福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。そしてこれらのお参り・修行は究極的には自身の中の仏様を掘り出すためです。霊験は自身のなかの仏さまと宇宙の仏さまの加持感応によります。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

福聚講のお参り予定は当分未定

今日は久我高照法華寺門跡御逝去の日

2022-10-31 | 法話
久我高照門跡1921年生まれ。旧侯爵・久我家出身。昭憲皇后の姪にあたられる。36年奈良時代に総国分尼寺として創建され、代々皇室ゆかりの女性が門跡を務める法華寺(奈良市)に入寺。39年門跡に御就任、70年以上お勤めになる。69年光明宗大僧正。書道、絵画などにも秀で、華道「法華寺小池御流」家元も務められた。2011年10月31日没、享年90歳。「『(入寺にあたっては)かなしいとか、つらいとかは少しも思 . . . 本文を読む
コメント

お大師様に自殺を助けられて一寺建立した話

2022-10-31 | 法話
二人の子どもと共に鉄道自殺や入水自殺を何度も企てた果てに肺病になったが突然御大師様に助けられてお寺まで建立できた尼僧の体験談がありました。善根山弘法寺初代住職 齋藤智照法尼の法話 . . . 本文を読む
コメント

自誓受戒記(叡尊)

2022-10-31 | 諸経
自誓受戒記(叡尊) 1,はじめに・・・叡尊は鎌倉時代中期真言律宗(四分律・梵網戒を併せて修する)開祖。字は思円。謚号は興正菩薩。この興正菩薩叡尊が覚盛・圓晴・有厳と共に東大寺に於いて自誓受戒したのが嘉禎元年1236叡尊菩薩36歳の時。 ・『感身学正記』には「(嘉禎元年1236)九月一日、各自誓、近事男となる(五戒を受ける)、二日沙弥となる(十戒を受ける)。三日、圓晴・有厳菩薩苾芻位に登る(具足 . . . 本文を読む
コメント

聖者と云ひ、凡夫と云ふ、遠く外に求むべからず

2022-10-30 | 法話
・聖者と云ひ、凡夫と云ふ、遠く外に求むべからず。浄土と云ひ、穢土と云ふ、遥かに境を隔つべからず。我法を空ずるを覚者と云ひ、我法に著するを愚夫と名く。所執の境を穢土と称し、如幻の境を浄土と名く。(聖者と凡夫は自分の心を離れてあるのではない。浄土と穢土も同じ心の中にある。自分という主体(我)も世界を構成する諸要素・法則(法)も本来「空」であるとさとれば覚者となりこれに迷えば愚夫となる。外界に執着する心 . . . 本文を読む
コメント

Q, 真言宗には加持で人を救う方法があるが禅宗にはこういう手段はないのは如何?

2022-10-30 | Q&A
Q, 真言宗には加持で人を救う方法があるが禅宗にはこういう手段はないのは如何?A,真言宗の加持も愚人を悟りへ至らしむるための方便、禅宗は最初から悟りへ導く。悟りの境地では生死・災殃・貧富もなくなる。夢中問答集(無窓疎石)より・・・15問。真言宗には苦厄をやむる加持門あり。禅宗はかやうの利益欠けたりと難ずるひと有。そのいわれありや?答。密宗は十界の凡衆、本位をあらためず。全くこれ大日如来也とす。しか . . . 本文を読む
コメント

華厳経から・・我まさに代わりて無量の苦を受くるも・・・

2022-10-30 | 諸経
華厳経巻第十五金剛憧菩薩品第二十一の一「菩薩魔訶薩はまたこの念を作さく、『一切の衆生は無量なる諸の不善業を造作す、是の業によるがゆえに無量の苦を受け、如来を見奉らず、正法を聞かず、浄僧を識らず。この諸々の衆生には具に無量の大悪業ありて、まさに無量無辺の楚毒を受くべし。われまさに三悪道の中に於いて悉く代わりて苦を受け、解脱を得しむべし。我まさに代わりて無量の苦を受くるも、苦の故をもってその心退転し、 . . . 本文を読む
コメント

今日30日は天龍寺開山(夢窓国師)忌です

2022-10-30 | おすすめ情報
今日30日は天龍寺開山(夢窓国師)忌です。夢窓国師は建治元年(1275年)に生まれ - 観応2年/正平6年9月30日(1351年10月20日))に入滅されています。天龍寺では毎年10月30日に開山忌を行っています。夢窓国師は、夢窓国師・正覚国師・心宗国師・普済国師・玄猷国師・仏統国師・大円国師と7度にわたり国師号を歴代天皇から賜与され、七朝帝師とも称された人です。元弘、鎌倉幕府滅亡、建武の新政、南 . . . 本文を読む
コメント

