福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。そしてこれらのお参り・修行は究極的には自身の中の仏様を掘り出すためです。霊験は自身のなかの仏さまと宇宙の仏さまの加持感応によります。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

福聚講のお参り予定は当分未定

大方廣佛華嚴經・金剛幢菩薩迴向品第二十一之一

2021-09-30 | 諸経
大方廣佛華嚴經・金剛幢菩薩迴向品第二十一之一 「爾時金剛幢菩薩は佛神力を承け、菩薩明智三昧に入りて正受す。正受し已りて十方各の百萬佛刹微 塵數に等しき世界之外を過ぎて各の百萬佛刹微塵數の諸佛を見る。是の諸如來は悉く金剛幢と号す。時に彼の諸佛は金剛幢菩薩に告げて言く「善哉善哉。佛子。乃ち能く是の菩薩明智三昧に入りて正受せり。善男子。十方各の百萬佛刹微塵數に等しき世界の諸佛は汝に神力を加へたまふが . . . 本文を読む
コメント

無限の因果を越えていくことについて

2021-09-28 | 法話
今朝行法をしていて、今更ながら、我々衆生の業にはそれぞれ無限の違いがある、ということに改めて思い至りました。古来、世間には数限りない種類の不幸があります。ずっと昔、鈴木宋忠禅師という臨済宗の名僧の講演を聞いたことがあります。師は演台にのぼると開口一番「みなさんご苦労さまです。ここから見るとみなさんは因果の博覧会です」と言いました。衆生の因果因縁は一段上の世界から見るとそれぞれ言葉にできない位オドロ . . . 本文を読む
コメント

今日は一粒万倍日です

2021-09-28 | おすすめ情報
今日は一粒万倍日です . . . 本文を読む
コメント

今日天長元年9月27日は高尾山寺が神護国祚真言寺となった日です

2021-09-27 | 頂いた現実の霊験
・今日天長元年9月27日は、高雄山寺が定額寺となり、真言僧21名を置き神護国祚真言寺と改称された日です。『類聚国史』天長元年9月壬申(27日)条(824年大師御年51歳)「高雄寺を定額となす。并びに得度経業等を定む。正五位下行河内守和気朝臣真綱。従五位下弾正少弼和気朝臣仲世等言わく、「臣聞く。父構え子終る。之を大孝という。公を営み可を献ず。之を至忠という一。惟忠惟孝。不可不順の者也。昔景雲年中。僧 . . . 本文を読む
コメント

今日は大御室性信御入滅の日

2021-09-27 | 法話
「(以下密教大辞典」に依ります。性信 仁和寺第二世。一に大御室と称し、三条天皇第四皇子。御母は羽林大将軍清時の女。寛弘二年1005八月一日生誕す。時に瑞光空に満つ。寛弘八年1011十月五日親王宣下。寛仁二年1018八月二十九日仁和寺喜多院において濟信に就いて出家、四度加行終わりて東大寺に登壇受戒し治安三年1023三月七日観音院において本師より伝法灌頂を、万寿二年1025伝法具支灌頂を受く。時に濟信 . . . 本文を読む
コメント

性承親王の得度

2021-09-27 | 法話
正保四年1647九月二十七日「皇子性承親王(仁和寺性承親王、豊宮、後大御室)、仁和寺に入室、得度す」(天皇皇族実録)この時の天皇は後光明天皇。江戸幕府は徳川家光。仁和寺性承親王は後水尾天皇の皇子。寛永14年1月18日生まれ。正保4年親王。覚深入道親王の弟子となり仁和寺で出家,同寺門跡。明暦3年菩提院信遍に灌頂をうける。後大御室とよばれた。延宝6年2月29日死去。42歳。俗名は周敦(なりあつ)。幼称 . . . 本文を読む
コメント

今日は天変により覺行法親王が鳥羽離宮で孔雀経法を修せられた日

2021-09-27 | 法話
「孔雀経法記」に(康和四年1102壬午九月二十七日)「近日天變あり。件變を消す為に鳥羽北殿に於いて令勤修御。大阿闍梨御室覺行法親王、伴僧廿口のうち、僧綱三口。同く十月十三日結願了。」天皇は堀河天皇、白河上皇の院政。鳥羽離宮は白河上皇の御所。覺行法親王はウキぺデアによれば「永保3年(1083年)に仁和寺に入り、1085年(応徳2年)性信入道親王の下で出家・受戒。性信の没後に仁和寺寺務に就任する。10 . . . 本文を読む
コメント

