福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。そしてこれらのお参り・修行は究極的には自身の中の仏様を掘り出すためです。霊験は自身のなかの仏さまと宇宙の仏さまの加持感応によります。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

福聚講のお参り予定は当分未定

白隠禅師の施行歌

2021-05-31 | 法話
白隠禅師の施行歌     施行歌今生富貴する人は、前世に蒔きおく種がある、今生施しせぬ人は、未来はきわめて貧なるぞ、利口で富貴がなるならば、鈍なる人はみな貧か、利口で貧乏するを見よ、(高学歴でも貧乏します)この世は前世の種しだい、未来はこの世の種しだい、富貴に大小ある事は、蒔く種大小あるゆえぞ、この世はわずかの物なれば、よい種えらんで蒔きたまえ、種を惜しみて植えざれば、穀物取りたる例(ためし)なし . . . 本文を読む
コメント

急ぎ仏となりて、大慈大悲心を以て、思うがごとく衆生を利益する

2021-05-31 | 法話
以前高校生の息子が父の葬儀で「これからはあの世でお父さんは仏さまになって困っている人を助ける仕事をするからいそがしいんだね・・」という趣旨の弔辞を述べたという記事をみたことがあります。すばらしい死生観です。 「・・・慈悲とは何か。親鸞は「慈悲に聖道、浄土のかわりあり」と慈悲に区別をつけていることが歎異抄の中で示されている。(歎異抄第四章に「慈悲に聖道・浄土のかわりめあり。聖道の慈悲というは、もの . . . 本文を読む
コメント

人生のことは人間以上の智でなくてはわからぬ

2021-05-31 | 法話
人生は不可解なことだらけです。「仏法のことは人間以上の智でなくてはわからぬ」という釈雲照師の御言葉がありますが「人生のことは人間以上の智でなくてはわからぬ」とも言い換えて考えるべきでしょう。 「仏法のことは人間以上の智でなくてはわからぬから疑わずにただ信ずるがよい。信心は仏法では第一で龍猛菩薩は仏法の大海は信を以て能入とする(「仏法の大海は、信を能入と為し、智を能度と為す。(大智度論)」)とおす . . . 本文を読む
コメント

掃除をすれば美男美女となる

2021-05-30 | 光明真言の功徳
以前「トイレの神様」という歌があって「トイレには女神様がいてトイレをそうじすると女神様のような美人になれる・・」という趣旨の歌詞がありましたが、これは本当だったのです。 掃除の功徳について「釈氏要覧」に次のようにあります。 『掃地、仏、逝多林におわすとき地不浄なるを見て衆生を樂福ならしめ勝福田に淨業を植えんと欲して、仏即ち自ら箒をとり掃はんとす。時に大聲聞見て、皆箒をとりて共に掃く。仏曰く、およそ . . . 本文を読む
コメント

与えれば増える

2021-05-30 | 法話
以前、老婦人が自作の絵手紙を人々に喜捨している番組を見ました。そのなかに「いくらあたえても、こころは減らない」ということばがありました。全くその通りです。お金は使うと減るものですが、『陰徳』は逆で、施すほど増えます。例えば、人助けをすると、相手も喜び、双方のご先祖も神仏も喜び、「陰徳」は無限に増殖するものです。日本人をお金や物という「使えば減るもの」に対する呪縛から解放して、「無限に増える陰徳」を . . . 本文を読む
コメント

今日は良観が後醍醐天皇より忍性菩薩の尊号を勅許された日

2021-05-29 | 法話
今日嘉暦三年1328五月二十九日は良観が後醍醐天皇より忍性菩薩の尊号を勅許された日。(「叡尊・忍性」吉川弘文館)忍性は師叡尊からは真言密教・戒律・聖徳太子信仰を受け継ぎ聖徳太子の「四箇院の制」の復興を図る。『性公大徳譜』によると忍性が生涯で草創した伽藍83ヶ所、供養した堂154ヶ所、結界した寺院79ヶ所、建立した塔婆20基、供養した塔婆25基、書写の一切経14蔵、図絵した地蔵菩薩1355図、僧尼に . . . 本文を読む
コメント

今日は後光厳天皇が大覚寺にある勅封般若心経を写経された日です。

2021-05-29 | 法話
今日は後光厳天皇が大覚寺にある勅封般若心経を写経された日です。(後光厳天皇は北朝四代。光厳天皇の皇子。1351年南朝によって兄・崇光天皇が退位させられたが,翌年北朝再興のため足利義詮に擁立されて践祚。在位中南朝軍の攻撃を受け,近江や美濃に避難することもあった。新千載和歌集、新拾遺集を編。宝鏡寺・金戒光明寺・雲龍院開基。日蓮に大菩薩号授与。)大覚寺に勅封般若心経あり。この心経については、続史愚抄に「 . . . 本文を読む
コメント

