☆My Everyday Life in Canada☆

カナダに来て12年。2人の子供達の成長記録と梅ちゃんからの日常エピソード色々☆

間接的だけど

2009-08-30 | Weblog
今日は1日のんびりと私もベイビーが寝ている間に一緒に睡眠をとって体をたっぷり休めました
やっぱりお産は大仕事ですね。1週間経ったけど、体はまだ本調子に戻らない。。気持ちは元気だけど体のあちこちに不快感があります。
まー陣痛を思い出せば何て事ないけども。。

見た目の体型や体重はだいぶ元に戻ったように感じますベイビーが沢山母乳を飲んでくれるのは、もちろん自分がお腹がすいているからだと思うけど、母親の体も早く元に戻りますように☆と応援してくれているのかもしれない

それにしても人間の本能ってすごいなと感じるのが、生後間もないのに、彼はすでにどの腕が『食事』をさせてくれる腕かを知っている

Paulもよく面倒を見てくれて、オムツを換えたり、寝かせたりも上手なんだけど、『お腹がすいてるの~!!喉も乾いてるの~!!』とアピールされてしまうと、私にバトンタッチをせざるを得なく・・・

そして私が抱くとピタッと泣き止み乳を探し始める

とってもいいダディなのに。。きっとこんな時 寂しさ感じちゃうよね。
私も仕事で子供達と接していた時、時々似たような寂しさを感じたことがあります。どんなに楽しく遊んでも、心からお世話しても、その子達の母親にはなれないからね。

なので息子には授乳しながら、『ダディが私に作ってくれたご飯を食べて、君の飲んでいるミルクができるんだよ』と話しかけています

あと半年もすれば離乳食も食べるようになって、『ダディも食事をくれる人』になると思うけどね


今晩のおかず。Paulがんばってます
味噌汁も昆布とかつおぶしで出汁から作ってくれています。イワシは缶詰だけど、近所のスーパーで化学調味料や添加物が入ってない物が売っています。トマトは今朝実家の裏庭で採れたもの。納豆ご飯とほうれん草おひたし、サツマイモ☆
シンプルだけど、とってもおいしくいただきました

今日も読んでくれてありがとうございます
ブログランキングボタン(下のブルーのやつです)1クリック応援よろしくお願いします
コメント

食欲の秋?

2009-08-29 | Weblog
ここ数日とっても涼しくなってしまいました
太陽が出ていると暖かいけど、曇っているとなんだか肌寒い。。気がつけば8月ももうすぐ終わり。
秋到来なのかなあ。。。。。

ベイビーの1週間分の写真を少し整理しました。たったの1週間なのに、写真を見ても生まれたばかりの頃は今以上に小さかったんだなあと感じます
お腹に乗せている写真を見ると『あ~こうやってお腹に入っていたんだな~』とわかるくらい小さかったんですね~
もちろん大きくなって欲しいけど、小さかった頃はもう戻ってこないと思うとちょっと寂しい気もする

授乳中が多いのですが、時々ニヤーっと笑うんですね~
この時期は本人の意思はないと言われているけど、時々タイミングよく名前を呼ぶとニヤーっと笑うので、嬉しくなります
写真を撮りたいけど、タイミングが難しい

出産して変わったこと。
『食欲』妊娠中も普通に食事はできていたけど、空腹感ってそんなになかったんですよね。
でも産後、授乳のせいか、胃の周辺がすっきりしたせいか、『おなかがすいた~』と感じる事が多くなりました


最近はまったもの。Paulマミーがコスコで買ってきてくれたシリアル。イギリスの製品のようですが、オーツ麦?、レーズンやココナッツ、ナッツなどが入っていて、歯ごたえもあっておいしいです♪ 朝はこれに豆乳をかけて食べています

授乳しているとPaulが用意してくれるのですが、彼、フルーツをとってもきれいに切ってくれるんですね~ 私はその辺り大雑把で、適当にザクザク。時にはバナナなど手で折って盛りつけてしまうけど、丁寧にスライスされていて、結構感動します

今日も読んでくれてありがとうございます
ブログランキングボタン(下のブルーのやつです)1クリック応援よろしくお願いします
コメント

サプライズ

2009-08-28 | Weblog
昨日シャワーを浴びた後、髪の毛を拭いていたら、雫がポタポタポタポタ・・・・何だ?何だ?と思ったら 母乳が出ていてびっくり!! そんな時に限って母乳好きの息子はスヤスヤ夢の中。もったいない

でも昨日から、昼も夜よく眠ってくれるようになりました。
夜も授乳後に1時間から2時間眠ってくれるので、私もその間休めるようになったし。今晩もそうであるとありがたい。きっと1回の授乳量が増えたのかな

それぞれ成長の段階で別のかわいさが出てくると思うけど、小さい体で一生懸命飲もうとする姿や、体を真っ赤にして泣き叫ぶ姿もみんなかわいいね♪ 
Paulが言うには、泣き声が1レベルUPしたって。確かにそうかも。元気に成長している証拠だよね
この新生児である瞬間は今だけと思うと何とも愛おしい毎日が貴重に感じます

今日は生後7日目、日本だと『お七夜』のようなので、我が家でも夕飯に赤飯を炊いてみました
Paulの両親も招待して。尾頭つきの魚の代わりに、Paulマミーがターキーを焼いてきてくれました(この辺り、カナダ&日本のミックスでしょ
元気に育ってくれるといいな


