雪香の星月夜日記

山口雪香の歌がたり、ささやき、ひとりごと

のびやかにひとの若さを愛づることを舞台の果てと知りぬ新緑

2019-10-18 20:08:04 | Weblog

新緑に。






季節外れだが、新しく描き始めた絵について、いろいろ考えるので。


次は裸婦を描く。美しく、ふくよかな、みずみずしく、まだ世間の汚れを知らない力を描く。




感謝。



コメント   この記事についてブログを書く
« まつぶさに君のいたはり測る... | トップ | 晩秋の雨音遊ぶ耳のなか森や... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。