☆My Everyday Life in Canada☆

カナダに来て12年。2人の子供達の成長記録と梅ちゃんからの日常エピソード色々☆

ボストンフリーダムトレイル

2012-06-04 | ボストン
気がついたら、ボストン旅行から2週間経ってしまいました。
今日は長いよ。

宿泊はケンブリッジのハーバード大学のすぐ側にしたのですが、街中に入ると、とにかく運転しづらい!
夜ついた事もあって、初日は余計にそう感じたのだと思いますが、とにかく数車線あるのに一方通行。道もまっすぐじゃなくて、進入禁止も多数。ナビに左に曲がると言われても、一体どの道??どの車線?という道路まであり、道を知らないと運転したくない町でした。東京都内も道を覚えるまで、かなり振り回されたけど、それ以上に車で走りたくない場所でした。

そんな事もあって、ボストン市内へは地下鉄を利用したのですが、ここでも混乱。。。。。エレベーター。
エレベーターを呼ぶボタンに混乱。ある場所では、呼ぶボタンが見つからず『Call』というボタンが。。。でも『Call』というと、トラブルがあった時に使う物では!?と思ったのですが、その場所では本当にそれしかないので、押してみると、エレベーターが来ました。
この『call』はエレベーターを呼ぶということ????

と思いきや、別のエレベーターで『Call』を押したら、どこにつながったのかはよくわからないけど、呼び出し音が鳴ってしまって。。。。しかもなかなか応答してくれないので、どうにもできず、放っておきました。

ボストンはとても歴史のある街で、確か地下鉄もアメリカで最初に走ったところじゃなかったかなあ。観光地でも、『初めてできた場所』という名所も多数あり、アメリカの歴史をあまりよく知らない私でも聞いた事のある名前の像や、家、墓地があったり。そんな街でした。


近代的な建物と、古い建物が街中に混ざっていて、カナダのモントリオールに雰囲気が似ている感じがしました。

その街中に、歴史的な建物や場所を巡りながら歩ける『フリーダムトレイル』があり(4km程あったよう)、歩いてみたのです。


スタートは『Boston Common』(アメリカ最古の都市公園らしい)。広くてのんびりできる公園でした。


息子は持って行ったストライダーで元気にスタート。


金のあひるや蛙があります。


子供達に大人気。


公園内の池では白鳥ボート(係の人が、ひたすら自転車こぎをしていました)
手前の本物の白鳥は、卵を温めていて、柵で囲われて保護されていました。


マサチューセッツ州会議事堂。日曜日に行ったので、中は見学できませんでした。


紫色の綺麗なお花が咲いてるよ~!!と息子


綺麗でした。


湖だよー!と息子。でもきっとこれは池。


公園内にプレイグラウンドがあり、息子はここでひと遊び。ちなみに、このトレイルを10時半頃出発し、6時半頃に帰りの地下鉄に乗ったと思うのですが、途中途中見学したり、公園で遊んだり、休憩したりのんびりではありましたが、息子は一度も『抱っこ』と言わず、ストライダーに乗って移動しました。これにはビックリ。




パークストリート教会。このすぐ隣にグラナリー墓地があり、そこも観光名所。
大きな木が生えている公園墓地で、息子は『おしっこがしたい』と言いましたが、さすがにここはまずいだろう。。。と、ちょっと先にあったスターバックスで休憩。


ここは旧市庁舎。アメリカで初めてできた公立の学校ができた場所でもあるらしいのですが、それはサインのみ。

その近くにあった本屋さんも、全然関係のなさそうな飲食店になっていました。

すぐそばにあったキングスチャペル。

教会内の席が、8人がけくらいできそうなブースになっていました。こんな教会は初めて見たけど、昔は家族の人数が多かったから各家庭に1ブースで座っていたのかな。


旧マサチューセッツ州会議事堂

ストライダーに乗り馴れてきた息子、時々ヒヤヒヤさせられました。坂道も多くて、下り坂で『ストップ』と言っても、すぐに止まれない時があって、この周辺は通りも大きく、車も結構スピードを出していて怖かったので、嫌がる息子を無理矢理ストローラーに乗せ、大騒ぎ。。。


