☆My Everyday Life in Canada☆

カナダに来て12年。2人の子供達の成長記録と梅ちゃんからの日常エピソード色々☆

学校最終日&遠足の日

2019-06-27 | 学校関係
カナダはようやく、夏らしい日々が続くようになりました。紫外線強いです。サングラス必需品! 

今日で子供達の学校も終わり。次男は幼稚部卒業だけど、今通ってる学校は卒園セレモニーなど全くないので、いつも通りのお迎えの時間に、いつも通り出てきて、「先生さようなら〜。楽しい夏休みを〜!」とあっさり幕を閉じました。 最後に写真だけ撮らせてもらったけど。

お兄ちゃんがお世話になった学校では、6年生の卒業式とは別に、幼稚園児だけで ピクニック形式の卒業セレモニーがあって、子供達の歌を聞いて、先生方が卒業証書をくれて、1人1人写真撮ったりしたんだけど、こういうセレモニーがある学校の方が珍しいみたいですね

一度校長先生とお話しした事があるけど、6年生までお預けでいいんじゃないって。そんな感覚のようです。

それぞれ今年度も楽しい学校生活を過ごせたようで良かったです。

先日、次男の遠足ボランティアに参加しました。

市内の公園で自然と触れ合う遠足です。 部屋の中で、亀や蛇を見せてくれて、蛇は首に乗せてくれたりしました。

外では、池で生き物探し。

子供達が狙うのは、カエルです。
大きのがいるんです!


見て!この おたまじゃくし!!

こんなに大きなおたまじゃくし、初めて見ました!
これはスタッフが採っておいてくれたものですが、ヤゴなんかもいるみたい。

大きなカエル、男子も女子も怖がる事なく、嬉しそうに素手で捕まえてるの〜。


トトロがいそうな林を抜けて

この後 虫取りもさせてもらいました。 

みんなとっても楽しそうでした。


人気ブログランキングへ




コメント

学年末イベントで当たった!

2019-06-21 | 学校関係
カナダの学校は今 学年末です。 遠足やイベントの多い 子供達にとって とても楽しい最後の数週間。

子供達の学校でも 学年末のイベントがあり、その中で毎年楽しみにしているのは、バスケットの抽選。

各クラス毎にテーマがあり、お兄ちゃんのクラスは「ガーデニング」、弟のクラスは「家族旅行」で、それぞれのテーマに合う品物やギフトカードなどを、各家庭から持ち寄り(寄付なので絶対ではない)、大きなバスケットを作って、イベント当日に 抽選券を買って欲しいバスケットに投票し、あったら持って帰れるという内容です。

チケットに支払った費用は、来年度の学校運営費に使われるようです。

で、今年は、当たってしまったのです!!
お兄ちゃんの一番狙いはガーデニング、弟は外遊び。 二人とも他のにも 何枚か入れてたようだけど、 当たったのはこの「外遊びバスケット」

でか〜!! 

子供達、大喜びです。 私とダディ的には、また物が増えた。。当たらなくてよかったのに。。。と内心思ってしまったけど。。

まー、楽しそうなものが沢山。 ギフトカードが$40分も入っていて、これはびっくり!

私的にはシャボン液は嬉しい! デイケアでよく使うのですが、小さい子達はどうしても、「こぼす」という量が結構含まれるので、かなり大量に使うので、嬉しい〜。この夏これで乗り切れそうだ!




人気ブログランキングへ




コメント

メディアリテラシー

2019-06-20 | 学校関係
久しぶりの更新です。 


カナダもようやく夏らしくなってきました。でもいつもより日射量が少ないと感じます。


子供達の家庭菜園からも、美味しい野菜が収穫できるようになりました。

今月は 1月から受講していたオンラインでの英語コースの締め切りに追われていました。 パートタイムであっても仕事やボランティア、それの準備、片付け、調べ物、子供達の学校、習い事、勉強の世話、食事の支度と片付け、その他家事を合わせると、1日はあっという間で、そこに+勉強時間確保というのは、なかなか大変な事でした。

