邦画ブラボー

おすすめ邦画(日本映画)のブログ。アイウエオ順(●印)とジャンル分け(★印)の両方で記事検索可能!歌舞伎、ドラマ感想も。

「綴方教室」

2008-11-26 | ★人生色々な映画
昭和初期、鈴木三重吉が奨励した
教育運動に生活綴方運動があった。

綴方とは今で言う
作文」のこと。

貧しいブリキ屋一家の生活を
少女(高峰秀子)の「綴方」を通して生き生きと描く。
原作者豊田正子の自伝的な作品。

暖かい部屋のソファでふんぞり返って
このコーヒー薄いな~などと
ぼやきながら見始めたが、冒頭が始まるやいなや
思わず床に下りて正座してしまったくらい
一家の貧乏暮らしはすさまじい。

様々な苦難が一家を襲うが
トーンはあくまでも明るい。

家族の絆、師弟関係
長屋の近所付き合いなどが細かく描かれており、
かつて日本人はこんな風に暮らしていたのだろうな~~~

懐かしさを覚えると同時に
もはやはるか彼方の世界のように感じられてしまう。

子役時代の高峰秀子はたまらなく愛くるしいお顔に
手足がすらりと長く、小学校5年の役ながら
母親役の清川虹子と同じくらいの上背がある。
つんつるてんの着物から、にょきっと形のいい足がはみ出してキュート。
デコちゃんが読む綴方のナレーションは
「自然」というよりは多分に技巧的なのだけど
それがまたいつまでも聴いていたいような心地よいわざとらしさなのである。
さすが天才子役!プロ!
この頃からすでに「泣き」は天下一品で、
「浮雲」での森雅之相手に愚痴って泣く名演技の片鱗がある!

父親役は徳川夢声。演じているのは初めて見たが
いい味のオヤジを熱演していた。
ラストは希望に満ちていてほっとする。

生活をありのままに綴ろうという綴方運動は
この後に起こる太平洋戦争によって中断を余儀なくされたそう。

製作主任の中に黒澤明の名前がありますね♪

1938年
監督…山本嘉次郎
脚本…木村千依男
原作…豊田正子
製作…森田信義
製作主任…黒澤明
音楽…太田忠
撮影…三村明
美術…松山崇


ブログランキングへ応援オネガイシマス

コメント (4)

「女吸血鬼」その2

2008-11-25 | ★恐怖!な映画
前回
「早く女吸血鬼の変身も見たいぞ!」と
書きましたが、
結論から言いますと
女吸血鬼は変身しませんでした

変身するどころか登場しませんでした。

と言いますか、そもそも女吸血鬼とは
女を吸血する男吸血鬼」だったのである!
紛らわしいがそういうことだった。

池内淳子や三原葉子がすごいメイクで人に襲い掛かるのかもと
ワクワクしていた自分がバカみたいだが
滅法楽しい映画だったのでそれは良しとしたい。

筋立てはけっこう飛躍していて
いきなり戦国時代の長崎へ飛ぶ。

天草四郎の娘(三原葉子二役)を愛した小姓は
吸血鬼となって生き延び
姫の面影を求めて
次々と女を襲い誘拐、監禁していたのだ!
年を取らない奥様もその餌食だったのだ。

奥様を責め苛む、妙なプレイ?や
半裸の蝋人形コレクションのディスプレイにも思わず身を乗り出してしまう。
次々に登場する
不気味な小人、ちっとも怖くない大入道(海坊主?)、
そして新東宝のお婆さんスター五月藤江 が演じるおどろおどろしい婆さん、
(待ってました!ファンです!)など、
おぞましい家来たちも相当ナイス!である。
中でも
和久井勉 の小人男は凶暴邪悪で、恐(こわ)可笑しく
第二の主役と言える風格!

天知茂の吸血鬼は
節操もなく次から次へ女を襲いまくる。
若くて激痩せしている上、
(太った吸血鬼なんてサマになりませんしね)
個性的な容貌に特殊メイクが映えること!
「岸田森」「西村晃」と共に
日本三大怪奇俳優に入ると思う。

当時の技術を駆使したキッチュなセット、
過剰なお色気の三原葉子と
清楚な池内淳子の変な取り合わせ母娘、
月光によって変身する吸血鬼(ソレは狼男では?)等、
つっこみどころ、見所満載の
昭和ホラーです。

あ~楽しかった!

1959年
監督
中川信夫
製作 大蔵貢
原作 橘外男
脚色 中沢信 仲津勝義
撮影 平野好美  
音楽 井内久
美術 黒沢治安


ブログランキングへ応援オネガイシマス

コメント (2)

「女吸血鬼」

2008-11-23 | ★恐怖!な映画
中川信夫監督の
「女吸血鬼」を途中まで見る。

ゴージャスな洋館の広間では
お嬢様・池内淳子の誕生日パーティの真っ最中!

