横浜FCとおいしい話・・・

横浜FCとお酒が大好きなおばか夫婦の日々日常、ときどき観戦記。

さようなら ロビン…

2016-09-15 | ロビン(♂ジャーマンシェパード)
2016年9月15日未明に、我が家の愛犬ロビンが天国へ旅立ちました。
今日の日記は我が家の忘備録で申し訳ありません。興味をお持ちでは
ない方は、申し訳ありませんがスルーしてください。

今日、突然の他界に家族皆で驚いています。

ダンさんが昨日のブログで、「箱根ぶらり」のことを書きましたが、
月曜日は普段どおり、普通に元気でした。
火曜日は、私が仕事から帰ると右後ろ足を引き摺りながら出迎えるので、
「また関節痛を起こしちゃったのかな」とダンさんと話しましたが
食欲もあり、後は普通でしたので湿布をして様子を見ることにしました。
が、昨日水曜の朝に、身体が熱くてぐったりして歩けない状態に急変へ。
「これは、まずいかも」
ダンさんが仕事を休み、介助しながら、かかりつけの獣医さん(院長先生)
に自宅へ往診に来ていただきました。
ロビンの様子をよく診ていただき、3年前そして今年の1月にも関節炎を
起こしたのですが、多分同じでしょう、また週末に詳しい検査をすると
して、症状が和らぐようにと点滴・注射を打ってくださいました。

いつもなら診察を受けると、少し元気が回復するのですが、夕方までに
下痢や嘔吐を繰り返したそうで、ダンさんからメールをもらい、昨日は
私も仕事を定時過ぎで切り上げ帰宅しました。
食欲が全くなくて、アイスクリームも大好きな犬用のお菓子も食べたがり
ません。今迄、1日くらいこんな日があっても翌日はケロリと元気になる
ことがあったものですから、「早く元気になるといいね」と夜は普通に
就寝しました。

今朝4時30分、ダンさんが何だか気になったそうで、ロビンの所へ行くと…




「ロビン、亡くなっちゃった。一人で天国行っちゃった」
耳元にダンさんの声を聞き、状況がわからないまま飛び起きて、ダンさんの
後を追い、私もロビンに近付くと、
ロビンは眠ったいつもの姿勢のままで…動かず…冷たくなっていました。

昨日1日具合が悪くなっただけで、まさか亡くなってしまうとは、夢にも
思いませんでした。それも、家族が就寝してる時間に、迷惑をかけること
なく、一人ぼっちで天国へ旅立ってしまいました。
誰にもさよならを言わずに…

表情が普通に眠った顔で、手足もきちんと揃えていたので、心不全だった
のかもしれません。

亡くなる時にどこか痛くなかったかな?苦しくなかったかな?寂しくなかっ
たかな?
ダンさんと一緒に、ロビンの体を綺麗にしてあげながら、涙が溢れました。
「良い子だったよな、頭が良くて何でもわかり、気持ちのとても優しい子だった」
うん、うんと頷きながら、2人でロビンをいっぱい褒めてあげました。

悲しいですが今日のうちに辛いことを済ませようとダンさんと話し、
今日は会社に休みをいただき、ロビンを見送りました。
ペット葬儀社の方に「硬直が激しくないのでこの子は苦しまなかったはず
ですよ」といっていただいたのが救いでした。

ロビンがいなくなった我が家ですが、ダンさんと私はどこかにロビンが
いるんじゃないか?と、今もつい目で探してしまっています。
先代のゴールデンレトリバーのミルキーとの別れから2度目の愛犬との
別れですが、しばらくは悲しくてダメそうです。


ロビンくん、今までたくさんの楽しい思い出を、どうもありがとう。
ずっとずっと忘れません。いつまでも大好きだからね…。


ロビン、2009年5月22日に生まれ、7歳。
2016年の中秋の名月の十五夜に、大好きなボールとともに天に昇りました。





今までロビンのことを愛してくださった皆様、
本当にどうもありがとうございました。



末筆になり失礼いたします。
ロビンと我が家を出会わせてくださり、今回は葬儀社をご紹介
くださいました、ロビンの実家(親犬)の松本様、大変お世話に
なりました。ミルキーと共にロビンも、いつまでも愛しく大切な
我が家の家族です。どうもありがとうございました。
コメント (6)

不安な気持ちの一週間でした…

2016-02-07 | ロビン(♂ジャーマンシェパード)
今日は我が家の愛犬、ロビンの話です。
このブログが9周年を迎えた際に、ロビンの体調不良のことを少し書きました。
思いのほかと申すのも変ですが、ロビンのことを気にかけてくださる方が多く、
ご報告した方が良いかなと思い、ブログに記すことにしました。

