福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

初心者のかたも毎回いらっしゃいます。新しい方、飛び入り大歓迎、会費不要です。
2018年

8月18日(土)、観音様の日。15時護国寺。
9月15日(土)、15時護国寺。
10月20日(土)、15時護国寺。
11月17日(土)、15時護国寺。
12月15日(土)、15時護国寺。「忘年会」

「除夜の鐘が騒音」という考えの愚かさについて

2016-12-30 | 法話
除夜の鐘が騒音という声があるというニュースが報じられていました。なんという罰当たりな考えでしょうか。鐘の功徳を改めて書いておきます。 ・お大師さま(弘法大師)は、「鐘の知識を勧め唱うる文」(性霊集)の中で「一打鐘聲、當願衆生、脱三界苦、得見菩提」と、「鐘をひとつ打つごとに、生きとし生けるものが欲界・色界・無色界のすべての苦しみから解脱し、安らかな悟りの境地を得ることを願え」と示されていいます。 . . . 本文を読む
コメント

和解の力

2016-12-28 | おすすめ情報
今日,安倍総理が真珠湾で演説し「和解の力」を説きました。之を聴き、この言葉の背後に「和を以て貴しとし、・・・」という聖徳太子以来の日本精神が無意識のうちに現れているのではないかと思いました。改めて十七条の憲法の関連すると思われる部分を抜き書きすると「一に曰く、和(やわらぎ)を以て貴しと為し、忤(さか)ふること無きを宗とせよ。人皆党(たむら)有り、また達(さと)れる者は少なし。或いは君父(くんぷ)に . . . 本文を読む
コメント

第5回拡大関東一宮ほか巡拝~5の1~

2016-12-28 | 開催報告/巡礼記録
第5回拡大関東一宮ほか巡拝~5の1~ 駿河国一宮・富士山本宮浅間大社 . . . 本文を読む
コメント

第5回拡大関東一宮ほか巡拝~5の終~

2016-12-28 | 開催報告/巡礼記録
第5回拡大関東一宮ほか巡拝~5の終~ 伊豆国一宮 三嶋大社 . . . 本文を読む
コメント

今日28日は納めの不動の日です。

2016-12-28 | おすすめ情報
今日28日は納めの不動の日です。 以前福聚講でも、 一番の 雨降山 大山不動尊から三十六番の成田山 明王院 新勝寺まで関東36不動をお参りしましたが、こういうほとんどのお寺で納めの不動のお焚きあげ等の行事が行われます。 . . . 本文を読む
コメント

昨日21日に高野山をお参りしました。

2016-12-22 | 講員の活動等ご紹介
21日は今年最後のお大師様の日だったので高野山のお参りさせていただきました。 いつもはあさ4時過ぎに奥の院におまいりするのですが冬は暗くて師僧等の墓地への道が分からないので今回は5時過ぎにお参りしました。それでも一の橋からすぐの参道には灯篭の火がなくて真っ暗で手探りで進みました。途中汗かき地蔵様のあたりの灯篭の火は私が通り過ぎると途端に消えてここも真っ暗となりすり足で進まざるを得ないようになりまし . . . 本文を読む
コメント

今日21日は「納めの大師」です

2016-12-21 | おすすめ情報
納めの大師 川崎大師では境内の特設道場で、お護摩札、お守りの「御焚き上げ」があります。 西新井大師でも東京で最後となる熊手市が催され、熊手・だるまなどを売る露店が参道に並びます。 高野山東京別院でも「カボチャぜんざい」がふるまわれます。 . . . 本文を読む
コメント

Q,観音様の十大願とは?