お嬢様を囲んで
セレブな若者たちが
肩を組んで唄っているのは
「トロイカ」!!
こ、これは
噂に聞いた歌声喫茶ノリというのだろうか。
あからさまに健全なムードがこそばゆい。

だが、おめでたい場面で
お嬢様がナイフを入れ損なって
ケーキの上に「血」がしたたり落ちるわ(もったいな~い)、
突然停電するわ
「開かずの部屋」で何やら物音がするわと、
徐々に不穏な展開になってくる。

召使が部屋に駆けつけると
そこには20年前に失踪した「奥様」が当時の姿のままで
(三原葉子)しどけなく横たわっていた!

ざわざわゾクゾクする出だし!

奥様のワカメのような長すぎる髪の毛が気になる!

この後唐突に登場する
男吸血鬼天知茂
この上なく醜く、不気味な変身姿と
小人の子分との絶妙なやり取りが
傑作!な予感を駆り立て
さらにぐいぐいと見入ってしまったのだった!!

早く「女」吸血鬼の変身も見たいぞ!

ブログランキングへ応援オネガイシマス

コメント

京都造形芸術大学映画祭

2008-11-18 | 日々の泡
京都造形芸術大学映画祭

京都造形大で森崎東監督の未ソフト化映画2本を含む4作品を上映します。

第二回京都造形芸術大学映画祭

≪森崎東の愛と冒険≫

11/22(土) 

14:00~
『喜劇 女は度胸』(1969)
15:50~
『ニワトリはハダシだ』(2003)
18:00~
トーク「希望は戦争」
 森崎東×赤木智弘×北小路隆志

11/23(日)

14:00~
『生まれかわった為五郎』(1972)
15:55~
『喜劇 特出しヒモ天国』(1975)
17:30~
トーク「女の愛と冒険」
 森崎東×緑魔子×林海象

会場:京都造形芸術大学内 春秋座
http://www.k-pac.org/theatre/index.html

通し券 一般2500円/学生・シニア1500円
1日券 一般1500円/学生・シニア1000円
※ 学生・シニアの方は、要身分証明書提示

チケット取扱い:075-791-8240
(平日10時~17時)京都芸術劇場チケットセンター

問い合わせ:075-791-8468(平日9時~17時)
京都造形芸術大学 映画学科 研究室


『為五郎』と『ヒモ天国』は見逃すとそう簡単には観れません!
当日は豪華ゲストのトークを間近で見れること必見です!
まだ全然間に合いますのでぜひよろしくお願いします!

とのことです
コメント

西洋ホラーと怪談

2008-11-13 | 日々の泡
傑作「パンズ・ラビリンス」の
ギレルモ・デル・トロ監督が撮ったというので
ブレイド2」をみたら
ウェズリー・スナイプス演じるヴァンパイアハンターと、
グロな姿をさらすヴァンパイアが
ひたすら戦うだけの映画だった。

プロレス技でぶんなげたり
空手スタイル、侍スタイルなどあらゆる戦いモードで
延々戦う。「ばっかり」というのがかえってすごく
最後には発酵状態で妙な濃ゆい味わいをかもし出していた!

さすがギレルモだ。

ホラーづいたので
謎の殺人鬼がティーンエージャーを容赦なく殺しまくるだけの
懐かしい「スクリーム」も久々見た。
リズム感のある映画だと思った。

欧米人にとって
ホラーは「戦い」だ
ホラーもまた戦いだ
というべきかしら。

神と悪魔、ゾンビと人間。
必ず「アタッカー」がいる。

柳の下でただたたずんでいるだけの日本のお化けを
彼らが見たら

「・・・で??」

「それで???」

と思うに違いない。

亡霊に怯え、狂気に陥って
自滅する伊右衛門などは
「臆病者」
「精神的に弱いヤツ」
と片付けられるかもしれない。

「鬼婆」がウケたのは
乱世をたくましく生き抜く「戦う女」たちが出ているからだと思う。

強い女とタフな男が
ガチンコでぶつかり合い、激しく求め合う
西洋恋愛映画も
私には「戦い映画」のように見えるのです。

ブログランキングへ応援オネガイシマス
コメント (4)

「お腹召しませ」

2008-11-08 | ★読書
浅田次郎の短編小説「お腹召しませ」を
電車の中で読んだ。

のっぴきならない状況に追い込まれながらも、
どこか滑稽。
シニア侍のトホホな心境がひしひしと伝わってきて
可笑しゅうてやがて哀しい。
現代のお父さんたちにも共感を呼びそうだ。

ドラマにしたら面白いだろうなと
思って
勝手にキャスティングしてみた。
脇役はすぐに決まったが
肝心の主役が思い浮かばない。

妻と娘、孫がいる47歳の侍。
分別ある常識人だが、とぼけた風情がある・・

中井貴一では若すぎるし細すぎるし軽すぎる・・

小林稔侍?ちょっと違うなあ・・

中村勘三郎・・ではどうだろうか?
重すぎアクがありすぎ・・

そうだ、もってこいの俳優がいた。

小林桂樹でお願いしたい役どころだ!
(ちょっと無理?)

ブログランキングへ応援オネガイシマス
コメント (2)