家族の協力なしには達成できなかったな。。。 今回のコースは もう1つ先への準備だったんだけど、おそらくさらに 内容が濃くなるので、本当にできるのか。。。これ以上睡眠時間(この半年、平均4時間半。。)を減らすのは、自分の身体にも精神状態にも、家族に対しても よくないと思うので、よーく考えねばです。

でも、コース内容はとても勉強になりました。 エッセイ(小論というのかな?)の書き方と、小説の読解と意見/感想文、メディアリテラシーについてが主だったかなと思います。

エッセイに関しては、1つの単元で少しずつ 完成させるために必要な情報、項目について学び、練習を入れた 課題だったんだけど最後から2番目の単元で、エッセイを1本書き終え、なぜここでコースが終わらないのか!?と、次の単元に入ってびっくり。

メディアリテラシーに関しての内容が、これだけで1コース分くらいあるのでは!?という ボリュームで1つの単元に入っていて、それが最後の2週間で短期集中一気に終わらせる事となりました。 

でもこのメディアリテラシー、カナダではダディくんが子供の頃から取り入れられていた項目のようで、 現在小学校に通っている長男も、すでにその初歩的な部分は習っている様子。 日本でもこれから 学校で導入されるのかな!? 知っていた方が良い事だと、思いました。

簡単に言うと、メディアとは、日々目にしてる情報で、テレビ、インターネットからの情報はもちろんのこと、雑誌、広告、街中で見るサインなんかも、メディアに含まれ、私達はそこから得た情報を 自分達なりに解釈して生活しています。

ただ、この情報は、本当に正しい事なのか!? 誰が、何の目的や意図で作ったものなのか。 目に見える部分にはない隠された情報はないのか。 見た情報をただ鵜呑みにするのではなく、正しい情報だろうと影響される前に、その情報は誰が、どんな人を対象に、何を意図して作られたものかを考える視点を持ちましょう。そして、その情報の中には修正された内容もある事にも気が付きましょう。それを自分なりに分析する視点を持ちましょう。という 内容です。 

授業では、CM比較や、テーマに沿ったメディアを自分で探し、分析して、その共通点や異なる点、おかしいと感じる点などを 意見をまとめて文章を書くような課題が 沢山ありました。 「女性の美」と思われる固定観念。についての分析なんかも、そういう視点を持って見た事がなかったので、私の中では新たな発見であり、 面白くもありました。 美に関する北米の固定観念と、日本の固定観念に違いもあって、そこも面白く、でもどちらもある程度の修正はしてるいたり。 雑誌の見出しやテレビからのコメントなどは、固定観念をばらまき、世間に植え付けるくらい力のあるメディアの1つだから、それに影響される人達もきっと多いはず。

今日目にしたニュース、誰が書いたもの? 聞いたニュース、誰がどんな意図で放送したもの? 書いたもの? 情報発信はどこから? この雑誌の見出しどうなの? この広告は誰に何を売りたいから? その固定観念、誰が決めたの? このCMは、製作者がこういったイメージを持って作ったんだ〜とか、そんな風にして情報分析してみると、面白いですよ。

そういう視点を持つ人が増えると、週刊誌の芸能ニュースなんかを鵜呑みにする人も減るのでは!?

メディアに触れない生活を送るのは 今の時代困難だと思うので、子供達にも しっかり勉強してもらって、すぐに情報に振り回されるのではなく、分析した上で、情報を上手に使えるようになってほしいな。



人気ブログランキングへ





コメント

Grand Friends Tea

2019-05-30 | 学校関係
学校でGrand friends Tea というイベントがありました。幼稚園生対象のイベントで、おじいちゃん、おばあちゃん、おばさん、おじさん、近所のお友達、両親など、招待したい人達を招待して、図書館でティーパーティをするイベントです。


今年は学校の合唱グループのパフォーマンスと、次男のクラス発表で2曲歌を聞いいて、持ち寄ったスナックとお茶でおしゃべりした後に、自分達の教室を案内するという内容です。



幼稚園生って可愛いね〜。 このあどけなさが、あと数年もしたらなくなっちゃうんだよね。。。 長男もそうだったけど、下校する様子を見ていると、男女共に成長をすごく感じます。 

