福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。そしてこれらのお参り・修行は究極的には自身の中の仏様を掘り出すためです。霊験は自身のなかの仏さまと宇宙の仏さまの加持感応によります。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

福聚講のお参り予定は当分未定

南朝が金剛峯寺金堂修繕費を出した日

2022-09-03 | 法話
史料綜覧 巻六 / 正平十九年(1364)貞治三年九月三日条「三日 高野山金剛峯寺金堂朽損ス 是日 南朝 紀伊三荷郷ヲ寄セ 修繕資ニ充ツ」南朝は後村上天皇。この後、1392年(元中9年/明徳3年)に南朝が解消される形で南北朝合一(明徳の和約)。 . . . 本文を読む
コメント

天元三年九月三日比叡山根本中堂初度供養を行い天皇行幸

2022-09-03 | 法話
天元三年〔庚辰〕980九月三日比叡山根本中堂初度供養を行い天皇行幸。「叡岳要記」に「中堂供養。六十四代圓融院御宇天元三年〔庚辰〕980九月三日。座主權僧正良源。天皇行幸。」 . . . 本文を読む
コメント

仏教大原理(釈雲照)より・・その3

2022-09-03 | 法話
十善戒にはそれぞれ止善(注)と行善(注)がある。(注。“止善”について 「大学」には「大学の道は明徳を明らかにするに在り。民を新たにするに在り。至善に止まるに在り」とありますが、ここで釈雲照師のおっしゃっているのは「悪を止める善」とでもいう意味です。また行善とは「積極的に行う善」とでもいう意味です。)㈠慈悲不殺生戒・・生きとし生けるものを殺さないこと、これが不殺生戒の止善で . . . 本文を読む
コメント

今日は盤珪禅師示寂の日

2022-09-03 | 法話
今日は盤珪禅師示寂の日。盤珪永琢は元禄6年(1693)9月3日71歳で示寂。盤珪永琢は不生禅を唱え、平易に広く法を説いた。法名を授けられ弟子の礼をとった者五万人あまり。没後の1740年(元文5年)大法正眼国師の号を賜った。「盤珪禅師語録」あり。盤珪禅師の「うすひき歌」 「不生不滅のこの心なれば 地水火風はかりの宿 生まれ来たりしいにしえ問えば 何も思わぬこの心 来たる如くに心を持てば じきにこの身 . . . 本文を読む
コメント

今日は元三大師(慈恵大師)良源の出生の日

2022-09-03 | 法話
今日は元三大師(慈恵大師)良源の出生の日元三大師(慈恵大師)良源上人は、第18世天台座主・天台宗中興の祖。良源は延喜十二年912九月三日、近江国浅井郡虎姫(現在の滋賀県長浜市)に、地元の豪族・木津氏の子として出生。幼名は観音丸(日吉丸とも)。12歳で比叡山の理仙に師事、928年延長6年17歳で出家。尊意・覚慧・喜慶・相応・雲晴等に顕密二教を学ぶ。康保三年(966年)には天台宗最高の地位である天台座 . . . 本文を読む
コメント

祈ることそれ自体がもはや結果なのである

2022-09-03 | 頂いた現実の霊験
「祈ることそれ自体がもはや結果なのである。祈祷の秘訣は自己のすべてを祈祷にうちまかせるか否かにある。結果の如何を思い煩うものには到底真の霊験は望みえない。日夜に祈って倦まなければ必ず福智円満の悉地にめぐまれ人間最上の法楽三昧を獲得するであろう。」(那須政隆『加地感応の原理』) . . . 本文を読む
コメント