福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

初心者のかたも毎回いらっしゃいます。新しい方、飛び入り大歓迎、会費不要です。
2018年

10月20日(土)、15時護国寺。
11月17日(土)、15時護国寺。
12月15日(土)、15時護国寺。「忘年会」
2019年
1月19日(土曜日)15時護国寺
2月16日(土曜日)15時護国寺
3月16日(土曜日)15時護国寺
4月20日(土曜日)15時護国寺
5月18日(土曜日)観音様の日、(土曜日)15時護国寺
6月15日(土曜日)15時護国寺
7月20日(土曜日)15時護国寺
8月17日(土曜日)15時護国寺
9月21日(土曜日)御大師様の日、15時護国寺
10月19日(土曜日)15時護国寺
11月16日(土曜日)15時護国寺
12月21日(土曜日)忘年会、15時護国寺

角田さんから谷保天満宮のお庭燎祭の模様の記録を頂きました

2018-11-14 | 講員の活動等ご紹介
谷保天満宮(東京・谷保)で、11月3日(土)夜に催された、お庭燎(おかがラビ)の模様を、記録してみました。この催しは、奇祭といわれるもので、毎年、この日に、行われる天神様の、お祭りで行われます。 漆黒の暗闇の中で、威勢よく燃え上がる、お庭燎は、さながら、炎の競宴宜しく、境内の大木高さを超えて、夜空を焦がしています。見る人によっては、炎の形象が、時時刻刻、変化するので、お不動さんに見えたり、大日如 . . . 本文を読む
コメント

Sさんに高野山参拝記を書いていただきました

2018-11-04 | 講員の活動等ご紹介
高野山でフラフラ・ヨロヨロの記 佛道というのは奥が深く、難しいものです。 お参りを続けていると「ああ、きょうはいいお参りだった」と感じるときもあれば、なんとも“身が入らない”感覚に終始してしまうこともあります。特に、わざわざ休暇を取って遠方の高野山へ1泊2日で行った場合の後者のガッカリ感はひとしお、です。しかもこれは自分ではコントロールのしようがなく、気合でどうにかなるものでもありません。「疲 . . . 本文を読む
コメント

今日15日は遊行寺すすき念仏会です。

2018-09-15 | 講員の活動等ご紹介
今日15日は遊行寺すすき念仏会です。 遊行寺のホームページには以下のようにあります。「この薄念仏の起源については諸説あります。 『一遍聖絵』5巻には、宗祖一遍上人が全国を遊行していた際、奥州江刺を訪ねて、祖父である河野通信の墳墓を囲んで僧尼が座して念仏している姿があり、塚の上部には薄と思われる草が2、3株ほど描かれています。このとき踊り念仏が行われていたと思われ、時宗教団では「薄念仏」と称していま . . . 本文を読む
コメント

『こころの時間』のカールベッカー京大教授の言葉

2018-06-13 | 講員の活動等ご紹介
『こころの時間』のカールベッカー京大教授の言葉がありました。 日本人の「心の力」は死を恐れないところからきていた。 . . . 本文を読む
コメント

総持寺では4月15日から21日 秘仏本尊(千手観世音様)御開扉 西国御砂踏

2018-04-14 | 講員の活動等ご紹介
大阪・茨木市総持寺では4月15日から21日 秘仏本尊(千手観世音様)御開扉 西国御砂踏 があります。また4月18日は山陰流包丁式があります。ここの御本尊は亀の上にお立ちになっているようです。此の由来は、「今昔物語集巻二十九第廿九」に「亀報山陰中納言恩語 」として載っています。 「今昔、延喜の天皇1)の御代に、中納言藤原の山陰と云ふ人有けり。数の子有けるが、中に一人の男子有けり。形ち端正にして、父、 . . . 本文を読む
コメント

天皇陛下の即位灌頂について・・5

2018-04-05 | 講員の活動等ご紹介
 弘法大師の時に至り、即位灌頂が出てきます。慈雲尊者の「『四海領掌大事』口伝」の内容を記述します。「先師曰く弘法大師弘仁七年六月十九日、上表七月八日、勅許を得て高野山を以て入定のところとし、一棟の草庵を作り、高雄の旧居を去ってここに移り入て住す。時に弘仁十四年(824年)七月嵯峨上皇勅して大師を召し、高雄より暫く中務省に寓す。時々御物語あり、ある夜近習を避けて大師一人を御座近く召して曰く『師遠く . . . 本文を読む
コメント

天皇陛下の御即位灌頂について・・2

2018-04-02 | 講員の活動等ご紹介
即位灌頂は印度で始まりました。灌頂は元来、古代インドの国王即位や立太子の際行われ、即位する王の頭上に四海の水が注がれた儀式であったとされます。やがてその灌頂の儀式が密教に取り入れられ伝法灌頂など重要な儀式とされるようになったということです。 お経に出てくる即位灌頂です。 賢愚経巻十三頂生王品第五十七です。 「・・世尊告げて曰く。『乃往過去。無量無邊不可思議阿僧祇劫に此の閻浮提に。一の大王あり。名ず . . . 本文を読む
コメント

