福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。そしてこれらのお参り・修行は究極的には自身の中の仏様を掘り出すためです。霊験は自身のなかの仏さまと宇宙の仏さまの加持感応によります。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

福聚講のお参り予定は当分未定

「その人のご努力もありますけれども、不思議な観音様のお話・・」

2022-09-18 | 頂いた現実の霊験
心の時間の紀三井寺管主、前田孝道師の話です[・・・私が紀三井寺の貫首に就任しまして間もない頃でございます。昭和三十六年だったと思うんですが、一つ小包が届けられました。非常に重たい小包でございまして、差出人を見ても、心当たりがない。おそるおそる、小包を開けて見ますというと、中から書籍が出ました。「新比較婚姻法」という見たことも、聞いたこともない、私が注文した覚えもない本が四冊出て参りました。私がその . . . 本文を読む
コメント

天文の異常により朝廷が不動法を修した日

2022-09-18 | 法話
「吉田家日記」「慶安元年1648九月十八日 不動法を禁中に修して変異を祈禳す」天皇は後光明天皇。慶安四年には由井正雪の慶安の変。江戸時代にあっても、幕府を置いても朝廷は国の事を心配されていたことがわかります。 . . . 本文を読む
コメント

仏教大原理(釈雲照)・・その18

2022-09-18 | 法話
Q,凡そ世の人、人の品性を論ずるに教育・遺伝・習慣の三者より成るということはこれ真理なるべし。然るに世間には往往にして生まれながらに智者・賢者ありてその先祖の遺伝もなく教育も受けられずしてしかも生まれながらに智者あり。これは教育・遺伝・習慣の三者よりなったものではない。そうするとこの子は結果のみありて原因なしというべきであろうか?舜帝のごとき(継母と連子と父親と暮らしていたが、父親達は舜を殺そうと . . . 本文を読む
コメント

今日は徳富蘆花の命日です。

2022-09-18 | 法話
今日は徳富蘆花の命日です。蘆花は1927年(昭和2年)9月18日に58歳で死亡しています。徳富蘇峰の弟で小説「不如帰」、随筆「自然と人生」で有名です。トルストイに心酔、晩年はキリスト者として求道的生涯を送ったとされますがお地蔵様の小品を書いています。お地蔵様のお陰でこの賽の河原のような無情の世は耐えられる、と書いています。人生への深い洞察を感じます。「地蔵尊」「・・雨が降っても、日が照りつけても、 . . . 本文を読む
コメント

ダライラマ法皇の法話「チャ ンドラキールティの『入中論』と『入中論自註』」

2022-09-18 | 法話
ダライラマ法皇の法話「チャンドラキールティの『入中論』と『入中論自註』」 二日前にダライラマ法皇の法話「チャンドラキールティの『入中論』と『入中論自註』」がありました。この中で法皇は「空と菩提心を自家薬籠中のものにすることにより苦を乗り越えることができる」「説一切部・經量部・唯識・中論なども釈尊が弟子に合わせてそれぞれ説かれたにすぎない」「亡命により逆境を悟りに変えることができた」「色身は一切有 . . . 本文を読む
コメント

「神仏も衆生も目的は一つであること」(修正)

2022-09-18 | 法話
「神仏も衆生も目的は一つであること」 神仏の目的も我々衆生の人生の目的も同じではないか。つまりそれは「不条理への挑戦」ではないか?と思うようになってきました。この世は地獄で「不条理」で満ち満ちています。言い換えれば「解のない苦悩」でみちみちています。ウクライナでも幼子が無残に殺され、東日本大震災でも無数の人々が津波に浚われました。コロナでもアッという間に世界中で700万人が犠牲になりました。自分 . . . 本文を読む
コメント