福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。そしてこれらのお参り・修行は究極的には自身の中の仏様を掘り出すためです。霊験は自身のなかの仏さまと宇宙の仏さまの加持感応によります。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

福聚講のお参り予定は当分未定

三時を越えたる如来の日

2022-05-06 | 講員の活動等ご紹介
三時を越えたる如来の日   連休の真っただ中に高野山に半年ぶりにお参りしてきました。久しぶりに結縁灌頂も行われているということもあるのか御廟も大変な混雑ぶりでした。いつもは人気のない未明に正面で跪いて心ゆくまで拝むのですが、今回は日帰りなので昼前に御廟に着き、人込みから離れた端の方の経蔵の近くで土下座して理趣経を上げました。やはり何とも言えずありがたいものです。この日は晴天で光が御廟 . . . 本文を読む
コメント

角田さんから「信仰雑感」を頂きました。

2022-02-05 | 講員の活動等ご紹介
「助けて!!  苦しい」」 「治して!!  悲しい」 新しい年を迎えました。昨年は、コロナ汚染騒動に、翻弄された年であり、私たちは、ビールス汚染による業病を初体験しました。業病の様な恐ろしい病気であることを知らされました。瞬く間に、世界中を席捲し、毎日、死者を出し続けています。そして何時終焉するのか誰にも解かりません。一刻も早く此の新型コロナウイルスの病禍から逃れたいものです。 コロナは空気 . . . 本文を読む
コメント

角田さんより「仏道雑感 2021/令和3年」を頂きました

2021-12-16 | 講員の活動等ご紹介
仏道雑感 2021/令和3年   今年も、早、師走を迎え、寒い冬の季節がやってきました。今年の大きな特徴は、人事一般に及ぶ、地球規模の天災気象の勃発・病理疫病の蔓延です。今や、気象やウイルス感染は、地球上の小さな一国の事件や事象でなく、地球丸ごと、「宇宙規模の事件・事故」になっています。日本の熱海市で、大量の雨で土砂崩れが起きると、列島自身が、唸りだし、「鯰」も大忙しです。 米国で . . . 本文を読む
コメント

角田さんより素晴らしい投稿をいただきました。

2021-11-21 | 講員の活動等ご紹介
「信仰雑感 今年も早いもので、秋半ば。間もなく、12月、師走がきます。今年も新型コロナウイルス騒動に見舞われ、多くの死者が出ました。合掌です。また、台風・地震・洪水などの自然災害にも見舞われ、多大の被害を出し死者を出しました。その他、政治、産業、農漁などあらゆる分野でも一日たりとも安穏とする日がなく、悲しく暗い事故や事件が起きていて、果たして日本という国はこのままでいいのだろうか、という危機感を . . . 本文を読む
コメント

七月十二日は忍性菩薩の入滅された日です

2021-07-12 | 講員の活動等ご紹介
忍性は、鎌倉時代の真言律宗の僧で叡尊の弟子です。叡尊の蒙古退散の祈願を研究して以来、弟子忍性のことも調べたく思っていたのですが、たまたま大学図書館で数冊の興味をひく本を書架からだして何の気なしにみていると、本朝高僧傳に忍性菩薩のことが書いてあるのが目につきました。そして読み進めていくとなんと今日7月12日(嘉元元年七月十二日)は忍性菩薩の入滅された日だったのです。他の本は読まずすぐにブログに載せよ . . . 本文を読む
コメント

今日3月10日はチベット民族蜂起記念日

2021-03-10 | 講員の活動等ご紹介
今日3月10日は東京大空襲の日でありますが同時にチベット民族蜂起記念日でもあります。1959年3月10日にチベット民族がチベットの首都ラサにおいて中国共産党の抑圧に対する平和蜂起を行なった事件に対する記念日です。チベット蜂起記念日ともいわれるようです。今日は世界各地の亡命チベット人のコミュニティーや北米・ヨーロッパ等各国で記念行事が行われているはずです。私も貧女の一燈ですこしずつチベット支援の献金 . . . 本文を読む
コメント

角田さんよりお便りを頂きました

2021-01-07 | 講員の活動等ご紹介
明けましておめでとうございます。   待望の新年が始まりました。昨年は「新型コロナウイルス」の跳梁に始まり、コロナ騒動に終わった、「コロナ」に振り回された一年でありました。   新年は総理がコロナ征伐の陣頭指揮を執り、一気にコロナを撲滅しようと、非常事態宣言を発出する用意を整えています。「たかがウイルス、大きなダメージを与えるような性質のものではないのではないか」と思っ . . . 本文を読む
コメント

