邦画ブラボー

おすすめ邦画(日本映画)のブログ。アイウエオ順(●印)とジャンル分け(★印)の両方で記事検索可能!歌舞伎、ドラマ感想も。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「琴の爪」

2006-01-31 | ★ぐっとくる時代劇映画
忠臣蔵の討ち入り「その後」の物語。
真山青果原作。

「大石最後の一日」として
歌舞伎でも演じられているが、アレンジは違っている。

大石内蔵助(松本幸四郎)らは
細川越中守の中屋敷で心静かに毎日を過ごしていた。

細川家家臣、堀内伝右衛門(中村鴈治郎)は
浪士らに同情する余り、
「お咎めは軽くなるに相違ない」「世間ではみなそう申しておりまする」
などと口走り
静かに死を待つ浪士の心を乱してくれるなと大石にたしなめられる。

12月14日から2月4日の切腹まで、かなり長くお沙汰が
降りなかったんですねえ。

そんな折、
大石の元に男装したおみの(扇千景)という娘が尋ねてくる。
あだ討ちのために偽りの婚姻の約束をした
磯貝十郎左衛門(中村扇雀)の真意をただすためだった。

いったんは願いを拒絶した大石だったが、
いよいよ切腹の上梓が下って、若い二人の面会を許す。

磯貝は冷たい言葉を投げつけて
取りすがるおみのを突き放すが・・

一時間の小編ながら
中村扇雀(現坂田藤十郎)、中村鴈治郎親子に扇千景の
名役者一家が共演していて見ごたえありました。

扇千景の愛らしさは驚異的で
なんでまた政治の世界にと悔やまれる美しさと演技のうまさ。
ご夫婦のツーショットはなかなか麗しかったです。

松本幸四郎は立ち居振る舞い完璧の大石内蔵助で申し分無し。
武士らしい最後を遂げるまで家来を統率する一方で、深い情けも見せる。

浪士たち(田中春雄・平田昭彦.・森川信ら)の会話は
「おい、切腹の作法を知らんのだが、どうやるのだ?」
「とにかく立派に死ねばよいのだ」などとても人間臭い。

切腹の順番待ちの場面ではついつい
色々なことを想像してしまう。

薄暗い座敷から一人減り、二人減り、最後に大石が残る。

切腹に向かう大石の背中を見守る堀内のまなざしがしみじみ良い。

監督は「女殺し油地獄」の堀川弘通

1957年 監督:堀川弘通 脚色:菊島隆三・若尾徳平
 美術 : 北猛夫 撮影 : 山崎一雄

ブログランキング応援ありがとうございます
コメント

BS2の映画特集

2006-01-30 | 日々の泡
ブログランキング応援ありがとうございます

BS2で
成瀬巳喜男監督特集アンコール版を放送している。
秋に録画失敗したものがあるので大変ありがたい。

今週は深夜にも見逃せないラインナップの映画が放送される。

今夜は
1月31日(火) 前0:30~1:33(30日深夜)
大島渚監督の「愛と希望の街」

2月1日(水) 前0:30~2:07(31日深夜)には
大島渚監督:「青春残酷物語」

2月2日(木) 前0:30~1:59(1日深夜)
吉田喜重監督:「ろくでなし」

2月3日(金) 前1:00~2:33(2日深夜)
篠田正浩監督:「涙を獅子のたて髪に」

2月5日(日) 前0:40~2:12(4日深夜)
恩地日出夫監督:「めぐりあい」
が放送される。
コメント

「犬神家の一族」が復活!

2006-01-29 | 日々の泡
ブログランキング
応援ありがとうございます

「犬神家の一族」が30年ぶりに復活する。
しかも、市川崑監督(90)がメガホンを取るそうだ。

金田一耕助役を打診された
石坂浩二は、風呂で鏡を見て「ダメだ」と思ったとか。

走るシーンが多い金田一だが
なるべく座ったままで事件を解決できるようにお願いしたそうだ。

制作費も近年になく莫大。
豪華な俳優陣をそろえるそうです。
目玉の「松子役」は誰でしょうね!

