邦画ブラボー

おすすめ邦画(日本映画)のブログ。アイウエオ順(●印)とジャンル分け(★印)の両方で記事検索可能!歌舞伎、ドラマ感想も。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「結婚」・ドラマ

2009-11-30 | ★TV番組
土曜の昼、急用があって銀座にすっ飛んで行き
和装小物の老舗「くのや」さんで買い物をしたところ
店員さんがレジ横に積まれた品物を指差しながら、
誇らしげな笑みを浮かべ
「先ほどまで石井ふく子さんが見えてましてね。」とのこと。
そして
「今日のテレビ朝日のドラマ「結婚」ぜひごらんになってください!」
とチラシをくれた。

うずたかく積まれた品々は
石井さんがスタッフに配るためのもののようで
めでたい熨斗が付いていた。

その数と大プロデューサーの気遣いに圧倒された!

慌しく用事をすませ家に戻り
夜の9時過ぎに
「ア そうだそうだ」とチャンネルを合わせたところ
行ったばかりの「くのや」さんの店内がバンバン登場していて
思わず見入る。

一人っ子同士の結婚で
バタバタする家族を面白可笑しくときにほろりと
させながら描く、脚本橋田寿賀子・プロデュース石井ふく子コンビによる
コテコテの橋田ワールド・寿賀子節のホームドラマであったが
キャストが豪華なのが目をひいた。

ひとり娘上戸彩の両親には渡哲也・高橋恵子、
 叔母として若尾文子!!
石原軍団・徳重聡 の両親に西郷輝彦・松坂慶子
という配役。

渡哲也が 「くのや」さん(名前は変えてあった)
のあるじ役ということで
お店では着物姿!

ドスが効いた声色、粋な着流し姿に
ひと昔前の日活時代がふと頭をよぎるも
今は
娘を愛する頑固親父としてほんわかオーラを出す姿に
時の流れを感じた。

長い台詞のバトルで頭がぐらぐらしつつ
若尾文子さんに
照準を合わせ、一点集中して見たが
その変わらぬ美しさにlまたまた圧倒された!

ブログランキングへ応援オネガイシマス
コメント (4)

女性の脇役ランキング

2009-11-24 | 日々の泡
日曜に下書きしていて
アップしていなかった内容をそのまま
載せますと・・こんなかんじに
以下コピペ

*****

女性の脇役と言えば
すぐに思い浮かぶのは
中北千枝子さん。

地味なようできらっと光る、
絶妙な演技でいつだって主役、作品を盛り上げる。

ええと

浪花千栄子

沢村貞子・

・・・~~細川ちか子?

*****

・・・と書いたところで頓挫していました。

コメント欄に
おおおっ!そうだそうだこの人もいた 
この方もいたわ~~と思うような
女優さんを書いていただき嬉しい!!!(他力本願)

ブログランキングへ応援オネガイシマス
コメント (2)

名脇役だと思う俳優ランキング

2009-11-22 | 日々の泡
と言われて浮かんだ名前は・・・

山茶花究

藤原釜足

加東大介

宮口精二

西村晃

東野英治郎

小沢栄太郎

森川信

小林桂樹、
成田三樹夫

脇役と言うのだろうか・・・・??
内田良平、岸田森は個性派というべきかしら

考え始めるとどんどん出てくるけど・・

どうしても
時空を超えた面子になってしまいます・・

ちなみにgoo ではこんな結果だそうです

●名脇役だと思う俳優ランキング - gooランキング


最近売れている人たちがわかりますね

ブログランキングへ応援オネガイシマス
コメント (8)

こだわり人物伝「松本清張」 2

2009-11-19 | ★TV番組
「怯える みうらじゅん」

みうらじゅんが
自他共に認めるという清張マニアで、
ほとんどの小説を読破していることを
私はち~~っとも知らなかった。

小説の舞台になっている場所も隈なく訪れているとか。
冒頭から
せきを切ったように清張文学を語る様子は
熱気を帯び
何かに獲りつかれている様で
とめどもなく言葉を重ねているにもかかわらず
結局何が言いたいのかよくわからなかった。

だがその表情の中には
「恐怖」の一文字が見て取れた。

繰り返していた「仏教的」の意味は
因果応報」ということらしい。

キイワードその1: 因果応報

人間、調子に乗った時が危ない
ということも学んだ。
みうらさんはよく
調子に乗った時に清張を読んで我がフリを直すそうだが
今までどんな悪いことをしてきたのだろうかと
あれこれ想像したくなるような
身につまされ方、怯え方だった!
そしてこの言葉を発した時
最も恐怖のボルテージが上がった(ような気がする)

キイワードその2:オネエチャン

清張とみうらじゅんってどうしても結びつかなかったけど
つまりそういうことだったのか!!