ランチに友達がね~ ミネストローネとパンを作って持って来てくれたんです!!!!
もーねー本当に感激でしたよ!しかもすっごくおいしい
泣きそうになりました 彼女の温かい心遣いにも感激です☆
本当にありがとうね~

今日も読んでくれてありがとうございます
ブログランキングボタン(下のブルーのやつです)1クリック応援よろしくお願いします
コメント

おむつ

2009-08-27 | Weblog
今日はこれから沢山お世話になるであろうファミリードクターに検診に行ってきました
といっても、私達のドクターはここでもバケーションで別のドクターが診てくれました
2日前生まれたときより体重が落ちていたけど、少~し体重が増えました。よかった よかった
シワシワだったお肌にも少しずつ張りがでてきたかも
母乳たくさん飲んでるからね☆

産後の検診、母親のはないのかな?今日も『ブルーな気持ちになったりしていない?』と聞かれただけ。『ハッピーです』と答えたけど

昨日はオムツを換えるとき『へその緒』がいつの間にか取れていてびっくり
こんなに早くに取れてしまうものなんだ~ もっと数週間かかるのかと思っていました。これで抱っこする時もお腹を気にしなくていいので楽になります

それと小さな変化ですが、今まではブランケットを使って、お腹の中にいた格好でくるんであげると そのままスヤスヤ眠っていたのに、昨晩から足の動きが活発になって、眠りながら蹴る。蹴る。気がついたらブランケットがすっかり足元に移動していて、こんな小さな事だけど、なんだか成長している感じがして嬉しいです

私達(オムツ換え経験の少ないPaulの方が特にですが)が奮闘しているものの1つ『オムツ換え』

男の子ですからね、ハハハ お尻をきれいにしていたらピ~っておしっこしちゃったり、換えている側からウンチが出てきちゃったり 大爆笑です

布オムツで育てる予定でオムツカバーなども用意していたんだけど、お店の人に相談して大丈夫と言われたサイズでは大きすぎで・・・・それとお祝いで新生児用として大量の2サイズの紙おむつをいただいたんだけど、それもまだ大きくて・・・一番小さい紙おむつを買って使ってみました

が、換えたばかりなのにまた汚しちゃったり(しかも微量とか)ゴミも出費も増えるなあ・・・・と思い、外出ついでに さらに小さいオムツカバーを買いに行ってきました。

体重2kg~4kgというサイズはこれしかなくて。

予め用意していたのは少し通気性が良さそうな素材を選んだんだけど、これは外地ポリエステルで、内側にしっかり防水ラミネートのようなものがされていて、蒸れそうなのがちょっと気になる。。。紙おむつと同じかなあ。
でもすぐに取り替えるからあまり気にしなくていいのかな

これしかサイズがなかったので買って使ってみました。
洗濯は大変になりそうだけど、カバーのサイズさえ合えば、布オムツの方が心地良さそうだと感じたPaulと私です
でもお出かけには紙おむつが便利ですね


今日も読んでくれてありがとうございます
ブログランキングボタン(下のブルーのやつです)1クリック応援よろしくお願いします
コメント (3)

母乳

2009-08-26 | Weblog
だんだんと子育てペースをつかみつつある1日 今日は少し昼寝ができました☆
メールを下さっているみなさん、返信ができていませんが、もしブログを見てくれていたらこの場をお借りしてありがとうございます。気長に返信を待っていただけたら嬉しいです

出産後5日目ですが、すでに1週間は経っているような気がします。
1日がすごーく長い睡眠時間トータルで多分3~4時間の日々。でもそれなりに元気なのが不思議

今私は『ミルクマシーン』となって24時間体制で母乳の生産と供給に励んでおります
時々睡魔と闘うのが大変だけど、ベイビーの顔は24時間見ていても飽きないものなんですね~。手のひらサイズの小さなお顔で色々な表情を見せてくれます。かわいいよお~

私が住んでいる地域は母乳育児に積極的なようで、入院中もかわるがわるナースが授乳の様子を見に来ては、抱き方、母乳のあげかたをアドバイスくれました。

でもね、人によって言う事が違うので私とPaulは少し戸惑いましたよ
『欲しがるだけあげればいい』というナースもいたし、そうしていたら2日目の晩に3時間連続授乳になってしまい、別のナースが『母親が休まないと母乳が作られないから』とPaulにゴム手袋をさせてベイビーを抱かせ、それを吸わせるように指導してきたナースもいて。。。でもこれは二人ともとっても不快でした。何よりベイビーが一番不快だったでしょう。 生後2日しかたってないのにゴム手袋だなんて。。。

小さい体なりに大きくなろうと 微量でも栄養を取ろうとベイビーなりに頑張ろうとしているような気もしていたし。翌日あまり飲まなくなっちゃったのもこれが原因じゃないかと思ってしまったり。。

母乳ですが、妊娠中からおっぱいさんに赤ちゃんが生まれたらおいしいミルクを沢山製造するように念じていたのが通じたか、どうやら私は母乳の出がよい方らしく、初日から何やらその素となるものが微量ながら出てくれて、今では母乳が継続してそこそこ出ています。