時々ボランティアでお世話してるけど、私の事も そのうち忘れちゃうんだろうな〜。今はにこにこ話しかけてきてくれる子達も、つんつんした態度になっちゃうのかな〜と思うと、さみしいな〜。




人気ブログランキングへ






コメント

粘土で

2019-04-10 | 学校関係
今日もクラスボランティアへ行ってきました。

今日はちょっとしたお手伝いをしたり、粘土で一緒に遊んだりしました。 粘土コーナーには、毎週当番ボランティアの方が作ってくる小麦粉粘土の他に、カップケーキやクッキーの型、麺棒、シリコンカップ、モール、目玉 など いくつか小道具もあって、生徒達は自由に創作ができます。

今日とても面白い!と思ったのを作った子がいました。
クッキーを焼く時に乗せる鉄板に、粘土で迷路を作り、ビー玉を転がしてスタートからゴールまで進めるゲームを作った子がいました。 発想が素晴らしいな〜と思ったし、楽しいゲームなので、うちの次男も他のお友達も遊ばせてもらいました。

私は粘土で芋虫と蝶々を作り、お目目をつけて可愛くしてみたところ、何人かが真似っこして芋虫を作ってくれて、芋虫家族ができました。

するとそこへ、粘土で形を作って、モールでくちばしと足を上手に作り、とっても上手な小鳥を作ってくれた子がいて、芋虫食べにきちゃったの(笑)

これまた、あっぱれ!

カタツムリを作って仲間を増やしてくれた子もいたし、とても楽しい粘土遊びとなりました。


人気ブログランキングへ


コメント

何事もコツコツと

2019-04-07 | 学校関係
Walk to school と言って、歩いて学校に行きましょうという活動があり、週に1度 学校の近所で「歩くスクールバス」という名の 集団登校プログラムがあります。我が家も参加したいのですが学区が少し遠いので、徒歩だとちょっと遠いのです(幼稚園生には荷物を持って往復歩くにはしんどい距離)

でも自転車なら、私とお兄ちゃんなら問題ない距離。問題は次男。しかも家からだと幼稚園の入口が一番遠い。。。そして数カ所上り坂が。。。

なかなか自転車で行く気になってくれなかったのですが、気候が少しだけ春らしくなり 少しだけ行く気になってくれたので、ブレーキの練習を家の近所でしてから、今日は学校まで行ってみました! 

そして!行けました!!


本人も自信がつき、学校がある日も行く!と言ってるので、習い事やデイケアがない日に 週に1回くらいなら自転車で行けそうです。 ただ、1箇所、大きな交差点に向かって下り坂になっているところが、恐ろしく危なっかしく(しかも毎月必ず車同士の交通事故をみる。。)そこだけはブレーキが100%完全に使えるようになるまで、自転車を降りて押して行こうと話しました。

お兄ちゃんはJKの時だったかな。。ストライダーで近所の幼稚園まで何度か通ったんだけど、この時も最初下り坂下の道路で止まれなくて、幸い住宅街で、車が来てない時だったんだけど、私は赤ちゃんだった次男をストローラーに入れて徒歩だったので、追いつけず、心臓止まりそうだったのを思い出します。

でもこれ機に、本人も早めに減速をしてくれるようになったので、次男ももう少しブレーキの練習をしてコツを掴めたら、大丈夫でしょう。



それと、学校では幼稚園から4年生くらいまでの間、ホームリーディングという本読みの宿題があります。 強制ではなく、やるか やらないかは 本人次第です。

読みのレベル別に本の表紙にシールが貼ってあり、自分のレベルのシールが貼ってある箱から、読んでみたい本を週に2回持って帰ってきて、お家で音読をします。 

お兄ちゃんはだいぶ前にこのプログラムを終了していて、今は自分が好きな本を適当に自宅か図書館で選んで 読書は毎日続けましょう。という感じです。 次男は週に2回 本を交換して、時々先生の前で読む日があって、その様子からレベルが少しずつ上がっていくようです。

で、今回またレベルが1つ上がったのですが、持って帰ってきた本の中を見て、私もダディも次男も ギョギョッ!!

