邦画ブラボー

おすすめ邦画(日本映画)のブログ。アイウエオ順(●印)とジャンル分け(★印)の両方で記事検索可能!歌舞伎、ドラマ感想も。

「安城家の舞踏会」

2011-12-15 | ★人生色々な映画

 やはりすごかった「安城家の舞踏会」!!

見せ場満載で

ツボ満載。

全部の台詞を暗記したいし

仕草もまねしたくなって

もう10回くらい見てしまいました!(爆)

何度も見て噛みしめたい玉のような映画。

木下忠司の音楽も優雅に

映画を盛り上げています。

脚本は新藤兼人。

 

没落寸前の華族「安城家」で開かれた

舞踏会の一夜を描く。

登場人物すべてのキャラが立っている群像劇であります。

 

吉村公三郎の演出は

予定調和を許さない驚きに満ちており

役者も生き生きと各々のパートを演じきっている。

 

筆者のツボ

 

その1

絶望して

自殺を図ろうとするお父様(滝沢修)に体当たりをくらわして阻止する原節子。

父親を猛烈タックルで弾き飛ばしながらも

「ごめんあそばせ」

とつぶやく

 原節子の品がすごすぎ!

 「ご辛抱あそばせお父様!」もノックアウト級な台詞。

その2

いきなり札束をかかえて出てくる原節子

 

その3

女の呼びかけにも答えず

ピアノを弾く若様、森雅之

ごうを煮やした女中の行動が・・・びっくり!!

●●● 壊れなかったかしら~~~

 

その4

滝沢修のお殿様ぶりと激高・狼狽シーン 

 

その5

元安城家運転手神田隆のひとり芝居のすばらしさ:

悪役で有名な神田さんしか知らなかったので

若々しくてしかも抜群に上手い演技に惚れ惚れしちゃいました!

 

 その6

華族としての高いプライドを持った

長女を演じた逢初夢子:

レースのハンカチを噛みながらの

「だけど昭子の心は華族!」にしびれました~!

 

その7

森雅之に翻弄され

辱めを受けて逆切れする津島恵子

メリハリ抜群の芝居と

ぴちぴちの色っぽさ!

「酔いどれ酒場」

「七人の侍」もすばらしかったけど

この小娘役最高! 

 

その8

森雅之の端正でいかがわしい魅力が堪能できて

大満足!!

「ごきげんよう」

 という挨拶がこれほど似合う男優もいない。

 

などなど書ききれない

お宝シーンが次々に・・・ 

 

重厚でありながらもきっちりエンターテイメントしている

絶妙のバランスは

さすが吉村公三郎です。

 

古い体制から新しい価値観へ・・・・

安城家の一夜が象徴しています。

感動がひたひたと胸に迫ってくる

クリスマスにぴったりの映画を

 

あなたもぜひご覧あそばせ!

 

 

 

 

コメント (2)

森雅之のアラーム

2011-12-09 | 日々の泡
おほほほほ
 
朝から浮き浮き・・・♪
というのも
夢に
なんと!
 
「知性の愁い」
「 官能の惑わし 」
 
森雅之が出てきたんですよ!!
森雅之とは
なぜか同じ職場で働いていて
隣の席。
 
ロンドンのビッグベンの写真を見せてくれて、
 
「いやあ やはり 倫敦はいいですな・・・」
 
な~~んて言っている!!
 
倫敦と森雅之は似合う!似合った!
 
おほほほほ
 
なぜ雅之様が夢枕に!
と思ったら
 
日曜日のBSプレミアム
「安城家の舞踏会」(1947年吉村公三郎監督)
をやるんですな!!
 
長年見たかった作品なので
無意識に
脳内アラーム機能が働いたのかしら???
 
録画予約も確認したし・・・
 
楽しみ!
●公式HP
コメント

ヒットな言葉・・・

2011-12-04 | 日々の泡

最近水泳で

若者のようなハード・トレーニングをこなすなどして

呼吸器系心臓系もバリバリに

鍛えている実感があるのですが

親友の娘さんが新進気鋭の循環器系ドクターと結婚したと聞き

「もうこれで心臓関係は万全だけど、

大丈夫過ぎて

いざとなってもなかなか死に切れないんじゃないかと不安に思う」

と友人に言ったらば、

「死ぬときゃ死ぬわよ

あっさり言われました。

 

最近のヒットな言葉です。

コメント

「切腹」再見

2011-12-01 | 日々の泡

橋本忍が映画の構成を考えるとき

大きな紙に場面ごとに脚本を書いて

番号をふって

順番どおりざ~~っと広い座敷に並べる。

最初、俯瞰して全体を眺めてから

話を煮詰めていく段階で

大胆に

それらの順番を並び替え、差し替えていく・・・

みたいなことを

以前特集番組でやっていた。

 

昨日放送された「切腹」の見事な構成も

そうやって仕上げていったのだろうか。

 

それまで黙っていた岩下志麻が

井伊家の侍が去った途端石浜朗の亡骸に

「わ~~っ!」と言いながらすがりついたシーンは

仲代達矢が度肝を抜かれた迫力だったそうだ。

その後、子供の元へ行った時のうめくような声もすごかった。

 

そういうことを色々と考えながら昨日は楽しみました!「切腹」を!

 

コメント (2)   トラックバック (2)