いつ見ても佐清くんは強烈ですねえ。
コメント (8)   トラックバック (4)

どケチ物語

2006-01-28 | ★読書
山崎豊子の
「しぶちん」「船場狂い」を読んだ。

「しぶちん」はまあケチという意味だけど、
マイナスイメージではなく
なんとなく愛嬌のある言葉ですね。

「(金を)出ししぶるヨッチン」みたいな。

丁稚時代から小銭をじりじりためにためて
財を成し商工会議所の議員になった
山田万治郎のケチ一代物語。

「船場狂い」は古風で独特の文化を持った
土地、船場
憧れと執着を燃やした「船場おたく」の女の一生を
面白おかしく描く。
この主人公もまた見事に「しまつな」女性だ。

どちらも大阪の匂い香る
面白い短編であった。

同時にどケチ映画、
吉村公三郎の「大阪物語」
斎藤寅次郎監督三木のり平主演の「誰よりも金を愛す」を見た。

この二本もめちゃめちゃ面白かった。

感想はのちほど。

ブログランキング応援よろしく
コメント (2)

名台詞

2006-01-27 | 日々の泡
歌舞伎の
「十六夜清心」(いざよいせいしん)のビデオを
見て河竹黙阿弥のテンポに酔っていた時
「一人殺すも千人殺すも、
取られる首はたったひとつ、こいつァめったに死なれぬわえ」
という台詞のところではっとした。。

「用心棒」で
遊女屋の女将山田五十鈴
「一人斬ろうが百人斬ろうが、縛り首になるのは一遍だけだよ!」
とうそぶく場面は
あそこからきたのかもしれない。

このところ私の頭を占めているのは

「首を斬られるっちゅう時に髭の心配してどうする!」
「七人の侍」の村おさの台詞が
先日から
頭をぐるぐる駆け巡っています。

まさに爺さんそのとおり!!

ブログランキング応援よろしく

コメント

「昭和レトロ商店街」感想

2006-01-26 | ★読書
もしも、私の同級生がこの本の表紙を見たなら
「おい●●!
宿題忘れてもけろっとした顔しとるなあ。
今日も”ケロリン”飲んできたのか?ワッハッハ」
という 理科の先生の口癖と、古い木造の校舎を思い出すことだろう。

読み進んでいくうち、
「都こんぶ」「カルミン」がお供だったバス遠足、
妹と夢中で見た「エイトマン」での
「のりたま」のコマーシャル、
近所のおじさんから漂っていた「仁丹」の香り、
手のひらでなめた「粉ジュース」の味、
「ハイトリ紙」がぶら下がっていた夏の台所などなど、
それらの商品と共にあった懐かしい日々に
昭和ど真ん中生まれの私の心は飛び立っていくのだった。

この本に紹介されているのは
誰もが一度は目にしたり、
手にとったりしたことのあるものばかりだ。
使い捨ての世の中で生き残ってきた、
生え抜きのロングセラー商品たちなのである。

町田忍氏の丹念な取材と愛情にあふれた文章によって
それらひとつひとつの商品の裏に秘められた驚きの歴史や
斬新な広告戦略のエピソードが明らかにされている。

特に「ケロリン」を発売している内外薬品の歴史、
紆余曲折をへたアース製薬「ごきぶりホイホイ」誕生秘話は
商品の後ろにある人間のドラマやぬくもりが伝わってきて読み応えがあった。

集められたものを通して徐々に何かが見えてくる。

「フランスキャラメルの少女はだれ?」とか
「正露丸ミステリ」など、謎解きのようなコラムもあり
読み物として大変面白いが、
カラー写真も多数掲載されていて
パラパラめくっていても楽しめる。