すっ。。。すごいボリューム。。。。 絵本なので、絵のページもありますが、24ページ中 半分は読むページ。。

いつも、1冊は声に出して読むようにしていますが、 私でもこの量を1冊全部音読は 凹むわ。。。。。。レベル的には小学校2年生レベルくらいなので 単語そのものは それほど難しくはないのだけど、字も小さいし、量多いし。。 さすがに次男も もう疲れた〜と、1冊読めませんでしたが、まーそこは、数ページずつ、返却の日までに読み終えたらよし!ということにしました。

継続は力なりだからね、嫌にならない程度に 頑張ってくれたらと思います。

おまけ。次男君。今日はこれを頑張って作っていました。

恐竜の名前忘れた。。 作ったり集中するのはいいのだけど、片付けをお願いしたはずなのに、作り始めてて、シャワー浴びる時間が1時間も遅れるというのは。。。明日が学校だと私はストレスだ。。。 でも、出来上がると嬉しそうに「写真撮って〜!」 その後 超特急にて 寝る支度をしてもらいました。 



人気ブログランキングへ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

工作でピョーン

2019-04-03 | 学校関係
きっと子供の頃に1回は作って遊んでみたことがあると思うこちらのおもちゃ。


輪ゴムをひっかけて、裏に返すとピョンと飛ぶおもちゃです。

次男のクラスは空き箱や容器を使って工作をする子が多いので、私も空き箱を切って、持って行きました。 最近また風邪が流行っていて、欠席者が多いみたいだし、工作は好き嫌いがあるから、とりあえず人数分の15セット作れるように 下準備をしていったのですが、これが、大当たりの売り切れごめん状態で大人気でした! 好きな子は2つ、3つ作りがたり、クラスにいた子達のほとんどが作ってくれたかな。 先生から空き箱をもらって、再生産したほど。

家にあるシールなども持って行き、シール貼ったり、絵を描いたりしてデコレーションしてもらいました。 

次回はまた飛ぶ系で、別のクラフト用意していこうかなー。


クラスの子達から お土産。 大きな雪の結晶、秘密のメッセージが作れる手紙。 今日作ったジャンパーのミニ版。ブレスレット。 

このクラフトは、デイケアに来てくれる子達にも 好評でした。ピョーンと飛ぶのが楽しいよね。


人気ブログランキングへ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

幼稚園生達と工作

2019-03-27 | 学校関係
次男のクラスで、こんなの作ったら面白いかなと、カラーセロファンと空き箱、画用紙、装飾用のシールを持って行って、次男が作ったサンプルを見せたら、男女ともに反応がよかったです。

紐のストラップは危ないかなと思って、ゴーグルの部分だけ作って見せたんだけど、工作が上手な子が、頭に巻けるようにバンドをつけたいと言って、この形にしたら、他の子達もそれがいいと、みんなこの形にして、楽しそうに遊んでくれました。



子供の方が創造力があるな〜。この形を思いついていたら、輪ゴムも人数分持って行ったのに〜。

お兄ちゃんは、さらに創作していて、大好きなイルカデザインと、次男のクラスが砂漠をテーマに遊んでいたので、ピラミッドとラクダが常に見れるというサンプルを作ってくれました。



最近は職業をテーマにした活動もしているみたいで、毎朝4つの選択肢の中から、自分が将来やってみたい職業に出席用の名札を置いているようです。

昨日はお医者さんをしているクラスメイトのお父さんが、どんな仕事をするか紹介に来てくれたみたいで、生徒達が全員帽子とマスク着用で、お医者さんパパと一緒に撮った写真が送られてきました。

お兄ちゃんのクラスは、今日は森の学校授業があったようで、2時間たっぷり近くの森へ行って、色々作って楽しく過ごしたようです。


人気ブログランキングへ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ダンスイベント

2019-03-22 | 学校関係
毎年恒例の学校でのダンスイベント。 学校行事で、親や親戚からの寄付金集めイベントです。 お金をいただいた分、ぼく/私 頑張って踊るよ〜という趣旨なのでしょうが、子供達には 単に楽しいダンスイベント。 オンラインで曲のリクエストもできます。

