邦画ブラボー

おすすめ邦画(日本映画)のブログ。アイウエオ順(●印)とジャンル分け(★印)の両方で記事検索可能!歌舞伎、ドラマ感想も。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「おんな極悪帖」

2008-07-31 | ★ぐっとくる時代劇映画
これは面白い~~~~~~~~~~
久々にどえらく面白い娯楽時代劇を見た。

その味わいは、
クリームあんみつに白玉をたっぷり乗せて
パッションフルーツをトッピングして
生クリームを絞りだしたような・・と言いましょうか。

安田(大楠)道代の美しき悪の華に
トンデモ・キ印ヘンタイ殿様(岸田森)、
悪の美剣士(田村正和)、
凄腕短刀使いの中老(小山明子)、
ずる賢い助平をやらせたら右に出るものはいない?小松方正の医者、
同じくむっつり助平をやらせたら天下一品、佐藤慶の家老などの
色と欲が絡みあい、
地獄のような戦いが繰り広げられる時代劇。

岸田森が幼い子供の前で
わははははは
わははははは
と笑いながら何かをアグっと食べてみせて
その口元が血で真っ赤!になるシーンがあるのだが
はっきり見えないので
それが何かが激しく知りたい!!

主役の安田道代の男をとりこにする手練手管は
悪女をめざしている女性必見!
ただし、「小悪魔」通り越して
「大悪魔」ですのでハンパではないです。

その凄腕女っぷりも見事だが
小山明子の、
敵には氷のように冷酷、
惚れた男(田村正和)にはメロメロ年上女に変身する女も
見もの。
田村正和も意外な役回りがグ~~・アイラインはすごく太いです。

全員悪人登場人物が、
騙し騙されて死ぬまで戦う、
地獄草紙さながらのデスバトル。
最後に残る幼い若君が
母の亡骸を前にして
キ印殿様そっくりに
わははははは
わはははは

と笑う、
ブラックなオチ付き。

原作は谷崎潤一郎の「恐怖時代」。
安田(大楠)道代の
妖艶な美しさは悪魔的だ!

歌舞伎で歌右衛門が演じたことがあるそうな。
タイムマシンで戻って観たい~~!!

監督は「眠狂四郎」などの池広一夫です。

時代劇専門チャンネル
「禁断の大映おんな映画」で観ました。

ブログランキングへ応援オネガイシマス
コメント (2)   トラックバック (1)

楳図かずおの映画

2008-07-29 | 日々の泡
朝のテレビに赤白ボーダーTシャツの
楳図かずお先生インタビュー発見。

「グワシ!」

楳図先生といえば私が子供の頃から第一線で活躍されている
天才漫画家だ。
最近「赤んぼ少女」「おろち」などが
次々と映画化され、またブームが起こっている。
それが
先生曰く
嬉しいやら、悔しいやらだそうだ。

なんで悔しいかというと、
今まで
「どうだ これを映画には出来ないだろう」と
映画に負けないようにと
漫画を描いていたそうだ。
だが
最近はCGのおかげで
どんなものでも映像化可能になってしまった。
そのおかげで漫画も
再評価される「嬉しい」ことも起きてきたわけで、
複雑な心境とか。

そしてとうとう今度は
映画監督に挑戦されるそうだ。
テーマは「ホラー」で、現代人の心を表すものになるとか。
確かにこのところの新聞にはホラーの題材にはことかかない
事件がいっぱいだ。それをどういう風に切り取って
平成の楳図作品にするのか、とっても楽しみである。

さて天才のライフスタイルですが
ものを作る人間として
余計なものはバッサバッサと省く生活。
ケイタイは持っていないし、人とのお付き合いもしない。
他人のパワーが入ってこない方が仕事に集中できるからだそうだ。
あのオリジナリティは世俗的な生活からは生まれないでしょうねえ。
それに驚異的にお若い!のもそんな生き方だからだろう。

もうじき公開の
「赤んぼ少女」、
「恐怖のタマミ」はどういう風に映像化されているか、
タマミファンとしては気になってしょうがない。
なんでも浅野温子がお母さん役とかで、そこも気になる。
怖そうだなあ~~

以前
蛇娘と白髪魔」っていう作品もありました。主人公が可愛かった。

楳図かずおオフィシャルサイト


ブログランキングへ応援オネガイシマス

コメント (4)

「花いくさ」

2008-07-27 | ★TV番組
女の喧嘩といえば
先日再放送された井上真央主演の
テレビドラマ「花いくさ」(フジテレビ)でも
派手なキャットファイトが繰り広げられていた。
井上扮する芸妓の卵が
祇園でサバイバルしていく成長物語。

井上ではなく
戸田菜穂と、葉月里緒奈のとっ組み合いは
すごい迫力で
五社英雄監督の「陽暉楼」での
池上季実子と浅野温子を思い起こさせた。
葉月があまりにも痩せてフラフラなだけに、
やけに生々しい迫力があった。