巻末にはコラムニスト泉麻人氏との熱いトークのおまけ。

アイスの棒のパッケージはビニールではなく断然「紙」がいいとか、
お二人の研ぎ澄まされた美意識には圧倒された。

「『集める』というより、 『残す』という感じ」

「納豆パッケージ」「ポケットティッシュ」「甘栗パッケージ」
値打ちがある無しに関らず、思い入れのあるものを残す
氏のコレクションは今現在も進行中。
いつかまたそれらをどっと見せて欲しいものだ。

ただモノを羅列してあるだけの本とは大違い。
今を生きる人たちに読んでもらいたい、暖かい本です。

余談ですが、拙宅の風呂場には「ケロリンおけ」を常駐させています。


町田忍著:「昭和レトロ商店街」早川書房

ブログランキング応援よろしくお願いします


コメント   トラックバック (1)

ドラマ特選

2006-01-25 | ●面白かったTVドラマ
○怪奇大作戦
■「壁ぬけ男」

■「氷の死刑台
■「ゆきおんな」
○京極夏彦「怪」シリーズ」
■七人みさき

■赤色えびす

■福神流し

■隠神だぬき


○松本清張ドラマシリーズ
■愛の断層
■天城越え
一年半待て
■霧の旗
虚飾の花園
最後の自画像
■遠い接近
脱兎のごとく・岡倉天心
けものみち

○その他

阿部一族
■終わりに見た街

■飢餓海峡(ドラマ版)
そのⅠ
そのⅡ
まとめ
クライマーズ・ハイ
毛糸の指輪
新撰組呪いの血しぶき
■太宰治物語
■寺内貫太郎一家
橋の上の霜
破獄(NHKドラマアーカイブより)

■フジ怪談スペシャル

■源義経(昭和版)

■源義経(昭和版その2)

■四谷怪談

■雪女



ブログランキング応援よろしくお願いします
コメント (2)

【や】【ら】【わ】行の映画

2006-01-24 | ●【や】【ら】【わ】行の映画

■柳生一族の陰謀
■柳生武芸帳
■約束
■夜叉
野獣刑事
■野盗風の中を走る
■藪の中の黒猫
破れ傘長庵
■破れ太鼓

■山の音

■遊侠五人男

雪之丞変化

■雪の喪章
■酔いどれ天使

■酔いどれ博士
妖怪大戦争
陽気な殿様
■用心棒

汚れた英雄
■夜の牙
■夜の素顔

夜の蝶
■陸軍中野学校

檸檬のころ
わが恋せし乙女
■嗤う伊右衛門


ブログランキング応援よろしくお願いします

コメント (6)

【ま】行の映画

2006-01-24 | ●【ま】行の映画

まあだだよ
■魔界転生
魔子恐るべし
股旅
マタンゴ
みだれ髪
■乱れ雲

水戸黄門漫遊記
■壬生義士伝

南の島に雪が降る

武蔵野夫人

娘の冒険
胸より胸に
■明治一代女

■夫婦善哉

牝犬


燃えよ剣

ブログランキング
応援よろしくお願いします

コメント

「昭和レトロ商店街」が届く

2006-01-24 | 日々の泡
ある日のこと、
いつものようにあてどもなくネット漂流していたら
昭和30年~40年代のコアな文化を紹介している
「まぼろしチャンネル」
というサイトに漂着。

超有名で面白いこのサイトを
今の今まで知らなかった自分のバカ。

ありがたいことにリンクもしていただいた。

ものすごく面白くて隅から隅まで夢中で読みふけっていたら、
掲示板にて
『昭和レトロ商店街』という本を紹介してくれる方募集!という
早川書房編集部の方による書き込み発見!

著者は以前から興味があった町田忍さんだ。

早速拙ブログも名乗りをあげてみたところ、
編集部の方から早速メールをいただき、
あれよあれよという間に
本が手元に届いたではありませんか!

これからじっくり読ませていただき
感想を書かせていただくことにいたします。

なお締め切りは今月29日(日)までだそうなので
興味がある方はメールしてみられては?
詳細は
Hayakawa nonfiction blog
:早川書房さんのブログに

ブログランキング応援よろしく
コメント