1月末に足の腫れで歩行困難になり、片側だけ腹部も腫れていて、何かの病気では?
と獣医さんに診ていただいたところ、レントゲンと血液検査からは異常が見られず、
足の腫れは関節炎の悪化によるもので、前にも治療をしましたが、オゾン照射と
投薬治療で約3ヶ月激しい運動の禁止と診断されました。薬を飲んで治るんだと安心
しましたが、その翌日、獣医さんから電話があり「レントゲンを再度調べたところ、
お腹の腫れが気になるので、病理検査に出してみはどうでしょうか」との内容でした。
え、?? どうしよう、やはり何か大きな病気?
ダンさんと不安な気持ちを抱えて、先週土曜日に、ロビンを連れて再び獣医さんへ。
レントゲン写真を見ながら説明を受けましたが、胸の肋骨の間に白くボヤけた部分が
ありました。獣医さんは「細胞が石灰化している疑いがあります」とのことで、
病理検査をして頂くことにしました。
「悪性だったらどうしよう?もしかしたら癌なのかなぁ?」
不安な気持ちで一週間。。。

昨日再び獣医さんへ行き、診断結果を伺ったところ、今回の検査では異常では
ありませんでした。



難しい言葉で綴られた診断書でしたが、悪性の腫瘍とかではなくて、ひとまずは
安心しました。
ロビンも今年の5月で7歳、シニア犬の仲間入りです。今まで以上に体調に気を配り、
健康を守ってあげなくてはいけないなぁ…と、痛感しました。



ぼく、ロビンです。
ボール遊びが大好きで、ついつい走り過ぎて関節を痛めちゃうんだ。
でもこれからは少し気をつけます。
皆さま、心配してくださってどうもありがとうございました。
じゃ、またね!

ロビン、本当ですよ。ボール、ほどほどにしましょうね。って、パパ(ダンさん)に
気をつけてもらわないと、です。

皆さま、ご心配をおかけいたしまして申し訳ありませんでした。
どうもありがとうございました。
コメント

犬のいない生活

2014-10-30 | ロビン(♂ジャーマンシェパード)
僕は欲深い性格なので、
いつだって自分の好きなモノに囲まれて生活したい。

ヨシミンが書いてくれたように
現在ロビンは動物病院に入院中なので離ればなれです。

よく、ペットは飼い主に似ると言う。

先週、主人である僕が大腸内視鏡で病院のお世話になった。
今週はロビンが膀胱結石。
何も同じシモの病気で手術しなくても。

まあ、前と後ろの違いはあるけどさ。

僕とロビンは繋がってるとヨシミンは笑う。


いればいたで面倒くさいのも事実ですが
やはりロビンがいない生活は味気なくさみしいです。

まあ、明日か明後日には帰って来るし
どうでもいいっちゃいいんですけど。




コメント

お互い、試練を重ねて・・・

2014-03-20 | ロビン(♂ジャーマンシェパード)
今週は、ぜんぜんブログを更新しませんで、すみません。(´・ω・`;A) 
元気は元気です。が、書くことがあまりにも何もないものでして…(^_^;)
父の死から日曜日で1ヶ月を迎えます。生活は普段どおりですが、
愛犬ロビンが一人(一匹)で留守番をしているもので、以前のように
ダンさんと仕事帰りに一杯!の、外飲みがまだ出来ずにおります。
その理由は・・・

ロビンは50kg近くもある今年まもなく5歳になる大型犬ですが、私の
両親と同居の5人世帯で最初に迎えられて日中はいつも父と母がいる
生活、それが2年前母が他界し、父と過ごしていましたがその父も他界。
生まれてこの方、5年近く一日の大半を一人で過ごすことがなかったので、
彼も淋しさを抱え、葛藤しているようなのです。(表現がオーバーですが)

私たちと生活していると大変利口な犬なのですが、この1ヶ月、留守で
一人ぼっちになると、ゴミ箱を倒してみたり…、戸棚の引き戸を開けて、
ドッグフードのお菓子袋を引っぱりだし食べ散らかしていたり…。帰宅すると
家は散らかり放題。ヽ(゜Д゜;)ノ!!体が大きいし智恵もあるので手におえません。
が、今週からはそんないたずらも減って、やっと落ち着いてきたようです。
こちらが「駄目でしょ!」と叱ると、大きな体を小さく丸めてションボリする姿
を見ると、表面は怒ってもつい可哀想になります。彼もわかっていてしている
ように思います。その繰り返しもお互いに試練、なのでしょう。(*´pq`)クスッ

やっと一人(一匹)に慣れてきたようなので、土曜日は三ッ沢へダンさんと
応援に行くことがとても楽しみです!
春一番が吹いた一昨日は暖かでしたが、今日は冷たい雨。まだまだ気温
の変化が激しい時期です。皆さま体調管理にどうぞご注意くださいね。
o(*^ー^*)o
コメント