今日は蒙古襲来に際して叡尊が百座仁王会を修した日

2022-10-29 | 法話
今日文永十一年1274十月二十九日は蒙古襲来に際して叡尊が亀山天皇行幸の下に四天王寺に於いて百座仁王会を修した日。西大寺勅諡興正菩薩行實年譜には「文永十一年・・菩薩七十三歳。春二月(叡尊伊勢神宮参籠記には四月十一日)勅を奉じて伊勢神宮に参籠。般若を転読し国家を祝祷す。十月五日蒙古賊船四百五十艘,兵三万人襲来して既に壱岐対馬に到る。十月二十九日、菩薩詔を報じて天王寺に於いて百座仁王会を修す。亀山天皇 . . . 本文を読む
コメント

今日は覚如法皇に寛朝が三昧耶戒を授け奉った日

2022-10-29 | 法話
  「高野春秋」「(永延元年987冬十月)二十九日、東寺に於いて三昧耶戒を授け奉る。(円融天皇覚如法皇の)御歳二十一、僧正(寛朝)七十三」 円融天皇は村上帝の第五皇子。同母兄冷泉の譲位により11才で即位。藤原氏実権を持ち始める最初の帝。花山帝に譲位するが寛和の変で花山帝は円融帝の息一条天皇の譲位。円融帝は幼帝を指導して強い発言権を持ったという。 寛朝。祖父は宇多天皇(寛平法皇)祖父 . . . 本文を読む
コメント

今日は大師が高雄山寺に還住された日

2022-10-29 | お大師様のお言葉
今日は大師が高雄山寺に還住された日 弘仁三年812 十月二十九日大師は乙訓寺から高雄山寺に還住されています。(東寺長者次第) このあとすぐ十一月十五日に高雄山寺で金剛界結縁灌頂を開壇され伝教大師・和気清麻呂等が入壇しています。(灌頂暦名) . . . 本文を読む
コメント

今日は興正菩薩叡尊が詔を奉じて天王寺金堂に於いて百座仁王会を修せられ蒙古を撃退された日です

2022-10-29 | 先祖供養
・文永十一年十月二十九日は興正菩薩叡尊が詔を奉じて天王寺金堂に於いて百座仁王会を修せられた日です。「西大寺勅諡興正菩薩行實年譜」によると「文永十一年1274菩薩七十四歳。・・・十月五日蒙古賊船四百五十艘兵三万人、襲来りて既に壱岐対馬に到す。十月二十九日菩薩詔を奉じて天王寺金堂に於いて百座仁王大会を修す。亀山天皇行幸す。官人警護す。相ひ継て教興寺講堂において重ねて仁王会を修す。亀山天皇之に行幸し給ふ . . . 本文を読む
コメント

今日29日は智証大師忌です

2022-10-29 | おすすめ情報
29日は智証大師忌です 智証大師円珍は、弘法大師の姪として弘仁5年3月15日(814年4月8日)にお生まれになりましたが、比叡山延暦寺に登り、 十二年籠山中の承和五年(838)冬、黄不動尊を感得され、それが日本三大不動の一つとして有名な秘仏・金色不動明王(黄不動尊)画像として残されています。その後、大峯、葛城、熊野三山を巡礼し、 那智の滝に参籠され円・密・修験の三道融会をかかげる三井修験道をおこ . . . 本文を読む
コメント

今日は叡尊が西大寺を結界して弘律道場とした日。

2022-10-28 | 法話
嘉禎四年1238十月二十八日叡尊が西大寺を結界して弘律道場とする。(招提千歳伝記) . . . 本文を読む
コメント

一念の眠りの中に、千萬の夢あり

2022-10-28 | お大師様のお言葉
「十喩を詠ずる詩」(大師) 「・・・一念の眠りの中に、千萬の夢あり 乍ちに娯み、乍ちに苦んで、籌ること能はず 人間と地獄と天閣と 一たびは哭し、一たびは歌つて、幾許の愁いぞ 睡りの裏には實眞にして、覺むれば見へず ・・・ 喜ぶこと莫れ、嗔ること莫れ、是れ法界なり 法界と心とは、異詳なし・・」   何度読んでもすごいお言葉です。 . . . 本文を読む
コメント

円融天皇の即位に伴う一代一度仏舎利使が派遣された日

2022-10-28 | 法話
日本紀略・天禄二年971十月二十八日庚寅「五畿七道の名神五十五社に、僧一人を差しつかはし、社毎に舎利一粒を銀壺にいれて奉ず。宇佐八幡には法服を奉らる。」天皇は円融天皇。此の時も円融天皇即位後の一代一度仏舎利使です。 . . . 本文を読む
コメント