邦画ブラボー

おすすめ邦画(日本映画)のブログ。アイウエオ順(●印)とジャンル分け(★印)の両方で記事検索可能!歌舞伎、ドラマ感想も。

「台所太平記」

2007-10-31 | ★人生色々な映画
女中さん、お手伝いさん、ヘルパーさん・・色々呼び名はありますが
昔は大金持ちとまではいかなくても
そこそこの家だったら手伝いの人間の
一人や二人はいたものである。(そんなことない?)
おトラさんなんかもそのひとり!
現代は格差社会とやかましくいうが、昔みたいに歴然とはしていなかった。

そんな時代の
主人と女中さんたちの物語。

森繁久弥は谷崎がモデルと見られる小説家。
日がな女中に足をもませているばかりで
仕事している風は見えない。

家をとりしきっている奥様(淡島千景)は大変。
入れ替わり立ち代り出入りする彼女らをさばくのも仕事のうちだ。
そしてひとりひとりの行く末も案じる。

山茶花究と見合いする森光子 
酒好きの乙羽信子 ペンフレンドがいるグラマーな京塚昌子、
ダメ男に惚れている大空真弓、不気味な淡路恵子(!)
淡路といい仲の水谷良重、
女優に憧れる団令子、美しい池内淳子。

田舎から出てきた若い娘たちにはそれぞれ青春があってドラマがあって・・
団令子が生意気っぽくて可愛い。

豊田四郎の演出、コメディの味付けも冴えてます。
森繁はちょっと作りすぎ?のきらいがあるけど。

にぎやかでちょっとほろりとさせる、
この時代ならではの題材。

最後にチャキチャキ現代娘の中尾ミエが登場するにいたって、
時代は変わっていくのねえとこうなるのだ。

スタッフ、キャスト共に超豪華で
文学の香りもふわ~~っと匂うような作品です。

使われるほうも大変だけど、使うほうも大変だな~と
淡島千景の奥様に同情したりして。

1963年 豊田四郎 原作 谷崎潤一郎
脚色 八住利雄 撮影 岡崎宏三 音楽 団伊玖磨  美術 伊藤熹朔

ブログランキングへ応援オネガイシマス

コメント (2)

若尾文子サンがテレビに

2007-10-30 | 日々の泡
テレビをつけたら
なんとそこには嫣然と微笑む若尾文子さんのお姿が!!

と、そこにテロップが流れ・・
「これは録画です・・」
なるほど、黒川氏逝去の約一週間前に収録されたらしい。

司会は長島の息子、石原の息子さんである!
「我が家の常識」と言うような内容で
もしかしてウチだけ?みたいな奇習を暴露し合う企画。

若尾さんも
「ご主人と買い物に出かけ、身に着けるものすべて選んでもらう」!習慣、
「揚げ物の衣は取る」食生活や
「朝見るニュースは正しいイントネーションのアナウンサーを選ぶ」などの
習慣を披露されていた。
関根勤などお笑いタレントに混じって
ご機嫌も崩さずに終始にこやかにしておられた。

仲睦まじかったご夫婦のエピソードを聞くのは辛かった。
アナウンサーのイントネーションの乱れを語られるときは
美しい眉をひそめていらしたが・・・

私たちにはなかなかお目にかかれない、
「生の若尾文子」をちらりと見た思いだった。

バカバカしいつっこみにも真面目に答えておられ
「無垢の少女」のようにウブだったのも印象に残った。

天下の大女優若尾さんはいつまでもバラエティ慣れしないで欲しいと
思ったのは私だけだろうか・・・?

寝る前に「雷蔵・雷蔵を語る」を本棚から引っ張り出し
「若尾文子」のくだりを読んだら
「初めて会ったときから気が合い」
「彼女はひとりの男性に縛られてはいけない」
「劇場などで出会っても、他の女優とは比べ物にならない雰囲気を漂わせ・・」
「女としても女優としても類をみない素晴らしい人である」なんて
臆面も無くデレデレで、あほらしくなってすぐに寝た。

ブログランキングへ応援オネガイシマス



コメント (4)

「夜の蝶」

2007-10-29 | ★人生色々な映画
女なら誰でも一度は憧れる(?ってことはないか)銀座の女。
華やかな世界の裏側では、血で血を洗う抗争が繰り広げられていた。(違うか)

京マチ子VS山本富士子の一騎討ち。
タイプが全然違うこの二人、軍配はどちらにあがるのでしょうね?

