邦画ブラボー

おすすめ邦画(日本映画)のブログ。アイウエオ順(●印)とジャンル分け(★印)の両方で記事検索可能!歌舞伎、ドラマ感想も。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

若尾文子の「清作の妻」

2015-01-10 | ★愛!の映画

長年見たかった作品を

ついに

2015年見ることが出来、感涙。

たいへんな衝撃作でした。

 

田村高広扮する夫に対する

ものすごい愛情と執着は、

「妻は告白する」(61年)で、

ずぶ濡れで

川口浩の職場へ行って迫るシーンを彷彿とさせる、

いやそれ以上の迫力。

 

捨て身、忘我、滅私の権化と言えるでしょう。

 

美しく色っぽいおかねは

(言っときますが、ものすご~~~く綺麗です!)

貧しさゆえ

年寄りの(殿山泰司)妾をしていましたが、

殿山のダンナは風呂上りに倒れ、あっけなく昇天。

 

厄介払いの手切れ金をもらって、

実家がある貧村に戻るのですが

村人に

妾をしていたあばずれ女と蔑まれ、村八分に合うのでした。

 

閉鎖的な村社会がえぐいまでに描かれ

文子ちゃんの孤独が浮き彫りになります。

そこへ村一番の優等青年である清作(田村高広)が戦争から帰ってきます。

日清日露の時代、

兵隊に志願する若者はこの時代、村の誉れとしてもてはやされておりました。

二人は出会い、離れられない関係になって

周囲の反対を押し切り結婚するのでした。

生まれて初めて掴んだ幸せを

絶対に逃したくないおかねは、 狂おしいまでに激しく夫を愛します。

(激しすぎて、見てるほうも何か起きそうな不穏な予感が・・・・)

 

だけど、悪い予感が当たり・・・そんな幸せも長くは続きませんでした。

 

再び召集令状が!!!

愛する夫が死ぬかもしれない!!!そうしたらまたひとりぼっちになる!

 

おかねは

苦しんで苦しんで苦しみぬきます。

 

見てるほうも息が詰まるぅ~~~!

 

思いつめた人間というのは恐ろしい。

そして見送りの儀式の日、

清作の妻

誰もが予想だにしない、行動に出るのです!!!

このくだりがサスペンスタッチでハラハラドキドキ・・・

 

若尾文子は美しいだけではなく

すごい表現力をもった女優さんだ!と今更ながら感嘆しました。

リンチシーンあり。思い切った演出。

 増村保造、我らが文子様になんということをさせるのでしょうか!

 増村監督らしく

不幸・・不幸 ↗ 天国 ↘ 不幸 ↗

メリハリはっきりしてます

 

ラストも予想だにしない展開で、

これまたお見事!

絶対に幸せを逃すまいとする若尾チャンの

アカデミー級の名演に目が覚めた新年でした!

夫役が名優の田村高広なのも大成功。

しつこさ、いやらしさというものが全くなく、

あっと驚く結末に説得力があり、余韻が残りました。

 

 

 

増村保造監督 1965年

日本映画専門チャンネルにて

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (7)

あけましておめでとうございます:初映画は・・?

2015-01-08 | 日々の泡

松の内が過ぎてからの

新年のごあいさつで申し訳ありませんが・・・・

 

あけましておめでとうございます!!

 

こちらにお越しいただいている皆様にとって素晴らしい年になりますよう。

 

昨年末

健さん 文太あにいと 相次いで

素晴らしい俳優さんが亡くなり

さびしい年の暮れでしたね。

しかし

落ち込んでばかりいても

しょうがないので

心機一転!!また頑張っていきましょうや!!

さて

今年の初邦画は

「清作の妻」!!!!!!

若尾文子さんでの年初めです。縁起がいい幕開け!

長年見たかった憧れの作品です。

日本映画専門チャンネルさんありがとうございました。

これがまた 衝撃の作品で・・・

なんという・・なんという・・・

観終わった後もしばし茫然としてしまいました。

 

また後で感想を書きます!!

 

今年も宜しくお願いいたします。ブラボー

 

コメント