福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。そしてこれらのお参り・修行は究極的には自身の中の仏様を掘り出すためです。霊験は自身のなかの仏さまと宇宙の仏さまの加持感応によります。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

福聚講のお参り予定は当分未定

お四国巡拝で立ち直った私(Y・T。神戸市中央区、)

2021-03-31 | 頂いた現実の霊験
日頃健康自慢の夫は53歳で末期の肝臓がんで他界した。高校3年の息子と私が残され私は夫の経営していた鉄工所の仕事に取り組まざるを得なかった。しかし家庭の主婦が男の従業員を使いこなす事は至難の技で毎日が針の筵だった。敏腕職人を引き抜かれ後補充に徹夜で走り回ったこともあった。何とか此れを切り抜けた矢先、大量の従業員を引き抜かれついに廃業せざるを得なくなった。このころ社会人となった息子にたびたび見合いの話 . . . 本文を読む
コメント

阿字観は兜率天に生れる行として最適である。

2021-03-31 | 諸経
「阿字は弥勒の心也。弥勒の本誓と行者の楽欲心和合する時、蓮華上に託生する也。此れを以て之を思ふに阿字の秘観は上生の妙行に尤も便有るものか。」阿字観は兜率天に上生する行として最適である。(好夢十因 知道上人)  . . . 本文を読む
コメント

浄厳「眞言修行大要鈔」による「阿字本不生」

2021-03-31 | 法話
浄厳「眞言修行大要鈔」による「阿字本不生」 . . . 本文を読む
コメント

「訓訳原人論・釈雲照」をもとに

2021-03-31 | 諸経
「訓訳原人論・釈雲照」をもとに 宗密禅師の略傳 ・降誕、禅師は仏滅後千七百二十七年支那唐朝第九代代宗皇帝の大歴十四年(779)果州の西充(四川省南充市)に生まれたまふ。 ・出家、幼より儒道を修学して業成り、まさに貢挙に赴かんとし、偶遂州大雲寺の道圓禅師に会通し、その禅法を味ひ遂に剃髪せらる。則ち第十二代憲宗皇帝の元和二年807禅師二十九歳の時なり。 ・求法、その後円覚経を繙き未だ軸を終らず . . . 本文を読む
コメント

「河内高貴寺縁起」

2021-03-31 | 法話
「河内高貴寺縁起」(大日本仏教全書)  「河内国石川郡平石郷高貴寺縁起幷に記録  夫れ当山は文武天皇の勅願を奉じ役小角開基の勝地なり。役公恒に和光の化跡を崇め、専ら佛乗の実義を信じ大峯の嶮巘に攀登し鬼神を駆逐し威験を施す。撥して葛城峯中において二十八箇の宿處を構へ三宝冥衆の護念に憑く。是則ち法華の品に擬す。次に當嶽は普門品膺哉。風聞す當に初め底筒男命天より降り御座(奉祝の岩 . . . 本文を読む
コメント

五蘊八苦は幻現

2021-03-31 | お大師様のお言葉
「遂使ひんじて十二因縁は輪轉して絶ず。五蘊八苦は幻現して休まず。父子父子相續して生じ、身心身心流轉して滅す。生之苦・死之苦・老之憂・病之痛・貧之苦、財之苦、八苦我を迫て三途吾を煮る。天上安からず。何況んや人間をや。」(大師・平城天皇灌頂文) . . . 本文を読む
コメント

今日は寅の日 で 一粒万倍日 で 天赦日

2021-03-31 | おすすめ情報
今日は寅の日 で 一粒万倍日 で 天赦日 . . . 本文を読む
コメント

ラフカデオハーン「神国日本」より

2021-03-30 | 法話
ラフカデオハーン「神国日本」によれば、以前、日本の家庭は無数の神様、仏様のおられる神聖な場所でした。又職業も神様に見守られていました。こういう日本国を再構築すべきでしょう。「・・日本人は、その職業がなんであるにしろどの神かが(その職業を)支配していた。どんな道具を使用するにしろその道具はその技芸技術の祭祀に加入している人たちに許されている慣習に従っての作法通りの使用法で用いなければならなかった。大 . . . 本文を読む
コメント