今日は侵略の新羅軍二百人余をうち殺した日

2021-09-27 | 法話
  日本紀略・寛平六年894九月「二十七日、大宰府飛驛使言上、新羅賊二百余人打煞、仍って諸国に仰せて軍士警護を停止せしむ」 平安時代も貴族は安逸に流れていたのではなく武備を備えておりしかも強かったのです。   天皇は宇多天皇。是は「寛平の入寇」と呼ばれているものです。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E7%BE%85%E3% . . . 本文を読む
コメント

土御門天皇御即位に際し一代一度の仏舎利使を立てられた日

2021-09-26 | 法話
[百練抄]「建永元年九月二十六日(土御門院)一代一度の仏舎利使を立てらる」 天皇は土御門天皇。後鳥羽上皇の院政。鎌倉幕府は源実朝、執権は北条義時。 元久三年四月二十七日(1206年) 改元して建永となる。赤斑瘡を原因とする説(『百錬抄』)と摂政九条良経の急死を原因とする説(『一代要記』)がある。いずれにせよ即位されてすぐに一代一度の仏舎利使(注1)を立てらています。 (注1)一代一度の仏舎利使 . . . 本文を読む
コメント

醍醐座主勝覚が孔雀教法を修した日

2021-09-26 | 法話
「後二條師通記」(注1)「(寛治七年1093)九月二十六日、庚子、天晴、被修孔雀教法云々、阿闍梨勝覚醍醐座主也。」 (注1)後二条師通記(ごにじょうもろみちき)は、平安時代後期に活躍した藤原師通の記した日記。永保三年(1083年)から康和元年(1099年)まで。原本は一条家に伝来し陽明文庫に。国宝。 天皇は堀河天皇。勝覚・・・父は源俊房。立川流の祖仁寛の兄。醍醐寺座主定賢から灌頂を受け、また義 . . . 本文を読む
コメント

今日は陸軍伍長 宮井倞一命の戦死された日

2021-09-24 | 法話
靖国神社社頭掲示より「遺言書 陸軍伍長 宮井倞一命昭和二十年九月二十四日中国牡丹省にて戦死 大阪府岸和田市出身 二十四歳皇国の為に死すとも軍人の本懐なり。我行かん 靖国社頭の若桜七生報国 敵の為に死するとも再度生まれて敵を倒さん。遺言とても自分には心残りは無し唯御両親にこれといふ親孝行も残さず先立つ不孝をお許し下さい。生母の愛を我天に聞く昭和二十年一月十四日  陸軍一等兵 宮井倞一」 . . . 本文を読む
コメント

『高野山万灯会願文』

2021-09-24 | お大師様のお言葉
『高野山万灯会願文』です。「虚空尽き衆生尽き涅槃尽きなば我が願いも尽きなん」とあります。「つつしんで聞く、黒暗は生死の源、遍明は円寂の本なり。その元始を原たずぬればおのおの因縁あり。日燈空に擎げて唯一天の暗を除き、月鏡漢に懸けて誰か三千の明をなさん(月が出ても三千世界を照らすことは出来ない)。大日遍く法界を照らし、 智鏡高く霊台に鑑みるがごときに至っては、内外の障りことごとく除いて、自他の光普く挙 . . . 本文を読む
コメント

梁塵秘抄の彼岸

2021-09-23 | 先祖供養
塵添壒囊抄には『経には「昼夜が斉しく、それは両岸に比するがごとく左右均等なり、よって、「此岸」と名付け、また日の出と日の入りの両岸は、彼の岸と此の岸と彼の岸と斉しい故に「彼岸」とも書く。時分が相応する故に、所作は成就するという。他の時にはこの意義はない。仏法は正しいことを用とし、魔界は違うことを用とする。故に正直の時節に仏法は顕現し、魔界は隠没する。これにより一年の中に二つの季の彼岸を仏法相応の時 . . . 本文を読む
コメント

ダライ・ラマ法王 講演『私たちの幸せ・健康・未来』

2021-09-23 | 法話
ダライ・ラマ法王 講演『私たちの幸せ・健康・未来』 http://www.dalailamajapanese.com/live . . . 本文を読む
コメント

「秋分の日、 祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」国民の祝日に関する法律

2021-09-23 | 先祖供養
「国民の祝日に関する法律」では「第2条「国民の祝日」を次のように定める。・・春分の日、 自然をたたえ、生物をいつくしむ。 ・・秋分の日、 祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ。 」としています。秋分の日はお彼岸の中日でもあります。「彼岸」とは サンスクリット語pāramitāパーラミターの訳で、正しくは「到彼岸」即ち生死輪廻の此岸を離れて涅槃常楽の彼岸に到達するという意味です。原語「パーラミター . . . 本文を読む
コメント