福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。そしてこれらのお参り・修行は究極的には自身の中の仏様を掘り出すためです。霊験は自身のなかの仏さまと宇宙の仏さまの加持感応によります。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

福聚講のお参り予定は当分未定

磨いたら磨いただけの光あり、性根玉でもなんの珠でも

2021-04-30 | 法話
かなり以前ですが残念な出来事が続けておこったことがあります。そのうちの一つについては一か月以上前から加持祈祷をしていましたがその甲斐もなく・・という残念至極な結果でした。昔ならば「なんだ、なんだ、神仏はおわしてもやはり我々には関係なかったのだ」と反抗的になる所でした。しかし今回は違いました。考え方が一皮も二皮も剥けてきて、なんら神仏を恨む気持ちは出ず、むしろより深く懺悔しつつ拝めるようになりました . . . 本文を読む
コメント

今日は十斎日で六斉日です。

2021-04-30 | 法話
今日は十斎日で六斉日です。 十斎日とは月の一日・八日(六斉日でもあります)・十四日(六斉日でもあります)・十五日(六斉日でもあります)・十八日・二十三日(六斉日でもあります)・二十四・二十八日・二十九日(六斉日でもあります)・三十日(六斉日でもあります)をいいます(根拠は下の地蔵経にあります)。この日に八斎戒(不殺生、 不倫盗、 不淫、. 不妄語、 不飲酒、 不聴歌舞、 不坐広床戒、 非時食戒) . . . 本文を読む
コメント

本当の『我』は『全』そのものを生かす所にある

2021-04-30 | 法話
コロナへの対応問題等に見る最近の一連の世の混乱ぶりを見るに戦後の「個」の中途半端な高揚感が原因となっていると思われます。 「個」はそれだけでは誠に空しい存在です。個利個略の追求はすればするほど虚しいものです。「個」の存在は「全体」に裏付けられてはじめて意味を獲得できます。「真言宗読本」でも栂尾祥雲師は「本当の『我』は『全』そのものを生かす所にある」と喝破しておられます。 「一切のものが全一とし . . . 本文を読む
コメント

今日は第六十七代三条天皇御出家の日

2021-04-29 | 法話
「本朝皇胤紹運録」(第六十七代三条天皇)「寛仁元年(1017)四月二十九日出家、法名金剛浄。 道長との確執があり譲位をせまられたとされる。その際に詠んだとされる歌が小倉百人一首にあり。 心にもあらでうき世にながらへば恋しかるべき夜半の月かな  三条院 . . . 本文を読む
コメント

舎利出現時には雷音を出す事

2021-04-29 | 法話
本朝新修往生伝「沙門戒深は尾張国賢林寺の住侶也。五十余年寺門を出ず、日々夜々法華を読誦し、多年の間、舎利を欣求す。尋常の読経の時、堂前庭上に舎利出現す。其の貌珠の如し。其の音雷に似たり。水に投げて沈ず、鎚打て壊れず。之仏像として安じ供養恭敬す。命終の時、佛に向ひて端座。手に定印を結び彌陀を称念す。瑞雲天に聳へ異香室を薫ず。没後数日、身は爛壊せず、結跏趺坐し定に入る人の如し。国郡哀傷し之の為に廟を立 . . . 本文を読む
コメント

今日は定済が蒙古退散の為宮中で一字金輪法を修した日

2021-04-29 | 法話
文永五年4月29日は定済が宮中で一字金輪法を修した日です。文永三年には蒙古国書が届いており宮中も自ら国難を祈ったのでしょう。定済は鎌倉時代の真言僧。醍醐寺座主・東大寺別当・東寺長者。弘安四年正月十九日には勅命を受けて伊勢神宮に参り、蒙古降伏を祈祷しています。一字金輪法は息災法ですが最深秘の法として往古修法出来るのは東寺長者に限られていました。(密教大辞典等) 「本朝高僧傳・城州醍醐寺沙門定濟傳 . . . 本文を読む
コメント

今日は.祇園社に異国降伏の祈祷をした日

2021-04-28 | 法話
今日は.祇園社に異国降伏の祈祷をした日 弘安七年(1284)四月廿八日条「廿八日 幕府 祗園社ヲシテ 異賊降伏ノ祈禱ヲ為サシム(史料綜覧 巻五 )」 . . . 本文を読む
コメント

今日は疫癘退散のために清涼殿において五十カ日の読経をはじめられた日

2021-04-28 | 法話
  ・日本紀略・正歴五年四月「廿八日己酉 御読経始 依疾疫也」 ・本朝世紀・正暦五年994 四月二十八日「今日臨時御読経始の日也、疫癘の未だ猶ほ止ざるに依り卅口の僧を以て、清涼殿において五十カ日修せらる也」   天皇は一条天皇。疱瘡が治まらず正歴六年には長徳に改元しています。道長もこの天然痘のおかげでライバルがすべて病死して出世しています。 . . . 本文を読む
コメント