往生さえできればいずれの浄土へも行ける

2021-03-30 | 法話
「密宗安心教示章(明治十七年三月二十一日仁和寺三十二世別所栄厳大和上示衆)第九 大日浄土章」 光明真言を唱えればいずれの浄土でも往生できる。往生さえできればいずれの浄土へも行けるのでどこにいる先亡にも会える。「大日如来の浄土は自性法界宮、密厳国土と称して十地等覚の菩薩も、大日如来の加持を離れては猶見聞の境界に非ずとす。然るを大日如来、實の如く自心を覚悟したまひて、本有荘厳の浄土を開顕し、十方諸仏 . . . 本文を読む
コメント

今日は方丈記が書かれた日です。

2021-03-30 | 法話
今日は方丈記が書かれた日です。 方丈記の最後に「時に、建暦2年(1212年)、弥生の末日ごろ、桑門の蓮胤(鴨長明)、外山の庵にて、これを書きとどめる」とあります。この中には疫病の記事もあり当時も京都だけで四万人以上が死んでいます。当時の僧侶は死者の額に阿字を書いて回っています。阿字は我々が帰っていく大日如来の世界です。そして最後は「三界は、ただ心ひとつなり」としています。「・・前の年(養和の時代。 . . . 本文を読む
コメント

神儒仏老の関係

2021-03-29 | 法話
神儒仏老は一つの真理に対して別の見方をしているにすぎない。「・・・唯だ道を学べ。道に別名無し、神儒仏老は唯だ是れ箇の道。恰も一太陽の上下四維を照臨し、其の光の到らざる所無きが如し。只だ学者眼に知見学習の雲霧有り。或は儒見に落在し、或は仏見に落在す。是れ大道に同異有るに非ず、眼見に障礙有るを以てなり。故に神家者流其の障礙を払尽す、之を天原に止ると謂ふ。儒家者流其の障礙を払尽す、之を明徳を明かにすと謂 . . . 本文を読む
コメント

今日まで御高齢の御身でありながら・・御苦労ばかりおかけ致しました

2021-03-29 | 先祖供養
靖国神社今月の社頭掲示   「母上様     陸軍大尉 田淵克己の命 昭和20年4月30日 ビルマにて戦死。鳥取県出身 36歳。 「・・今日まで御高齢の御身でありながら家事に子供の世話に一日として御身体の休まる日とてなく何時いつまでも御苦労ばかりおかけ致しました。‥出発に際しての色々の御心尽くし嬉しく存じます。くれぐれも御身大切に祈ります。  母上様」 https://www.g . . . 本文を読む
コメント

今日はダライラマ法王の講演「変化の時代における私たちの世界」

2021-03-29 | おすすめ情報
ネット中継:講演「変化の時代における私たちの世界」 2021年3月29日 午後12時半から1時半の予定で、ダライ・ラマ法王がロシアの5つの州立大学(モスクワ州立大学、サンクトペテルブルク州立大学、カルムイク州立大学、ブリヤート州立大学、トゥバ州立大学)の学生に向け、「変化の時代における私たちの世界」と題する一般講演と質疑応答を含めた対話に参加される。 . . . 本文を読む
コメント

今日はスウェーデンボルグの命日

2021-03-29 | 供養
今日は、神秘主義思想家エマーヌエル・スウェーデンボルグ(Emanuel Swedenborg)の命日です。スヱデンボルグは1772年3月29日84歳で死去。,ヘレン・ケラー、ゲーテ、バルザック、ドストエフスキー、ヴィクトル・ユーゴー、エドガー・アラン・ポー等に多大な影響を与えたとされます。鈴木大拙も『天国と地獄』を翻訳しています。「霊界」の存在に堂々と市民権を与えたところが仏教徒からみても素晴らし . . . 本文を読む
コメント

清滝不動尊の霊験

2021-03-28 | 頂いた現実の霊験
「清滝不動尊のこと・・三沢智証最乗寺単頭」(大法輪平成2年1月号)「小田原の道了尊として天狗の現世利益で知られる大雄山最乗寺の境内に清滝不動尊が木曾の御岳山から勧請されたのは、明治40年5月であった。これは道了尊講中の東京一心講が御岳山にも参拝していた因縁と、日露戦争の戦死者の慰霊、生還御礼のためでもあった。東京一心講の秋元正夫氏の霊験譚がある。・・氏のはなしである。『私は十四才ころから近くの丸浜 . . . 本文を読む
コメント