そして、売店があるみたいで、ダンスイベントで使えるグッツを買えるのですが、昨年お兄ちゃんにだけお小遣いを渡したら、弟も買いたいものがあったみたいで、ずるい〜!僕も買いたかった!とごねられたため、今年は次男にも$6だけ渡しました。 すごく嬉しそう。

そして、次男が買ってきたもの。多分初めての買い物じゃないかなあ。

この反射板になってるブレスレットが、昨年も欲しかったみたいで、2本。+色が変わる指輪。全部で$5だったみたい。

なんかかわいいな〜。 親のいない所での初めての買い物。 自分でこれが欲しいなと思って、持っていったお金で買ったんだな〜と思うと、かわいいなーって思います。

幼稚園の先生がビデオを送ってくれましたが、楽しそうでした。

お兄ちゃんはこれを買ったようです

光るブレスレット。

集まった費用は、学校行事や遠足のバス代、教材費の足しに使われるようです。 

カナダの幼稚園、小学校 学費はただなんですが、こういった寄付金イベントで、$10、$20札がぽんぽん出て行きます。 兄弟がいると一応二人とも持たせるし。強制ではないし、金額もいくらでもいいんだけどね。そして4年生からは、校外学習のような日もわりと頻繁にあるようで、 大学の博物館見学の他に、オーケストラの演奏を聴きにいったり、ホッケーの試合、バスケの試合などのスポーツ観戦があったり。 楽しそうだけど、その度に、参加費が多少必要なので え?また?と言う感じで、$10$20が出て行きます(笑) しかも、連絡が結構急なんだよね。 

今週は春休み開け初日だけ、次男がお家で遊びたいから学校へ行かないと、しぶり、、間に合う時間に学校へ到着していたのに、車から降りようとせずに10分遅刻と、残念な結果でしたが、それ以降は、私に言われなくても朝の支度を間に合うように済ませて、一番乗りで車に乗り、毎日整列に間に合いました。 できると知ってしまうと つい他の状況でも期待してしまうのだけど、 ひとまず学校へ行く前のみ 「遅刻しないで準備しよう!」と、頑張りスイッチが入るようになったようです。 この1年半を振り返っても、かなりの成長です。




人気ブログランキングへ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

校長先生からの手紙

2019-03-08 | 学校関係
年齢的な事も多少関係はあると思うけど、次男くんはとてもマイペースで、出かける準備に日常の動作に と〜にかく、必要以上に時間がかかります。 10回声かけしても、自分の興味が別のところにあると、そっちへ行ってしまったり、始めてしまったり。注意散漫なのかな。

とにかく彼と出かけるのは大変。私自身は遅刻が嫌いなので、イライラするし、時間がない、遅刻するよ!と言っても、急ぐそぶりを全く見せてくれないのです(この辺りはダディ君も同様)

なので、毎朝学校へ行くまでにも、かなり前から声かけをしているのに、結局ギリギリ。そして時に遅刻。。。。

お兄ちゃんは遅刻したくないから、時間に間に合うように準備ができるけど、弟の支度と動作が遅いために遅刻することもあるし、できるだけ学校のドロップオフゾーンで先におろし、そのあと駐車してから次男を連れて行ってます。

そしたら学校から「遅刻が多いので、改善できるようにお子さんと話し合ってください。遅刻をすると先生やクラスメイトにも会話が中断されて迷惑がかかるし、大切な情報を聞きもらすこともあります」と書かれたお手紙が、次男あてに校長先生のサイン入りで学校からきました。


私自身は、大学は電車の乗り継ぎミスがあって、何度か遅刻した記憶がありますが、高校までは授業に遅刻した事って ないと思うんだよね。。なので、こんな手紙をもらってくる事が私にとっては とてもストレスでしたが、とにかく本人が「やろう!」と心から思わなければ、お互い嫌な気分になるだけなので、どうしようかと怒りを抑えて考えてみました。

