ブログ「風の谷」  再エネは原発体制を補完する新利権構造

原発事故は放射能による公害。追加被曝阻止⇒放射性廃棄物は拡散してはいけない⇒再エネは放射能拡散につながる⇒検証を!

宮城県仙台市太白区ソーラーパネルごと崖崩れ!土砂とパネルで道を塞ぎ、通行止め、立ち入り禁止に!

2015-09-11 | 災害

 

 

仙台市の住宅地でがけ崩れ

09月11日 19時32分 NHK 東北 NEWS WEB

仙台市太白区で住宅地のすぐ下側ののり面が、幅およそ60メートルにわたって崩れ、付近の住民が避難しました。けがをした人はいないということです。
11日午後4時前、仙台市太白区羽黒台の住宅地で近くを通りかかった人から「のり面が崩れている」と消防に通報がありました。消防によりますと幅60メートルにわたって住宅地のすぐ下側の斜面の土砂が設置されていたソーラーパネルとともに崩れました。この地区には大雨を受けて避難勧告が出されていましたが、消防は改めて近くに住む人に避難の誘導を行い、およそ10人が近くの中学校に避難しました。また、崩れた土砂とソーラーパネルが下を通る市道をふさいでいるため、付近の道路が通行止めになっています。
けがをした人はいないということです。現場は、仙台市郊外の住宅地でのり面の上には住宅が建ち並んでいます。
警察や消防が建物への被害がないかなど現場周辺の詳しい状況を確認しています。
現場は、仙台市郊外の住宅地です。
住宅が建ち並ぶ場所のすぐ下側ののり面がソーラーパネルとともに、大きく崩れ落ちています。
崩れた土砂とパネルが、下の通る市道をふさいでいます。警察や消防は現場周辺を立ち入り禁止にして状況の確認を進めていて、近くに住む人も離れた場所から心配そうに見守っていました。近所に住む人によりますと、のり面のソーラーパネルは、今年に入ってから設置されたものだということです。
のり面のソーラーパネルの設置を請け負った仙台市青葉区の工事会社の経営者によりますと、パネルは土地の所有者からの依頼でことし2月に設置したということです。
午後4時前にのり面の下の道路を通りかかった際に、パネルが沈んだようになっているのに気づき、車を止めて、離れた場所から写真を撮っていたところ、のり面が崩れ落ちたということです。

  9/11 NHK ニュース ウオッチ9  21:00~

 

 

  

 

 ツイッター  https://twitter.com/mi_yama_ya/status/642249712905531392  より

 

https://twitter.com/shimoyoden/status/642244208833658881  より

 

 


(管理人より) 仙台では急斜面にソーラーパネルを設置して崖崩れを引き起こしていますね。 

ソーラーを設置する際に、ある程度、斜面を丸裸にしますから、保水力がなくなり、最悪の場合こうなると予想しなかったのでしょうか?

https://www.google.co.jp/maps/@38.2192135,140.8237283,3a,90y,359.09h,89.66t/data=!3m6!1e1!3m4!1sQBOgX2ovfgZhB4zduhz92w!2e0!7i13312!8i6656!6m1!1e1

ソーラーを設置する前の斜面はこれではないでしょうか?(2011年9月)

 

 

http://blogs.yahoo.co.jp/blackmoon729/65198920.html  より

今年の2月に設置して、7ヶ月もたっていませんが、この有様です。 道路も通行止めになり近隣に迷惑をかけることになってしまうわけです。

崩れたところは斜面の土が見えてしまってますから、さらに雨が降れば保水力もなくなります。上が住宅地になっていますが、家の地盤がゆるくなって崩れるのではないでしょうか?

崩壊したパネルはこの状態でも発電し続けますから、発火、感電の危険はあります。

そもそもこのようなものを設置しなければ、崖崩れも起きなかったかもしれませんし、感電被害も起きないのです。太陽光パネルを国策にしなければ、投資の対象にして儲けようとする人も出てこなかったのです。

今回の大雨でこれだけの問題(パネル水没、パネル崖崩れ)が起きているのですが、今まで再生可能エネルギーを推進してきた団体や組織は、感電など注意喚起のお知らせを出しているのでしょうか?

 

ISEPのHPに何も出ていません。   http://www.isep.or.jp/post  

自然エネルギー財団 のHPに何も出ていません。 http://jref.or.jp/

NEDO のHPに何も出ていません。  http://www.nedo.go.jp/ 

産総研 研究員 https://twitter.com/kei_sakurai/status/642312014358953986   より

だそうです。↓ 「飯食わせて頂いてる分ぐらい」の注意喚起をどうぞ。

感電災害の防止対策

感電災害の防止について

FITで助成を貰う側が主体的に言うべきだと考えるんですね。まるで責任のなすり合いみたいですね。自分一人の責任は少ないという認識なんですね。

産総研がマスコミを呼んで記者会見したらいいのではないでしょうか。

まあ、国策公害事業というのは、このような自治体職員や公務員のひとりひとりの責任感の希薄さと企業の儲け主義によって成り立っているのだとわかります。

事業者は、利潤追求が目的ですから注意喚起なんてしないでしょうね。

個人でFITの恩恵を受けている人も言わないでしょうね。

こんな状態では、いつか壊れたソーラーパネルによる感電事故が起きるのではないかと私は思います。

 業者掲示板に、今回の水害パネル被害に関するスレッドはありません。  http://engawa.kakaku.com/userbbs/1092/

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 太陽光パネル専門家「被災し... | トップ | 常総市メガソーラーに最後ま... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

災害」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事