千恵子@詠む...................

リンクにて開く世界は万華鏡 あれやこれやと交差の果てへ

ハロウィンの祭り薄れるこの秋の疫病の闇...世界を覆う

2020年10月10日 | 詠む

例年は9月頃から、かぼちゃ飾り、クリスマスと続く騒々しいのが嫌だった。

せかされてるようで、ひねくれもの千恵子には全然うれしくない祭り。

この秋は、英語学校の前くらいしか派手派手かぼちゃが無いのが清々しい。

せっかくの秋、みのりの秋、芸術の秋なのに...疫病のせいで子どもたちはエアーリコーダーなんだって可哀相。

あ。でも、これから増殖するのかなハロウィン騒ぎ。下記は、十年前の歌。

メキシコの死者の祭は好きなれど 日本のかぼちゃ騒ぎは痛頭

ハロウィンを白眼しつつ思うのは 米国の真似わるさばかりね

 

ポサダが描いたLa Calavera Garbancera

Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 冊子なる『永山則夫入門』ぞ... | TOP | 新宿の伊勢丹「NOMINO... »
最新の画像もっと見る

post a comment