これを書いているうちに
もう第三回、
(歴史を清張文学から見直すみたいな内容)
が始まっていた!
見なくては。

ブログランキングへ応援オネガイシマス
コメント (4)

特集N響アワー 「大河の調べ とわに」

2009-11-17 | ★TV番組
日曜の夜、教育テレビで
N饗による大河ドラマのテーマ曲
特集していた。

大河のテーマといえば
一度聴けば覚えてしまう
「赤穂浪士」の重々しいメロディが浮かぶ。

今回それが演奏されると聴いて、
これは見たい!と思ったワケ。

スクリーンに大きく長谷川一夫の顔が映し出され
あのテーマ曲が流れると
いきなりタイムスリップ!

めったに聴けない演奏に感激。やっぱり名曲だ~~~

作曲した芥川也寸志は映画音楽も沢山手がけたが
中でも野村芳太郎監督「八つ墓村」の美しい調べは
おどろおどろしい内容・画面と正反対が故に
すごい効果を呼び
頭の中が激しくかく乱されたので、忘れられない。

そういえば兄の比呂志も大河ドラマに出演。
「源義経」で
頼朝を演じ、強烈な印象を残しましたね。

ラインナップは

1「赤穂浪士」( 芥川也寸志 作曲 ) [昭和39年]
2 「元禄太平記」   ( 湯浅譲二 作曲 ) [昭和50年]
3. 「花神」   ( 林 光 作曲 ) [昭和52年]
4. 「翔ぶが如く」   ( 一柳慧 作曲 ) [平成 2年]
5. 「独眼竜政宗」   ( 池辺晋一郎 作曲 ) [昭和62年]
6. 「利家とまつ」   ( 渡辺俊幸 作曲 ) [平成14年]
7. 「篤姫」   ( 吉俣良 作曲 ) [平成20年]
8. 「天地人」   ( 大島ミチル 作曲 ) [平成21年]
指揮は秋山和慶

見ていないものもあるが
壮大な名曲ぞろいで
それぞれのドラマにぴったり添っている~~ような気がする
 
これらを聴きながら
またもやせっせと編み物にいそしんでいたので
大河ドラマの
脳内コラージュのような作品が出来そう。

ブログランキングへ応援オネガイシマス

コメント (4)

鬼の土方:栗塚旭

2009-11-13 | 日々の泡
時代劇専門チャンネル
テレビ版「燃えよ剣」を再放送していることについ先日気がつき、
慌てて録画し始めた私。

なんでも五ヶ月連続で
土方徹底特集をやっているそうだ。

なんたるご英断!さすが~~~

鬼の土方を演じる栗塚旭、抜群にカッコイイ。
独特の抑揚を持った台詞まわしがほんと、たまらない。

癒し系沖田総司(島田順司)、
実直な近藤勇(舟橋元)、
わかりやすくデフォルメされたキャラながら、
ドラマはあくまでも硬派仕立てなのが魅力だ。
栗塚さん演じる土方みたいな
ぶれない、強い男って、
今最も求められるキャラクターかもしれませんねえ。

今日の放送でも
新選組の皆がくつろいで和気藹々の場面、
土方ひとり厳しい顔で横を向いている。
仏頂面をすればするほどファンはしびれるのだ。

ご本人は土方役者と言われるのが嫌な時期もあったみたいですが
ファンとしてはやっぱりやっぱり見たい!
炎の土方歳三を!

そうこうしているうち
島田順司 左右田一平 との同窓会対談を観た!
沖田役の島田さんは年相応だったが、左右田さんはあんまり変わっていない。
そして
栗塚さんが化け物みたいにわっか~いのにびっくり

もう一度土方役やって欲しい。

そしてお茶目な栗塚さんに二度ビックリ!
全然イメージが・・・(爆)
子供時代、チャンバラが怖かったとか・・(爆)

わあ
ここに同窓会映像がありました(興奮気味・・・)

5ヶ月連続栗塚旭の土方歳三特集」サイト
こちら 
左側に目次が隠れています。

ブログランキングへ応援オネガイシマス
コメント (4)

追悼 森繁久彌さん

2009-11-11 | 日々の泡
森繁さんがこの世にもういないと
思うと淋しいけれど、
96歳と言えば天寿を全うされたと言えると思う。
ほんとにお疲れ様でした。
ゆっくりお休みくださいと申し上げたいです。

素敵な夢を見せていただき
出演作や著作物を通して
色々なことを教えてもらいました。
古今東西の詩を暗誦し
懐かしく美しい唄を歌える森繁さんに憧れます。

ユーモアとペーソス、溢れる知性に彩られたエッセイは最高!
映画は豊田四郎さんと組んだ
「夫婦善哉」「猫と庄造と二人のをんな」
なんともいえない愛嬌があって好きだな~~
もちろん社長シリーズもいいですよね。
それと真面目な「ふんどし医者」も良かったな~~
歌う森繁さんも好きだった。
と 書き出すとキリがありません。

謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

ブログランキングへ応援オネガイシマス
コメント (8)

オフの芸能人ウォッチ

2009-11-09 | 日々の泡
所用があって二子玉川の高島屋に。

百貨店不況と言われている中
ここだけはいつも賑わっている。

世田谷というロケーションもあって
芸能人も多くみかけるけど、
彼ら以上に素敵な方々や、
やんごとなき風情の人にも沢山遭遇する。

とはいえ、クロウトさんはやっぱり身体、特に顔から出る「」がすごい。
彼らはそれで勝負しているだけあって
たとえオフの日でも
放出されるものの濃度がハンパないです。

昨日は伊東屋で清水紘治氏発見!

