福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。そしてこれらのお参り・修行は究極的には自身の中の仏様を掘り出すためです。霊験は自身のなかの仏さまと宇宙の仏さまの加持感応によります。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

福聚講のお参り予定は当分未定

金光明最勝王経四天王護国品

2017-08-31 | 頂いた現実の霊験
聖武天皇は東大寺を世界的戒壇にするためにおつくりになりましたが、同時に護国の為に全国に国分寺国分尼寺をお造りになりました。此のもとになるのが、金光明最勝王経です。「・・金光明経の流布するところには一切の外敵を摧破する・・」と書いています。 「四天王(持国天、増長天、広目天、多聞天)すなわち座よりたちて・・・仏に白して言さく、『世尊、此の金光明最勝王経の未来世において若し国土ありて城、邑、聚落、山 . . . 本文を読む
コメント

日本は明治以来、異常な惨禍を受け続けています

2017-08-30 | 法話
明治以来の日清・日露・太平洋戦争、関東大震災、広島・長崎の原爆、東日本大地震と原発事故、最近の度重なる異常気象や地震による大惨事、また来るべき南海トラフ地震や首都直下型地震、北朝鮮の脅威等、日本は明治以来、異常な惨禍を受け続けています。これだけ大惨事が続いているのは歴史上でも稀有のことです。 そしてそれぞれ無数の代受苦の犠牲者を生んでいます。 こうした犠牲者は生き残った我々日本人に警告と予言を与え . . . 本文を読む
コメント

天災と国防 寺田寅彦

2017-08-30 | 法話
天災と国防 寺田寅彦 「非常時」というなんとなく不気味なしかしはっきりした意味のわかりにくい言葉がはやりだしたのはいつごろからであったか思い出せないが、ただ近来何かしら日本全国土の安寧を脅かす黒雲のようなものが遠い水平線の向こう側からこっそりのぞいているらしいという、言わば取り止めのない悪夢のような不安の陰影が国民全体の意識の底層に揺曳していることは事実である。そうして、その不安の渦巻の回 . . . 本文を読む
コメント

北朝鮮からミサイルが発射され北海道上空を通過

2017-08-29 | 頂いた現実の霊験
先ほど北朝鮮からミサイルが発射され北海道上空を通過しました。破壊措置もできず,アメリカは北米に脅威はないと静観の構えです、背筋が凍りつきました。大国難がおこりました。僧侶は祈る事しかできません。今日8月29日は弘安の役で日本軍の奮闘と日本中の神仏への祈りで蒙古軍が壊滅した日でもあります。観音経には「呪詛諸毒薬 所欲害身者 念彼観音力 還著於本人。或遇悪羅刹 毒龍諸鬼等 念彼観音力 時悉不敢害。若悪 . . . 本文を読む
コメント

Q,お蔭を頂けている人といただけてない人の違いは?・・その1

2017-08-28 | Q&A
Q,お蔭を頂けている人といただけてない人の違いは?・・その1A、興教大師覚鑁上人は「末代真言行者用心」で、「久しく修行して(拝んで)おかげを得られなくても疑いを生ぜず、嫌にならない人は必ず霊験や覚りをいただけます」とおっしゃっています。(興教大師覚鑁上人「末代真言行者用心」より、「・・・どのような人がお蔭や覚りをいただけるのですか?「それは信心深い人です。」「ではどういう人を信心深いというのですか . . . 本文を読む
コメント

福聚講、今日の言葉

2017-08-25 | 法話
「蔵の財より身の財すぐれたり。身の財より心の財第一なり。この御文をご覧あらんよりは心の財を積ませ給うべし」(日蓮/崇峻天皇御書)お金よりも、健康、健康よりも陰徳、ということでしょう。しかしわれわれは隠匿は兎も角、お金と健康を限りなくほしがることは確かです。隠匿だけで満足できないのが凡夫の性です。むしろ陰徳がお金と健康の元となっていることを知るべきでしょう。この言葉をいいかえれば「心の財を積めば、身 . . . 本文を読む
コメント

仏典に見る病気の原因

2017-08-24 | 法話
病気の原因・医経に「衆生病を得るに十因縁あり。一には久しく座して臥せず、二には食貸すことなし、(食べ過ぎ)三には憂愁、四には疲れ、五には淫逸、六には瞋恚、七には大便を忍ぶ、九には上風を制す、十には下風を制す(げっぷとかおならを我慢する)。」・涅槃経に「一切衆生に四毒箭あり。貪欲、瞋恚、愚痴、驕慢なり。もし病因あらばすなわち病生ずるあり。いわく、寒熱肺病、上気吐逆、膚體 其心悶亂、下痢噦咽、小便淋漓 . . . 本文を読む
コメント