母乳と出産は先生から褒められました

カナダサイズでは小さめで生まれたベイビー。生まれてきただけでも不安だらけだろうに、血糖値を測る為に2日間毎日3~4回、かかとから血を絞り取られてて・・・・しかも退院の日は別の一般的な検査分も採血されていて・・私の手を握りながら大泣きしていて、見ているこっちが泣けてきました日本で生まれていたらきっとこんなに採血されなかったろうに・・

みんなから小さいベイビーだね。小さいベイビーだね。と言われ、ナースからは『起こしてでも3時間置きに母乳をあげるように』としつこく言われ続け、知らず知らずにプレッシャーになっていたのかなあ。
確かに生まれたときは3000gあったけど、顔は手の平サイズだし、手足もまだ脂肪がほとんどついていなくて、ほっそいし(新生児はみんなこうなのかもしれないけど)そんな中、退院初日はベイビーが血も沢山採られたから疲ちゃったようで、『飲むより眠る』という感じで、あまりに静かに眠るので、このまま動かなくなったらどうしよう・・と、とても心配でした。

でも翌日からは間逆で・・飲む。飲む。飲む。嬉しくなりますね
ただ、日中は飲んだ後に程よく眠ってくれたのですが、夜から眠らなくなってしまって・・・
飲みながら眠って、ゲップをさせようとすると起きて再び飲み、眠ったと思って寝かせると数分後にまた起きて飲みの繰り返しで私は朝の6時まで一睡もできず・・
3時間おき所ではなく ひたすら飲もうとしていました。

あまりにひたすら必死に飲む様子を見て、飲まないよりは嬉しいんだけど、もしかして私の母乳に変な成分が入っていて、ベイビーの神経を変に刺激しているのではないか・・とか、病院で母乳指導を受けた時に、赤ちゃんの首後ろを持って、胸に押し付けるように教わって(かなり強く)、それがベイビーもなんだか苦しそうだし、私も慣れていないから余計に違和感があって、その時に変な神経を刺激してしまったのではないか・・・とか 病気かなあとか、前日はもっと飲んで欲しいなと思ってたから、その思いが変に強く伝わってしまったのかとか、だんだんと不安になってしまいました 
翌朝友達に電話して、よくあることだとわかりほっとしたけど

昨晩は少し落ち着いてはいたけど、眠りにつけたのは今朝の8時。。。 それでも全くイライラせずに赤ちゃんの顔を見ていると『かわいいな』と思えるから不思議

Paulは寝かせるのが上手なので、日中は彼にお願いして、私もその間少しだけ眠る事ができました。
私もPaulも最初の2日間はペースをつかむのにてんてこまいだったけど、少しずつ心にゆとりが出てきた感じです


それにしてもPaulは本当によく手伝ってくれます

食事作りにもトライしてくれています。初挑戦の『オムライス』
なかなか上手でしょ?おいしかった

今晩は何時に寝られるかな 眠っている今のうちにエネルギー補給しなくては!!
また長くなっちゃった。

今日も読んでくれてありがとうございます
ブログランキングボタン(下のブルーのやつです)1クリック応援よろしくお願いします
コメント (3)

出産報告☆

2009-08-24 | Weblog
久しぶりの更新です
カナダ時間の8月20日 午後8時前に、元気な産声をあげた男の子を出産しました☆

初めての超音波でたった6mmの体に小さな心臓が動いているのを見て、えらく感動した日から8ヶ月近く経ち、狭いお腹の中でこんなに成長していたんだね~嬉しさでいっぱいです。
生まれた瞬間の感動!一生忘れたくないです
元気にすくすく育てくれますように

産む最終段階はスルッと生まれてきて、胎盤もすぐに出てきて安産☆という感じでしたが、生まれる準備までが長かった・・・・・これを含めると難産だったのかなあ

先週は日曜日明け方の軽~い陣痛らしきものから始まって、ずーっと痛みと向き合っていたように思います。でも赤ちゃんが生まれてくる痛みだから前向きに向き合えたけど、振り返る人生で一番感動的でありとっても疲れた1週間だったなあ・・でも痛みと向き合っていた時間もずいぶん前のことのようにも感じるので不思議。

興味がある人は私の初出産体験、読んでくださいませ

病院から帰された日(確か水曜日の朝)、日中陣痛の間隔が30分になってしまいましたが、夕方からまた10分間隔に戻ってきて、痛みもさらに強くなりました。
でも『しっかり食べて、しっかり眠って』と言われて病院から帰されたので、ちょこちょこ休憩しながら夕飯を作り、それは食べることができました。

でも夕飯を食べた後からさらにしんどさが増してきて、夜の11時頃には陣痛の間隔がまた3~5分間隔に戻り、痛みも今朝よりさらに強い

看護師さんから言われた『大量出血』『破水』『胎動を全く感じない』『Paulに笑顔を全く見せられない程度の痛み』のどれになったかって・・・『Paulに笑顔を見せられない痛み』です

でも、また病院から帰されるのが嫌だったので、4時間そのまま家で様子を見ました
4時間経ってもひたすら陣痛の間隔は3~5分
私の場合痛みが腰の『尾骶骨』に集中しました。『今 赤ちゃんも骨盤に入ろうとして頑張ってるんだ!!!』と深呼吸をしながら耐えつつも、立っても座っても寝転がっても、お湯につかっても何をしても痛い 2時間半後、再びPaulを起こし、『今度こそ来たと思う』としばらく様子をみて、明け方病院へ向かいました
道中の車の揺れがあああああああ・・・・・・・・・・・・辛い

