邦画ブラボー

おすすめ邦画(日本映画)のブログ。アイウエオ順(●印)とジャンル分け(★印)の両方で記事検索可能!歌舞伎、ドラマ感想も。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

もしも「華岡青洲の妻」がハリウッド・リメイクされたら

2012-03-30 | 日々の泡

先日来、

華岡青洲にすっぽりはまってしまって

昨夜寝る前に思いついたのは

「長谷川一夫」

でしたが、

嫁姑はカンペキに脇役になるだろうなと却下。

 

長谷川一夫の華岡青洲!!!!!(と、自分でウケました)

 ************

 

さて

気を取り直して「ハリウッド・リメイク

です。

あちらでは水面下の心理戦や

台詞に表さない葛藤などでは通用しません。

当然のことながら

目に見える具体的な戦闘がメインテーマです。

姑嫁の舌戦もハンパないので

脚本もそれ相応のひとにやってもらいたいです。

 

まず嫁は

誰でもいいのですが(爆)、若い・・・女優・・

アン・ハザウェイとしましょう・・・

姑は シガニー・ウィーバー。

 

ここまで書けばお分かりのように(?)

姑は劇薬を飲んで寝ている間に

エイリアンに変身して、下水管に逃走!

嫁も副作用で

徐々に容貌が変化していき、ある日目覚めたら

プレデターに変身してビビビっという効果音と共に姿をかき消すのです!

そして下水管から現れたエイリアンと

プレデターは

壮絶な戦いのうちに相討ち。

青洲は巻き込まれて惨死!

麻酔薬は弟子が完成させて

青洲が作ったことにするのです。

青洲役は・・・

 

ニコラス・ケイジです!

 

姑役にはジュディ・デンチもいいかもしれませんね!

メリル・ストリープも良さそうです。

ハリウッドリメイク!あると思いませんか?

思いませんか。

コメント

もしもこんな華岡青洲がいたら?

2012-03-29 | 日々の泡

嫁と姑の派手なバトルが目立つ「華岡青洲の妻」ですが

青洲は影の主役。

意識せずとも二人を命がけのバトルに追い込む

ある意味サイキッカー、

罪作りな存在だと思います。

歴史には青洲の名前だけが燦然と刻まれているのです!

そこで

「こんな華岡青洲がいたら???」

 「華岡青洲の妻」の青洲役

キャスティングを考えてみました。

 

久世演出が淫靡な風味を強調するなら

ブラボー演出は

マッドサイエンティストな青洲!

を全面的に打ち出したものにしたい!

 

 研究のためには

嫁と母親を実験台に使うのも厭わない。

天才外科医として世俗から逸脱したマッドmad で冷徹な顔を

持っていなければなりません。

 

 

まず・・

 

現?鳥羽上皇:三上博史はどうでしょう??

猫とか、乳鉢をいじっているときに

鬼気迫りそうです。

ただ

母親との絆の深さは誰よりも

表現できそうな気がします。

ハイライトとして

原作には無い

 「曼荼羅華:マンダラゲの花畑の中で

取り乱してのたうちまわる青洲」は、

必然性は無いけれども入れたいシーンです!

 

では、ぐっと渋いところで大谷直子の元夫、清水紘治

はいかがでしょう?(岸田理生→実相寺つながり)

ちょっと濃すぎて

暗すぎ?そして秘密の実験をいっぱいしそう?

地下室に棲んでいそう?

薬の調合も逸脱しそうですね。

 

異常路線でいくと

本田博太郎は??

この人もマッドなフィーリングでは負けませんよ。

実験を見守りながら薄ら笑いしても怖い、

真剣になったらなったで怖そうですね。

 

めいっぱいデカダンな青洲ということで

松橋登なんかいかがでしょう(爆)

ちょっと線が細いでしょうか?

薬が完成する前に

気の強い嫁と母親の間に挟まれて悩みぬき

神経衰弱でつぶれそうですね・・・

なかなか適材っていないものですね・ 

三国連太郎だと、どう?ビッグ過ぎ?

原作を飛び超えて

もっとえげつないドラマになりそうです!

 

もしも

高倉健だったら?

田中邦衛だったら?

進藤英太郎だったら?

と考えるだけで

可笑しくなってきて

ご飯がのどをとおらなくなってきました!

 

考えてみると増村保造版の

市川雷蔵

原作の人物像をほぼカンペキに表現できていて

キャスティングした監督もだけど、

あらためてすごい役者!と思いました!

 

次は「華岡青洲」をハリウッドリメイクしたら?

を考えてみたいと思います。

 

 え?もういい??・・・・

コメント (2)

「華岡青洲の妻」小泉・森・三浦友和版

2012-03-29 | ●面白かったTVドラマ

小泉今日子の嫁、

夫青洲には三浦友和、

そして姑於継は森光子!という顔ぶれです。

 

演出なんと久世光彦!

あちこちに「クセ」があるから

(シャレです^_^;)

もしかしてそうかな~~と、途中から思ったんですけど。

そして脚本は岸田理生!