大通りを渡ったら再びストライダーに乗車。クインシー・マーケットに到着。
息子がどんどん進んでしまうので、ゆっくりはできませんでした。


ふと振り返って空を見上げると、新緑の中に建つ建物がなんだか素敵。


少しルートを変更して、海まで直進。


何となく、横浜っぽい雰囲気もある港。


ボートだよ~!船だよ~!海だよ~!と大興奮の息子。


ここでまたまたプレイグラウンドでひと遊び。


しばらく歩くと、噴水のある公園がありその前後に



スティーブンとポールと言う名に関する建物があって、何だか親近感がわきました。


これはオールドノースチャーチだったと思う。


この坂道は、ケベックシティを思い出します。 絶対にマニュアル車では駐車したくない!!この後もう1カ所墓地を通り。大きな橋を渡ります。


息子は、この辺りに来る頃には、『道路の前では早めに止まる!』というのを実践してくれるようになりました。


橋を渡るよ~。


海の一部なのか、川なのか、渡っている橋は足元が透けて見えるので、高所恐怖症の人は怖いかも~。


トレイルの最終地点。バンカーヒル記念塔。
橋を渡る手間から、遠くに見えるあの塔は何だろう???と思っていたらゴールでした。

7時間近く移動をしたきたのに、どこにエネルギーがあるのか!!

ボール遊びで息子はさらに走り回りました。


ちょっと面白い親子写真。二人の格好が似ている。


ここから地下鉄の駅までは少し歩き、途中からストローラーに乗車。今から昼寝をさせては大変!!!!と何とか起こしていたけど、地下鉄に乗っていたら限界がきてしまって、何をやっても起きず、爆睡。夜寝たのは11時過ぎ。

でも、ストライダーのお陰で、時々ヒヤリとしつつも、私達も良いペースで歩けてよく歩いた1日でした。

人気ブログランキングへ
コメント

ただいま~

2012-05-23 | ボストン
昨晩、帰ってきました。
記憶が新しいうちにメモしておきたいのですが、今週はやる事が沢山あるので、旅行記はまた落ち着いてから。

毎回旅行へ行くと、普段と違う刺激もあってか、息子のちょっとした成長が見られます。
今回は立って小便ができるようになりました。これに関するエピソードがあるのですが、それはまた別の機会に。

車での移動は時間がかかりますが、子連れ旅行は車の方が楽だと思いました。この距離で1人旅行だったら、間違いなく飛行機を選択するけど、荷物がそれなりにあるし、車だと時間に追われる事もなく、子供のペースに合わせて移動できるので、予定以上に時間がかかるけど、また車で何処かへ行きたいなと思いました。

それにしても、、ご機嫌で何よりなんですが、息子はよくしゃべる。歌う。そして声がでかい。なので、道中『少し静かな時間が欲しいわ。。。』と思う事が多々ありました。でもぐずられるよりはご機嫌で何より。


帰り道にハイウェイで見た雲
ウサギと蛇に見えました


家に帰って来たらアイリス?が咲き始めていました。

人気ブログランキングへ
コメント

大西洋の海でついに会えたよ~!!!!!!!

2012-05-19 | ボストン
今回のボストン旅行。私の中での一番の楽しみである『鯨ウォッチング』に行って来ました。

ニューヨーク州からマサチューセッツ州へ移動。


途中、シンプソンズが住んでいるかもしれないスプリングフィールドを通過。


後ろ向きに走るトラックや


カナダのアルゴンキン公園周辺を思い出す景色を見ながらのドライブでした。

グジラに会いたくて、会いたくて、6年前の小笠原一人旅行、カリフォルニア、ビクトリア、トフィーノと行ったけど、全く鯨に会えないか、遠ーーーーくに1頭か2頭みただけ。
あ~私は鯨運が無いのね。。と思っていましたが、義理の妹や、お隣さんもボストンへ行ってみるといいとすすめるので、東海岸に行ってみたのです。

今回はね、鯨の神様が来てくれた!こんなにすごい鯨ウォッチングは私の人生でも初めてだし、毎回こんなに見れるわけではないそうです。
今日のガイドさんも、15年鯨が見たくて今勤めているお店に通ったけど、これほど見れた事はないと言ってました。(もちろん、仕事をしてからは何度かあるようですが)。なので、今回初めて鯨ウォッチングに参加した方は、どれだけラッキーだったかと説明していました。本当にその通りだよ~。

太平洋の鯨は振り向いてくれなかったけど、大西洋の鯨は私達に会いに来てくれたよ~!!!!本当に大興奮の幸せな時間でした。

ポイントまでボートで片道2時間。5回も参加すると、いる感が働く様で、何となく出会える気がして外に出て目を凝らして探してみると、いたー!!