夜の街を
ふらりふらりと漂うジゴロ風の男、船越英二は狂言回しの役柄。
音楽家崩れでちょっとダメな男が似合っていて、
住んでいるアパートが
どこか「巴里のアメリカ人風」なところがオサレである。
突然尋ねてきた山本富士子に驚き、
とっさにパジャマの上に(直前まで女がいたのである)
トレンチコートをひっかけて部屋に招き入れるのが可笑しい。

じっとり、どろどろではなく、
あくまでもからっと女の戦いを描いているのは
女を撮らせたら天下一品の吉村公三郎。

それにしても山本富士子の化粧は濃い。京マチ子も負けじと濃い。
そしてご両人とも文句なしに上手い。

こんなふたりがガチンコで戦うんだから面白くないはずが無い。
「夜の蝶」とは言いえて妙なタイトルである。
店の客、中村伸郎や山村聡、高松英郎、宮口精二らの見せ方も見事だ。

最後のあっけなさには唖然としたが、それも味であろうか。

関係ないですけど、
着物を着て酔っ払うと最高に苦しいんですよね~~~

1957年 吉村公三郎
原作川口松太郎
脚色 田中澄江 
撮影宮川一夫  
音楽池野成
美術 間野重雄

ブログランキングへ応援オネガイシマス

コメント (6)

無声映画の魅力

2007-10-27 | 日々の泡
東京国際映画祭で
無声映画の「忠次旅日記」(主演:大河内傳次郎)が
上映されたことを今朝のニュースで知った。

弁士はベテランの井上陽一さんと、
新人弁士:嘉島典俊さんが担当したそう。
井上さんは関西流と言われる七五調の重厚な語り。
嘉島さんは大河ドラマで武田信玄の弟役をやるなど、新進気鋭の役者だ。
無声映画を見て以来、
その魅力のとりこになり井上さんに弟子入りしたそうだ。
ニュースを見た限りではとても情感がこもった活弁で、
画面にぐぐっとひきこまれた。

大河内傳次郎の顔も迫力満点だ。

ニクイ企画である。

まさに「遅かりし由良之助」だ!
「青幻記」も終わってしまったし・・「如何なる星の下に」も
見たかった・・・

渋谷、なぜ私を待っていてくれなかったのか!

やけくそになって今日は東京国際・・でも上映された
「夜の蝶」を家で見た。

今回は見逃してしまったけど(悔しい)
いつか生弁士つき無声映画を見たい!

ブログランキングへ応援オネガイシマス


コメント (2)

侍言葉教室

2007-10-26 | 日々の泡
本屋の店先に侍言葉の本を見つけた。

「ちょこざいな・・」

「面妖な!」

と帯にかいてある。
時代劇が好きな方なら思わず微笑んでしまいますね。

私も思いつくまま書き並べてみよう。
「かたじけない」
「たのもう!」
「参る!」
「笑止!」
「腹を召されい!」?・・・

殿中でござるぞ」・・一言で「忠臣蔵」だとわかる。

一人称、二人称だけでも
「そなた」「そち」「おぬし」「そのほう」「みども」「よ」「せっしゃ」「ご貴殿」
「うぬ」「それがし」
(追加)
など色々あって楽しい。

殿様のお言葉を受けて家来が言う
「御意!」は重々しくていい。
夏八木勲のようにいい声の人がずしっと言うとカッコイイ。
「見参!」も柳生十兵衛くらい
強い侍じゃないとサマにならないね。

殿様言葉も独特で面白い。

「よきにはからえ」
「大儀であった」
「苦しゅうない、ちこうよれ」などなど。

まだまだありそうだけど、
今宵は
これにてごめん!

ブログランキングへ応援オネガイシマス
コメント (9)

水の快楽

2007-10-24 | 日々の泡
肌寒くなってきましたが
相変わらずプールへは行っています。

クロール教信者だった私は
このあいだから
『背泳ぎ』もレパートリーに加えた。
背泳を正式に指導してもらうのは初めて。
おそるおそる挑んだ
スタートの練習で
鼻に思いっきり水が入ってしまい、狼狽!

痛~~

でも目に映るのは天井だけ。
後ろも前も見えやしないっていうのが
非現実的で好きになりそう。
思ったよりもぐいぐい進んでいく・・・
水の中だけ見ているのも好きだけど。

自分の呼吸音だけが聞こえる不思議な世界だ。

「汚れた英雄」。
主人公の自宅にはプールがある。場所は地下。
ということは温水プールであろうか・・・
笑ってしまうくらい贅沢だ。
そこで晶夫は力いっぱいバタフライだ!

ベタすぎる演出に唖然とする。

やり過ぎなところがホント、角川社長!

ブログランキングへ応援オネガイシマス





コメント

「汚れた英雄」

2007-10-23 | ★人生色々な映画
天才ライダー北野晶夫(草刈正雄)は、
抜群の容姿を利用して
パトロンを見つけロードレース界の頂点へのし上がって行く。

ストーリーはかいつまんで言うとこれだけです。

汚れた・・と原作にはありますが
映画では主人公は別段汚れてなんかいないような。

モノトーンでまとめられたスタイリッシュなインテリア。
地下のプールでひと泳ぎした後はしなやかな肢体にバスロープをひっかけ、
ホームバーでペリエにライムを搾り、夕日を見ながら飲み干す。

ここまでで背中がむずかゆくなった人は、
とても
最後までは見られないでありましょう・・・

おもむろに向かう広々としたウォークイン・クローゼットには、
おびただしい数の高級な洋服が整然と収納されている。

「今夜のパーティには・・・黒のアルマーニにこのタイ、
いや・・こっちがいいか・・・こんなとこだな・・」

な~~んちゃって。
勝手に台詞をつけました。

白人女だろうが娘だろうが年増だろうが、
女を皆夢中にさせるが、決して心までは許さない。

草刈正雄、ヌー●もいとわず!

