☆My Everyday Life in Canada☆

カナダに来て13年。2人の子供達の成長記録と梅ちゃんからの日常エピソード色々☆

やっ屋根裏に!

2017-09-13 | 日常の出来事
週に一度、ダディ君実家の片付けをお手伝いすることになりました。私の母は どちらかというと、使わなくなったものはさっさと片付けたり処分してしまうタイプだったので、小さい頃に使っていたおもちゃなどは、残っていないし、時々あーあれも捨てちゃたのかーって思うものもあったけど、こちらの両親は、細かいものまで、ものすごい数の物を持っています。

私が知っている範囲でも ずっと気になっていたんだけど、いざ処分となると、できなかったみたいです。
でも、義母のお友達が何か助言をしてくれたみたいで、私に声がかかり、お手伝いに行ってきました。

私的に気になっている場所は、他にもあるんだけど、両親が「今日はここ」と決めたところをお手伝いするのがいいかなと、今日はおもちゃ箱2箱分と、庭に山積みになっていた植木鉢達の片付け。

幸い今日はゴミ取集日で、プラスチックの植木鉢は、きれいに持っていてくれました。小さいのも入れると100個くらいあったんじゃないかな。良いタイミングだった!

おもちゃは、良い状態で保存されていたわけでもないので、私的には一斉処分でいいのではないかと。。。心の中では判断していたけど、ドネーションに持っていけるものもあるらしく、それらを除いて、見ていない隙に、ささっとゴミ袋へ(笑)

でも、リヤカーに乗せる前に袋をチェックされてしまうと、そこからいくつかレスキューされるものもあって、「きれいにしても、ドネーションしても、きっと使う人いないよお〜!!」と、心の中では思いましたが、中には義理の父のおもちゃとか、アンティーク入りできそうな物もあるようで、私には価値がわからないけど、そこはお任せすることに。

そして、びっくりご対面がこちら。

わかりますか?

飛行機の翼です。

しかも、義父が、自分のお父さんと一緒に手作りしたもの。 でも完成前に、お父さん亡くなられてしまったので、操縦していたのは別の小型飛行機だったようで、これに乗っていたわけではないみたい。

手作りする物のスケールが。。。。。はんぱない。

カナダに11年達いまずが、屋根裏に、まさか飛行機の翼が収納されていたとは、想像の範囲を超えてます!


両親には「え?知らなかったの??」って言われたけど、知らないよお!!!

しかも、この翼、とある大学が引き取ってくれるとか!?

週1でお手伝いしても、片付くには数年かかるかもしれないけど、彼らがついに「片付けよう!」という気持ちになれた事がなんだか嬉しい。
そう、今がチャンス。寒くなる前に、少しでも片付くといいなあ。

私自身の家もだけどね(苦笑)


人気ブログランキングへ
コメント   この記事についてブログを書く
« 色分けゲーム | トップ | これこれ!! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日常の出来事」カテゴリの最新記事