福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。そしてこれらのお参り・修行は究極的には自身の中の仏様を掘り出すためです。霊験は自身のなかの仏さまと宇宙の仏さまの加持感応によります。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

福聚講のお参り予定は当分未定

仏の目的は唯一つ衆生を助けることである。金光明最勝王經・分別三身品

2022-09-04 | 諸経
「仏の身は三つに分かれるが(法身・報身・応身)それはただ一つの事を成し遂げるためである。一つの事とはいうまでもなく人々を助けることである。(金光明経・仏教聖典)」 以下「金光明最勝王經・分別三身品」です。 金光明最勝王經・分別三身品第三 (大師の「金勝王經祕密伽陀第二卷三身品(分別三身品第三)」には「三身(法・応・化)不異なり 四德(常楽我浄)は圓融す 應化は別なし 法身は同なること有り 法 . . . 本文を読む
コメント

後伏見上皇が五壇法を修せしめた日

2022-09-04 | 法話
史料綜覧 卷五 / 元弘元年(1331)九月四日条四日 後伏見上皇 入道尊円親王ヲシテ 五壇法ヲ六波羅北方ニ修シテ 戦捷ヲ祈禳セシメ給フ・天皇は後醍醐天皇。鎌倉幕府は守邦親王、執権は北条守時。後伏見上皇と後醍醐天皇は対立。後醍醐天皇は譲位に応じず、幕府により皇太子量仁が即位して光厳天皇となり、後伏見上皇はしばらく院政を行った。元弘の変で後醍醐天皇は廃位され隠岐の島へ配流されます。・尊円親王は青蓮院 . . . 本文を読む
コメント

西大寺光明真言会願文

2022-09-04 | 諸経
今日は叡尊が西大寺で土砂加持法会を始めた日西大寺光明真言会願文「南部州大日本国西大寺臥雲の沙門叡尊等至心合掌して異口同音に一切の仏宝に帰依し、一切の法寶に帰依し、一切の僧寶に帰依して而言さく。夫れ不空羂索毘盧遮那大灌頂光明真言は、我本師釈迦如来因位の昔、持念の時、無量無数の光明を放って三千大千の世界を照らし一切の魔軍を降伏し、一切の衆生を済度し、茲に神呪の力を藉りてもっぱら仏果の位を証す。かくのご . . . 本文を読む
コメント

今日は祈雨の奉幣をした日

2022-09-04 | 法話
・日本紀略 / 寛弘三年九月四日癸卯条(1006)「四日癸卯 丹貴二社に奉幣す 祈雨に依る也 蔵人を使と為す」天皇は一条天皇。・日本紀略 / 治安元年九月四日丙子条(1021)「四日丙子 奉幣丹貴二社 依祈雨也」天皇は後一条天皇。 . . . 本文を読む
コメント

今日は興正菩薩が「西大寺光明真言会願文」を撰された日

2022-09-04 | 諸経
西大寺光明真言会願文「南部州大日本国西大寺臥雲の沙門叡尊等至心合掌して異口同音に一切の仏宝に帰依し、一切の法寶に帰依し、一切の僧寶に帰依して而言さく。夫れ不空羂索毘盧遮那大灌頂光明真言は、我本師釈迦如来因位の昔、持念の時、無量無数の光明を放って三千大千の世界を照らし一切の魔軍を降伏し、一切の衆生を済度し、茲に神呪の力を藉りてもっぱら仏果の位を証す。かくのごとくならば則ち 法界智の所依となる也。月大 . . . 本文を読む
コメント

仏教大原理(釈雲照)より・・その4

2022-09-04 | 法話
㈢浄潔不邪淫戒・・・己が妻にあらざる婦女を犯さず、また妻といえども非処・非量・非支において情欲を恣にせざることを不邪淫戒の止善とする。行善とは、常に品行清潔にして仏陀の斎戒を受け、月の六斎日(8日・14日・15日・23日・29日・30日)及び父母の忌日には房事を慎む。加えてこういう日には酒肉五辛(にら,ねぎ,にんにく,らっきょう,はじかみ (しょうが,さんしょう) )を断ち食欲を制し美膳をさけ歌舞 . . . 本文を読む
コメント

今日は気比神社例大祭の日です

2022-09-04 | おすすめ情報
気比神社ホームページによると今日「9月4日(旧暦8月4日) 午前11時から例大祭」「 大宝2年(702)8月4日。勅して六柱の神々を合祀して以来、この日年に一度の重儀である大祭(例祭)を執り行なう。」とされています。気比神社は『気比宮社記』によれば、本殿は、伊奢沙別命(いざさわけのみこと、「気比大神」または「御食津大神」とも称される。仲哀天皇、神功皇后を祀り四社の宮として東殿宮:日本武尊、総社宮: . . . 本文を読む
コメント