ストイックに体を鍛え上げ、
レースに挑む孤独なレーサー。

これが男のロマンでなければなんとする!という、
角川春樹の美学が詰め込まれた映画。

ほんとは監督がこの役、やりたかったのではないだろうか。

海辺でのラブシーンなどはキザ過ぎて卒倒もの。
柳沢慎吾がコントで真似をしそうである。

つっこみどころだらけの映画ではあるが
オートバイが好きな人にはたまらないレースシーンが
ふんだんに盛り込まれている。

奥田瑛二が「出てたの?」というくらいのチョイ役。
浅野温子は今と違って?自然な演技、木の実ナナは今と同じ。

とってもわかりやすい内容なので、
これ今の時代に十分ウケるのでは?と思ってしまった。

1982年

監督   角川春樹
脚本   丸山昇一
原作 大藪春彦
撮影 仙元誠三
音楽   小田裕一郎
美術   今村力
出演 草刈正雄 レベッカ・ホールデン 勝野洋
奥田瑛二 浅野温子 木の実ナナ

ブログランキングへ応援オネガイシマス


コメント

ガクトと佐藤慶と勘助

2007-10-22 | ★TV番組
「風林火山」を見た。

姫様を亡くして失意のどん底の
山本勘助と
家来どもの狭い了見にうんざりした長尾景虎(上杉謙信)が

トゥギャザ~~!

というか、お互い小休止したくなったところで
ばったり出会ったということ。

そして敵同志がなぜか同じ釜の飯を食うはめに・・
並んで食事しながらも一瞬も気を抜けないような、
緊張感があった。

ガクトはいきなり目を見開いたかと思えば
細い目になったり、
表情の先が見えん!!からね~~

軍神と呼ばれる景虎は
信心深く世俗を離れているように見えながら
(それと少しマザコン)
実はものすごく猛々しく、スィッチが入ると大変危険!
全然ヤワではない性格設定が良い。

台詞の抑揚が見事で、まるで歌のようだ!
さすがミュージシャンである。
今にもギター持って「ギャ~~ン!」と、歌いだすかと思った!!

ま そのくらい予測がつかない緊迫感と面白みがあったのです。

内野勘助はぐんぐんと力がこもった芝居で、
見ているとしらずしらず
奥歯を噛み締めてしまう・・・

荒ぶる二人をいさめたのは
佐藤慶上人だった!
さすがにお年を召されたが
堂々とした台詞まわしは紛れも無く佐藤慶

なんだか顔を見ただけで感動!

緒方拳はひっそり地味にしていても、いや
地味にしていると尚更怖いのはたぶん先入観というかトラウマ?

ブログランキングへ応援オネガイシマス




コメント

仲代達矢と「切腹」

2007-10-19 | 日々の泡
朝のトーク番組に仲代達矢さんが出ていた。
チェックチェック!!

新作舞台劇「ドン・キホーテ」の紹介、
亡き奥様と立ち上げた
無名塾の精神や軌跡などを熱っぽく語られていた。
カッコイイ大人の男性である。

私の耳がびよ~んとそばだったのは
生涯のベストワンとして「切腹」をあげたくだり!

この作品は私も生涯ベスト5に入れたい!

主人公は隠居の身ながら、
息子夫婦の仇を討つために
単身で武家屋敷へ乗り込む。

三國連太郎がまた憎たらしいんですよ。
亡き丹波さんもいい芝居してますしね。

らっきょうの皮のように
幾重にも重なった橋本忍の脚本、息を呑む殺陣、
素晴らしいカメラなど見所満載で、
見たら最後、出だしから一気に物語に引きずり込まれること必至。

武家社会の矛盾を抉り出す
小林正樹監督の傑作時代劇である。

仲代達矢29歳の作品だそうだ。
なんと!29歳で孫がいる役をやったわけだ。
それもすごいが
殺陣ではリアリティを出すために真剣を使ったそうで、ビックリ!

今では考えられない話だけど、
だからこそあの緊迫感が生まれたのかとナットクした。
いい時代だっというかなんというか・・

仲代さんもお元気で芝居を見せ続けて欲しい。

関連記事
■「切腹

ブログランキングへ応援オネガイシマス

コメント (4)

若尾文子さん

2007-10-18 | 日々の泡
溝口監督の「祇園囃子」を観ていて
涙ぐんでしまった。

木暮実千代が妹分の
若尾文子のお披露目をするため
連れ立って出かける場面。

愛らしい。

美しい二人。

美しすぎて泣けた・・・というのは
生まれて初めてである。

秋だから???

その若尾さんは今悲しみの淵に沈んでいる。
どこか浮世離れした(失礼!)ご夫婦が好きだった。

美しいお顔に
晴れやかな笑みが戻るのはいつのことだろうか。
胸が痛む。

ブログランキングへ応援オネガイシマス
コメント (7)