福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。そしてこれらのお参り・修行は究極的には自身の中の仏様を掘り出すためです。霊験は自身のなかの仏さまと宇宙の仏さまの加持感応によります。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

福聚講のお参り予定は当分未定

文豪の釈教歌

2022-08-31 | 法話
文豪の釈教歌 「廬舎那仏仰ぎて見ればあまたたび 継がれし首の安げなるかな」(森鴎外、大正11年「明星」) 「おりたちて今朝の寒さを驚きぬ露しとしとと柿の落ち葉深く」(伊藤左千夫、大正元年「アララギ」 「なにごとぞ手向けし花に狂ふ蝶」(夏目漱石、明治二十四年) 「垂乳根と詣でに来れば麻生やま 子供あそべり御仏の前」(北原白秋、大正3年) 「比叡山の古りぬる寺の木がくれの 庭の筧を聞きつつ眠 . . . 本文を読む
コメント

国土は神・佛・先祖であり『道』を具現化するためのもの

2022-08-31 | 先祖供養
国土は神・佛・先祖であり『道』を具現化するためのものである。   1,「日本精神の研究(安岡正篤)」 「我が建国の由来を尋ねて先ず敬虔の情を覚えるものは、わが大八州国成立の神話である。天地開闢して後、伊弉諾伊弉冉の男女二柱の神がおのころ島におりられて、まず生まれたのが大八州、即ち日本の国土である。それから水や木や火の神が生まれ、女神は遂に崩御されて夜見の国に行かれた。夜見の国は見て . . . 本文を読む
コメント

今日31日は出羽三山八朔祭

2022-08-31 | おすすめ情報
今日31日は出羽三山八朔祭。 今年は祭典のみ行われます。 . . . 本文を読む
コメント

四恩の奉為に二部の大曼荼羅を造する願文

2022-08-30 | お大師様のお言葉
今日30日は大師が「四恩の奉為に二部の大曼荼羅を造する願文」を書かれた日です。「四恩の奉為に二部の大曼荼羅を造する願文」奉為四恩造二部大曼荼羅弟子苾蒭空海両部曼荼羅に帰命し奉るそれ金剛の四法身(自性・受用・変化・等流法身)、胎蔵の三秘印(法・三昧耶・大曼荼羅)は空性に憩って軷祖(ばっそ・発心)し、重如(真如)に秣って以て脂轄(しかつ・車に油指す)す。一道無為は初入の門(天台は密教の入門)三自本覚は . . . 本文を読む
コメント

今日は御大師様が「沙門勝道の碑」を著された日です

2022-08-30 | 頂いた現実の霊験
「沙門勝道山水を歴て玄珠(げんじゅ、悟りを求める心)を瑩く碑並序沙門遍照金剛撰」蘇巓鷲嶽(そてんじゅがく、須弥山・鷲峯山)は異人(佛菩薩)の都するところなり。達水龍坎(だっすいりょうかん、龍の棲む池)は霊物ここにあり。夫れ境、心に従って変ず。心垢るれば境濁る。心は境を逐って移る。境しずかなるときは心ほがらかなり。心境冥会して道徳(絶対の働き)はるかに存す。能寂(釈迦)常に居して利見し(仏がみそなわ . . . 本文を読む
コメント

今日はマッカーサーが厚木に降り立った日

2022-08-30 | 法話
昭和20年8月30日はGHQの総司令官マッカーサーが厚木に降り立った日です。この背後には様々なドラマがあったようです。「"敗戦日本"を守った男 安藤明の生涯―「厚木事件」撤去作戦の真相 (世界大戦文庫スペシャル (2))」という本があります。以下概要です。「厚木事件というのがありました。戦後、海軍反乱将校達がマッカーサーの降り立とうとする厚木飛行場に立て籠もり、滑走路を使えない程残骸で覆ったのです . . . 本文を読む
コメント

今日は流れ星を凶兆として寺社に祈祷した日

2022-08-30 | 法話
史料綜覧 巻八 / 文明四年(1472)八月三十日条「三十日 流星アリ 大神宮及ビ興福寺ニ命ジ変異ヲ祈禳セシム 幕府モ亦之ヲ命ズ」天皇は後土御門天皇。室町幕府は足利義政。後土御門天皇時代は応仁の乱で宮中は極貧であったが、貧窮は自分の罪障が原因と考えて以下の和歌を詠じた。「誓ありと 思ひうる身に なす罪の 重きもいかで 弥陀はもらさむ」。 . . . 本文を読む
コメント

