福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。そしてこれらのお参り・修行は究極的には自身の中の仏様を掘り出すためです。霊験は自身のなかの仏さまと宇宙の仏さまの加持感応によります。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

福聚講のお参り予定は当分未定

「不条理は最大のチャンス」の実例16

2022-01-31 | 法話
「不条理は最大のチャンス」の実例16 密教の行法では必ず「性相空なるがゆえに・・」という観想を行います。これは「現象も本質すらも絶対不変ではない、縁によって変幻極まりないものである」との意味でしょう。まさに以下の諸例はすべては変化するから心配ないと示しています。     1、「新規事業開発のベースに置いているのは、ずばり「不」の解消です。不平、不満、不利、不都合、不合理 . . . 本文を読む
コメント

此の世にはなんら実体は存在しないから菩薩道がある

2022-01-31 | 法話
「大乗仏教の根底には『空』の思想がある。特に我(主体的存在)の空のみでなく、法(客観的存在)の空をも説いたことが部派佛教とは決定的にことなる点であった。『我空法有』に対する『我法俱空』あるいは『人法二空』の立場こそ、大乗の世界観の核心である。・・主体的存在として構想されている我も、事物を構成する要素的存在として想定されている法も、一切はなんら本体を持つものではなく、空・無自性で、ゆえに仮のもの、幻 . . . 本文を読む
コメント

「状況を受け入れることは限界を決めることではない」(パラリンピアンの言葉)

2022-01-31 | 法話
「状況を受け入れることは限界を決めることではない」(パラリンピアンの言葉)   「嘆いている間は時間が止まっていると思う。大事なのはそこからどうするか、何をするかだ」(21歳の時に仕事中に右足を失った中西摩耶・走り幅跳び選手の言葉) 「ナミビアの陸上の選手、アナニアス・シコンゴ選手は、幼いときに兄が鳥を射ようとした弓矢で片目を失明、その数年後、家畜のロバにもう片目を蹴られて失明しま . . . 本文を読む
コメント

真言宗義章・第九、 両部曼荼羅章

2022-01-31 | 諸経
第九、 両部曼荼羅章 (密教の教えは胎蔵曼荼羅(究極の真理・衆生の身体、をあらわす)と金剛界曼荼羅(真理を覚るための智慧・衆生の精神、をあらわす)で表現される。)    胎金両部の曼荼羅といふは、諸仏理智(真理と智慧)の体性、衆生色心の実相なり。大日如来究竟じて自心の源底を覚知して金剛界の曼荼羅を現じ、実の如く自身の数量を証得して胎蔵の曼荼羅を現じたまふ。是れ即ち秘密荘厳 . . . 本文を読む
コメント

障害児は『神』であり『福子』あること

2022-01-31 | 法話
障害児は『福子』であること 1、Mさんから「障害児を明治以前の日本社会は『福子』と呼んだ。彼は其の家や地域に福を齎す存在で、彼を疎略にすると、その人に対しては彼が疫病神や貧乏神に転じる」という素晴らしい記事のご紹介がありました。https://ameblo.jp/chousyu-jin/entry-12521049913.html 2,「古事記」によれば、「ヒルコ神」(後の民間伝承で恵 . . . 本文を読む
コメント

Q、いじめがひどくて悩んでいます。何とか抜け出せる方法は?

2022-01-31 | 法話
Q、いじめがひどくて悩んでいます。何とか抜け出せる方法は?A,結論です。「念彼観音力、還著於本人(ねんぴかんおんりき げんじゃくおほんにん)」と唱えることです。「観音様を念ずれば、この害はかえって必ず加害者に返っていく」との意味です。これを常にいじめを受けている最中も唱えれば必ず加害者に害が返っていき、救われます。また観音様の御真言は「おんあろりきゃそわか」です。この御真言もあわせてお唱えするとい . . . 本文を読む
コメント

人生は祈りである

2022-01-31 | 法話
「『いのちは祈りである』私が本当の意味で仏教に出会ったのはこのことばに出会ったときであった様に思われます。この言葉は脳死について考える集まりで藤元正樹先生が言われた言葉です。」(「大法輪・二月号」姫路医療センター小児科医・真宗大谷派僧侶、梶原敬一)これを敷衍すれば「人生は祈りである」といえましょう。祈ることができる人の人生はそれだけで素晴らしい人生です。わたしも祈りによって救われ、人にも少しだけで . . . 本文を読む
コメント

本朝高僧傳及び日本霊異記に見る元興寺沙門智光

2022-01-31 | 諸経
本朝高僧傳及び日本霊異記に見る元興寺沙門智光   1,本朝高僧傳・和州元興寺沙門智光傳 「釈智光は河州の人なり。智蔵に従て三論旨を受く。性情純真。普く経論を渉り元興寺に住し空宗を講説す。同寺の頼光、亦智蔵を師とし、俱に令名あり。暮年誓ひて言語を絶し観想を凝らして数年にして卒す。光(智光)歎じて曰く「頼は少年から親友なり、受生は何方の土なるかを知らず」と。追憶輟せず。夢に頼の居に到る . . . 本文を読む
コメント