今日は十斎日で六斉日です。

2021-05-29 | 法話
今日は十斎日で六斉日です。 十斎日とは月の一日・八日(六斉日でもあります)・十四日(六斉日でもあります)・十五日(六斉日でもあります)・十八日・二十三日(六斉日でもあります)・二十四・二十八日・二十九日(六斉日でもあります)・三十日(六斉日でもあります)をいいます(根拠は下の地蔵経にあります)。この日に八斎戒(不殺生、 不倫盗、 不淫、. 不妄語、 不飲酒、 不聴歌舞、 不坐広床戒、 非時食戒) . . . 本文を読む
コメント

今日は長雨で貧窮者に救援した日

2021-05-29 | 法話
三代実録 / 元慶六年(882)五月廿九日庚午条「廿九日庚午 是月霖雨 賑給京師貧困病患之輩」五月二十九日、今月霖雨(長雨)。京師で貧困病患の輩に賑給す。昔は長雨でも貧窮者に救援していました。 . . . 本文を読む
コメント

今日は変異現象で諸寺に祈祷させた日

2021-05-28 | 法話
続史愚抄 / 文明六年閏1474五月 「廿八日壬午 今日より諸寺において変異の御祈り 奉行蔵人右少弁元長」 天皇は後土御門天皇。室町幕府は足利義尚。此の年、特に大きな災害は記録されていません。 文明九年十一月(1477年) には応仁元年(1467年)から続いていた応仁の乱が終息しています。 . . . 本文を読む
コメント

誰しも生きているというだけで仏様の仕事をしている

2021-05-28 | 法話
昔NHK心の時間で、正眼僧堂の山川宗玄老師の法話がありました。中で百丈懐海禅師の「一日作さざれば一日食はず」の禅語についてお話がありました。以下のようなものだったと思います。 ・・・和歌山興国寺目黒絶海老師が老衰で入院され施す治療もなくなっていた時、弟子の山川老師が見舞いに行かれたとき、回診に来た院長に「なにか治療するすべがあるのですか?」と聞くと院長は「ありません」と答える。「ではなぜ治療に来ら . . . 本文を読む
コメント

失敗を恐れるな、それによって心を腐らすのを怖れよ

2021-05-27 | 法話
「失敗(不成就)が怖いのではない 失敗したときの(不成就になったときの)人間が 『こころを腐らせる』のが怖いのだ 腐れは腐れを呼ぶ 少しの腐れが大きくなる 果てしもないほど腐れは拡がる 失敗(不成就)を怖れるな 失敗(不成就)は成功の始めとは あまりに古い言葉というか 古いとて真理ならば それはいつも新しい生命を持つ その言葉は古くしていつも新しい 伸びる前には屈するのだ 勝つ前に . . . 本文を読む
コメント

座を起たずして三摩地現前し、ここに本尊の身を成就すべし。

2021-05-27 | お大師様のお言葉
秘蔵宝鑰のお言葉 「大毘盧遮那経にいわく「悉地は心より生ず」。金剛頂経に説くがごとし、「一切義成就菩薩初めて金剛座に坐し、無上道を取證して遂に諸仏に此の心地を授かることを蒙ってしかしてよく果を證す」。およそ今の人、もしよく心決定して教えの如く修行すれば座を起たずして三摩地現前し、ここに本尊の身を成就すべし。 (大日経悉地出現品にいわく「悟り・霊験はこころより生ずる」と。また金剛頂経には「お釈迦 . . . 本文を読む
コメント

今日は大師が満濃池修築別当に任ぜられた日です

2021-05-27 | お大師様のお言葉
弘仁十二年(821年、大師御年四十八歳) 五月二十七日、大師は讃岐国満濃池の修築別当に任ぜられています。 (弘法大師全集) 「高野大師御廣伝」には「請傳燈大法師位空海宛築満濃池別当状」があります。それには「・・浜継等、去年より修築を始めるが池大にして民少なし、築いまだならず、・・件僧空海・・道俗欽風、民庶望景、いればすなわち生徒市をなし、出ればすなわち追従するもの雲の如し、・・百姓恋慕すること父母 . . . 本文を読む
コメント

今日は石清水八幡大菩薩宮が自鳴 し有事をお告げになった日

2021-05-26 | 法話
三代実録 / 仁和二年(886)五月廿六日甲辰条「廿六日甲辰 長日 山城国石清水八幡大菩薩宮自鳴 す。如撃鼓の声の如し 南楼も鳴ること 風波相激して成す声の如し。 数剋を経て而も停らず。 神祇官卜して云ふ。 大菩薩の心に所願あり。 陰陽寮占して云ふ。 兵事を警すべし。」天皇は光孝天皇。翌年、仁和三年(887年)、仁和地震(東海・東南海・南海連動型地震)が発生、五畿七道が被災、大阪湾に巨大津波、八ヶ . . . 本文を読む
コメント