 

大幅に原作を変えていて

口あんぐり・・の場面もありましたがおおむね楽しめました。

といいますのも、久世テイスト、岸田テイストがふんだんに盛り込まれていて

濃厚、

別の言い方をしますと 

過剰(爆)

久世・岸田両名解釈によるセクシャル強調の「華岡青洲の妻」でした。

ファンタジーもちょっぴり入ってます。

 

三浦友和演じる青洲はメイクも凝っており

たたずまいがまず異常で(笑)、

しかしそこは

三浦友和なので、「久世好みの異常」になりきれない(笑)感じがいたしましたが

「暗~~くて不気味」、ときにエッチ、(爆)な、

「ただならぬ性質性癖を持っている天才医学者青洲」の雰囲気は伝わってきました(爆発)

 

小泉今日子との関係も異常(笑)で、

多分に倒錯的なかほりがいたしました。

「実験に自分の体を使ってくれ」という嫁の懇願には

十分すぎるほどセクシャルな含みがあり、

久世演出に応えた今まで見たことない色気の小泉今日子が

見られました。

キョンキョンがんばってます。

森光子は

上手い、ひとりで上手すぎる芝居をしていて

パワーが余っている感じ(爆)

 

脇ですが

青洲の妹で三人のバトルを客観的に見ている重要な役割に抜てきされた

川越美和 (小陸)が熱演しているのが目につきました。

この方は久世光彦のお気に入りだったらしいけど

ぷっつりと活動を停止されたよう。

きらりと光る新人を見つけ出すのが

上手かった久世さん好みな女優さんだなと

思いました。

 

岸田理生の

現代口語での台詞は

説明的すぎて少しシラケました。ラストも大きく変えています!

コメント

歴代華岡青洲の妻キャスト

2012-03-23 | 日々の泡

「三浦友和 小泉今日子、森光子」

の出演でのテレビドラマ版「華岡青洲の妻」を見ました。

 

普遍的なテーマを扱った

有吉佐和子による原作は、

映像向き お芝居向きの題材でもあって

これまでも

錚々たる俳優陣が演じてきました。

主な歴代キャストを

ざっと書いていきたいと思います・・・

以下 (青洲、 嫁、 姑の順)

まず

 フランキー堺 津山恵子 夏川静枝、

浜畑賢吉 新橋耐子、月丘夢路 版、

市川雷蔵 若尾文子、高峰秀子、

 岡田英次 南田洋子、水谷八重子、 

江守徹 竹下恵子、新珠三千代、

 竹脇無我 十朱幸代、淡島千景 、    

谷原章介 和久井映見、田中好子、

 

舞台では  

他にもいっぱいですが

私が特に「見たい!:見たかった!」ものは

平幹二朗 十朱幸代 山田五十鈴

田村高広 司葉子 山田五十鈴 

北村和夫 小川真由美 杉村春子 

中村勘三郎 水谷八重子 杉村春子 版

です。

豪華ですよね~~~

 

姑の於継は美貌も兼ね備えていなければならないとあって

美人女優さんが名を連ねてますが

杉村春子の於継とか ひたすら恐そう~~~(爆)

 

山田五十鈴のは「女」の部分が強調されていそうで

見事だったでしょうね。

新橋耐子の嫁はたたずまいだけでも鬼気迫ったでしょう、

月丘夢路はさぞや美っついお姑さんでしたでしょう。

田村高広さんの青洲は真面目そう、

竹脇無我さんのもいい人そう。

岡田英次とか、融通が効かなそう(爆)とか

 

キャストを見ただけでも

作品をみたようないい気持ちになります!!

 というわけで

小泉版の感想はまた後で書きます!

 

 

コメント

仁左衛門in 「徹子の部屋」見ました

2012-03-22 | ★TV番組

いつまでも年を取らない有名人の

リストに

片岡仁左衛門さんも加えなければ。

 

まったくもって魅力的。

「わるいやつら」や「眠狂四郎」の孝夫時代も良かったけど

今もいいわ~~~

とても

「おじいちゃん」には見えませんわ。

お孫さんの千之助くんに稽古をつけている映像を

目を細めてみる様子は

優しいおじいちゃん、そのものなのだけど、

「なんで孫ばっかりアップになって私が映らんの?気に入らんな~(笑)」という言葉は

さすが孫もライバル、映ってなんぼの役者魂だな~と思いました

 

4月は国立劇場での

鶴屋南北の「絵本合法衢(えほんがっぽうがつじ)」

悪の華、しかも二役を演じるそうだ。

 

先代の仁左衛門さんが「徹子」に出演されたときの

VTRも流れた。

仕草や台詞が柔らかでほんとに味わい深くて・・・

その足跡を記録した「片岡仁左衛門」という映画、見たい~~

 

そうそう、25日(日)の夜、

BS朝日で現仁左衛門さんの特集番組があるんですって!!

それこそ奥様との宮崎新婚旅行思い出旅、お孫さんとの舞台など、

盛りだくさんみたいです。

ファンには待ち遠しい番組ですね!!妬けますけどね!