病院に到着しても個室に入る前に、陣痛の様子や赤ちゃんの心拍を別部屋でチェックするのですが、前日の昼過ぎからほっとんど睡眠をとっていなかった私は、陣痛の合間に睡魔が襲ってきてその睡眠でリラックスすると、陣痛の間隔がまた広がり始めて・・・・・ 看護師さんに10分でいいから眠りたいと言ったら、『その辺を歩いてくるか』『産みに来たんでしょ。寝たいなら家に帰るように』と言われ歩くのにトライしたんだけど、歩くとすぐに陣痛が戻ってきて、病院の廊下で動けず・・・・
しかも赤ちゃんも準備態勢に入って頑張っていたんでしょうね、『胃』をおもいきり蹴られた感じがして、妊娠中一度も吐かなかったのに、胃液をおもいきり吐き出してしまいました(汚くてごめんね)
尾骶骨は痛いし、陣痛はすすまないし、気持ち悪いし、眠いし、このまま帰されたらどうしよう・・・と思っていたら、個室に案内され、ひとまず病院にいられることがわかりました。朝6時頃かな。

その時、看護師さんから『エピドロ使いますか』と聞かれました。
普段から頭痛薬すら飲まない程 私は薬が嫌いだったのと、想像するだけで貧血になりそうな程 注射針が嫌だったので、迷わず『自然分娩』で考えていたんだけど
インターバルは多少あったものの、もうすでに痛みと24時間以上闘っていて、これからさらに何時間この痛みが続くかわからいと思うと『どうしよう・・どうしよう・・・どうしよう・・・』と薬に対する不安を全てドクターに話し、『無痛分娩』に切りえ変えました

しかも、無痛分娩は『眠ってもいい!』と言われて
朝の7時頃、エピドロを入れてもらいました。

薬の力ってすごい!! さっきまでの痛みが嘘のようになくなりました。(それだけ威力が強いんだと思うけど)でも、赤ちゃんはずっと頑張っているのに、私だけ眠ってしまっていいのかなというちょっとした罪悪感と、また眠ってリラックスしてしまったら陣痛が長引いて赤ちゃん疲れてしまうのではないかという心配もあって、しばらく睡魔と闘っていたんだけど、体は頑張っているんだから眠くて当然!逆に眠った方がいいと言われ、ちょこちょこ睡眠をとりながら子宮口が10cmになるまで待ちました。

と・こ・ろ・が・・・なかなか陣痛がすすまない
ドクターが来て、人口的に破水を起こし様子を見ましたが、それでも子宮口思うように開かず
ついに『陣痛促進剤?』まで使う事になりました。通常の1/4位の量からスタートしたんだけど、思うように陣痛が進まず、しかも赤ちゃんも薬に反応したのか、疲れてきてしまったのか、心拍が不安定になってしまい、直接赤ちゃんの脈をとるために、まだ奥のほうにいる赤ちゃんの頭に、特別なコードを刺すことに(これも両親学級で現物を見ていたものの、できれば避けたかったものの1つ)。そしてドクターからは、このまま心拍が安定せずに陣痛も進まなかったら『帝王切開』になると言われ・・・さらにショック
やりたくなかったことフルコースの出産になるかもという状態でした。

せめて生むのは自分達の力で!!と思い、前夜にネットで調べた子宮の筋肉をやわらかくすると言われている『ツボ』をPaulに押してもらい、私は『開けー開けー。赤ちゃんガンバレー』とひたすら念じ続け、赤ちゃんには深呼吸で酸素を送り続けました。すると、思いが伝わったか、午後から段々と陣痛が進むようになってきて、赤ちゃんの心拍も安定し、午後5時頃ドクターからこのまま出産にむかってO
Kの了承を得て一安心

午後7時15分頃だったかな、そろそろ最終段階に入りましょうとのことで、まさに『産む』準備態勢になりました。

そこからは本当に早くて、先生や看護師さん達もびっくり
無痛だったので楽だったのかもしれないけど、赤ちゃんの頭がみるみるうちに出てきたらしく、無事出産☆

長~い陣痛の中、狭い空間で出口をめざして 赤ちゃんが一番がんばったと思います
嬉しさと感動で涙が出てきました

途中で心拍が不安定になった事と、体重がカナダの標準に比べて小さかったらしく(日本だとよくあるサイズだと思うのですが)、念のため検査をするとのことで、そのまま病院に2泊。
結果的に大きな問題はなく、昨日無事退院してきました

やっと、赤ちゃんと3人で家に帰ることができて、すごく嬉しかったな
家に着いたとたん、ほっとしたのと嬉しさでまた涙が出てしまいました。
新しい命が生まれてくるって 本当にすごい!

結局担当の先生はバケーションに入ってしまい、別の先生が交代で見に来てくれたのですが、病院のスタッフも親切な方が多かったし、特に病院での12時間の陣痛にずっと立ち会ってくれた看護師さんには本当にお世話になったなあ。本当に沢山の方のお世話になったなあという感じです。
ずっと検診から女医さんだったんだけど、最後の最後で取り上げてくれた時間帯の先生は男性で・・・・・まーでもこの際そんな事はどーでもいい
無事生まれてきてくれて本当にありがとう。 どうか元気に育ってくれますようにと願うばかりです。

もう忘れてしまったけど、私も昔、色々な人の助けと母親の力を借りて生まれた来たんでしょうね~。今回私は無痛分娩にしたけど、日本では自然分娩が多いんですよね。日本のママさん達、尊敬です!!