素晴らしい姿勢の良さ、ギリシャ彫刻を思わせる彫りの深い顔立ちに
軽くウェーブがかかった髪、
キラキラと異様に光る目で空間を見据え
フラフラと歩く姿は
年齢不詳の色香を漂わせ、
あたり一帯に『只者ではないぞ』オーラを放っていた。
簡単に言うと、ちょっとヤバイ雰囲気(誉め言葉)

清水紘治といえば大谷直子の元ダンナで、
バイプレイヤーとして舞台、映画、テレビに活躍されている方だ。
昔はATGに出演するなど特殊な役柄が多く、
怪優ともよばれていたようだ。
しかし生であの迫力なのだから、メイクして演技に入ったら凄そう。

東急ハンズの鹿賀丈史といい、
ステイショナリー売り場はなぜか俳優率が高い。
興味がある方ははってみられたらいかがでしょうか。

地下に降りたら、
料理研究家の松田美智子さんがくるくるパーマヘアで
「松田美智子のお取り寄せショップ」で御自ら売り子をやられていた。
頭にハチマキ状態で熱心に販売される様子からは
有名人である気取りなど微塵も感じられず、
テレビ雑誌から受けるセレブ風のイメージがくつがえされた。

このデパートでは
松田聖子や竹中直人、元ベルディの北澤など芸能人を沢山見かけた。

有名人も普段の姿を拝見すると、ご近所さんのように
なんだか身近に感じられますね(勝手に)。

ブログランキングへ応援オネガイシマス
コメント (5)

こだわり人物伝「松本清張」1

2009-11-07 | ★TV番組
小説家の阿刀田高が清張文学を分析。
高峰三枝子主演の「点と線」の映像を
使っているのが嬉しかった。
有名な作品とはいえ、犯人ばらしたり
トリックばらしたりのネタバレ大会だった。

面白かった指摘:

●根っからの悪人じゃなくて
普通の人が止むに止まれず犯罪を犯すが
悪人になるからにはやはり異常な部分が
あって、そこを丹念に書いた
********

どこか「ずれ」みたいなものがある人間を
書ききる清張さんはすごいと思う・・・・・・・・・・・

●同じ舞台ということで
「天城超え」と川端康成の「伊豆の踊り子」を比べ
『伊豆・・』は将来を約束された学生が貧しい踊り子に恋をする、
社会的に上の立場の人間が踊り子を恋する話だった。
清張はそれを好まなかったのではないか。
 「天城・・」は社会的に同じような境遇の人間が触れ合う物語だったとして
清張はあくまでも普通の庶民の視点から小説を書いたと分析。
*****

確かに比べれてみれば
「伊豆の踊り子」は上から目線の恋愛だった。
がしかし天城・・を書いた時、
果たして清張さんの頭にあの話が頭をよぎったでしょうか?
上から目線の「伊豆・・」に対して
下から目線恋愛の代表作では鴎外の「雁」があったが、
今だと『伊豆の踊り子』も「雁」も格差だとか差別だとか言われるのだろうか??と妄想が広がっていった。
久々に田中裕子の艶姿。

庶民の視点というより、虐げられた弱者の視点と思う。

●清張は読者が読書から何を求めているかということを熟知していた
:仕事から帰り、二三時間本を読むにはとにかく筋が面白くなくてはいけない。
少年の頃から働きづめだった清張自身が身に沁みていたのでは?
*****

納得。気取った「文学」ではなく、
面白くなければ小説じゃない が清張小説だったのだ。

次回は みうらじゅん !?が清張を語る

ブログランキングへ応援オネガイシ
コメント (6)

人体の神秘

2009-11-05 | 日々の泡
定期的に診てもらっている
歯医者さんが
ご参考までに・・・と、
ちらと見せてくれた専門書。

お医者さまは日常的に
見ているものでも一般人には非日常な世界。

これでもかと満載された写真のトーンが
なんといいますか 

ヘルレイザー(お子様 お年寄りはご注意:グロ画像含む)

もしくは

ギレルモ・デル・トロ」(音声注意&衝撃動画含む)ワールドだった。


淡々とページをめくる美しい女医さんのプロい神経も
すごいけど
「マジでキモい」写真の数々を目を見開いて
凝視していた自分はどうなのかなと。

どんなに取り繕っても
所詮一皮剥けば我々は・・と、逆に
すがすがしい気分になりました。

ブログランキングへ応援オネガイシマス

コメント