邦画ブラボー

おすすめ邦画(日本映画)のブログ。アイウエオ順(●印)とジャンル分け(★印)の両方で記事検索可能!歌舞伎、ドラマ感想も。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

万田久子の「魅惑されて」

2021-04-29 | ●面白かったTVドラマ

昼下がりのテレビの中で

美しい女性が絵描きの前でポーズをとっていた。

 

若き万田久子さん!

艶々の長い髪は今も健在だけど、お顔はいくぶんふっくら、

大輪の花のように華やかで思わず見とれてしまいました。

あのような女性が街を歩いていたら

蟹江敬三でなくても魅せられてしまうでしょう。

 

画廊に勤める加奈子は、鎌倉に住む画家(浜村純)に

絵のモデルを頼まれ、通っているうちにヤク〇の組長鳥井(蟹江敬三)に見初められてしまう。

しつこくつきまとわれ、花束を贈られ

画廊に現れ高額の絵をポンと買う

鳥井に戸惑うが・・・

 

大学の助教授で、自分の出世しか頭にない夫(斎藤洋介)と比べ

純情で一途に自分を求めてくる鳥井。

 

監督はロマン〇ルノの名匠 田中登なので

シリアスで、色っぽくてじとっとした(;'∀')展開かと

思いきや?(蟹江さんなら、なんでも出来るし!)

意外にもプラトニックな展開だった!!

 

関西弁でどことなく憎めない鳥井と、万田さんのやり取りが

微笑ましく

爽やかな後味のドラマでした。

万田さんは、もっといろんな役を見せて欲しい女優さん。

 

原作は直木賞作家の有明夏夫。

日本映画専門チャンネルにて

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする