不適切な表現に該当する恐れがある内容を一部非表示にしています

福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。そしてこれらのお参り・修行は究極的には自身の中の仏様を掘り出すためです。霊験は自身のなかの仏さまと宇宙の仏さまの加持感応によります。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

福聚講のお参り予定は当分未定

樒と榊

2020-02-29 | 法話
Ⅰ、シキミ(樒)は密教大辞典によれば『我が国古来此の枝を仏前墓前に供え、密家には葉を六器に盛りて生花に代用し、また護摩の時房花に用ふ。『真俗仏事編』に、鑑真和上その実を天竺より将来し、その形天竺無熱池の青蓮華に似たるより仏前の供物用と為せりと云ふ。・・』とあります。密教ではこれ以外にも灌頂の投華得佛のときにも樒を投げますし、修行の時、柄香炉のかわりに樒の枝を用います。いずれにせよ樒の香気はほんとう . . . 本文を読む
コメント

藥師琉璃光如來本願功徳經

2020-02-29 | 諸経
藥師琉璃光如來本願功徳經 大唐三藏法師玄奘奉詔譯 如是我聞。 一時薄伽梵遊化諸國。(いちじばがぼんゆうげしょこく)至廣嚴城(しこんごうじょう)住樂音樹下(じゅうらくおんじゅげ)。與大苾芻衆八千人倶(よだいひすうしゅはっせんにんく)。菩薩摩訶薩(ぼさつまかさつ)三萬六千。及國王大臣婆羅門居士。天龍藥叉人等。無量大衆恭敬圍繞(むりょうだいしゅくぎょういにょう)。 而爲説法(にいせっぽう)。 佛告 . . . 本文を読む
コメント

今日は一粒万倍

2020-02-28 | おすすめ情報
今日は一粒万倍 . . . 本文を読む
コメント

佛説薬師秘密神呪経

2020-02-28 | 諸経
佛説薬師秘密神呪経 南無薬師瑠璃光如来、日光遍照、月光大士、十二神将、七千夜叉、同心守護、同心加護、昼夜随順、毎日一遍、受持此者、皆大歓喜、信受奉行、我此名号、一経其耳、衆病悉除、身心安楽。(なむやくしるりこうにょらい、にっこうへんじょう、がっこうだいし、じゅうにじんしょう、しちせんやしゃ、どうしんしゅご、どうしんかご、ちゅうやずいじゅn、まいにちいっぺn、じゅじししゃ、かいだいかんぎ、しんじゅ . . . 本文を読む
コメント

福聚講 今日の言葉 

2020-02-27 | 法話
仏とはなにか?衆生とはなにか?・・・いずれも正体は自分の心の姿であると言うことです。 . . . 本文を読む
コメント

忍性菩薩

2020-02-26 | おすすめ情報
持戒の聖者 叡尊・忍性 (日本の名僧)クリエーター情報なし吉川弘文館 . . . 本文を読む
コメント

今日は叡尊が聖徳太子廟で502人に授戒した日

2020-02-26 | 法話
今日は叡尊が聖徳太子廟で502人に授戒した日金剛仏子叡尊感身学正記「寛元四年丙午1246四十六歳二月二十六日太子廟において五百二人に菩薩戒(注)を授く。」(注)菩薩戒の典型と考えられているのは瑜伽師地論の三聚浄戒(摂律義戒・・・止悪門から五戒八戒具足戒を含める戒。摂善法戒・・・すべての善を修する戒。摂衆生戒・・・饒益有情戒。) . . . 本文を読む
コメント

良忍上人

2020-02-26 | おすすめ情報
日本仏教の心〈8〉良忍上人と大念仏寺 (1981年)クリエーター情報なしぎょうせい . . . 本文を読む
コメント

今昔物語には伴善男の不成仏霊が肺の疫病を流行らせたという記事

2020-02-25 | 法話
今昔物語には伴善男の不成仏霊が肺の疫病を流行らせたという記事があります。 今昔物語・巻二十七 「或所膳部見善雄伴大納言霊語第十一」「今昔、□□□の比、天下に咳病盛りに発て、病まぬ人無く、上中下の人、病臥たる比有けり。 其れに、或る所に膳部しける男、家内の事共皆なし畢てければ、亥の時許に、人皆静まりて後、家へ出けるに、門に赤き表の衣を着、冠したる人の、極く気高く怖し気なる指合たり。見るに、人の体 . . . 本文を読む
コメント

全ての学問は未来を良くするためのもの

2020-02-25 | 法話
本日2月25日は、“学問の神様”菅原道真の命日です。 学問とは何であるのか?と考えることがあります。以前は単位に「読書や研究が好きだから」と思うことがありましたが、最近ある言葉に触発されて「学問を含むすべての活動は人々の未来をよりよくするため」といえるのではないかと思い始めました。 以前テレビで、物理が天才的にできるようになった高校生はその理由を、先生から「物理は未来を予測する学問だ」といわれて . . . 本文を読む
コメント

新型肺炎パンデミックが囁かれています

2020-02-24 | 法話
いよいよ新型肺炎パンデミックが囁かれています。 ここで結論をさきに述べておくと、「お彼岸を控えて特に各家でも先祖供養が大切」ということです。 1、古来「疫病は不成仏霊の仕業」といわれてきました。 五來重「宗教歳時記」にも「・・古代の宗教観念では疫病の原因はみたされぬ死者の霊魂が荒れすさぶためとしたので、その怒りを鎮めて共同体の外へ去ってもらう御霊会がいろいろの形でいろいろの季節に行われていた。・ . . . 本文を読む
コメント

今昔物語の行疫流行神の記事

2020-02-24 | 先祖供養
今昔物語には伴善男の不成仏霊が疫病を流行らせたという記事があります。(伴大納言善男は応天門の変で伊豆に流罪)。 今昔物語・巻二十七 「或所膳部見善雄伴大納言霊語第十一」「今昔、□□□の比、天下に咳(しはぶき)病盛りに発て、病まぬ人無く、上中下の人、病臥たる比有けり。 其れに、或る所に膳部しける男、家内の事共皆なし畢てければ、亥の時許に、人皆静まりて後、家へ出けるに、門に赤き表の衣を着、冠したる . . . 本文を読む
コメント

福聚講・今日の言葉

2020-02-24 | 法話
孝経より「孝悌の至りは神明に通じ、四海に光みち、通ぜざるところなし」(親孝行は神明に通じてあらゆる良い事が起こる) . . . 本文を読む
コメント

妄念と成仏

2020-02-24 | 法話
Q,妄念を起こすと成仏のさまたげになりますか? A,栂尾の自性上人の真言念誦作法に、「信心決定ののちは妄念を起こしても往生成仏の妨げにはならない」とあります。(この自性上人は非常に尊いかたで、後宇多法皇の帰依僧で上人危篤の時は法皇自ら親しく槙尾山へ後臨幸遊ばされています。)たとえば東京行きの切符を買って汽車に乗ってしまえば、途中で九州へ行こうと頭の中で思ってもそれは東京行きの妨げにはならないような . . . 本文を読む
コメント

無病は信心よりきたる。

2020-02-23 | 諸経
大乗十来の誡( 因果経より) 富貴は慈悲行よりきたる。 貧窮は慳貪よりきたる。 福徳は善根よりきたる。 愛敬は忍辱よりきたる。 智慧は精進よりきたる。 高位は礼拝よりきたる。 短命は殺生よりきたる。 愚蒙は破戒よりきたる。 無病は信心よりきたる。 病身は不浄よりきたる。  涅槃経に曰く 「善因善果 悪因悪果の報い、影の随う如く三世因果循環して失せず、今生空しく過ぎて後悔に迫らるること勿れ」。   . . . 本文を読む
コメント