2016-12-18 | Q&A
Q,観音様の十大願とは? A,要は、速く衆生を済度し智慧を得て覚りの岸にたどり着きたいというものです。 具体的には大悲心陀羅尼経に 「 南無大悲觀世音 願はくは我れ速やかに一切法を知らんことを、 南無大悲觀世音 願はくは我れ早く智慧眼を得んことを、 南無大悲觀世音 願はくは我れ速やかに一切衆を度せんことを、 南無大悲觀世音 願はくは我れ早く善方便を得んことを、 南 . . . 本文を読む
コメント

昨日の福聚講の報告

2016-12-18 | 開催報告/巡礼記録
昨日の福聚講の報告 17日は今年最後の福聚講でした。穏やかなお参り日和のなか多くの講員の方々がお参りしました。明日の観音様のご縁日をひかえ本堂内は椅子が整然と並べられていました。講員は声もそろって有難い観音経の読経ができその後瞑想をしました。いつもより少し長めの瞑想でしたが物音ひとつない中、心境も深まり、観音様と一体になった有難い感じがしました。 その後麹町の店に移り忘年会になりました。 いつもの . . . 本文を読む
コメント

今日18日は「納めの観音」です。

2016-12-18 | おすすめ情報
今日18日は「納めの観音」です。 浅草寺では12月17~19日に「羽子板市」として境内に数十軒の羽子板の露店が軒を連ねます。また、この日より新年の福徳を祈願した「恵比寿大黒天御影(みえい)」や「縁起小判」も授与されるということです。 鎌倉長谷寺でも門前市が開催され熊手やダルマ、神棚なが売られ境内では「福寿草市」も開かれます。この日の長谷寺は午後9時まで開門、午後5時からは無料拝観となります。そ . . . 本文を読む
コメント

12月17日福聚講は15時から護国寺でお参りのあと17時から忘年会

2016-12-16 | 定例会のお知らせ
12月17日福聚講は15時から護国寺でお参りのあと17時から忘年会です。 福聚講 忘年会 12月17日(土)17時〜19時 場所 居酒屋 麹村(こうじむら) 東京都千代田区平河町1-4-11 はらだビル。 地図 http://r.gnavi.co.jp/g325406/map/ 最寄り駅 東京メトロ有楽町線麹町駅1番出口より徒歩2分 東京メトロ半蔵門線半蔵門駅1番出口より徒歩 . . . 本文を読む
コメント

四国88カ所お遍路の旅その十五

2016-12-08 | 講員の巡礼(お四国他)ほか投稿
四国88カ所お遍路の旅その15 ~第81番札所 綾松山 洞林院 白峯寺~ . . . 本文を読む
コメント

明日お参りする富士浅間神社の方位について

2016-12-03 | おすすめ情報
明日お参りする富士浅間神社は富士山頂上や先日お参りした総一ノ宮玉前神社と春分線上にあり、さらに、寒川神社、竹生島、元伊勢、大山、出雲大社も同じ春分線上にあります。方位では不思議なことがわかります。小川光三が発見した「太陽の道」も有名です。これは北緯34度32分の東西線上に、700キロにわたって神社や史跡が一直線に並んでいるというもので例えば「三輪山」、「長谷寺」「室生寺」「太郎生」「伊勢神宮の斎 . . . 本文を読む
コメント

ダライラマ法王が先月11月議員会館で講演された記録

2016-12-03 | おすすめ情報
ダライラマ法王が先月11月議員会館で講演された記録があります(注1)がそのなかで法王は「日本には神道・仏教・テクノロジーがありこれらが融合するときすばらしい未来がある」とおっしゃっています。逆にいうとこれらが明治の神仏分離以来の姿をそのままにバラバラなままだと日本に未来はないということでしょう。 (注1)「・・神道は様々な形でいのちを尊重し、自然に対して敬意を払っています。これは大変素晴らしいこと . . . 本文を読む
コメント

12月17日福聚講忘年会の場所、中塚さんが予約してくださいました

2016-12-02 | 定例会のお知らせ
12月17日福聚講は15時から護国寺でお参りのあと17時から忘年会です。まだご連絡のない方は至急講元までご連絡ください。 福聚講 忘年会 12月17日(土)17時〜19時 場所 居酒屋 麹村(こうじむら) 東京都千代田区平河町1-4-11 はらだビル。 地図 http://r.gnavi.co.jp/g325406/map/ 最寄り駅 東京メトロ有楽町線麹町駅1番出口より徒歩2分 東京 . . . 本文を読む
コメント