今日も読んでくれてありがとうございます
ブログランキングボタン(下のブルーのやつです)1クリック応援よろしくお願いします
コメント (10)

今日もか!!

2009-08-20 | Weblog
今日もブログ更新しちゃいますよ~

昨日は陣痛らしきものが続いたものの、痛みレベルが落ち着いてしまったので、せっかくPaulとのんびり過ごす時間ができたこともあり、映画を観に行っちゃいました

『崖の上のポニョ』英語版です。歌も英語。
日本語でも1度観たので、今回は字幕なしでも楽しめました
かわいいお話だよね

さてさて、実は赤ちゃんもポニョを観たかったのではないかと思わせるように
昨晩さらなる陣痛らしきものがやってきたのです。

ベッドに入って間もなく、痛みレベルが少し増してきたのだけど、しばらくどーでもいいやと、時計も見ずにひとまず横になっていました
でもどうも継続的にやってきている様子なので、時計をチラチラ見ると、3~5分おき
むむむ・・・・・・・・・・・どうするか。。とベッドの中で考え
もし、このまま2時間経ったら病院へ行くべきか、その後はとんとん拍子でお産が進むのだろうか?などと色々考え、ひとまずお風呂に入ってみることにしました

Paulを起こさないように夜中の2時過ぎに風呂掃除をして、30分くらいのんびり入っていたかな
時計を側に置いて、痛みが来たら確認するようにすると、やっぱり3~5分おきに波が来ています。
1時間経過し、ストレッチやマッサージをしたり、病院へ行く支度をしたり、1時間半経過しても痛みも間隔も変わらないので、かわいそうだけどPaulを起こし相談

痛みは昨日よりちょっと強いかな程度で、深呼吸を数回すれば耐えられる程度。段々強くなる感じではなかったんだけど、尾骶骨の方にグーッと押されるような痛み。赤ちゃんが頭で出口に向かって押してるのかな。という感じです。両親学級で習ったように、3~5分間隔で痛みが2時間続いたので、30分上乗せして、2時間半を過ぎてから病院へ向かいました。

データを取ってもらうと、看護士さんも『確かに3~4分おきに陣痛がきてるね。』と言ってました。
でも子宮口をチェックすると、まだまだの様子
看護士さんから『1時間くらい歩いてきて』と言われ、朝の肌寒い外を1時間近く散歩
正常なお産が始まると、時間が経つごとに痛みが増し、子宮口が徐々に開くそうですが、私は1時間後もほっとんど変わらずで・・・結果『まだまだ時間がかかりそうだから』と家に帰されました
3~5分の継続的な痛みに気がついてから5時間後のこと
痛みはずっと継続中。

今度は何を基準に病院に来れば良いかと聞いてみると『大量出血』『破水』『胎動を全く感じない』『Paulに笑顔を全く見せられない程度の痛み』と言われました。。。怖い・・・

家に帰ると疲れがどっと来て、ひとまずベッドに横になりました
きっとまだまだ時間がかかるなと感じたので、Paulに仕事に行ってもらうように言ったんだけど、ところがどっこい!! 痛みレベルが増してきて・・・・このまま陣痛が進むこともあるのかなあと、結局Paulにいてもらうことにしました。

しばらく増していく痛みと向き合っていたんだけど、昨晩もほとんど眠っていなかったこともあり、時々痛みに起こされながらも眠っちゃったんですね
そしてお昼頃起きたら、痛みはあるものの、インターバルが10分、15分と開いてきて・・・
午後は超音波の検査も入っていたのでひとまずまた病院に出かけたんだけど
痛みの間隔が広がるばかり。今は30分おきになってしまいました。

これも本物陣痛じゃなかったのか・・・・・・・・・・・・・・・・と、気持ち的に疲れがどっとやってきて。ひとまず病院に状況を報告。
『あまりあるケースじゃないけど、お産はそれぞれみんな違うから、しっかり食べて、しっかり睡眠とって、今は体力を温存しておきなさい』と言われました。
今晩本番が来るかもしれないし、明日かもしれないし、あさってかもしれないって・・・
また今晩さらに1分間隔とかで陣痛が来たとしても病院に行っていいのかどうかも迷う所。

2度あることは3度あるのか
3度めの正直となるか
全く先が読めません。赤ちゃんが疲れてしまわないか心配
私の骨盤相当頑丈なのか!?それとも子宮の筋肉が恐ろしく硬いのか・・・
私も少し疲れてきちゃいましたよ。

今日も読んでくれてありがとうございます
ブログランキングボタン(下のブルーのやつです)1クリック応援よろしくお願いします
コメント (5)