今日8月24日は地蔵盆

2017-08-24 | おすすめ情報
今日8月24日は地蔵盆 1、今日8月24日は地蔵盆です。24というお地蔵様の縁日がお盆のあとでもあり、各地で地蔵盆が執り行われます。京都でも各地で「地蔵盆」が執り行われるようです。各町内ごとに道端の地蔵尊の前に屋台を組んで花や餅などの供物をそなえ、お地蔵様を洗い清めて新しい前垂れをお着せしたり灯籠を立てたりお供え物をしたりします。京都では「百万遍大数珠繰り」も行われるところもあるようです。 2 . . . 本文を読む
コメント

今日24日は一粒万倍日です

2017-08-24 | 頂いた現実の霊験
今日24日は一粒万倍日で、四千日の功徳日です。善行をすれば万倍の功徳があり、お参りすれば四千日お参りしたことになります。 . . . 本文を読む
コメント

「ピンチの時」ほど布施行を

2017-08-22 | 法話
数日前継母のことで何十年来の大ピンチが突然訪れました。古稀を前に大恥をかくことになりそうでした。今後のことを思うと何をしても心ここにあらずと言う状態でした。外を歩いても足がうわついて大地を踏みしめている感がしませんでした。人間ピンチの時は思考範囲が限りなく狭くなっていてそれがまた堂々巡りになり苦悩の蟻地獄を生んでいます。時間的には今の瞬間しか考えられなくなっているし、空間的にも自分の苦悩の事しか考 . . . 本文を読む
コメント

今日から戸津説法が始まります

2017-08-21 | おすすめ情報
今日8月21日から5日間戸津説法がはじまります。以下関連のホームページから引用します。「戸津説法とは、比叡山を仰ぐ下阪本の琵琶湖畔、明智光秀ゆかりの板本城跡の一角にある東南寺で、毎年八月二十一日から二十五目まで行な われる法華経についての説法のことを指し、説法が琵琶湖畔の東南寺(大津市下阪本)で行なわれるところから「東南寺説法」とも呼ばれています。 戸津というのは東南寺があるあたりの古い地名で、琵 . . . 本文を読む
コメント

愚迷発心集(解脱上人貞慶)より

2017-08-20 | 法話
・無益の語を囂すしくすといえども出世の事をば断ずることなし。他人の短をば語るといえども、身の上の過ちを顧みず。((俗人は)どうでもよいことは喋りまくるが大切な出世間のことは互いに話すこともしない、他人の欠点は批判するが自分の欠点は反省しない。) . . . 本文を読む
コメント

今日の福聚講模様

2017-08-19 | 開催報告/巡礼記録
今日の福聚講模様 今日は湿度が上がりかなり蒸し熱い午後でした。しかし護国寺の縁側で座っていると蝉時雨の中、一陣の涼風が吹き抜け、60年前の生家の山寺の夏に時空が瞬間移動したかのような感がしました。「涼風や虚空にみちて松の声 (鬼貫 「鬼貫句選」)」という句があるようですが、「涼風のお堂にみちて蝉の声」とでもいうところでしょうか。時空を超える感覚といえば、先日お盆前に孫と護国寺をお参りした時、突然 . . . 本文を読む
コメント

観音様の歌

2017-08-19 | 諸経
釈宗演「観音経講話」にあった宗演師自作と思われる観音様の偈。 帰命頂礼観世音 昔は勝法明如来(正法明如来のこと、千光眼観自在陀羅尼経に「我往昔の時を念ずるに、観自在菩薩は我が前に於いて成仏し,号して正法明といい、十号具足す。我かの時に於いて彼の佛のために下りて苦行の弟子となり、その教化を蒙りて今成仏することを得たり。十方の如来はみな観自在の教化の力によるがゆえに妙国土に於いて無上道を得て妙法輪を . . . 本文を読む
コメント

角田さんより近況報告をいただきました。

2017-08-19 | 法話
角田さんより近況報告をいただきました。お許しを得て転載させていただきます。お盆明けに身につまされる一文でした。 「・・・私事ですが、この一か月半、「生き仏」と「死に仏」の激励・葬送に立ち会い、私の佛行の可否を点検されるような体験をしました。「生き仏」は、医者に見放された癌患者。慰問も空しく「死に仏」に。「死に仏」とはは、生前、ラジオ関東を、乗っ取った剛腕の持ち主のこと、84歳で突然認知症となり、 . . . 本文を読む
コメント