獣医さんで診察を受けました

2013-08-14 | ロビン(♂ジャーマンシェパード)
我が家の愛犬ロビンの足についてのご報告です。
皆さまにご心配をおかけしてしまいましたが、最悪に心配した骨肉腫では
ありませんでした。とてもホッとしました。ご心配をおかけいたしまして
申し訳ありませんでした。(^人^)
以下、我が家の記録として書きますので、ご興味のない方はどうぞスルー
なさってください。f^_^;)

今日は獣医さんが開く9:30に合わせて診察へ。前回来院時と症状が変わら
ない様子と足の腫れを見て、先生に「一応レントゲン写真と血液検査を
しましょう」といわれました。ネットで色々調べ、心配で先に聞いてみたい
病名は、あえて口にしないようにしました。
そのまま動物病院の待合室で待つこと約2時間。しばらくすると…
「すみませんお待たせして。レントゲンと血液検査の他にレーザー治療も
していたもので。」
れ?レーザー、レーザー治療……って? また心配になりましたが説明を
受けるため診察へ。 (ダンさんと私、物凄く不安な顔していたと思います)

ロビンの病名は、膝の故障でした。
大型犬に多い、股関節の異常や、心配した骨肉腫ではありませんでした。
毎日日課の激しいボール遊びで、ダイビングキャッチやクイックな動きを
4年間していたことが(体重の増加も誘因し)、知らず知らず膝を痛めていた
ようなのです。

レントゲン写真を見ると、膝の軟骨がすっかり擦り減って骨と骨が当たって
いる様子がわかりました。それが足を床に着けられない痛みの原因で、膝に
炎症をおこしていました。足首から膝まで腫れたぷよぷよの水分は、関節が
動きが取れないことにより、リンパ液や体液が溜まっていたのだそうです。
「炎症を抑えるためにはレーザー治療が有効で、今日はレーザーも当てて
みました」
「血液検査の結果も、体に炎症が起こっている時に上昇する検査項目だけが
異常値でしたが、骨腫瘍等の病気の項目は異常なしです」と、先生にいわれて
「わあ、そうでしたか。実は骨肉腫ではないかと、心配しました」と私がいうと
先生も…うんうん、と頷かれました。やはり検査するまで疑いは少しあったの
かもしれません。


「血液検査報告」の写真です。
骨腫瘍等病気の検査項目、基準数値9.3~12.1のところ、ロビンは9.9でした。

ただまだ心配はあり、前十字靭帯も断裂はしてないものの傷んでいる状態で、
今以上酷くなった場合は、手術で人工の靭帯にしなくてはならないらしく、
そうならないために今後3ヶ月は絶対安静、年内は激しい運動禁止。一週間に
一度のレーザー治療が必要で、軟骨が形成されるようにサプリメントを服用
することになりました。特にこの一ヶ月は、散歩も5~10分にしてくださいと
厳しくいわれました。最初はボール投げ遊びで足を軽くひねっただけかな?
なんて思ってましたが、思いの外、重症でしたが、命に関わる病ではなくて、
家族皆で本当にホッとしました。
「前十字靭帯」と言葉を聞いた時、ダンさんと顔を見合わせ「サッカー選手と
一緒!!」と、思わず口にしてしまいました。(⌒-⌒; )

【横浜FCとおいしい話… オフィシャルサイトよりご報告】 ?(架空です)

横浜FCサポーター ・ダンナ&ヨシミン愛犬のロビン選手が、8月14日に逗子市内の
動物病院にて検査を行い、アニマルドクターが診断した結果を下記の通りお知らせ
いたします。

【内容】
右後ろ脚膝の抗炎症と前十字靭帯再建

【全治】
約3ヵ月の見込み

以上

もしもロビンがサッカー選手でしたら…こんな感じ? ふざけてすみません。
皆さまにご心配をおかけいたしまして、申し訳ありませんでした。

(今日のおまけのコーナーです)


動物病院の待合室で、診察順番待ちのロビン。
何をされるのかなぁと不安げ、カメラを向けてもこちらを見てくれません。

検査の結果や今後の治療説明を受けたら、動物病気で3時間が経過。
診察結果に安心したら、グウグウ~お腹が空いてしまいました。


ランチはハーフサイズのパスタセットをお互い注文し、4種類のパスタを
ダンさんとシェアして食べました。

今日はロビンの通院ために取った夏期休暇。
興奮して疲れたロビンと一緒に、ダンさんもお昼寝しました。
痛いとか不調があっても話ができないペットたち…、言葉で通じ合うことが
不可能な分、飼い主私たちは、これからもっと事細かに様子をチェックして
あげなくてはならないなぁ…とひたすら反省、でした。
コメント (3)