☆My Everyday Life in Canada☆

カナダに来て12年。2人の子供達の成長記録と梅ちゃんからの日常エピソード色々☆

Science North

2018-09-14 | サドバリー sudbury
トロントのサイエンスセンターよりも、内容が充実していると我が家は感じているのですが、難点は遠い。。Science North.


トロントサイエンスセンターの年パスを持っていると、遠いので、こちらの博物館は入館料免除されます。駐車料金とiMaxは別料金。

うちの子達は昨年行って、とっても楽しめたので、車で6分の所に宿泊し、ほぼ開館から閉館ギリギリまで たっぷり遊んできました。

ここでも、石を持って行くと、ポイント換算してくれて、自然界の物と交換してくれます。 Dynamic Earthの方は、鉱石が中心でしたが、こちらは、それら+化石、虫の剥製などもあります。


ここでは、化石を自分で探せて、見つけたら1つ持って帰ってもいいみたい。


この日の特別企画の1つで、蜂の観察があり、お兄ちゃんがすごくはまっていました。

飛んでくる蜂を捕まえます。


係のお兄さんが手伝ってくれて


プラケースに入れ


資料を見せてくれて、どんなタイプの蜂かどうかを見極め、観察します。 お兄ちゃんは蜂が苦手でしたが、蜂のことを知ることによって、その苦手意識が和らいだ様子。 

観察した後は、蜂を外に逃がしてあげます。今だ!と感じるのか、すごい勢いで飛んでいきます。

特別展でやっていた「自然の中で身体の限界に挑む」みたいな展示も面白かったです。

こんな入り口から始まり、スカイダイビングやロッククライミング、BMX、スノボーなど、体を使ったアクティビティの疑似体験が少しできたり、クイズで危険な事に挑戦するには何が必要かみたいな物があったり、子供達も楽しそうでした。


化学実験コーナーでも3種類の実験が見れました。


これは、胃酸と同じような環境を作った中に、グミを1つ入れた時の反応。糖が燃えてエネルギーとなってる様子が観察できました。

お兄ちゃんは、生き物系を触ったり、観察したりも楽しかったみたいだけど、次男君は、これがやりたくて仕方なかった!

3レベルのブロックを時間内に組み立てるというもの。昨年きた時は、ここに何時間居座っただろう。。

今年もしばらくやっていましたが、今回一番ハマって動かなくなったのがこちら

レベルが沢山あって、ブロックを積み上げて、上からボールを落として下までボールが転がるように並べるおもちゃ。 これ、絶対に好きだ!と思ってやらせたら、今年はここから動かなくなってしまいました。。。

でもこれ、近所のおもちゃやさんでも買えるのに。。。 もっと違うのもやろうよ〜!! って感じでした。


なんとか別の場所にも行かせて、こんなのもトライ



完成。


よーいどん。走って、自分の横からフォームをビデオでみれました。

宇宙コーナーでは、ロボットアームの操作を疑似体験できたりもします。

生きてるビーバーも可愛かった。 

せめて、2時間くらいで行ける距離だったら、冬も通うのになあ。。。 ちょっと遠い。冬は雪道になるしねえ。。



人気ブログランキングへ
コメント

Dynamic Earth

2018-09-11 | サドバリー sudbury
お兄ちゃんのお誕生日周辺の週末で、Sudbry にある「Dynamic Earth」に行って来ました。

片道4時間半という距離が難点ですが、昨年の秋に行った同じ系列のScience Norht にまた行きたい!!と 子供達がずっと行ってたので、そこと、サンクスギビングの時期には閉館していたこちらのミュージアムへ 1泊2日で行って来ました。

Dynamic Earthの方は、半日あれば 十分楽しめる内容だったので、朝早めに家を出て、お昼頃に付き、1時からのツアーに参加して、アクティビティや展示物で楽しみ、外の公園で遊んだら、ちょうど閉館時間となりました。

何が有名って、これです。

ニッケル。


むかーし昔、この土地に巨大な隕石が衝突した時の衝撃で、地中に埋まっていた鉱物が沢山表面にえぐり出され、中でもニッケルが沢山採れるということで有名な場所となったようです。


地下に入って行くツアーに参加しました。 外気温は夏服で大丈夫でしたが、地下は長袖ジャケットが無いと寒いです。 13度くらいだったかな。 


ツアーでは、採鉱の歴史をたどっていきます。


ヘルメットを着用しなくてはならないのですが。。。 誰が使ったかわからないヘルメットをかぶるのは ちょっといやでした。。。毛じらみとか。。。大丈夫かなあ。。。って。
気になる人は、手拭やハンカチなどを頭に乗せてかぶるといいかも。 結果的に大丈夫だったけど、持ってくればよかったーと思いました。


容易に想像できますが、昔は多くの犠牲者が出ていたようです。しかも、子供達が労働者として駆り出されていたんだって。。


ツアーの途中で、昔の工具を持たせてくれたり


次男君は、ダイナマイトを穴に入れさせてもらいました。


た。。。。大変だ。。 爆破した!! 