ガイドさんが言うには、少なくても15頭のザトウ鯨を見たよと言っていました。
鯨ウォッチングだけで1時間ちょっと。こんな鯨ウォッチングを夢見ていたので、本当に嬉しい~!!


1頭で泳いでいるもの、親子、家族、船のすぐ側まで来てくれたり、水面に上がって来て口を開けたり。お腹を見せてくれてグルンと回転してくれたり。
ブリーチは見れなかったけど、大満足です。

しかも、今まで行った鯨ウォッチングよりもお値段も安い!
私達が行ったのは、妹夫婦おすすめの 7seas whale watching.
ボストンよりやや北にある Gloucester という町から出発しました。

写真は絞れきれないくらい撮ったので、興味のある方は、たっぷりご覧下さい。

手を大きく広げて~


手を閉じてぐる~ん


船のすぐ側まで家族で寄って来てくれました


大きな尾びれ


こんな写真を撮ってみたかったよ~!!


大きくうねります


プシューと潮をふいて


こんにちは~!!


お顔もひょっこり


色々な角度から


潮とをふく穴まで見えます


感動です!! 海底に連れて行かれちゃうだろうけど、鯨に乗りたいと思ってしまいました。
そしたら息子も帰りがけに、鯨に乗ってみたかった。と言っていたので、同じ事を思っていたようです。


口を開けてる~!!
カモメ達はきっと鯨についてくる小さな生き物を狙っているのかな?かなりたかられていました。


動じない鯨、すごい!


大きくうねって~


尾びれが美しい






帰りがけにも鯨の家族がもう一度ボートの側に寄ってきてくれて、仰向けにひっくりかえって、まるで手を振っているみたい


ぐるんとゆっくり一回り。

今日は鯨に会えるような気がしていたけど、予想以上で、こんなに沢山の感動に出会えるとは思っていませんでした。

夕飯はボートを降りてすぐのシーフードレストランで、ロブスターとシーフードグラタンを食べました。
東海岸でロブスターが食べたかったポールも大満足。
ボストン市内はまだ何も見ていないんだけど、二人とももうカナダに帰ってもいいくらい。大満足の1日でした。

人気ブログランキングへ
コメント (7)

ボストンへGO!

2012-05-18 | ボストン
3連休なので、天気も良さそうだしUSAのボストンへ行ってみることにしました。
車で片道10時間。ケベックシティへ行った以来の長距離ドライブです。
息子のトイレ休憩なども考慮して、 途中で1泊することにしました。

1時半頃に家を出て、3時過ぎにナイアガラへ到着。ポールの同僚さんがナビを貸してくれたので、ナビに沿って行くと、レインボーブリッジではなく、オンザレイクの方の国境をナビゲートしていたので、そちらへ行ってみました。


カナダを出国し、橋の上で大渋滞。


ゲートまで40分かかったので、入国審査も2時間待ちくらいを覚悟していました。

どうかこの渋滞のほとんどの人がカナディアンかアメリカンでありますように~!!!と願って。

息子と旦那はカナディアンなので、パスポートの掲示でゲートを通れてしまうんだけど、私は日本人なので一度車を降りて、オフィスに行き手続きを取らないとならないのです。

以前一度だけ車でUSAに入国した際も2時間ちょっと待たされたので、覚悟はしていましたが、オフィスから出て来た人に、どれくらい時間かかった?と聞いてみると『15分。』おおお~!!!!

そして、私も15分程でオフィスを出て、無事入国できました。
あの待ち時間を思うと、カナディアンの友達とは一緒にUSAに行けない。。。。(待たせてしまうので)と思っていたけど、いつも今回くらいだったらいいですね~。


アメリカ側に渡り

あっカナダが見える。あのしぶきはきっとカナダ滝のミスト


ジェットコースターを連想させるような橋をいくつか渡って


ハイウェイをひたすら東に400キロちょっと。
景色はカナダとほとんど変わらず。ここはカナダのハイウェイ401だと言われれば、そうだなと思えるくらい同じような景色でした。

カナダと違うのが距離とスピードの表示が『km』ではなく、『マイル』
ガソリンの値段も、どう読んでいいのかよくわからない。。


息子と一緒に、ボンちゃんとホワイトタイガーも同乗。
明日の朝ボストンへ向けて再出発です。

2時間半毎に休憩を取り、のんびり9時間かけてのドライブでしたが、息子のトイレトラブルも無く、機嫌良く車に乗っていてくれたので助かりました。
お家に帰るまで続きますように。

人気ブログランキングへ
コメント (2)