日本は大乗相応の地であること(藤秀璻著. 興教書院, 1943)等より・・その8

2020-11-18 | 講員の活動等ご紹介
北畠親房は神皇正統記開巻第一に「大日本は神國なり」と書いておられます。(神皇正統記 巻一序論 「大日本(ヤマト)は神国(かみのくに)なり。天祖(あまつみおや)初めて基(もとい)を開き、日神(ヒノカミ)長く統を伝へ給ふ。わが国のみ この事あり。異朝にはその類ひなし。この故に神国と云ふなり。・・」)これが今日大変有名な句として何時もくりかえされておる。親房卿は「萬世一系の皇統を上に戴いてゐる、これが神 . . . 本文を読む
コメント

東洋文化史における仏教の地位(高楠順次郎)・・その19

2020-09-24 | 講員の活動等ご紹介
それから学問としての仏教でありますが、倶舎(説一切有部の見解.すべての存在の元(法)は刹那において生・住・異・滅と生滅変化しているけれども、過去・未来・現在にわたって実在する、とする)唯識(あらゆる存在は主観的な存在であり客観的な存在ではない。即ち、それら諸存在は「空」であり、実体のないものであるとする説)というような類、そういう類の註釈というものが仏教研究には大事なものでありますが、これは多くは . . . 本文を読む
コメント

東洋文化史における仏教の地位(高楠順次郎)・・その11

2020-09-16 | 講員の活動等ご紹介
仏が涅槃に入られる時に、「我入滅すとも我所説の法は滅不滅である、我所説の法以て汝が師と為せよ」(佛遺教経)といわれた。自分の肉身、即ち親身は滅しても法身は常住である、肉としての自身は亡びても法としての自身を大切にせよと言われたのである。それを字義通りに大切にするために佛が滅せられた年の七月に大迦葉が五百の仏弟子を集めて一切経を結集したのであります。一切経というものは仏が一代の中に説かれたもので、そ . . . 本文を読む
コメント

東洋文化史における仏教の地位(高楠順次郎)・・その7

2020-09-12 | 講員の活動等ご紹介
それからもう少し行くとアンコルワット寺である。これは近頃発掘して大変有名な所でありますが、山田長政など徳川時代の人が行って見た人が多い。そのとき柱に書いたものが近頃発掘されて日本人が行っておったということが分ったのであります。アンコルワットを天竺徳兵衛は祇園精舎と思っている、その土地をインドと思っている。しかしそれをインドと思うのは無理がないのでことごとくインドの名前が付いているからであります。ア . . . 本文を読む
コメント

東洋文化史における仏教の地位(高楠順次郎)・・その4

2020-09-09 | 講員の活動等ご紹介
インドの文明は古いように申しますけれどもそう古いものではない、文明としては極めて新しいものであります。新しいと申しましても紀元後二千年、その前がせいぜい二千年……もう少し刻んでいったら二千年に足りませんが、三千五百年かその前後の範囲の文明であります。無論その前にも文明はあったに違いないが、今形の上に残っている文明としてはそのくらいの範囲であります。まず四千年と見ましょう、シナも殆ど同じくらいであろ . . . 本文を読む
コメント

2020年8月・待ちどうしい護国寺参拝(角田光一郎)

2020-08-15 | 講員の活動等ご紹介
2020年8月・待ちどうしい護国寺参拝(角田光一郎) 人間というのは、長生きしていると、娑婆世界のいろんな事象を見せられたり、経験させられたりするものです。とてもじゃないけれど、頭がパンクしそぅになります。その中でも、目下のところでは、何といっても「新型コロナウイルス感染症」で、地球規模の伝染病の恐ろしさでしょう。コロナウイルス感染の恐ろしさをいやというほど知らされました。コロナウイルス感染の恐 . . . 本文を読む
コメント

真言宗安心要議(長谷寶秀)より・・2

2020-06-02 | 講員の活動等ご紹介
(先に真言の安心も統一すべしといったが)統一上に諸説ある。1、上中下の三根の安心を立てて統一しようとするもの。栂尾の自性上人、天盧快圓師の説がこれ。上根は即身成仏、中根は往生成仏、下根は弥勒菩薩出世時に授記を受けて成仏するとするもの。この上中下の三根を立てるのはもと大妙金剛経の説であるが、この経文には三根共に一生成仏の正機となっている。したがってこの説はとれない。2、正機・結縁の二機安心に統一しよ . . . 本文を読む
コメント

敬愛するA師からお便りをいただきました。

2019-12-16 | 講員の活動等ご紹介
「先日こちらに帰ってきまして、久しぶりに護国寺にお参りに行ってきました。  以前、なぜか出身校の早稲田大学の校歌を聴いて号泣し、関東に帰った際には護国寺にお参りに行き、大隈老公のお墓の前で理趣経全段をお唱えしたくなった旨をメールさせていただきましたが、ようやく実現しました。  それも、今までは、大隈老公のお墓はいつも門が閉まっていたはずですが、その日は、なぜか少し門が開いていました。入ってはいけ . . . 本文を読む
コメント