邦画ブラボー

おすすめ邦画(日本映画)のブログ。アイウエオ順(●印)とジャンル分け(★印)の両方で記事検索可能!歌舞伎、ドラマ感想も。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

笹沢左保「峠シリーズ」正月に再放送!!

2012-12-31 | 日々の泡

笹沢左保の傑作時代劇ドラマ

「峠」シリーズが「時代劇専門チャンネル」で再放送される!

 

元旦~4日までの朝5時からなので

見逃していた方は

チェック必須!

第一話「中山峠に地獄を見た」高橋悦史、

二話「狂女が唄う信州路」川津祐介

 第三話 「暮坂峠への疾走」天知茂、

第四話「鬼首峠に捨てた鈴」松橋登

どれも

甲乙つけがたい秀作ぞろい。

「あっしにはかかわりのないことでござんす」は、紋次郎の名文句だけど

クールな台詞にしびれること請け合い。

 

第一話と四話は森一生演出だし、一話のカメラは宮川一夫だし

ナレーションは芥川さんだし

疾走感のあるテーマ音楽は良いし、カッコイイし甘くないのに泣けるし。

 

正月はハードボイルドな

渡世人の美学に酔いしれましょう。

時代劇ファンは必見だよ!!

 

●関連記事

「峠シリーズでござんす」

コメント

年末にやること

2012-12-28 | 日々の泡

暮れにやること・・・・

 

大掃除を始める前に

「大量の雑巾作り」

「掃除用洗剤の容器を磨く」(爆)

おせちを作る前には

「カンペキな包丁研ぎ」

「冷蔵庫の徹底整理」

 をまずやらねばなりません!

 

いつでも本題に進む前に

前準備に時間をかける私です。

 

といいながら

昨夜は「SASUKE rising」

その前は「戦力外通告」のドキュメンタリーに没頭。

大晦日は 時代劇専門チャンネルの

「忠臣蔵祭り」を見る予定。

さらにHDDに未読のまま溜まっている

大量のお正月用の料理番組を

見なくてはなりません。

 

どこに大掃除とおせち作りを入り込ませるか?

が目下の課題になっております。

 

「Sasuke」では出場者全員、職業を明記しているのが興味深い。

 

最強の猟師、最強の消防士・・

最強の鉄工所アルバイト・・最強九の一などなど・・・

驚いたのは無職・・となり、

サスケに命をかけている人たちがいること。

この番組の影響力を考えると

感慨深いものがあった。

また15年におよぶ番組の歴史を物語るかのような

サスケオールスターズ」という

全工程クリアした人たちの存在も

初耳だった。

30代後半~40代後半の屈強のオールスターズ

体力の衰えと共に

新しく台頭してきた若者たちに破れ、

世代交代の憂き目をみる。

ドラマ顔負けの運びで見ごたえがあった。

 

「戦力外通告」の番組は、

毎年やってるそうだが

知らなかった。

辛い宣告に立ち向かっていくプロ野球選手たちを

ドキュメントする。

ついこの11月に言い渡された選手や

トライアルで他の球団に入りながらも

三年連続で戦力外を通告されている

選手もいた。まだ20代前半の若さで。

 

運命を共にする家族も大変だ。

幼い子をかかえ夫を支えて頑張っている選手の奥さんが

「7歳年上の妻」と6回くらい言われていたのが

同じ女性として、気になった。

 

サスケ、戦力外、忠臣蔵・・・

どれも年末に

人生を考えさせてくれる特番である!!! 

 

 

コメント

谷原章介が「きょうの料理」に!金子先生は特番に

2012-12-21 | ★TV番組

朝刊のテレビ番組欄

チェックは忘れないようにしている。

見逃して悔しい思いを何度もしているからだ。

 

おとといも「きょうの料理」の欄に

”俳優の谷原章介が登場!”という文字を見て早速録画!

本物の谷原章介がエプロン姿で

手際よく美味しそうなお惣菜を作っていてびっくり!

 

お料理するんだ、知らなかった!!

 

さらに、

「スーパーには5時過ぎに行って値引き品を買うようにしてます」

「余熱で火を通した方が味に角がたたない気がします」

料理に対しての並々ならぬセンスと工夫が感じられるトークとレシピの数々・・・

オリジナリティやアレンジもバッチリで

う~~~~む・・・・(完敗)とうなった。

おすすめのオリーブオイルのペーストもぜひ使ってみたい。

 

オフで家にいる時はほとんど自分が夕飯を作るとかで

ストレス解消にもなってるそう。

これぞ料理男子!お子様たちも幸せですね。

谷原章介というと、俳優業のかたわら

そつなく司会もこなしたりしてデキル人というイメージだったけど

親近感がぐぐぐっと勝手に湧いてきました!

出演作もまた違う感じで楽しく見られそうです。

意外な人を登場させる「きょうの料理」も引き続き注目して行きたいです。

 

と感動していたら

昨日はなんと金子国義せんせいがテレビにお出ましに?なったみたい。

これもチェック済みで録画してある。

楽しみ~~~♪

ちなみに昨日のアクセス数が激増したのは

金子国義で検索された人が多かった模様。

金子ファンが増えてくれると嬉しい!♪

 

 

 

コメント

訃報相次ぐ:勘三郎・小沢昭一さん逝く

2012-12-12 | 日々の泡

年の瀬に訃報が続いている。

 

中村勘三郎、あんなに生命力に

あふれた人があっけなく死んでしまうなんて今でも信じられない。

この世は儚いものですね。

歌舞伎の舞台は何度も見せてもらい

元気をもらったものでした。

最近先代の芝居に

似てきたな~~と思ってた矢先だったので

とても残念だ~~

 

テレビドラマでは

NHKの「元禄繚乱」が懐かしい。

若くて勢いのある大石内蔵助だった。

賑やかな江戸の雰囲気もふんだんに盛り込まれていて面白かったなあ。

あのヘンまでは大河ドラマも見ていたものでした。

あと20~30年は魅せて欲しかったのに残念です。

まだ追悼番組見る気持ちになれません。

 

小沢昭一、昭和の大衆芸能の語り部みたいな人でしたね。

つい先日も「幕末太陽傳」を見直して

爆笑していたところだったのに・・・

語りも味わいがあった。

 

「役者が賞をとれるのは

監督のおかげ。大体いい台本と監督がいれば役者は賞なんて

取れちゃうんですよ。ひとりでやってるわけじゃないんでね。

(賞を)とったからといって天狗になっちゃいけない」

という言葉が印象的でした。

突然ハモニカ吹き出したり

黒柳さんと仮装ごっこをしたり

「俺たちおじさんには今歌う歌が無い~~♪」

という即興的な歌も面白かった。

 

プロの役者だったお二人のご冥福をお祈り申し上げます。

 

 

 

コメント