福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。そしてこれらのお参り・修行は究極的には自身の中の仏様を掘り出すためです。霊験は自身のなかの仏さまと宇宙の仏さまの加持感応によります。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

福聚講のお参り予定は当分未定

今日は寅彦忌です。

2021-12-31 | 法話
今日は寅彦忌です。 寺田 寅彦は1935年(昭和10年)12月31日、57歳で逝去しています。 ・「日本人の自然観」では「単調で荒涼な砂漠さばくの国には一神教が生まれると言った人があった。日本のような多彩にして変幻きわまりなき自然をもつ国で八百万やおよろずの神々が生まれ崇拝され続けて来たのは当然のことであろう。山も川も木も一つ一つが神であり人でもあるのである。それをあがめそれに従うことによって . . . 本文を読む
コメント

弘法大師の説かれた鐘の功徳です

2021-12-31 | お大師様のお言葉
弘法大師の説かれた鐘の功徳です 「鐘の知識を勧め唱ふる文 それ滄海は鱗甲の潜まるところ、泰岳は翔蹄の集まることろなり。すなわち知りぬ、智池は坌塵の浴するところ、霊鐘は苦類の息ふところなり。しかればすなわち洪鐘隆んに鼓す。ただ吨王の望剣を留むるのみにあらず(付法因縁傳に、罽賦吨王が鐘音を聞き剣の地獄から救われた故事あり)、兼ねてはまた灰河の難獄を甦らしむ。故に経に曰く、一たび鐘を打ん聲ごとにまさ . . . 本文を読む
コメント

今日は大祓の日です。

2021-12-31 | おすすめ情報
今日は大祓の日です。これは、日常生活上の罪穢を祓い流し、今後の国体の鎮守を図る意味があるとされます。現在の大祓は養老律令・神祇令によるものといいます。養老律令・神祇令十八 大祓條に「凡六月十二月晦日大祓者。中臣上御祓麻、東西文部上祓刀讀祓詞、訖百官男女。聚集祓所中臣宣祓詞、ト部為解除」とあります。毎年の 6月と12月の晦日に中臣が祓の麻(ぬさ)を、東西(やまとかわち)の文部(ふびとべ)が祓の刀を奉 . . . 本文を読む
コメント

鐘の功徳

2021-12-31 | 諸経
私も何年も護国寺の鐘を撞いてきましたがその功徳で40年後のいまでも病気知らずで護国寺にご縁を頂いています。鐘の功徳を改めて書いておきます。・お大師さま(弘法大師)は、「鐘の知識を勧め唱うる文」(性霊集)の中で「一打鐘聲、當願衆生、脱三界苦、得見菩提」と、「鐘をひとつ打つごとに、生きとし生けるものが欲界・色界・無色界のすべての苦しみから解脱し、安らかな悟りの境地を得ることを願え」と示されていいます。 . . . 本文を読む
コメント

今日から1月6日まで浅草寺では修正会が行われます

2021-12-31 | おすすめ情報
今日から1月6日まで浅草寺では修正会が行われます。浅草寺ホームページです。「修正会とは「正月に修する法会」という意味で、ご本尊の観世音菩薩に新年の天下泰平と五穀豊穣を祈願する法要である。ご本尊を奉安する御宮殿の前に、豊穣を象徴する鏡餅をお供えし、大晦日の夕刻から修正会が始まる。まず、導師が「観音秘密供養法」を修するなか、道場に花びらを散じる「散華」の儀式が行なわれる。これは道場を清めて諸仏を迎え入 . . . 本文を読む
コメント

何故に苦を脱する者と脱せざる者とあるや

2021-12-30 | 諸経
定と不定とあり・・・今は益なしと雖も後世の因を作す . . . 本文を読む
コメント

眞言付法纂要抄

2021-12-30 | 諸経
    眞言付法纂要抄 成尊(後三条天皇(11世紀)の護持僧でもあった小野僧都成尊(小野曼荼羅寺二世、東寺長者、明算の師)は天皇の諮問にこたえて『真言付法纂要抄』を呈した。成尊に対する後三条天皇の信頼は特別で、即位灌頂も成尊から受けている。大江匡房「後三条院御即位記」に「 又 ( 三条院)即位時は 、 小 安殿より 笏を端し、歩 行 云 々 、今の 度 は 然ら . . . 本文を読む
コメント

