福聚講

平成20年6月に発起した福聚講のご案内を掲載します。

福聚講とは

「福聚」は観音経の「福聚海無量」からとりました。 神仏は苦悩する衆生を救うためにこの世に示現されています。 私自身いままで無数のお蔭を頂いてきました。特に四国遍路では末期がんの人、重度の鬱病の人など多くの縁者の病が快癒しました。その後も 続々とお蔭をいただいています。この講でひろめたいのは、困ったときは、古くからの神社仏閣に必至に祈願すれば、必ず救われるということです。 日本列島には十五万以上の神社仏閣があります。各神社仏閣のご本尊・主祭神から路傍のお地蔵様道祖神までも今現在、日夜を問わず衆生済度に獅子奮迅のお働きをされています。神仏の世界は厳然として存在します。このブログではいただいた霊験や法話を中心に書いていき世界はおかげで溢れていることを証明するとともに、日本中の家庭・地域・霊場で神仏を一体としてお祀りすることを推進していきたいと願っています。

光明真言念誦と十善行のお願い

『「おん あぼきゃ べいろしゃのう まかぼだら まに はんどま じんばら はらばりたや うん」 今日本は相次ぐ大災害に見舞われています。今後も大災害が起こるようです。この光明真言は大日如来の最も有難いご真言で、その功徳は広大無辺です。無限の罪障を消滅し、唱える人に無量の福徳をもたらし、亡者を速得往生せしめるとされます。この有難い光明真言を随時おとなえして犠牲者菩提ひいては国難突破を祈願していただきたいと考えます。是非一人でも多くの方にお唱えしていただき日本列島が光明真言で蔽われることにより今後は悲惨な災害被害が少しでも軽減されることを願っています。光明真言の功徳はここにあります。また、十善行に努め少しでも国土を清めていただければと願います

現地集合です

初心者のかたも毎回いらっしゃいます。新しい方、飛び入り大歓迎、会費不要です。
2018年

12月15日(土)、15時護国寺。「忘年会」
2019年
1月19日(土曜日)15時護国寺
2月16日(土曜日)15時護国寺
3月16日(土曜日)15時護国寺
4月20日(土曜日)15時護国寺
5月18日(土曜日)観音様の日、(土曜日)15時護国寺
6月15日(土曜日)15時護国寺
7月20日(土曜日)15時護国寺
8月17日(土曜日)15時護国寺
9月21日(土曜日)御大師様の日、15時護国寺
10月19日(土曜日)15時護国寺
11月16日(土曜日)15時護国寺
12月21日(土曜日)忘年会、15時護国寺

昨日の定例会模様(追加)

2018-11-18 | 開催報告/巡礼記録
昨日の定例会模様 いつものように江戸川橋の今宮神社(明治維新前まで護国寺の境内社であった)にまずお参りします。神社には東京神社庁の「今月の言葉」として、賈誼(前漢の思想家・『新書』)の「「愛出(い)ずる者は愛返り、福住(ゆ)くものは福来(きた)る」がありました。人を愛すれば、その愛は自分に還り、 他に福を施せばその福は自分に還ってくる。ともいう意味でしょう。護国寺に向かいます。護国寺の門には「音羽 . . . 本文を読む
コメント

10月福聚講参拝記録

2018-10-24 | 開催報告/巡礼記録
Tさんに定例会の記録を作っていただきました。 「10月福聚講参拝記録 天高く青空が澄み渡り、久々に、入道雲が姿を現した10月20日(土)、福聚講(高原曻講元)では、15時から護国寺で定例参拝を行いました。 この日護国寺境内は久しぶりの秋日和とあって、大きな樹々の葉は黄ばんだ衣に着替え、参詣に訪れた人もまばらで、行く秋を感じる寂寥感が漂っている気配を感じさせられました。 本堂も数人の参拝する人た . . . 本文を読む
コメント

平成30年9月15日護国寺参拝記録 

2018-09-20 | 開催報告/巡礼記録
9月は静寂の中でたいへんありがたいお参りをさせていただくことができました。 . . . 本文を読む
コメント

平成30年8月18日護国寺参拝記録 

2018-08-20 | 開催報告/巡礼記録
8月の護国寺定例参拝のご報告です。 . . . 本文を読む
コメント

鈴木さんに先日の10周年記念の様子を記録していただきました

2018-07-25 | 開催報告/巡礼記録
「平成30年7月21日、お大師さまの日に福聚講は設立10周年記念を迎えました。 今年は連日の記録的な酷暑です。東京で最高気温が33度を超えたのはこの日までに9日連続となり、当日も34.9度とクラクラするほどの気候でした。そんな中にもかかわらず、15:00に護国寺本堂に集まったのは高原講元を含めて20名。通常の護国寺定例参拝にはなかった盛況ぶりで、「10周年を祝う」というみなさんの意気込みがわかり . . . 本文を読む
コメント