今日は足利義教が天変地妖を祈禳した日

2021-04-28 | 法話
  .永享五年(1433)四月廿八日条「廿八日(中略)幕府 醍醐寺三宝院ヲシテ 天変地妖ヲ祈禳セシム」(満済准后日記) 天皇は後花園天皇。室町幕府は足利義教。永享五年七月には永享の山門騒乱が起こっています。 永享騒乱は、永享五(一四三三)年から七(一四三五)年にかけて、将軍義教と山門使節との対立から、義教が使節を殺害. し、抗議した使節らが自害し根本中堂を焼いたという事件。 . . . 本文を読む
コメント

今日は後奈良天皇が即位灌頂をお受けになられた日

2021-04-28 | 法話
「御即位灌頂 冨田斆純」に「後奈良天皇(貧しくて第105代天皇践祚後10年して即位式)がおこなわれ法性寺座主大僧正光什により享禄三年(1530)四月二十八日に即位灌頂を授かりたまへしときの記録によればまず、灌頂を受ける予備の修行(前行といいます)として同月22日より28日に至る一週間、毎日、十一面観音に観音経一巻、大神宮に心経一巻、春日大明神に唯識三十頌一遍、を読誦あそばしたのである。十一面観音は . . . 本文を読む
コメント

今日は道綽遷化の日です

2021-04-27 | 法話
今日は道綽遷化の日です。道綽は貞観19年(645年)4月27日、85歳にて逝去しています。道綽禅師(五六二‐六四五)は、北周武帝の破仏をくぐりぬけ 「浄土五祖」の第二祖、 浄土真宗では七高僧の第四祖とされています。正信偈では「道綽、聖道の証しがたきことを決して、ただ浄土の通入すべきことを明かす。」としています。 . . . 本文を読む
コメント

舎利信仰の比丘尼遷化時に奇瑞ありしこと

2021-04-27 | 法話
本朝新修往生伝「比丘尼蓮妙は河内国丹北郡東条長原郡の人也。尼壮日より老年に及び五障(楽欲障、瞋恚障、睡眠障、悪作障、疑惑障等の説あり)を鎮圧し偏に九品を欣求す。八十以降、二三年、毎日晦日天王寺に参り仏舎利を供養す。其の結願の日、舎利三粒光を放ちて照曜し、尼独り之を見、余人見ず。元永の年、子息に語りて曰く『白蓮天より下り大法会の散華の如し、汝等見ずや』と。子息等以て老爛の言と為し信受せず。此の如く相 . . . 本文を読む
コメント

今日は亀山天皇御即位に際し、御代始三壇法を宮中で修された日です

2021-04-27 | 法話
文應元年1260四月二十七日、亀山天皇即位に際し、御代始三壇法を宮中で修しています。続史愚抄に「(亀山天皇)代始三壇法を始行さる。如意輪法阿闍梨天台座主無品尊助法親王青蓮院、不動法無品仁助法親王円満院、延命法僧正房圓・・」御代始三壇法については、「天皇の即位後、神事では大嘗会を行うのに対し、仏 事では御代始三壇法と称される御法が修される。御代始三壇 法は近世に至るまで連綿と行われてきた・・御代始三 . . . 本文を読む
コメント

今日二十六日は重源が伊勢神宮で大般若経六百巻を転読した日です。

2021-04-26 | 法話
今日二十六日は重源が伊勢神宮で大般若経六百巻を転読した日です。文治二年(一一八六)四月二十六日、重源は東大寺再興を祈願して伊勢神宮に大般若経六百巻を書写・転読(「東大寺衆徒参詣伊勢大神宮記」)東大寺ホームページには「治承四年(1180)に、平 重衡の軍勢により、大仏殿をはじめ伽藍の大半が焼失した。しかし翌年には、大勧進に任命された俊乗房重源によって復興事業が着手され、鎌倉幕府、特に源頼朝の全面協力 . . . 本文を読む
コメント

今日は百万塔陀羅尼事業が始まった日

2021-04-26 | 法話
今日は百万塔陀羅尼事業が始まった日 続日本紀・宝亀元年 (770)四月戊午(26日) 「三重小塔一百万基を造らしむ。高さ各四寸五分、基径三寸五分、露盤之下、各の根本 ・慈心 ・相輪 ・六度等陀羅尼を置く。是に至り功畢、諸寺に分置す_」 称徳天皇の命で三重小塔を百万基制作 し、四種の陀羅尼を安置する百万塔陀羅尼が始まっています。この諸寺とは、大安寺・元興寺・興福寺・薬師寺・東大寺・西大寺・法隆寺 . . . 本文を読む
コメント