そこで、 まずこの手紙を次男に見せ、「これは校長先生からの手紙なんだけど、なんて書いてあるかわかる?」と聞いてみました。

すると、「遅刻の事?」と、わかっている様子。

そこで、「そうなの。遅刻が多いので、遅刻しないようにしてくださいって校長先生から。 遅刻をすると、準備をしていた先生や友達も嫌な気持ちになるし、大事な情報を聞き逃すこともあるから よくないですよって。 遅刻しないようにできるかなあ?? でもね、もし、『僕はできません』と自分で思うなら、そういうドキュメントがあるから、先生に言って「僕はできません用紙」にサインする事もできるよ。どうする?」と聞いてみました。

すると、「遅刻しないように頑張る!」と即答。 

そっか。(内心ほっとした)

そして翌日から、いつも通り朝ごはんを食べ始めるのも、食べ終わるのも、歯磨きも いつものペースに近かったんだけど、「遅刻しないで頑張るって言ってましたって、校長先生にお返事書いたけど、大丈夫?」と言ったら、ペースアップ。そして、5分も早く到着して、きちんと整列して間に合いました!

なので、「今日、遅刻しないで学校来れたね。頑張れたじゃん!」と伝えると、嬉しそう。

しかも今朝は、いつもなら、私が「スノーパンツ履く時間だよ〜!」と、何度も繰り返し言わないとなのに、そう言いながらパッと次男を見たら、スノーパンツ、ジャケット、手袋、帽子全て準備完了していて、バックパックも背負って玄関で待ってるではありませんか〜!!!!!!!

お兄ちゃんよりも早かった!

これはね、私の中では、かなりの衝撃レベルでの感動でしたよ!

「マミーをびっくりさせたかった」らしいです。 本当にびっくりでした。

やっぱり、何事も「本人のやる気にいかに火をつけるか」が、鍵だなと、改めて感じました。

今日も間に合ったし、褒め褒めで見送れました

どうか、まだまだ長〜いこの先の学校生活でも継続してくれますように。

手紙をもらった時は、私は私で遅刻させないように毎朝ストレス抱えながら頑張ってるのに、コノヤロー!!!と 思ったけど、結果的にこの手紙をうまく利用する事で、お互い嫌な気持ちになる事なく、
本人から「がんばろう」という気持ちになってくれたので、今回のアプローチは成功だったなと思いました。

同じようなタイプのお子さんがいる方がいたら、ちょっと試してみると良いかも。

ポイントは、状況を本人に把握させ、本人にどうするかを決めさせる事。そして、少しでも頑張りが見えたら褒めてあげることです。

私もストレスフリーで過ごせた朝が続いてくれて嬉しい。

春休み入りの今夜。兄弟でお泊まりごっこ中



中には明日の朝から遊んだり、読んだりする予定の物が色々入ってるそうです。





人気ブログランキングへ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おやすみ前の楽しい時間

2019-03-08 | 学校関係
来週はマーチブレイクという春休み。
幼稚園クラスはパジャマデーで、他のクラスと一緒に映画をみたそうです。好きなぬいぐるみを持ってきて良い日で、次男はウキウキ。いつも大好きなぬいぐるみをクラスに持って行きたくて仕方がなかったのです。 今日は先生公認で持っていけて、3つも持って行きました。 

他の子達もそれぞれ持ってきていて、大きいのや小さいの色々。 普段やんちゃな男の子も、大きなぬいぐるみを大事そうに持っていて、ギャップが可愛すぎる!!

この子達も、いずれ、青年となり、おっさんになってしまうのは現実だけど、 幼稚園の頃って、女の子も男の子もほんと、可愛いよね〜。

今日は外ではウィンターオリンピックという楽しいイベントがあり、5、6年生の上級生達が、雪の校庭に 器材を並べ アスレチックコースを作ってくれ、幼稚園児達を応援しながらレースをオーガナイスしてくれたり、上級生が一緒に競争してくれたり(しかも、勝たせてくれるみたい。優しい!)、先生がビデオを送ってくれたのですが、とても楽しそうでした。

丘には、子供達が滑って出来た天然氷の滑り台があちらこちらに。 

冬ならではの楽しそうな光景です。

お兄ちゃんも楽しんだのかと思いきや、先月の悪天候でキャンセルになった遠足の振替日で、お兄ちゃん達は遊べなかったらしいー。でも、市内の大学にある博物館へ行って、天然石や鉱石をたくさん見せてもらったみたいで、お土産に砂金を1かけもらってきました。 こちらはこちらで楽しかったようです。