フェイク

2009-08-19 | Weblog
今日もブログ更新しちゃお~っと

陣痛ってどのくらい痛いんだろう・・・想像の中ではかなり痛いものと覚悟をしているものの、ここ1ヶ月続いている軽い痛みをレベル1~2とするなら、
最近始まった もしやこれは陣痛の始まりか?と思うような痛みはレベル2~3くらい。腰の辺りにも違和感を感じる痛みで、昨晩も1時間おきくらいに続きました
そして、今朝、うつらうつらと夢を見ながらもそんな痛みを感じる度に時計をみると 10分間隔
『あ~本当に規則的になるもんなんだー』と感心しつつ、しばらく様子をみていました

Paulに言ったらすごく興奮しちゃうだろうなと思い、ひとまず1時間続くかどうかをチェック。
すると、続くではありませんか!1時間10分経過後、『痛みは耐えられるレベルなんだけど、10分間隔だよ』とPaulに報告。
案の定彼はもうすぐ赤ちゃんに会えるかも♪と とても嬉しそうな様子で仕事も休みました。

でも病院に行くには 痛みの感覚が3分~5分になって2時間続いたらと言われていたので『きっとまだ大丈夫だよ』と言ったんだけど、一緒にいたいようだったので、まーいっかと ベイビー。ダディ超楽しみにしてるよ☆嬉しいね。

その後も規則的な痛みは続き、さらに痛みレベルは1か2なんだけど、5分置きくらいに違和感を感じるようになりました。そしてさらに少量ですが出血もあり、いよいよ近づいているのかなと思いつつも、痛みレベルが大した事ないので気持ち的にもかなり余裕

朝ご飯もしっかり食べたし、掃除したり、散歩したり結構普通に動けていて・・・
そしたらお昼近くになって、痛みレベルがだんだん弱くなってきたんですね。。。。

これもフェイクか!?という感じです。

午後は人と会う約束もしていたのに・・・楽しみにしていたのに。。。でももしこのまま痛みが継続したら病院へ行く事になると思ったので、それもお昼前にキャンセルしたんですよね。申し訳ない。こんな状況もありえるかもと事前に話していたものの、ドタキャン大嫌いなのよね、私

私の中でフェイクの可能性が高まっていくものの、Paulの方は『やっぱり病院へ行ったほうがいいのでは?』と気にしているのですが、私は行ってから帰されるの気がしていたので、昼過ぎに電話をしてもらいました。状況を説明すると、やっぱりフェイクみたい がっかりです。

陣痛が始まると、段々痛みも強くなるんだって。
Paulマミー曰く、間隔が3~5分になると痛みが強くなるって。でも午前中の私は間隔が縮まったものの、痛みは逆に弱くなったんですよね・・わからん。

痛みの間隔を取るのか、レベルを取るのか・・・・・わからなくなってきました
もうこの際、痛くて痛くて耐え切れないくらいまで誰にも言わず、家にいようかなと思ってるくらい。
Paulにも午後からは仕事に行ってもらいました。

痛みが来ると、『赤ちゃん、今がチャンスだ!頑張れ!!』と応援しているのですが、本当に陣痛来るのだろうか・・・最終的に薬を使う事になるのではと、心配になってきました。

私のお腹の中がよほど居心地がいいのかなとポジティブに考える自分と
ゴニョゴニョお腹の中で動いている胎動を感じると、実はとっても出づらい環境で、もがいているのではないか・・・とネガティブな自分が今戦っています。
無事生まれてきますように


夏はそうめんがおいしい♪
庭で収穫した紫蘇とキュウリ(大成功だ!!)、ミニトマト、生姜、昆布、わさび醤油であえたアボカド、わかめ、つゆを作るときに使った鰹節を具に、つゆをかけて食べました たまにはこんな食べ方も悪くない

今日も読んでくれてありがとうございます
ブログランキングボタン(下のブルーのやつです)1クリック応援よろしくお願いします
コメント (5)

サファリ

2009-08-18 | Weblog
今日は一瞬 すごい雨が降りました
私は今日も元気でーす 穏やかな1日でした☆
おおーこれはもしや陣痛の始まりか!?という痛みが昨日よりは頻繁に来たけど、まだまだのようね~ 赤ちゃんは今日もポコポコ動いています

昨日のサファリパークでの写真です

『今日は暑いなー』ライオンさんは木陰でお休み


ダチョウは炎天下でも平気みたい。黒い体で暑そうなのに・・・


サイ。結構感動。 草原の上にいるサイって始めて見たかも。動物園だといつもあまり動いていないし。


これは何という名前の動物かなあ。。。沢山いました


親子ショット?かわいい♪


シマウマ


今回の一番ラッキーなタイミングだったのはキリンの群れが目の前を横断してくれたこと


キリンの正面顔☆


ロバ☆ 私が持っている絵本『ブレーメンの音楽隊』の絵とそっくり


鹿の群れ


お~☆ 美しい顔だ


これはバッファローかな?
大人気で車が長い事渋滞。。。


怒ったら怖そうだなあ・・・・

他にも色々な動物を見ることができました。バスツアーもあったけど、自分達の車でマイペースに回れるのがいいですね

明日もブログ更新できちゃうかしら?