●BS朝日 「片岡仁左衛門の魅力

コメント

片岡仁左衛門 イン 「徹子の部屋」

2012-03-22 | 日々の泡

ニュース!!

歌舞伎俳優、片岡仁左衛門さんが「徹子の部屋」に

出ていたのを見逃した方、

(私です)

今日BS朝日で再放送がありますよ!!

 

いつもこれで助かってます。

最近では

メリル・ストリープも出演していましたっけね!

お肌が真っ白で若々しいのには驚きました。

ミック・ジャガーとかも出ないかな(関係ない)

 

仁左衛門さんは

「愛妻との旅」なんてプライベートを公表しちゃうみたいですね。

楽しみです。

 

コメント (2)

手芸ブログ

2012-03-20 | 日々の泡

以前お伝えしてそのままになっておりました

わたくしの趣味の手芸コーナーは

アベセデー」というブログに引越ししたことを

お伝えいたします。

 

「アベセデー」”ABCD”は

少し前までフランスの女学校で必修だった、

フランスの刺繍お稽古布のことです。

まあ日本の運針布みたいなものでしょうか。

 

例によって、ビミョ~なネーミングセンスですみません^_^;

 

少しコンテンツが充実してきたので

お知らせしようかなと・・思いまして。 

とは言え、慣れ親しんだこちらとは違い

まだ設定方法がイマイチよくわかっておりませんが(^_^;)  ^_^;   

こちらは主に写真が主体となっております。

手芸に興味がおありの方は 

暇つぶしにのぞいてやってくださいませ。

お待ちしております。

カモ~ン♪

 

コメント

「里見八犬伝」の夏木マリ

2012-03-19 | 日々の泡

じゃあ夏木マリって

何が代表作なの?

と思われましたか?

思われませんでしたか?

 

殿方を魅了した往年のスマッシュヒット

「絹の靴下」♪♪

ももちろんですが、

わたくしといたしましては

1983年に深作欣司がメガホンを取った

超絶時代劇

里見八犬伝」の玉梓役を挙げないわけにはいかない!

 

息子の妖怪王子、

目黒祐樹を危ないほどに溺愛する、魔女母玉梓!

 

一糸まとわず血の池に入っていくシーンは

今日の夏木マリのイメージを確立した!

と思う~~~

 

この作品は

若き真田広之や、千葉真一はもとより、

長渕嫁として、惜しまれながらも芸能界を引退した

志保美悦子の絶好調時代の勇姿が

見られる貴重な作品!

今見てもテンポ抜群、刺激満載。

「魔界転生」、「柳生一族の陰謀」と共に

三大面白深作時代劇!として後世に語り継ぎたい作品群ですので

まだごらんになっていない方

しばらくごらんになっていない方も

ぜひチェキラ!!

 

 

 

コメント (4)

夏木マリの「カーネーション」

2012-03-18 | ★TV番組

朝っぱらから

すんごいドラ(ダミ)声!と思ったら

 

NHK朝ドラに 夏木マリが出ているんですね!

 

しかも関西弁(岸和田弁)という高いハードル、

しかもアイラインほとんど無しの老け役! 

しかも主役だから台詞がいっぱいある(爆)

 

これまでの非日常系、お洒落系、

いい女的、妖婦的 妖怪的(爆爆)

キャラ総崩し、

夏木マリってこんなだったっけ?というくらい大幅変更の

すごいチャレンジ!

 

清盛同様

悪評がたっているみたいだけど、

そんなに言われると

朝ドラを見ない人でも

かえって見たくなってしまいますよね。

最も新しい宣伝方法といえるかも!! 

 

コメント

木下恵介作品 イン プレミアムモルツCM

2012-03-02 | 日々の泡

テレビに

懐かしいあの監督の顔が映し出された!?

と思ったら

 

サントリービール「プレミアム・モルツ」の新CMについての話題だった。

 

なんと天才木下恵介監督作品フューチャー!!とくれば

 

邦画ファンは見逃せませんね!!!

 

ビートルズの「Hey!Jude」の調べに乗せて

映画『肖像』『お嬢さん乾杯』など8本、

テレビドラマ「木下恵介アワー おやじ太鼓」

「木下恵介アワー 兄弟」など7本の映像を映し出し、

日本の歴史、ビールの歴史を振り返る60秒。

そういえばビール飲むシーンは

タバコを吸うシーンと同じく、昔の映画にはよく出てきますよね。

で 見ましたよ~~~!

 

あ~こんなシーンあったあった!!津島恵子さん綺麗~~

 

現代のタレントも出演しているけど

私の目は木下作品に釘付け。それだけで十分。

 

先日渋谷のジュンク堂:丸善(東急本店)に行ったらば

高峰秀子さんの本関連と共に

三国連太郎本やら新藤兼人本やら昭和の女優本やら・・・

このブログを見てくださっている方々ピンポイント!の本が

特設コーナーに平積みにされていた。

 

世の中、

邦画がブラボーになってきた予感!!

 

コメント (2)