人気ブログランキングへ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

このニュースから感じた事

2019-03-02 | 学校関係
義母が時々気になったニュースをメールで送ってきてくれるので、英語の勉強になるかなと できるだけ目を通すようにしています。

このニュースは私も読んでびっくり、ショックでした。 

この子が、事故や怪我なく、そして誰にも誘拐されずに 自宅にたどり着けた事が奇跡にも思えるし、本当によかった。 しかも1月下旬のような危険な寒さの日じゃなくて良かった。

内容は学校へ行っていた4歳の子が、先生が気がつかないうちに 遊ぼうと思ったのか外へ出てしまい、建物は鍵がかかっていて入れないため、自宅まで一人で歩いて帰ってきたという話。 しかも自宅はアパートのため、誰かが下の入り口であけてくれないと入れない。

うちの子供達が通う学校もそうですが、日中は基本入り口は全て鍵がかかっています。 外部からの侵入者による危険から生徒達を守るためです。 なので、プレバブ校舎の子達は、教室に鍵がありトイレに行くときはその鍵を使ってメインの建物に入っていくし、親がボランティアで学校へ行ったり、遅刻や早退で学校へ行く際は、必ずオフィスのインターフォンを鳴らして、サインをしてから入ります。

先生方は鍵を持っているので、外での授業や休み時間に一緒に出て、一緒に入る時は、先生が入れてくれるわけだけど、今回のケースは、多分この子が 先生が気がつかないうちに、外で遊びたくなって外に出てしまって、入れなくなってしまったんだね。

しかも この日はクラスに2人いる担任がどちらも欠席で、代行の先生が2名入っていたそうです。 

今回の問題は、この代行の先生方が、点呼をきちんとできていなかったであろう事と、二人とも代行だった為、そのクラスメイトをよく知る先生方ではなかったこと。 

我が家の次男君の学校では、幼稚園は教室にトイレがあって、一人で廊下に出る事はまずない状態。
時々カバンの所に何かを取りに行ったりする場合も、先生が大抵見てるよね。 

親からしたら、心臓飛び出しちゃうくらい 本当にびっくりな話で、本当にその子が無事で心から良かったと思うし、学校側の責任問題は確かにあるけれど、でも、「だから=この学校はよくない。」 は、ちょっと違うと思うんだよね。 でもこういう発想の人達が多いのも事実。



ちなみに、次男の通う学校は幼稚園は4クラス。 次男のクラスは15名で先生は一人。他の3クラスは20−24名くらい生徒がいるので、先生が常に2人いる状態。それプラス、アシスタントの先生が必要に応じて、各クラスを回っていたり、サイエンス&音楽専属の先生がどこかのクラスにいたりと、わりと大人の目が多い環境です。

それでも、15名の次男のクラスから、24名生徒がいるクラスをのぞくと、生徒が多いな〜と感じます。一人いなくなっても、すぐには気がつかないかも。 もちろん、そんな事はあってはならないから、先生の仕事は本当に大変。

子供って、ルールに沿って自分でなんでもできる子ばかりじゃないし、より丁寧さが必要な子、注意が必要な子って必ずいるから、1人の先生だけに 全てを任せるのは負担が大きすぎると感じます。 クラスの人数によったは、2人でも少ない時だってあると思います。

なのに、オンタリオ州は、先生の数を減らそうとしてるとか(予算削減案として)。。

子供が安全に、快適に過ごすには、アシスタントの先生方の協力は絶対にあったほうがいい。 現場の先生方はアシスタントの先生が足りていないと感じているくらいなのに。

小さな子供達にとって、どの子にとっても先生からのアテンションは嬉しいもので必要だし、さらに注意が必要な子達も必ずいるわけだから、その人員を削減してしまったり、クラスの人数をさらに増やす方向であるならば。。。。いい策だと 私は思わないな。

