福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

初心者のかたも毎回いらっしゃいます。新しい方、飛び入り大歓迎、会費不要です。
2018年

8月18日(土)、観音様の日。15時護国寺。
9月15日(土)、15時護国寺。
10月20日(土)、15時護国寺。
11月17日(土)、15時護国寺。
12月15日(土)、15時護国寺。「忘年会」

最近の思い

2017-03-31 | 法話
自分も過去からの無数の先祖のお陰で生まれてきているし、現在も無数の動植物を食べて生命をつなぎ、光合成により生じた空気を吸い、不思議な存在の水を摂取して生きている。そして例外なく死んでいく。自分を取り巻く山河・自然もお互いに影響しあい無限に変化してきており、やがてそれら載せている地球も他の惑星と同じように終焉を迎える。宇宙そのものもビッグバンを繰り返しているのかもしれない。こうしてみると自分も外界も . . . 本文を読む
コメント

観音様とはどういう御方か?

2017-03-31 | 法話
観音様の正体は? 深秘密の結論は「自分自身だ」ということです。 観自在菩薩冥応集(蓮体)に「観自在菩薩四重秘釈の事」として 「観音の奥義を釋するに四重あり。 ・一には、浅略釈、悲華経にいわく『過去恒河沙阿僧祇劫のときに、一人の転輪聖王あり名つ゛けて、無淨念王という三か月の間仏を供養す、王の第一の太子を不詢という、同じく三月仏を供養す、仏、記を授けたまは『汝天人および三悪道の一切衆生を観じて苦悩 . . . 本文を読む
コメント

福聚講・今日の言葉

2017-03-30 | 頂いた現実の霊験
「閑居友」の慶政上人が隠遁者の遁世行を語ったのはそれを語ることによって遁世者に結縁し、結縁によって救済を願ったものである。「かかるまには、ただかやうのひとのあとを思い出でてしたひかなしみて、心をやすめ侍ればせめてのむつましさに記しいれ侍ぬるべし」・・遁世者を切なく慕うことによってある安らぎを得ようとするのである。(日本人の心、相良亨)・・・という記事がありました。これを普遍すれば、我々が聖人のこと . . . 本文を読む
コメント

白骨の御文(御文章)

2017-03-30 | 法話
蓮如上人は今日、明応8年3月25日(1499年5月14日)、山科本願寺において85歳で遷化されました。 蓮如上人の有名な『白骨の御文(御文章)』です。 「夫、人間の浮生なる相をつらつら観ずるに、おほよそはかなきものはこの世の始中終まぼろしのごとくなる一期なり、さればいまだ万歳の人身をうけたりといふ事をきかず、一生すぎやすし、いまにいたりてたれか百年の形体をたもつべきや、我やさき人やさき、けふとも . . . 本文を読む
コメント

現世の姿だけでは運命はわからないということ

2017-03-30 | 法話
尼僧の告白(岩波文庫)にイシダーシ―という尼僧が告白する物語があります。 此の尼僧は前世には男であったが他人の妻を犯したために七生にわたって悲惨な運命を送らざるを得なかったがお釈迦様の下で修業して自己の前世を知り七生目に解脱できたという物語です。以下要約します。 「わたし(イシダーシ―という尼僧)の父は、長者であり、彼の独り娘として可愛がられました。 最初に多大な財の有る第一の家系の長者に嫁ぎ侍 . . . 本文を読む
コメント

福聚講・今日の言葉

2017-03-29 | 法話
「座禅することは成仏することである。あるひとは『座禅しに来ておりますが成仏はしておりません』という。それは違う。盗人は人の者を取った瞬間に盗人じゃ。盗人じゃから人の者を取るのじゃ。是と同じで、成仏せぬと座禅はせぬものじゃ。座禅が成仏である。だからここで座禅しているとそのままそれが成仏である。」 「まだ永平寺の小僧にもならぬ頃、一人薄暗い本堂のなかで威儀を正して坐禅しておる私の姿を見て、いつも私をこ . . . 本文を読む
コメント