今日3月10日はチベット民族蜂起記念日

2018-03-10 | 講員の活動等ご紹介
今日3月10日は東京大空襲の日でありますが同時にチベット民族蜂起記念日でもあります。1959年3月10日にチベット民族がチベットの首都ラサにおいて中国共産党の抑圧に対する平和蜂起を行なった事件に対する記念日です。チベット蜂起記念日ともいわれるようです。今日は世界各地の亡命チベット人のコミュニティーや北米・ヨーロッパ等各国で記念行事が行われているはずです。私も貧女の一燈ですこしずつチベット支援の献金 . . . 本文を読む
コメント

今日30日は六斎日です

2018-01-30 | 講員の活動等ご紹介
今日は六斎日です。六斎日とは、毎月8日・14日・15日・23日・29日・30日で、在家信者が八斎戒(不殺生、 不倫盗、 不淫、. 不妄語、 不飲酒、 不聴歌舞、 不坐広床戒、 非時食戒)を護る事を言います。「塵添壒嚢鈔」には「この日は最も善を修めるべき日であるということは、経論に見えている。日本では敏達天皇の七年(578)に太子が始めて奏聞して六斎日には殺生を止めるようにされた。六斎日は大智度論で . . . 本文を読む
コメント

真言宗安心要議(長谷寶秀)より・・2

2018-01-18 | 講員の活動等ご紹介
(先に真言の安心も統一すべしといったが)統一上に諸説ある。1、上中下の三根の安心を立てて統一しようとするもの。栂尾の自性上人、天盧快圓師の説がこれ。上根は即身成仏、中根は往生成仏、下根は弥勒菩薩出世時に授記を受けて成仏するとするもの。この上中下の三根を立てるのはもと大妙金剛経の説であるが、この経文には三根共に一生成仏の正機となっている。したがってこの説はとれない。2、正機・結縁の二機安心に統一しよ . . . 本文を読む
コメント

佛教の大意(鈴木大拙、昭和天皇御進講より)・・・その26

2017-10-26 | 講員の活動等ご紹介
阿弥陀様が正覚を取られたというのは、霊性的直観でとらえなければ分らない。歴史的事実として捉えて自堕落に流れる言い訳にしてはならない。 . . . 本文を読む
コメント

佛教の大意(鈴木大拙、昭和天皇御進講より)・・・その25

2017-10-25 | 講員の活動等ご紹介
菩薩の行動は(衆生無辺誓願度という尽きることのない目的に向かっていくので)無目的的であるといってよい。此の点では自然界における他の存在と等しい、動物的または植物的だともいえる。なるほど今庭に飛んできた一羽の小鳥-- 人間的分別識の眼から見ると何か餌食を探しに来たのであらう。無目的的では決してない。或は他の生物を取って食べようといふのでもあらう。如何にも無惨だといってよい。ところがそれにもかかわらず . . . 本文を読む
コメント

佛教の大意(鈴木大拙、昭和天皇御進講より)・・その5

2017-10-05 | 講員の活動等ご紹介
「業に苦しむことが業を超越することになる」如上の所説を今少し他の形で申しますと、次のやうになります。人間である限りは業を離れるわけに行かぬと云ふことは人間は元来業そのものだからです。人間の在るところ、行くところには業は必ず影の形に添ふやうについてきます。併し人間が業を離れ業を越えることの出来るのは亦實に業につきまとわれて居るからです。普通に申しますと吾等は業繋の故に苦しむのでありますが、此の苦しみ . . . 本文を読む
コメント

淵野さんから遍路行の俳句の投稿をいただきました

2017-07-14 | 講員の活動等ご紹介
淵野さんから遍路行の俳句の投稿をいただきました。 「炎天下 錫の音涼し 巡礼行 緑陰や 佛の慈悲が 身に滲みて 苦は消えて 楽のみ残る 遍路道  同じ日に 三度も 出会う 遍路縁 異邦人 とも話し合う 遍路縁  曼殊沙華 誘われ行けば 祖母の墓  棚経や 汗を拭きつつ 故郷(くに)の僧 盆法会 なすときゅうりの牛馬供え かがり火に 群蛾身を焼き舞い上がる」 . . . 本文を読む
コメント

昨日叡尊と西大寺展(三井記念館)に行ってきました

2017-05-27 | 講員の活動等ご紹介
昨日叡尊と西大寺展(三井記念館)に行ってきました。叡尊様は鎮護国家の体現者で蒙古襲来時に石清水八幡様・伊勢神宮等に祈祷されて神風を起こされた方であるとともに、戒律を復活、苦しむ人を文殊菩薩に見立てて困民救済にも大功績をのこされた鎌倉期真言僧のスーパースターです。私の最も尊敬する方です。講員のSさんのご厚意で拝観券を頂いたことも不思議な有難いご縁と感謝しつつ拝観して来ました。 拝観した結論は、自分 . . . 本文を読む
コメント