧の事業が佐々木教純らによって継承され十八年五月から七月にかけて佐々木教純らは台北・汕頭スワトウ・潮州・広東・香港に行き各地寺院・居士林で戦没者追悼会を修し十善戒・三昧耶戒の授与、受明・結縁灌頂 . . . 本文を読む
コメント

雲伝神道( 和田大円述 小林正盛編)について等・・2

2018-10-16 | 法話
雲伝神道( 和田大円述 小林正盛編)について・・2 第二章、神道の本体 雲傳神道は赤心(清き心)をもってその本体として居る。「赤心(きよきこころ)」を本体として「黒き心(きたなきこころ)」と区別をしておる。「赤心」はすなわち本傳の主体であって天津教国津教などがその作用である。皆分に応じて日々の務めをするはこれ「赤き心」の働きから現れるのである。赤心は仏法でいえば「本有の浄菩提心」のことであって、こ . . . 本文を読む
コメント

雲伝神道( 和田大円述 小林正盛編)等について・・1

2018-10-15 | 法話
雲伝神道( 和田大円述 小林正盛編)等について・・1 第一章 神道の神髄 雲伝の神道・・・慈雲尊者の神道は世間一般の神道とは大いに相違している点がある。普通の神道家は「神を祀る行事」を神道と心得ているようであるが、我が国の神は、天照大神をはじめ、或いは伊弉諾尊とといひ、或いは高皇産霊尊と称するような方々はみな太古の天皇であって、天皇の道・・・君主そのものの行う処がそのまま神道である。君主が身を治め . . . 本文を読む
コメント

今日は聖武天皇が大仏建立の詔を発せられた日です。

2018-10-15 | 法話
聖武天皇は天平15年10月15日(743年11月5日)、近江国紫香楽宮にて大仏造立の詔を発さられました。 続日本記には「天平十五年冬十月辛巳、詔して曰く、『「朕、薄徳を以て恭しく大位を承く。志兼済に存して勤めて人物を撫す。率土の浜、已に仁恕に霑(うるお)うと雖も、而も普天の下、未だ法恩に洽(あまね)からず。誠に三宝の威霊に頼り、乾坤相泰かに万代の福業を修めて動植咸(ことごと)く栄えんことを欲す。 . . . 本文を読む
コメント

今日は786年前、東寺御影堂の御本尊弘法大師像〈康勝作・現在は重文〉が安置された日です。

2018-10-15 | 法話
今日は東寺御影堂の御本尊弘法大師像〈康勝作・現在は重文〉が安置された日です。  この大師像は左手膝上で掌を仰ぎ念珠(水晶製)を、右手屈臂して胸前で五鈷杵(木製)を執り、椅子に坐しておられるいわゆる真如親王様の弘法大師像です。数年前に御七日御修法のあと特別に拝させていただいたことがありますが黒光りしていて眼光鋭く大変な霊気を発しておられ思わず床に低頭して拝みました。これは『東宝記』によれば、天福 . . . 本文を読む
コメント

今日は綱脇 龍妙が『身延深敬園』を設立した日です。

2018-10-12 | 法話
今日は綱脇 龍妙が『身延深敬園』を設立した日です。 綱脇 龍妙は、日蓮宗の僧侶。身延山久遠寺に参拝したおり、河原で生活していたハンセン病患者の悲惨さを目撃し明治39(1906)年10月12日、初の民間らい療養所『身延深敬園』を設立しています。法華経「常不軽菩薩品」に「我深敬汝等、不敢軽慢、所以者何、汝等皆行菩薩道、当得作仏(我深く汝等を敬う。敢て軽慢せず。所以は何ん。汝等皆菩薩の道を行じて当に作仏 . . . 本文を読む
コメント

今日は宗叡が善無畏三蔵所傳の経論・儀記等を東寺に納入された日です

2018-10-12 | 法話
今日(貞観七年十月十二日)は後入唐僧正・宗叡が帰朝し請来した善無畏三蔵所傳の経論・儀記百三十四部・仏像・法具五十余点を東寺に納入し録して上表した日です。(密教辞典等による) . . . 本文を読む
コメント

今日久安五年1149年10月11日は覚性法親王が愛染法を修された日です

2018-10-11 | 法話
今日久安五年1149年10月11日は覚性法親王が愛染法を修された日です。 覚性法親王(大治4年閏7月20日(1129年9月5日) - 嘉応元年12月11日(1169年12月30日))は、真言宗仁和寺の第5世門跡。父は鳥羽天皇。母は藤原公実の娘待賢門院藤原璋子。仁和寺・法勝寺・尊勝寺・四天王寺などの検校をつとめ、仁安二年1167には日本総法務となり日本仏教の総統となる。修法の聞こえが高く、詔勅を受け . . . 本文を読む
コメント

今日は聖一国師ご遷化の日です

2018-10-11 | 法話
聖一国師円爾は建仁2年10月15日(1202年11月1日)駿河国に生まれ、嘉禎元年(1235年)、入宋、無準師範の法を嗣ぐ。仁治2年(1241年)、宋から日本へ帰国後、上陸地の博多にて承天寺を開山、のち上洛して東福寺を開山。禅密兼修。東大寺大勧進職にも就く。静岡茶や博多祇園山笠の創始者と言われる。弘安3年10月11日(1280年11月10日)遷化。「それ坐禅の宗門とは大解脱の道なり」(聖一国師語録 . . . 本文を読む
コメント

今日は沙石集を著した無住一円の没した日です

2018-10-10 | 法話
今日は沙石集を著した無住一円の没した日です。無住は1227年1月17日(嘉禄2年12月28日) 生れ 1312年11月9日(正和元年10月10日)没。以下ウキぺデアに依ります。「宇都宮頼綱の妻の甥。臨済宗の僧侶と解されることが多いが、当時より「八宗兼学」として知られ、真言宗や律宗の僧侶と位置づける説もある他、天台宗・浄土宗・法相宗にも深く通じていた。 梶原氏の出身と伝えられる。18歳で常陸国法音寺 . . . 本文を読む
コメント

今日は仙厓和尚の遷化された日です

2018-10-07 | 法話
仙厓義梵和尚は天保8年10月7日(1837年11月4日)没、 満87歳でした。 臨済禅僧で画家。人々を導くために2,000点以上ともいわれる禅画を残しています。仙厓作品の大コレクターは出光美術館で、その数は1,000を超える、とされています。「かけた情けは水に流し、受けた恩は石に刻め」という言葉も仙厓さんの詞という説もあります。(紫野、53号)。 . . . 本文を読む
コメント