今日も読んでくれてありがとうございます
ブログランキングボタン(下のブルーのやつです)1クリック応援よろしくお願いします
コメント (2)

アフリカンサファリ

2009-08-17 | Weblog
今日も 嬉しいですね~夏らしい陽気です☆
今日は出産予定日なんですが、まだお腹の中にいたいみたい。
昨晩いつもとちょっと違う痛みがあり、も・も・もしやこれが陣痛の始まりか!?と一瞬思いましたが、違ったみたい
1時間ごとに軽い痛みはずっと続いているんだけどね~ 

今週末は特に予定を入れていなかったけど、せっかくのいいお天気なので、でかけちゃいました

行ってきたのはHamiltonにある『African lion safari』
いやいや、びっくりです 車で回って動物達を見るだけの公園かと思いきや、動物ショーや、ボートに乗っていくアトラクション、水で遊べる広場など子連れでも1日中遊べちゃいそうな場所でした。
しかもこんなにポピュラーな場所だったんだ~!!と驚くくらいの人と車


到着すると、さっそく象の行進☆水浴びショーの後でお家へ帰るところ。
おりこうさんに鼻で前の象のしっぽをつかんで歩いていました


象のショーも見てきました。とってもかわいいのです


丸太を鼻で持ち上げたり、押したり、体でひっぱったり


器用に地面に置いたコインを鼻で拾って渡したり。スポーツをしたり・・・


あらみんな寝ちゃったの??
愛嬌たっぷりでとってもかわいかったです☆


他にも鳥のショーがあったんだけど・・・・・これはもし飛んできたら と思うと怖いので、今回はパス


動物達も人に慣れている様子で、カメラにも嫌がらず向いてくれます。
馬や象の背中に乗れたり、触れる広場もありましたよ


こちらチーターの子供。

サファリの方は、自分達の車で回ります。また明日も更新できたら写真を掲載しますね。 陣痛はいつ来るかな~

今日も読んでくれてありがとうございます
ブログランキングボタン(下のブルーのやつです)1クリック応援よろしくお願いします
コメント

植物の力

2009-08-16 | Weblog
今日も
とってもいいお天気だったのに、なんだか気分が優れず・・・grumpyになりやすい1日でした ホルモンの変化だろうか???


気分を変えて公園でのんびり過ごしてみたりもしたけど、な~んかね。

花が買いたくなって、KitchenerとGuelphの間にあるお店に行ってきました

園内には庭もあって、Paulとブラブラ店内を歩いていたら、気持ちがスーッと落ち着いて、なんだかポジティブな自分が返ってきて。植物の力って不思議☆


衝動買いで、観葉植物と、庭に植える花を買ってしまいました

夜は散歩をした後、庭のベンチでのんびり30分程 星空を見ていたら、これまた気分が落ち着いて いつもの自分に戻ったように思います


今日も読んでくれてありがとうございます
ブログランキングボタン(下のブルーのやつです)1クリック応援よろしくお願いします
コメント

久しぶりの再会

2009-08-15 | Weblog
今日もいいお天気でした
やっと夏が来たという感じです

今日は1年近く会っていなかった友達が尋ねてきてくれました
彼女達夫婦は昨年の秋から10ヶ月間、世界旅行をしていたのです!!
南米、ニュージーランド、オーストラリア、中国、タイ、ネパール、インド、ジョルダン、エジプト、スペイン、イギリスetc....
アクティブな二人なので、かなりアドベンチャーな体験も色々できたようです☆

た~くさん撮った写真を編集して、素敵な旅行の写真集を作って、見せてくれました。旅先々での印象に残った言葉や、エピソードなども掲載されていて、これが本格的な本になっていて素敵なのだ~
こういう形で思い出を残すというやり方もあるんだ~と、私まで創作意欲がわいてしまいました

その写真集を見ながら、旅先での色々な話が聞けて興味深かったです。
二人はダイビングもするのですが、オーストラリア、タイ、紅海でのダイビング写真も見せてもらいました 
すごく貴重な人生の体験ですよね☆


今日は『茄子の浅漬け』が食べたくなって、作ってみました
ネットでレシピ検索をしましたが、簡単なのね
塩水に浸し、絞って、生姜とお醤油を混ぜて軽くキュキュッと絞ったらできあがり
浸す時間を長く取れば、味ももっとしみこむのかしら?今度またやってみよう☆

今日も読んでくれてありがとうございます
ブログランキングボタン(下のブルーのやつです)1クリック応援よろしくお願いします
コメント

アレンジ品

2009-08-14 | Weblog
今日も変わりなく元気です
Paulは今日、数ヶ月かけて取り組んでいたプロジェクトがひと段落したようです。
赤ちゃんが生まれたら、しばらくお休みを取る予定なので、生まれる前に一段落してほっとしている様子
最近少し残業もしていたのですが、今日はいつもより30分ちょっと早く切り上げて帰って来れたようで、帰り際に上司から『今日はもう帰っちゃうの?』と聞かれたみたい。しかも『明日も来るよねえ・・』って。 何か予感するものがあるのか!?とPaulは気になったよう。私は今の所、陣痛練習も短くて30分間隔。こんな日がずっと続いているけど、まだ本格的なのは来ないなあ~

時間があるので、お菓子を作ってみました。

カステラレシピを少しアレンジして、『ココアカステラ』を作ってみました
なかなかおいしくできたよ☆ おばあちゃんと両親に少しおすそわけ。


今晩はイタリアン。『アボカド&トマトの冷たいパスタ』これも持っていたレシピを少しアレンジ。
おつまみは、クラッカーにアーティチョークディップとオリーブを乗せたもの。と、ガーリックトースト。