「昭和天皇御即位勅語」

2022-01-30 | 法話
「昭和天皇御即位勅語」(昭和三年十一月十日官報) (昭和天皇陛下は此の中で「世界平和」を望むとおしゃっており決して日本が好戦的で太平洋戦争を始めたわけではないことが分かります。) 「朕惟フニ我皇祖皇宗惟神ノ大道ニ遵ヒ天業ヲ経綸シ萬世不易ノ丕基ヲ肇メ一系無窮ノ永祚ヲ傳ヘ以テ朕ガ身ニ逮ヘリ 朕祖宗ノ威霊ニ頼リ敬ミテ大絶ヲ承ケ恭シク神器ヲ奉シ茲ニ即位ノ禮ヲ行ヒ昭ニ爾有衆ニ誥ク 皇祖皇宗國ヲ建テ民ニ臨 . . . 本文を読む
コメント

真言宗義章・第八、即身成仏章

2022-01-30 | 諸経
第八、即身成仏章 (真言宗は即身成仏させる教えである。真言の即身成仏とは一念一時一生の修行に依って無量の福智を具足し凡夫のままで大日如来の果徳を成ずるものである) 凡そ大乗佛に権・実、顕・密の別ありと雖もその大宗とするところはすべて無上菩提を成ずるにあり。無上菩提を成ずるの道一つならず。随って又、遅速、勝劣重々不同なり。三乗教(声聞乗・縁覚乗・菩薩乗)は自ら遠勤作佛を本旨とすれども、一乗教(仏 . . . 本文を読む
コメント

今日は十斎日で六斉日です。

2022-01-30 | おすすめ情報
今日は十斎日で六斉日です。十斎日とは月の一日・八日(六斉日でもあります)・十四日(六斉日でもあります)・十五日(六斉日でもあります)・十八日・二十三日(六斉日でもあります)・二十四・二十八日・二十九日(六斉日でもあります)・三十日(六斉日でもあります)をいいます(根拠は下の地蔵経にあります)。この日に八斎戒(不殺生、 不倫盗、 不淫、. 不妄語、 不飲酒、 不聴歌舞、 不坐広床戒、 非時食戒)を守 . . . 本文を読む
コメント

真言宗義章・第七、十種十住章

2022-01-29 | 諸経
第七、十種十住章 (「十住心」は大師が大日経、菩提心論等に依って建立し給へる法門で、1、顕密の浅深比較、2、真言行者の心が第一住心から転昇するさま、3、十住心は即十界を顕し、十界すべてが第十住心(密教の境地である秘密荘厳心)を含み実は大日如来の現れである、という究極の三つの真理を説く。)   十住心は高祖大師、大日経、菩提心論等に依りて建立し給へる法門にして顕密仏法の浅深、浄菩提心 . . . 本文を読む
コメント

「空有論争」

2022-01-29 | 諸経
1、古来「空」と「唯識」はどちらが上かと「空有論争」というものがありました。今昔物語にもその様子が書かれています。 「今昔物語集巻四第二十七話 護法清弁二菩薩空有諍語 今昔、天竺の摩訶陀国に護法菩薩と申す聖人御けり。此れは世親菩薩の弟子也。教法を弘め、智恵甚深なる事、人に勝れ給へり。然れば、其の門徒、極て多し。 亦、其の時に、清弁菩薩と申す聖人御けり。此れは提婆菩薩の弟子也。此の人も亦、智恵 . . . 本文を読む
コメント

今日は七里恒順和上遷化の日

2022-01-29 | 法話
今日は生き仏として人々に崇められた西本願寺派の学匠七里恒順遷化の日です。以下明治の仏教者等によります。「天保6年7月11日新潟の明鏡寺という西本願寺派の寺に生まれ南渓,月珠らにまなび,博多の万行寺の住職、ほとんど自坊をはなれず,甘露窟という私塾で教育や布教に専念した。明治33年1月29日死去。66歳。著作に「七里和上言行録」など。」福沢諭吉や丸紅創業者伊藤長兵衛・伊藤忠の伊藤忠兵衛も私淑しています . . . 本文を読む
コメント

今日はおさまらない疱瘡で時仁王会を修した日

2022-01-28 | 法話
          日本紀略 / 治安元年(1021)正月廿八日甲辰条 「廿八日甲辰 臨時仁王会 為攘疾病也」 天皇は後一条天皇。臨時仁王会は恒例の春秋二季以外に修するもの。 日本紀略・寛仁四年1020 四月二十二日には 「此春、人民患疱瘡、…詔大赦天下、又免調庸徭役、依疱瘡疾疫」とあり一年前から疱瘡が大流行していた様子。ほか . . . 本文を読む
コメント