今日は円融法皇が寛朝を戒師として御出家の日

2022-08-29 | 法話
寛和元 ( 985)年 八月二十九 日、円融法皇(注1)は寛朝(注2)を戒師として出家。「金剛法」となられる。日本紀略(注2。寛朝,祖父は宇多天皇(寛平法皇)。祖父寛平法皇の下で出家し、仁和寺寛空から灌頂を受ける。仁和寺別当・東寺長者・西寺別当・東大寺別当。広沢湖畔に遍照寺を建立。ここから廣澤流といわれるが廣澤流は益信・宇多天皇(寛平法皇)・寛空・寛朝と次第。天元四年981、宮中に五壇法を修した時 . . . 本文を読む
コメント

今日は後柏原天皇が宸筆で「真如堂縁起絵詞」をお書きになった日

2022-08-29 | 法話
  大永元年1521八月二十九日には後柏原天皇が宸筆で「真如堂縁起絵詞」をお書きになった日   後柏原天皇宸筆「真如堂縁起絵詞一巻。真如堂極楽寺蔵」 「抑、本尊は慈覚大師の真作也。天長年中志賀郡苗鹿明神、神覚大師に対面有りて如法堂番神入衆望請ありける時、栢木柱一本彼明神より助成あり。此の木のもと切に毎夜光明を放つ間、大師恠給て打ちわりて見給ふに、一片は半座の佛體、一片は . . . 本文を読む
コメント

今日は第六十四代円融天皇御出家の日

2022-08-29 | 法話
  「日本紀略」「寛和元 ( 985)年 八月二十九 日、円融法皇、寛朝を戒師として出家。金剛法。」 . . . 本文を読む
コメント

今日は十斎日で六歳日です。

2022-08-29 | 法話
今日は十斎日で六歳日です。十斎日とは月の一日・八日(六斉日でもあります)・十四日(六斉日でもあります)・十五日(六斉日でもあります)・十八日・二十三日(六斉日でもあります)・二十四・二十八日・二十九日(六斉日でもあります)・三十日(六斉日でもあります)をいいます(根拠は下の地蔵経にあります)。この日に八斎戒(不殺生、 不倫盗、 不淫、. 不妄語、 不飲酒、 不聴歌舞、 不坐広床戒、 非時食戒)を守 . . . 本文を読む
コメント

今日は道元禅師忌です

2022-08-28 | おすすめ情報
道元禪師は建長5年8月28日(1253年9月22日))京都高辻西洞院の在俗の弟子、左金吾禅門覚念邸で寅の刻(午前四時頃)、座亡されています。五十四歳でした。私は道元さんが真言を批判して居られるのを知っていますが、なぜか道元さんが好きです。特に「修證一如」(われわれは仏であるから修行するのだ)」というお考えなど、私のような凡夫にも分かりやすい教えです。遺偈は次のようなものです。「五十四年第一天を照ら . . . 本文を読む
コメント

今日は「吾国体と基督教」が発行された日

2022-08-28 | 法話
明治40年8月28日は加藤弘之が「吾国体と基督教」を発行した日です。中で大要「日本の神々・皇室・社会国家に偉勲のあった人々は之を先祖として崇拝すべきで基督教などと一緒に宗教として扱うべきではない‥」との趣旨を述べているようです。なおキリスト教と皇室の関係は天正十五年六月十九日の秀吉の「伴天連追放令」の最初にも「一、日本ハ神國たる処きりしたん國より邪法を授候儀 太以不可然候事」とあります。当時から問 . . . 本文を読む
コメント

今日は真然に伝燈国師号が賜号された日

2022-08-28 | 法話
今日は中院僧正真然に伝燈国師号が賜号された日です。「昭和15年8月28日 伝燈国師 真然」(勅賜号表・文部省調査局宗務課引継文書) . . . 本文を読む
コメント

今日は足利尊氏が理趣経を写経した日

2022-08-28 | 法話
今日は尊氏が護持僧賢俊の四十九日法要の為に理趣経を写経した日延文二年1357八月廿八日、足利尊氏は護持僧賢俊の四十九日法要の為に理趣経を写経しています。 . . . 本文を読む
コメント