2日お参りの浅間神社ご本地等

2017-03-29 | 定例会のお知らせ
1、浅間神社は 「甲斐国志」巻之五十八に 「浅間明神 社記曰所祀木花開耶姫命なり・・垂仁天皇八年(己亥)正月始めて神山の麓に祭らる 今此処を山宮と称す 貞観七年(乙酉)十二月九日今の地に遷座あり・・・伊勢大神宮、若宮明神、橋立明神、荒尾明神、稲荷明神、六所明神、天神宮、愛宕権現、藤ノ森社、子持石等皆社中に祀る・・信玄社参の時一詠を遺せり 「移し植る泊瀬の花のしらゆふを掛てそ祈る神のまにまに」 . . . 本文を読む
コメント

福聚講・今日の言葉

2017-03-28 | 法話
三菱財閥の祖、岩崎弥太郎の言葉です。 「機会はいつ来るか分からぬ。これを捉えるには平素において捉える準備をしておかねばならぬ。その準備としては 一、知識を深くすること 二、見聞を広くすること 三、品格を磨くこと この三つが大切である。就中、品格が高くなければ機会を取り逃がしてしまうことになる。つまり欲のために奴隷になってこれを満たそうとするとうでは折角の機会を逃してしまう。ところが多くの者は機会は . . . 本文を読む
コメント

今日は品川海雲寺の千体荒神祭りです

2017-03-28 | おすすめ情報
品川海雲寺のホームページより「品川 千躰三宝荒神 古くからお台所に荒神様をお祀りする習わしがあります。荒神様は台所で一番大切な火と水をお守り下さる神様であります。それでお台所に荒神様をお祀りすれば一切の災難を除き衣食住に不自由しないとされています。 品川の千躰荒神は江戸時代から竈の神様、台所の守護神として多くの人々から信仰されてまいりました。今を去る三百七十余年前、島原の乱に鍋島甲斐守直澄公が . . . 本文を読む
コメント

十善戒を守れる人は「離垢地」の菩薩

2017-03-27 | 諸経
華厳経十地品二十二の二に「離垢地(注)」の描写があります。これによれば十善戒をまもれるのは離垢地の菩薩でまた我々は前世で十善戒を守ったおかげで人間に生まれてこれているわけです。逆に言えば堕落した我々は早々に来世をあきらめなければなりません。 「菩薩、離垢地に住すれば自然に一切の殺生を遠離し刀杖を捨捨し、瞋恨の心無く、慚あり愧あり、一切衆生において慈悲心を起こし、常に楽事を求め尚ほ慈心をもちてすら . . . 本文を読む
コメント

福聚講・今日の言葉

2017-03-27 | 諸経
真言宗の最終目的は密厳国土でありこれは 「万徳の自性輪円して足れり、一生に荘厳の仁(ほとけ)を証することを得べし。(この世に曼荼羅世界を実現する。秘蔵宝鑰)」と表現されています。 . . . 本文を読む
コメント

四重禁戒

2017-03-26 | 諸経
真言宗の戒律は十善戒と三昧耶戒ですが 三昧耶戒の基になっている四重禁戒を説いた大日経(方便學処品)です。 「四種の根本罪あり、、、云何が四とす、いわく諸法を謗すると、菩提心を捨離すると、法を恡慳すると、衆生を悩害するとなり」(真言の教法をいつも持ち修行し、菩提心を捨てず、自己の得た修行の成果を惜しみなく説き、他者に不親切なことをしない。) . . . 本文を読む
コメント

第7回拡大関東一宮ほか巡拝~その二、諏訪大社下社・秋宮&春宮~

2017-03-25 | 開催報告/巡礼記録
第7回拡大関東一宮ほか巡拝~その二、諏訪大社下社・秋宮&春宮~ . . . 本文を読む
コメント

第7回拡大関東一宮ほか巡拝~その一~諏訪大社上社・本宮&前宮

2017-03-25 | 開催報告/巡礼記録
第7回拡大関東一宮ほか巡拝~その一~諏訪大社・本宮&前宮 . . . 本文を読む
コメント

Q,廃仏毀釈の行われた原因は?

2017-03-25 | 法話
Q,廃仏毀釈の行われた原因は? A,『日本人の歴史(滝川政次郎)』に以下のように書いてあります。 「・・廃仏毀釈は明治政府の犯した最大の罪悪であって日本社会における人心の頽廃、道義心の欠如はここに淵源を発している。仏教と絶縁した神道は原始信仰に戻らざるを得ないが、ドクトリンを持たない原始信仰は民俗学の対象とはなっても文明人の信仰とはなりえない。故に神仏の分離即ち信仰の喪失となって日本人はその人 . . . 本文を読む
コメント