邦画ブラボー

おすすめ邦画(日本映画)のブログ。アイウエオ順(●印)とジャンル分け(★印)の両方で記事検索可能!歌舞伎、ドラマ感想も。

「兵隊やくざ」

2005-07-06 | ★痛快!な映画
ソ連との国境に近い
極寒の満州孫呉に駐屯する関東陸軍。
有田上等兵(田村高廣)は
初年兵の大宮(勝新太郎)というやっかいものの指導を任される。

田村高廣と勝新太郎という
名優二人がコンビを組む!のだから
面白くないわけがないのであります!

暴力シーンは多いが陰惨にならず。

「なんでそこまでやるの?」と思うほど
有田は大宮の面倒をみる。
上官からかばい、殴られ、それでもかばう。
大宮も有田には従順に従う。

物語が進むにつれ、有田の気持ちが
だんだん理解できるようになってくる。

有田は軍隊が大嫌いで
除隊することだけを希望に耐える日々だった。

やくざ上がりで無鉄砲な大宮が行くところ、怪我人続出。
義理人情に厚いが直情径行で上官にもたてつき大暴れ。

有田に出来ないことを大宮がやり、
大宮にないものが有田にはある。
これ以上はないくらい
凹凸ぴったりはまってしまったんですね。

この二人を見ているだけで
スカッとしてくる。


脇も役者がそろっている。
気がいい女(淡路恵子)との
明日をも知れぬ結びつきは泣かせる。

内地から慰問に来る浪曲師の師匠に山茶花究。
勝新も鼻歌でうなるシーンがあるが
ものすごい声量と絶妙な節回しに聞き惚れた!
ちらりと現れる憲兵に成田三樹夫。

「軍隊に入って三年、殴られたことはあっても殴ったことは一度もない!」
知的でどんな場合でも毅然としている有田上等兵。

「俺は上等兵殿と離れたくないんだ。」
化け物のように腕っ節が強く、
時に子犬のように可愛らしい、大宮。

極限状態で出会った
運命の二人!

名演に酔い、
爽快なラストシーンには
思わず拍手を送りたくなった!

これが大ヒット。シリーズ化するんですね。

1965年 増村保造監督作品  脚本 菊島隆三

■他のスカッとする映画はこちら

 ■人気ブログランキングへ
よろしかったらお願いします

ジャンル:
ウェブログ
コメント (11)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「網走番外地」 | トップ | 「社長行状記」 »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
何を意味しているのか。 (さすらい日乗)
2005-07-06 22:14:42
大宮と有田はいったい何を意味しているのだろうか。これは、増村保造の大好きなテーマなのだが、体と頭なのだろう。



今また、「赤いシリーズ」が話題となっているが、このシリーズを構想し、原型を作ったのは増村なのである。

増村の着眼のすごさを改めて感じる。
Unknown (corkoak)
2005-07-07 00:11:28
面白いっすよね~。

私、原作も買って読みましたです。
増村監督/ (spok23)
2005-07-07 09:32:04
>さすらい日乗さん

『体と頭』というのは

なるほど~~です。

とにかく二人の

取り合わせが絶妙ですね。



赤いシリ~ズもちゃんと見たくなりました。「スチュワーデス物語」は脚本を書いたそうですね。増村監督の女性を描く映画も好きですが、この作品も大好きです。



>corkoakさん

おお!原作ですか!

私も早速読んでみたいと思います。

この二人痛快ですよね。

有田上等兵のたたずまいも実にイイですね。





勝新にはまると、、、 (sada)
2005-07-07 23:47:19
初めまして、学生時代太秦でバイトしてから邦画にハマりました。最近の「マツケン・ブーム」で勝新が再びクローズアップされていますが、いよいよあの「悪名」シリーズがCS放送されることとなり、うちでは見られませんがワクワクしています。「兵隊やくざ」と同時期にあたる「悪名」はあの「宮川組」オールキャストですし、カラーの実験的名場面もてんこもりです。一度どうぞ、、、。それでは、また。
勝新 (spok23)
2005-07-08 07:14:45
こんにちは、sadaさん。

太秦でバイトとはうらやましいです!



八尾の朝吉ですね!私もみごとにはまりましたよ。↓



http://blog.goo.ne.jp/spok23/e/6462517ba173a815953ddc00fc60027c



先日今東光さんの生前インタビューが

放送されているのを見たのですが

豪放磊落でおしゃべりも愉快でした!



勝新では

「不知火検校」も大大好きです。



勝新はやはり天才役者だと思います。

今後ともよろしく!
男は皆、勝新に一度はあこがれる (tetorapot)
2005-07-08 20:46:08
おお、「兵隊やくざ」見られましたか。

私も大好きな映画です。自由奔放に生きる勝新といつでも冷静沈着、でも決して臆病でない田村高廣の絶妙なコンビが実に楽しい映画でした。

大宮の天衣無縫なキャラクターも好きですが、彼が慕う有田上等兵も実に魅力的。軍隊生活が嫌いで出世もせずに残っているが、古参の兵隊の強みをいざという時に生かして大宮を守ってやる。本当にクレバーな人間というのはこういう人なんでしょう。親父譲りの鼻声であんまりいい声じゃないんですが、「おおみやっ!」と呼びかける声は力強くて今でも耳に残ってます。最終作となった「兵隊やくざ★強奪」も面白いですよ。まあ勝新の映画にほとんどハズレはありませんけど
いいですよね~~! (spok23)
2005-07-08 21:12:33
有田上等兵、いいですよね。



魂と肉体・・というか

二人でひとつ・・みたいな絶妙のコンビですよね。



あの二人の組み合わせは無敵ですね。







勝新の舞台 (さすらい日乗)
2005-07-09 08:40:00
2回見た。1回目は、勝プロ倒産直後の郵便貯金会館の全国縦断コンサート。「貯金ホールなんて俺にはふさわしくない。不渡り手形ホールでやらなくちゃいけない」と笑わせたが、伊部晴美ギターの歌は最高だった。

2回目は死の直前、玉緒と共演した『夫婦善哉』。織田作之助のではなく、土井幸夫のオリジナル。

貴族の息子・勝新が共産党や新劇に関係する目茶苦茶な話。途中で勝新が適当に筋を変えているらしく、全く意味が不明だった。歌はよかった。
舞台! (spok23)
2005-07-09 10:52:52
勝新の舞台見たかったです!!

生の勝新。

さぞかし、いい声だったでしょうね!



勝さんはやはり「役者」の才能がピカイチだったんでしょうね。演出家としてよりも。

涙っ (かっちゃん)
2005-07-14 09:42:03
この一連のみなさんのコメントを読んでると涙がでてきましたっ、、、。CSで勝新スペシャルずっとやってますが、それを機に幅広い方が勝新の素晴らしさに再注目してもらえたらもっとうれしい!!ほんとに無敵。

コメントを投稿

★痛快!な映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
★終戦記念日には「兵隊やくざ」「二等兵物語」を見ましょう! (ニュースなブログ「BOSO21・茶の間の正義」)
ごきげんよう!