今は、遠隔操作で機械が作業を行なっているそうです。


こちらは、石の展示とクイズ。 沢山の種類の石があるんだね〜。


これは、チョコレートです(笑)


化石や鉱石、宝石、石や土に関する展示物が色々ありました。


sience northと同様、庭に落ちている石など、持って行くとポイント換算してくれて、ポイントに応じて、化石や石と交換ができます。


違うタイプの光を当てると、石の光り方や反応が変わる実験




次男君は、ここに没頭。。。 


大きさの違う円を大きな円にどんどん入れて行きます。96%くらいまでできてたかな。最後はタッチパネルがうまく作動せず、せっかく敷き詰めたものがばらけてしまって。。がっかり。


こちらは、地元Waterloo大学にもあって、もしかしたらそこから提供されてる!?かもしれない、不思議な砂場。

高さに応じて色がかわり、手を掲げると雨が降って、川や池ができたりと、地形が作れる楽しい砂場です。


砂金探し


採鉱体験の遊び場


外の遊び場。

他にもロボットシュミレーションができたりと、半日くらいで楽しめる内容です。


どーん。昔の5セント。



人気ブログランキングへ
コメント

The Lake Laurentian Conservation Area

2017-11-16 | サドバリー sudbury
10月上旬に行ったSudburyで、帰る前に、The Lake Laurentian Conservation Areaでハイキングをしてきました。

写真はその時のもの。(現在のSudburyは、ウィンターストームが来て、すっかり雪景色のようです)


到着した朝方は、景色が霧に包まれていました。

広い公園で、トレイルのコースも短いものから半日がかりの長いものまで色々あるようでした。
私達は3つのコースを通ったかな。


熊、いるんだね。。。 まーでも、我が家はみんな声が大きいので、熊よけ対策大丈夫だろう。


霧の中もなかなか素敵。


紅葉の黄色がとても周りを明るくしてくれます。


月かと思ったら、湖面に映る太陽。






歩き始めて20−30分程でしょうか。この辺りから急に霧が晴れだして、あっという間に


晴れました!


広場を抜けて次のエリアへ。


なんと美しい。 湖面が鏡のようです。


コテージかな。この湖をみながらのんびりできたら素敵だね〜。


お次はボードウォーク。 ここはビーバーが住んでいるようです。


左側の縁は、ビーバーが作ったダム。


こちら右側。 写真右側にある


これも、ビーバーの気配を感じる。


あっ!! ビーバーがかじり倒した枝です!


ここにも!!


こりゃびっくり〜!!! これも せかせかビーバーさんの仕業!?

いるよね、絶対いる〜!! 会いたい!会いたい!


この下に絶対いそう! 向こうから泳いで来ないかなー。 行きと帰りと 一人距離をおいて、しばらく粘りましたが、残念ながら会えず。。。 やっぱりビーバーに会うなら、二日前に行ったサイエンスミュージアムかな。。


ハイキング続きます。 弟君はだいぶ疲れていて、「もうだめだー」と歩くペースがぐんと遅くなりましたが、色々興味を持ちそうな物を探したり、お話を作ったりして、なんとか頑張ってもらいました。


こういうキノコ類とかね。


探しながら歩くと面白い。


紅葉はいいシーズンだったな〜。 夏はもっと茂っていて、きっと歩きにくいのだと思う。秋のハイキングはある程度茂りが落ちていて、歩きやすいです。

目的地に到着。

お〜!!! これまた絶景!


360度水平線を見渡せます。


お!あれは、さっき歩いてきたビーバーダム。 あそこが中間地点くらいだから、こうしてみると、弟君、本当によく頑張って歩いたなあ。

景色を堪能し、再びスタート地点目指して歩きました。そして、スタート地点手前で一休み。

ここにもビーバーがいそう。

だって。。

ほらね。 でも会えなかった。


朝のスタート地点に戻ってきました。霧が晴れた景色も見ることができました。


少し反対側の山道を登ると、衛星の観測所があるとのことで行ってみましたが


過去の話で、「跡」でした。



さて、帰るかと、駐車場に向かっていると、通りがかりの方が私のカメラを見て、あっちへ登ってごらん。いい景色撮れるよ!と教えていただいたので、弟君は限界を超えておりましたが、もうひと頑張りしてもらって