6月16日護国寺定例参拝会の記録

2018-06-17 | 開催報告/巡礼記録
護国寺定例参拝会の6月16日の記録です。 . . . 本文を読む
コメント

今日の福聚講模様

2018-05-19 | 開催報告/巡礼記録
今日の福聚講模様 今日は午後から日差しも暑くなるという予報があり、また自身の膝関節も傷んでいたので境内のお地蔵様や大師堂・薬師堂などをいつものように七回も回ってお参りするのは無理だろうとおもって行きましたが、着くと空は曇り空となり風も出て絶好のお参り日和となりました、その上膝も痛みが和らぎ3回でやめようと思っていたお参りも遂にいつものように七回境内を回ってお参りできました。やはりお参りには有難いこ . . . 本文を読む
コメント

本日の定例会模様

2018-04-21 | 開催報告/巡礼記録
本日の定例会模様 今日は靖国神社の例大祭の初日ということでまず靖国神社にお参りしました。予想に反してあまり人出はなく本殿も並ばずに参拝できました。作務衣でお参りしましたが神官の方々も特別の目で見ることもなく、気持ちよくお参りできました。般若心経と光明真言を心を込めてあげました。今月の社頭掲示は以下のようなものでした。「遺書 海軍少尉 上田兵二命 絶筆 出撃寸前 謹呈 小生いよいよ出撃突入す 遺品送 . . . 本文を読む
コメント

2月の護国寺定期参拝記録

2018-02-19 | 開催報告/巡礼記録
平成30年2月17日(土)は護国寺定期参拝会でした . . . 本文を読む
コメント

昨日の定例会模様

2018-01-21 | 開催報告/巡礼記録
昨日は今年最初の福聚講でした。私は早めに出て江戸川橋の今宮神社にまずお参りしました。ここは江戸末期までは護国寺の境内にあった鎮守社でした。桂昌院はここに伊勢神宮をはじめ日本国中の主要な神様をほとんど勧請していました。天照大神を伊勢神宮から、素戔嗚尊を京都今宮神社と熊野大社から、伊弉諾尊・速玉大神を熊野大社から、誉田別尊を石清水八幡宮から、大国主命と事代主の尊を京都今宮神社から,大宮比売命を春日大 . . . 本文を読む
コメント

今日の福聚講模様

2017-12-16 | 開催報告/巡礼記録
今日は数日前の天気予報では曇りのち雨ということでしたが、午後はポカポカした小春日和になりました。 今年最後のお参りなので江戸までは護国寺境内にあったという江戸川橋の今宮神社へお参りし般若心経を上げました。本殿には東京神社庁作成の「12月のいのちの言葉」として井上正鉄(禊教教祖)の「天地のご恩、日夜に忘れぬは、神道のはじめと存じ奉り候」という言葉が置いてありました。 この言葉を味わいつつ神社の前のゴ . . . 本文を読む
コメント

今日の定例会模様

2017-11-18 | 開催報告/巡礼記録
今日も天気予報は雨でしたが実際は曇り空でほとんど雨にもあわずお参りできました。 今日は18日でご本尊様の御開帳の日です。境内には五色の幡がはためいています。「幡(はた)」はサンスクリット語のパターカー(patākā)という言葉に由来し、仏や菩薩を荘厳・供養するために用いられるものです。また、『維摩経』によれば降魔の象徴とされ、幡を立てることで福徳を得て長寿や極楽往生につながるとされています。仏具 . . . 本文を読む
コメント

昨日の定例会模様

2017-10-22 | 開催報告/巡礼記録
昨日の定例会模様 昨日は台風上陸前で凪状態とでもいう小雨でした。お参りにはそれほど差しさわりとはならない程度で有難い事でした。 4時から東京別院の万灯会参拝という予定でしたので繰り上げて2時からのお参りとしました。私はいつものように1時間まえにつき境内の大師堂・一言地蔵様・お薬師様等を7度参拝しました。雨で7度もお参りできるか心配でしたが小雨でしたので難なくお参りできました。いつもは参拝者が相当い . . . 本文を読む
コメント

今日の定例会模様

2017-09-16 | 開催報告/巡礼記録
今日の定例会模様 今日は台風が近ずいているにもかかわらずお参りの間は雨は降らず、曇り空で風も微風で,またしても絶好のお参り日和でした。 行きに江戸川橋で降りて護国寺の境内社であった今宮神社をお参りしました。今宮神社は天照大神を伊勢神宮から、素戔嗚尊を京都今宮神社と熊野大社から、伊弉諾尊・速玉大神を熊野大社から、誉田別尊を石清水八幡宮から、大国主命と事代主の尊を京都今宮神社から,大宮比売命を春日 . . . 本文を読む
コメント

今日の福聚講模様

2017-08-19 | 開催報告/巡礼記録
今日の福聚講模様 今日は湿度が上がりかなり蒸し熱い午後でした。しかし護国寺の縁側で座っていると蝉時雨の中、一陣の涼風が吹き抜け、60年前の生家の山寺の夏に時空が瞬間移動したかのような感がしました。「涼風や虚空にみちて松の声 (鬼貫 「鬼貫句選」)」という句があるようですが、「涼風のお堂にみちて蝉の声」とでもいうところでしょうか。時空を超える感覚といえば、先日お盆前に孫と護国寺をお参りした時、突然 . . . 本文を読む
コメント