「除夜の鐘」関連情報(追加)

2021-12-30 | おすすめ情報
長谷寺(神奈川県/鎌倉市)除夜の鐘は12月31日22時頃から先着順に整理券が配布され、23時50分頃から始まる。たくさんのローソクに灯がともる万灯祈願会も行われる。鐘をつける人の数:108組、URL:https://www.hasedera.jp/ 建長寺(神奈川県/鎌倉市)除夜の鐘は、修業道場にて23時45分ごろから始まる。一般参加:公式サイト要確認。URL:https://www.ken . . . 本文を読む
コメント

菩薩本生鬘論・投身飼虎縁起卷第一

2021-12-30 | 諸経
菩薩本生鬘論・投身飼虎縁起卷第一「爾時、世尊は諸大衆を将ひて般遮羅大聚落(ばんちゃらだいじゅらく・咀尸羅国の中に有、法顕傳・大唐西域記等に出てくる捨身飼虎の地)の所に詣でて一林中に至る。阿難に謂ふて曰はく、『汝此間において我ために座を敷け。』佛其上に坐して諸比丘に語りたまはく、『汝等、我往昔時に修行苦行の舍利を見んと欲するや不や 』白して言く、『見たてまつらんと願ふ。』于時、世尊手を以て地を按 . . . 本文を読む
コメント

学習障害児がノーベル賞受賞

2021-12-30 | 法話
「ノーベル医学生理学賞受賞者グライダーさんは学習障害児だった。 グライダーさんが持つ「ディスレクシア(難読症)」とは、学習障害の一つで、正確に単語認識に困難さがあり、結果的に読解や読む機会が少なくなり、語彙の発達や背景知識の獲得を妨げるとなりうる、とされている。障害のため、学者である親を持ちながらも、勉強は不得意で、自ら「頭が悪い子」と思っていた。障害の壁を乗り越えるため、グライダーさんは様々な . . . 本文を読む
コメント

今日は追儺の日でした

2021-12-30 | 法話
公事根源「追儺 (十二月)三十日 けふは儺らふ日なれば大舎人寮、鬼をつとめ陰陽寮祭文をもて南殿の邊につきて読む。上卿以下これを追ふ。殿上人ども御殿の方に立ちて桃の弓葦の矢にて射る。仙華門より入て東庭をへて瀧口の戸に出ず。今宵御前に燈を多くともす。東庭、朝餉、臺盤所の前の砌に燈台を隙なくともすなり。追儺といふ事は年中の疫癘を払ふこころなり。四目ありておそろしげなる面をきて楯矛をもつ。又侲子(わらは) . . . 本文を読む
コメント

今日は一粒万倍日

2021-12-30 | おすすめ情報
今日は一粒万倍日 . . . 本文を読む
コメント

今日は平安時代薩摩の国で南蛮人が日本人を虜掠した日

2021-12-29 | 法話
  (左経記・寛仁四年1020閏十二月)「二十九日・・南蛮賊徒、薩摩國に到り人民を虜掠の由。即参左府由事由、次参関白殿、府解を覧ぜしむ。次為御使参御寺由此れ由、改元の後慥に追討すべき、大宰府に官符を賜うべし。」 (南蛮人が襲来したという大宰府の解状を丹波奉親は、左大臣藤原顕光や関白藤原頼通、前摂政藤原道長に見せた。道長は、翌年必ず南蛮を追討するように太政官符を大宰府に下すように命じた . . . 本文を読む
コメント

ダライラマ法皇の法話『修行道の三要素』『菩提道次第集義』

2021-12-29 | 先祖供養
  ダライラマ法皇の法話『修行道の三要素』『菩提道次第集義』が先程ありました。2021年12月29日11:30 - 13:00  http://www.dalailamajapanese.com/live . . . 本文を読む
コメント

今日は疫病退散のため諸国に仁王般若経を転読させた日 

2021-12-29 | 法話
         史料綜覧 巻五 / 建治三年(1277)十二月廿九日条 「廿九日葵未 仰五畿七道諸国 為攘流布之疾疫 随官符到来 択吉日宜令転読仁王般若経由宣下」 天皇は後宇多天皇。鎌倉将軍は惟康親王、執権は北条時宗。 此のすぐあと、建治四年二月には疫病により建治から弘安へ改元していますから相当な流行であったと思われます。 . . . 本文を読む
コメント