今回幸いにも、生徒に怪我もなく、無事だったわけだし、学校を非難するだけじゃなくて、今後同じような事が他の学校でも2度と起こらないために、何が必要かを政府も含め一緒に考えるきっかけにできたらいいのにね。


人気ブログランキングへ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スキークラブ

2019-01-26 | 学校関係
学校のクラブ活動。と言っても、週1で、4回だけなんですが、4年生からスキークラブに参加ができて、近くのスキー場に学校の先生が引率でスクールバスで連れて行ってくれるんです。

お兄ちゃんも参加したいとのことで、行ってきました。クラスの半分以上参加してるみたいで、午後2時頃に学校を出発し、夕方親がスキー場へお迎え。自分の機材を持って行っても良いみたいだけど、我が家は全てレンタル。

細かい技術的なレッスンを教えてくれるわけではなさそうですが、人生初のスキー体験をしたお兄ちゃんの話によると、5段階で スキーの履き方、歩き方、リフトへの乗り方と降り方、滑り方を簡単に教わって、テストに合格するとシールがもらえ、その子のレベルに応じていくつかある丘の中で自由に滑れるみたい。

何度か転んだようですが、1回目は楽しく滑れたようで、また行きたいと。素晴らしい! 学校様、ありがとう!

そして私はお迎えに行ったのですが、こちらへ来てもうすぐ13年になるけれど、スキー場、初めて行きました。

4箇所くらい滑る丘があったかな??

チューブパークもあるようです。

これくらいの丘なら。。。私でもいけるかしら。。。。。。と、一瞬思ったけど、20年くらいやってない。 

スキーやスケートができると、冬も活動的に過ごせていいね〜。



人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スポーツ観戦遠足

2019-01-10 | 学校関係
今日は本来の1月らしい寒さでした。。 体感がマイナス15前後。 明日の朝は体感マイナス20前後。。 驚いちゃうのが気温差で、数日前の火曜日はまさかのプラス5度前後。体感はわからないけど、ウィンタージャケットがなくても外を歩けるかなと感じたくらい暖かかったんです。 たったの2、3日ですごい気温差だよね。

今日はお兄ちゃん達は遠足で、市内の大学チームを応援しに、バスケットボールの試合観戦に出かけたようです。 市内の4−6年生達が集まったのか、他校のお友達とも現地で会ったようです。

今月は、市内のミュージアムへも遠足があるようで、お出かけたくさんで楽しそう。

お兄ちゃんは初めてのバスケットボール観戦でしたが、楽しかったようです。 勝てるはずだったのに、審判がちゃんとみてなくて勝てなかったって、本当かい!? という結末だったようだけど。


弟君はサイエンスの先生と、てんとう虫になるゲームをしたそうです。 先生が鷹になって、てんとう虫を狙ってくるんだけど、鷹に捕まる前に ひっくり返って手足をバタバタさせるとかで、家に買ってきて実演してくれました。 弟君が好きそうなゲームだなと思いました。


人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鳥を呼び寄せ

2019-01-09 | 学校関係
月曜から気温差が激しい。。。下がって上がって下がって明日はさらに下がる!?

今日、幼稚園クラスの1クラスが、外で過ごす時間に、鳥探しをしていました。

やたらと鳥の鳴き声がするなあ。。。と、そっちへ目をやると、近くの小さな木の上に、小さな鳥の巣が。え!??こんな真冬に赤ちゃん!?というくらい鳴き声がするので、先生に この鳴き声は本物ですか?と聞いてみたら 木の側に置いてあったスピーカーから(爆笑)

だ。。。だまされた〜!!!

そして、私と同様にその鳴き声につられて、本物の鳥達が校庭の木々に集まってきていたのです! 

子供達が見つけると指をさして教えてくれて、僕は「ブルジェイとチカディーをみたよ!」と教えてくれました。

すごいな〜。携帯&スピーカー

放課後お兄ちゃんにその話をすると、庭でもやってみたい!とのこと。今日は習い事の都合もあってできませんでしたが、庭に大きな木があるので、やってみるといいかもね。

母は家の中から観察させていだたこう。

面白いアイディアだなと思いました。


人気ブログランキングへ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加