戸田菜穂は演技が達者でずっと見ていたい。
惚れ惚れする艶姿!美人過ぎて気の毒なほどであった。

素朴な芸妓の卵(井上真央)
が色々あって目がだんだんつりあがっていき、
愛くるしい顔が怖くなって
鉄のような祇園の女に変身していくのである。

迫真の演技だったが
贅沢を言えば踊りはもうちょっとなんとかして欲しかった。

一昔前なら主役は葉月里緒奈、
そしてもっと昔だったら
おかみ役にすっこんでいる
名取裕子が勤めた役であろうと
時の流れを感じた。

岩崎峰子さんという、
実在の元カリスマ芸者さんの半生を描いた作品。

彼女をモデルにした
●Memoirs of a Geisha
●SAYURI
も有名だ。

ブログランキングへ応援オネガイシマス

コメント

「妻として女として」の修羅場

2008-07-26 | 日々の泡
日本映画専門チャンネルの
成瀬巳喜男劇場で
「妻として女として」を再見。
成瀬監督って
なんでこうも女を描くのが上手いのだろうか。
前世は女だったかどうかは置いといて、
それは
キャスティングの良さに負う所もあると思う。

ミスターダンディ&優柔不断な
男ならこの人、
森雅之をはさんで
愛人の高嶺秀子と、
本妻の淡島千景がガチンコで
思いのたけをぶちまけ合うハイライトシーンが最高。

つかみ合ったりしなくても女同士の勝負はど迫力。
高峰秀子はこういう修羅場をやらせると
天下一品なのだ!眉がつりあがり
口元が曲がっても美しい人は美しい。

森雅之がオロオロと仲裁に入ると、
二人の怒りの矛先が男に向かう。恐ろしい。

怒りが哀しみに変化していき
トーンが下がっていったなと思えば
今度は独白調に・・と言う具合に
心の揺れが手に取るように感じられて大変面白かった。

脚本は井手俊郎と松山善三。
敵を前にした女が「私の人生は何だったの?」云々・・と
現実に言うかどうかは別として
高峰vs淡島、そしてダメ男役日本一の森雅之が絡む
お宝シーンは見所十分だ。

深刻な話だけどジメジメにしない結末も良かった。

飯田蝶子の
水商売上がりのドライで世慣れた祖母は
何度観ても楽しい!

関連記事
●「妻として女として


ブログランキングへ応援オネガイシマス
コメント (2)

ブログ通信簿

2008-07-25 | 日々の泡
「通信簿」には苦い思い出、甘酸っぱい思い出
があるかたもあろうかと
思いますが(笑)

この関所を通らなければ
夏休みに入れなかったわけで・・

先生に手渡されるときのスリルは
今思い出しても
・・ワクワクドキドキ・・
上がったの下がったのと
大騒ぎしたものでしたねえ。

gooで
「ブログ通信簿」というサービスが始まったらしい。

脳内なんとかみたいなものかな。
早速やってみた。

新聞委員タイプ・・・ふう~ん
あっ
ブログ性別(男性)になってる!

そして
「漫才師」を目指しましょう・・とは!

言えてるかもしれない。

ブログ通信簿とは

さっそく作ってみよう!

ブログランキングへ応援オネガイシマス
コメント (2)

アクセス数

2008-07-24 | 日々の泡
アクセス数が急激に増えると
普通嬉しいものだけど
私の場合、不安になる。

時折爆発的な数字をたたき出すことがあるのだが・・・

何か悪いことを書いたのだろうか??
しでかしてしまったのだろうか??
と思ってしまうのである。

バッチリのマイナス思考だ。
警察署の前を通ったとき
わけもなく早歩きになるのに似ている。似てないか。

とにかく昨日のアクセスPV数は普段の
数倍。

人間さまではなく
ロボットのクロールといえなくもないが・・

山あいにひっそりとたたずむ民家のような
ブログに
いったい

どなた様がみえられたのだろう・・・???


ブログランキングへ応援オネガイシマス
コメント

歌舞伎座夜の部

2008-07-21 | 日々の泡
今日はこれから歌舞伎座夜の部
「高野聖」を
観にいくため銀座に出かけます。

泉鏡花の世界を玉三郎と海老蔵が
演じるまたとない機会を
見逃すわけには参りません。

この二人の「天守物語」を気に入っていたので楽しみです。

泉鏡花 + 玉三郎 + 海老蔵
濃ゆ~いの三乗効果でかえって涼しいかも。

もうひとつの演目「夜叉が池」は今回玉三郎ではないのねえ。

着物は祖母のお下がりの
蝉の羽のように薄い夏大島で、
お尻がびりっといかないかが心配。

ブログランキングへ応援オネガイシマス


コメント

日本映画と外国映画

2008-07-19 | ★洋画
「レプリカント」という
ハリウッド映画で
ジャン・クロード・ヴァンダムが
いつになくへんな髪形をしていた。
ノー・カントリー」の
ハビエル・バルデムみたいな
真っ黒な長髪でまるで別人。
それも珍しく悪役、連続殺人鬼という血も涙もない男を演じているのが新味。

彼が主演とあって
破壊三昧
投げ飛ばし、飛び蹴り、まわし蹴り放題
洋画アクションの異常な激しさに感心して見入った。

ストーリーはたいしたこと無いのだけど
悪役ヴァンダムが
病院で追跡され、暴れまくるシーンが秀逸。
「邪魔だ!」「どけ!」と、
廊下をよろよろ歩いている無抵抗の患者を投げ飛ばすわ
点滴は引きちぎるわ
看護婦はぶっ飛ばすわ、ちぎっては投げ、ちぎっては投げる
情け容赦の無い悪行三昧だ。

挙句の果てに自分のレプリカント(二役・こちらは短髪)に追い詰められ
二人で死ぬまでまわし蹴り合うなどして大暴れする。

徹底的に破壊しつくすとか、
撃ちまくるとか
体当たりしながらカーチェイスを繰り広げるとか、
ビルからビルへ飛び移るとか
さっきまでにこやかだった美人の妻がつばを飛ばしながらすごい形相で怒鳴るとか
その後仲直りして
洋服を脱ぐのももどかしく求め合う・・?などという
展開は、
やはり日本の映画には似つかわしくない。

あっても不自然だ。
やっぱり「おはこ」は存在するのである。

猟奇殺人犯ものも
どんだけ好きなのかというくらい向こうのものには多い。

犯人には必ずひどい「トラウマ」があり
フラッシュバックするといきなり別人に大変身してしまうのも
「ジェイソン」を含む一連の流れである。

「レプリカント」の後は
トニー・ジャーの「マッハ」(音楽がムエタイ気分を高める)
を観て、蹴り三昧の夜だった。

ブログランキングへ応援オネガイシマス

コメント

「崖の上のポニョ」の主題歌

2008-07-18 | 日々の泡
朝のテレビから
「ぽにょぽにょ~~♪」という歌声が!

「ズームイン」に宮崎駿監督の新作
「崖の上のポニョ」の主題歌を唄う
大橋のぞみちゃんという子役ちゃんと、
藤岡藤巻、いやつまり藤岡さんと藤巻さんという
おじさんデュオが生出演していた。

いつの間にか頭にこびりついていた歌は
男の子が歌っているのかと思っていたけど
女の子だったとは。
この頃の子供の声って男女別があまり無いのね。
可愛い歌声に素人クサイおじさんの声が絡む。

のぞみちゃんは愛くるしい小学生だが
児童劇団に所属しているプロの役者さんとあって
堂々の度胸。カメラ目線のスマイルも板についていた。

藤岡藤巻さんは「サラリーマン」という一般向け肩書き
にしては
業界人丸出しで、聞けばやはり
大手広告代理店にお勤めと音楽プロデューサーとのことで
「内輪」バレバレの面子。
プロデュースはまたかい?の秋元康だ。

宮崎監督の映画はいつも「もののけ姫」「トトロ」など、
主題歌がヒット。
この歌ももうすでにオリコン24位だそうだ。
宣伝のすごさはかつての角川映画を思い出させる。

訥々とした可愛い声を聴いていたら
筆者の脳みその引き出しがひとつパカっと開いた。

飛び出してきたのは
皆川おさむクンの「黒猫のタンゴ
古すぎて話にならん~~~
と、また引き出しに丁寧にしまっておいた。

ブログランキングへ応援オネガイシマス

コメント

長谷川一夫賛美

2008-07-17 | 日々の泡
すっかり凄腕プレイボーイ、
雷蔵匂宮(におうのみや)さまファンになった私だが
長谷川一夫大先生・薫の少将も目が離せなかった。

だって独特!

テンションが周りと全然違うし!
こそばゆいほどにゆったりとした間の取り方は
あり得ん~~~~!

美女と並んでもひけをとらない華やかさも魅力だ。

どんな豪華な衣裳を着ても
決して「着られてしまう」ということが無いので
頻繁な衣裳替えを見るのも楽しくなってくるし、
まったりとした台詞まわしは
ボルドーワインのような深い味わいがある。

もしかして前世は日本人ではなくて
仏蘭西人だったのではないだろうか?
恋のために生きる男というような役がぴったりなのだ。

「明日もう一度訪れてゆるりとしよう」などと
つぶやいているうちに
さっさと匂宮に先を越されてしまうトホホなところも
また「アジ」なのだ。

「雪之丞変化」も凄かったからね~~~!

ブログランキングへ応援オネガイシマス
コメント (4)