大きな岩場をのぼり〜。


おお!! スタート地点の湖を上から見た景色です。


コースはまだ他にもあったので、素敵な景色が他にも沢山あるんでしょうね〜。

秋の紅葉シーズン、おすすめできます。



人気ブログランキングへ
コメント

Onaping Falls

2017-10-27 | サドバリー sudbury
Sudbury2日目は、Onaping Fallsへハイキングに出かけました。 写真は今から3週間前の状態です。


入り口から、いきなり滝が見えます。あの滝の上が目的地。


少しずつ近づいていく感じ。


かなりの岩場を降りていくので(そして、帰りはここを登る)。足が元気なうちに行ってみるのがオススメです。

上流の橋の部分の側までは、別ルートで車椅子アクセスもお手伝いがあれば できそうな感じでした。


水辺までやってきました。


滝の後は穏やかな川。奥に続く紅葉がとても綺麗でした。カヌーで行ったら最高だろうな〜。


紅葉、とても綺麗でした。




山道、岩道を通りながら、少しずつ滝に近づきます。


弟くんも頑張りました。平坦な道より、岩場があると、子供は挑戦心が芽生えるのか、普段より頑張れてるように感じました。



危ないよ!!! と言ってるのに。。。。最近チャレンジ精神旺盛なお兄ちゃん。きわどいところを登って行きました。。。見てる方がヒヤヒヤ。。。


ここでも。。。岩場渡りをやってみたくて仕方ない。 他にも同じ年くらいの子がやっていて、できたからよかったけど、見てる方はヒヤヒヤ。。


水の音に癒されながら、ランチ休憩。 トイレは途中にはなかったので、出発前に入り口側にある小屋で済ませておくのがおすすめです。


橋に到着。 とっても綺麗な景色なんですが、1つ残念なのが、岩場への落書きが多いの。。。しかも写真に入れたい部分にでっかく書かれている所も多くて、自分達の冒険心優先で、景観を全く考えていない人達が沢山いるんだなあ。。。。と、そこはがっかり。自然のせいじゃないけどね。


橋の上から。




滝の上も、穏やかな流れでした。


激流は怖いけど、程よい水の流れって、見ていて癒されます。




やっぱり石投げをする我が子達。。。




橋を渡るとループになっているコースがあります。


紅葉を背景に、子供達の良い写真が撮れて、嬉しかったなあ。


坂道駆け下りてみたり


岩場を滑り台のようにして滑り下りてみたり。子供達もハイキング楽しんでくれました。



人気ブログランキングへ
コメント

Science North その他

2017-10-25 | サドバリー sudbury
Science Northの続き。

特設で、遺伝子に関する展示もやっていました。



細胞の塗り絵をしてプラスチックキーホルダーのような物を作ったり、お菓子を使って遺伝子模型を作ったりできるクラフトコーナーや、遺伝子に関する様々な展示がありました。


生き物が持つ遺伝子量を比較した模型。びっくりしたのが、一番背高のっぽさんは、何と!単細胞生物の「アメーバ」 意外〜!!

ちなみに2番目は大麦。そして、3番目が人間。らしいです。

遺伝子の配列なんかもあって、同じ種類の鳥でも、どこが違う事で、色や分類が異なる生き物に生まれるか決まってる展示なんかも子供達にもわかりやすいなと感じました。

その他、うちの子達がはまっていたのは、磁石のコーナー

超強力な磁石に、金属がサッと吸い込まれるようにくっついていて、色々な形を作れました。


砂鉄のコーナー。小学生の頃、磁石持って砂場に行ったよね〜。懐かしい


こちらではスモークを炊いて、後ろからぽんと容器を押すと 出てきたスモークでカップを倒す実験コーナー


ここは、男の子達がどっぷりはまっていた 自分で作った車を走らせるコーナー。



宇宙コーナーでは地球模型を回して、海流の様子がみれたり


宇宙空間で作業するロポット模型があったり。 こちらもなかなか楽しい場所でした。

他にも人体に関する展示とかあったけど、閉館になってしまいました。

ここは私とダディ君で 面白い発見をした場所

サーモグラグラフィーに写した私とダディ君の手なんですが、見て、この色の違い!!


私の指先。。紫色。。。。 末端冷え性だから??? まだ秋なのに。指先の皮がすぐに向けちゃうのとか関係があるのかなあ。
ダディの手は暖かいんだね。



人気ブログランキングへ

コメント

Science North 生き物とパズルが好きな子はここチェック

2017-10-20 | サドバリー sudbury
Science Northで、弟君がはまった場所は、2箇所ありました。弟君も、それなりに、色々やってみたり、見たりしましたが、彼の場合は、気に入った場所があると、そこから動かない傾向があります。

1つはここ。

これを見た瞬間、はまるね。とダディと話していたらその通り。 3つのレベルがあって、モニターに形の違うブロックを組み合わせて作った立体が回転しながら写っていて、それを見ながら自分で同じ形を作っていくもの。

時間はあまり気にしてる様子なかったけど、完成してボタンを押すと花火が上がりました。

お兄ちゃんも物作りが大好きだけど、お兄ちゃんはどちらかというと、自分で創作する方が好き。 でも弟君は、お手本を見て同じ物を作るのが好き。それを飽きずに繰り返す。
家でも、L字ブロックで、お手本を見ながら同じように作っていくのが大好き。

そして、もう1箇所はここ。ここは私もはまった!!

かっ可愛い!!!!

そう、ぬいぐるみになりそうな、可愛い系の動物も大好き。

いつも、ハイキングでビーバーに会いたくて、なかなか会えないんだけど、ここに行けば、こんなに近くで、しかも愛嬌たっぷりのビーバーに出会えるんだね!!
まだ1歳だそうで、しつけ中らしい。


ご飯の時間だよ〜。知らせの音を聞くと、定位置にやってくるビーバー君。

ビーバーは草食なんだって! なので、野菜やフルーツを食べさせていたけど、好き嫌いがあるようでした。

ブラックベリーと


レタスは食べようとしない。 ぽいっとして、自分が好きな物を狙ってます。でもお行儀が悪いと、ご飯もらえないのね。スナップエンドウかなあ。。それっぽい豆は美味しそうに食べていました

あーこんな近くで、触れ合えるなんて可愛いなあ。 

他にも、ヤマアラシやスカンクもいました


しかも、ヤマアラシ君、こんな風に木の上でグデッとしたりもするんだね



他にも、爬虫類、両生類、昆虫などのコーナーもありました。

こちらは、蛇の抜け殻〜。 


人気ブログランキングへ

コメント

Science North 石や化石が好きな子はここチェック

2017-10-16 | サドバリー sudbury
Sudburyへ行った一番の目的は、「Science North」という博物館。
ボリュームがあるんだけど、開演時間が結構短くて、やっぱり1日じゃ足りなかった。。。。きっとまた行く。


本館への入り口が、これまた素敵。この奥にとっても幻想的なパーティールームがあって、閉館後にパーティーがあったようで、帰り際にちらっと見えたのですが、とても素敵だった。


大きな骨を見ながら、それぞれの階へぐるぐる通路を通って行けます。この造りも、子供達をワクワクさせるね。


最上階はここ。宇宙、人体、電気、磁石、電話、飛行機のシミュレーションなどがありました。


ここでは、化石を見つけたら、その石は持って帰っていいんだって〜。 


スタッフがいるカウンターに外で拾った石などを持っていくと、ポイントに換算してくれて、ポイントを貯めると、それに応じて、好きなものを選べるワクワクぞーん。 

博物館内で知り合った子が教えてくれて、駐車場で拾った石(これも綺麗な御影石だったけど)を2つくれて、150ポイントになり、お兄ちゃんはこれと交換。



お誕生日には300ポイント追加で、交換は50ポイントから数千ポイントまで様々。


この中からも選べるし、ポイント数が多いものは、ショウケースに入っていました。





石や化石が好きな子達にはたまらないね〜。

我が家の場合、お兄ちゃんはだいぶここで時間を費やしていたけど、弟君はまだあまり興味がないようでした。

弟君が夢中になったものは。。。また次回。


人気ブログランキングへ

コメント

5セント

2017-10-14 | サドバリー sudbury
サンクスギビングの連休を使って、以前から行ってみたかった「Sudbury」という地域に行ってみました。
18億年前に、宇宙から大きな隕石が落ちてきて、世界で2番目に大きいクレーターの地形で作られた場所だそうです。


この隕石による衝撃で、地中に埋まっていたニッケルが大量に表面付近に出てきて、世界でも有名なニッケルの産地にもなったみたい。


写真のようなゴツゴツした岩がそこらじゅうにありました。


今のデザインとはちょっと異なりますが、5セント(通称nickel)の特大と写真が撮れます。




ここに「Dinamic Earth」というミュージアムも隣接しているんだけど、夏季のみ開館のようで、また夏に来たいなあと思いました。

ハロウィンイベントで、夜のみ空いているようでしたが、うちの子達はそれには興味がなかったらしく、今回は行きませんでした。

なぜ、この地域に行ってみようと思ったかというと、「Sience North」というミュージアムの評判が良かったからなのと、住んでいる地域よりも北なので、紅葉が綺麗なんじゃないかと。

実際、どちらも大当たり。 片道5時間かけて遊びに行って良かったーと家族全員思いました。

義理の両親によると 昔は酸性雨が降る町と言われていたそうですが、今は綺麗な自然が広がっていて、毎日行く先々からメールで写真を送っていたのですが、義理の両親も驚いていました。

綺麗な写真もたくさん撮れたので、続きはまた追って。


人気ブログランキングへ

コメント