アボカド&トマトパスタ、分量適当ですが、なかなかおいしく出来上がりました
オリーブオイル、ニンニク醤油、塩、胡椒でソースを作り、湯剥きしたトマトをカットして混ぜて、冷蔵庫で冷やしておきます。
それが冷えた頃に、細めのパスタをゆでて水で冷やし、トマトにアボカドと紫蘇、オリーブを加えて混ぜ、パスタとあえて出来上がり

今日も読んでくれてありがとうございます
ブログランキングボタン(下のブルーのやつです)1クリック応援よろしくお願いします
コメント

楽しみね

2009-08-13 | Weblog
今日は時々
最近毎日のように、Paulの両親からお電話がきます
『ベイビーどう?今日あたりきそう?』と
私が出かけていて留守にしていると、『もしや陣痛が始まって病院では!?』と思うようで、Paulにも確認の電話がいったり
『陣痛が始まったらいつでも電話してくれていいからね。迎えに行くから!』と協力体制ばっちりです
楽しみにしてくれている人が沢山いて、赤ちゃんも幸せだね♪
今もゴソゴソ動いている

今日は検診がありました。前回聞きたいことが聞けたのと、先生もいつもより落ち着いていたので、今日は一人でも大丈夫でした。今日はいつもと違う看護士さんだったんだけど、先日総合病院でお世話になった看護士さんでした。ちょっとユーモラスな方で、おもしろい人だな~と印象に残っていたんですね。彼女も私の事覚えていてくれて、次は出産の時だね、きっとと言ってさよならしました。

昨日受けた超音波の結果も特に問題ないようです。でもやっぱり赤ちゃんが少し小さいようで、あと4日で予定日なんだけど、35週目くらいの大きさらしい。
良いのか、悪いのか微妙なところですが、私の体重も相変わらず増えていなく(むしろ少し減ってしまった・・・3食しっかり食べてるんだけどね
でも私の体調は良好だし、赤ちゃんも元気でコンディションは問題ないと言ってたし、動いてるからね。
『小さく生まれて大きく育つ』になってくれたらいいかなと思います

週末にもう一度ノンストレステストと、もし予定日を過ぎても生まれなかったらもう一度超音波検査をするように言われました。
元気かどうかを確認するためと言われたので、そうなんだよね。
結果はいつも問題なしって言われるし。

今年は税金を予想以上にガッポリ持って行かれてしまったけど、出産でその分たっぷり使わせてもらっているような気がします
そう、カナダは基本的な医療費は政府が出してくれるので、出産やそれに関する検査費はかからないんですよ。お財布に優しいです。


今日も読んでくれてありがとうございます
ブログランキングボタン(下のブルーのやつです)1クリック応援よろしくお願いします
コメント

フルーツ効果!?

2009-08-12 | Weblog
今日は時々
毎日Paulと1時間くらい近所を散歩しています
夜歩くと、近所の広場ではきれいな星空が見えるんですよ!
時々陣痛練習のような軽い痛みやお腹の張りがあることはよくあるけど、今日はその痛みはあまりなく、膀胱を圧迫されるようなプレッシャーを歩くたびに感じてちょっと歩くのがしんどかった・・・・ きっと赤ちゃんの頭が重力を使って押してるのかも・・・出かける前にトイレに行っておいてよかった

野菜と果物の本を読んだのですが、私の大好物である果物って、思っていた以上に体の調子を整えてくれるのかも なんて思いました。

幸い妊娠中も血圧が常に低く安定しているし、浮腫みもそれほどひどくないし、お通じも妊娠前よりいいのです。もしかしてこれはフルーツ効果

ほとんどのフルーツに多く含まれている『カリウム』は体内の余分なナトリウムを排出して、高血圧を予防してくれるんだって。
『ビタミンC』は血管や骨を丈夫にし、免疫力を高めて病気になりにくくしてくれるそう。
中でも私が毎週1玉買っている『スイカ』は、90%以上が水分だけど、カロテンが比較的多く含まれていて、皮膚や髪の毛の健康も保ってくれたり(妊娠線も今のところセーフ)、利尿作用と共にカリウムも豊富に含まれていることから、腎臓病や高血圧、浮腫みに効果的なんだって~
カロテンは抗癌作用や、老化防止でも注目されているそう。

毎週土曜日は買いすぎだろ!!ってくらいフルーツをマーケットで沢山買い
我が家の冷蔵庫はフルーツが多種常備されていて、3食+間食、小腹がすけばスイカやプラム、ピーチをかじったり、チェリーをつまんでいるような毎日。
果糖のとりすぎが気になったりもしたけど、はまったのが甘いお菓子やジャンクフードではなく、フルーツでよかったかも~と改めて思いました


庭のきゅうりがついに~!!実りました!!
2本☆ 嬉しい

写真左はご近所さんにもらったきゅうり、写真右は我が家庭のキュウリ。
我が家のは、ちょうど日本のスーパーで見かけるくらいのサイズに育ちました
ねぎ味噌ディップを作り、まずはご近所さんからいただいたジャンボキュウリを食べました
でもちょっとこっちは成長しすぎかも・・
蜂さんどんどん受粉活動してくださいな
トマトも赤くならないかな~

今日も読んでくれてありがとうございます
ブログランキングボタン(下のブルーのやつです)1クリック応援よろしくお願いします
コメント (2)