福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。そしてこれらのお参り・修行は究極的には自身の中の仏様を掘り出すためです。霊験は自身のなかの仏さまと宇宙の仏さまの加持感応によります。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

福聚講のお参り予定は当分未定

今日は保己一忌です。

2022-09-12 | おすすめ情報
今日は保己一忌です。塙 保己一は文政4年9月12日(1821年10月7日))に76歳で死去しています。百万巻の般若心経を北野天満宮にあげて『群書類従』刊行を祈願したと伝わります。そして幕府・諸大名・寺社・公家などの協力を得て、寛政5年(1793年) から文政2年(1819)までをかけて史書や文学作品、計1273種を収めた群書類従を完成しています。ヘレンケラーが目標とした人とされ昭和12(1937) . . . 本文を読む
コメント

仏教大原理(釈雲照)より・・その12

2022-09-12 | 法話
以上の如く十善十悪業に各々四種の原因業の区別(順現業・順次業・順後業・順不定業(注1))及び結果報の差異ありて(華報・果報・等流果・増上果(注2))、賢愚老少男女利鈍を問わず、すこしもこの法則から脱することはできない。これを天地自然の真理の制裁という。であるからこの十善戒は近くは人の人たる所以の至徳を全うする事であり、遠くは無漏法性に通達する要道である。(実際、殆どのお経にこの十善戒は出てきます。 . . . 本文を読む
コメント

今日は多武峰の大織冠像が破裂した日

2022-09-12 | 法話
続史愚抄 / 明応七年1498九月十二日乙巳条「十二日乙巳 多武峯神像又破裂」史料綜覧 巻九 / 明応七年(1498)九月十二日条「十二日 多武峰大織冠像破裂ス 十二月ニ至リテ 告文使ヲ発遣ス」・天皇は後土御門天皇。室町幕府は足利義澄。・多武峰(談山神社と妙楽寺)では天下の問題が起こると、藤原鎌足公の御神像が怒りの破裂を起こすとされて恐れられてきた。御破裂は多武峰から摂関家へ報告され、告文使(こう . . . 本文を読む
コメント

今日は平城天皇御出家の日

2022-09-12 | 法話
第五十一代平城天皇は薬子の変で大同五年810九月十二日平城京に戻り剃髮して御出家。薬子は服毒自害。 「大和尚奉爲平安城太上天皇潅頂文」(弘仁十三年822大師が平城天皇に結縁灌頂を授けられた時の文) 「夫れ八繕の深海は修足にあらざれば其底を極ること能ず。九萬の高鳳は鵬翼にあらざれば其の頂を見るを得ず。盤薄厚地は劫火之灰滅する所、靉靆たる濃雲は猛風之搴卷する所なり。摩尼の奇珠は大龍を待ちて而も寶を . . . 本文を読む
コメント

今日は先帝供養の為の御斎会が行われた日

2022-09-12 | 先祖供養
日本紀略「(仁和三年887)九月十二日壬午、先帝七々日の御斎会を中務省において始 行す」・天皇は宇多天皇。先帝は光孝天皇で仁和三年八月二十六日に薨去されている。・御斎会は、大極殿において金光明最勝王経講読と吉祥. 悔過をおこない護国豊穣を祈願する正月年頭の仏事、とされますが、こうして先帝四十九日供養のためにも行じられていたのでしょう。 . . . 本文を読む
コメント

今日12日から18日は筥崎宮放生会です

2022-09-12 | おすすめ情報
今日12日から18日は筥崎宮放生会です。筥崎宮のホームページには「春の博多どんたく・夏の博多祇園山笠とならび博多三大祭りに数えられる筥崎宮放生会は「万物の生命をいつくしみ、殺生を戒め、秋の実りに感謝する」お祭りです。その起源は「合戦の間多く殺生すよろしく放生会を修すべし」(注)という御神託によるもので、千年以上続く最も重要な神事です。また、一年おきに福岡市無形民俗文化財指定の御神幸(御神輿行列)が . . . 本文を読む
コメント